タグ:4月の花の手帳 ( 170 ) タグの人気記事

2007年 04月 30日
ツルニチニチソウ
d0006690_1533836.jpgツルニチニチソウです。「例の田舎道」の道と池との間の窪地にたくさん咲いています。3センチくらいの大きさの花です。この花は昨年から気付いていましたが,名前を知ったのは最近です。

よく似た花にヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)というのがあるそうです。「ヒメ」というのですから,花がもう少しちいさいのでしょうか。

萼片に毛があるのがツルニチニチソウ,毛がないほうがヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)とありましたが,この花は道から離れており,手に取ってみることはできませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-30 15:04 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 29日
クサイチゴの花を見ました
d0006690_19232846.jpgクサイチゴの花です。開ききった図案のような5弁の花びらがおもしろいと思いました。3㎝くらいの大きさです。

「例の田舎道」です。いくつも咲いていました。雑木林の斜面の暗がりの中でひときは白さが目立ちました。しかし,昨年は気付かなかった花です。花の中心を占めているのはおしべでしょうか。

花びらは直ぐに散ってしまうようです。花びらが散った後でも花のようにみえます。調べてみると,5から6月頃には赤い実がつき,食べられるそうです。

その時に食べてみようかと迷っています。

クサイチゴ…バラ目バラ科キイチゴ属 。イチゴがバラ科とは知りませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-29 19:36 | 花の手帳 | Trackback | Comments(5)
2007年 04月 28日
野の花図鑑を買いました
d0006690_17175793.jpgついにというか,悪のりしてというか,「色別野の花図鑑」を買いました。

農学部の学生のSさんに推薦してもらいました。青,紫,赤,橙,黄,白。緑,茶の8色に分けて,343種について写真と解説がついています。

見ているだけでも楽しめますが,新書版サイズですから,手軽にカバンに入れて持ち歩くことができます。明日にでも「実習」に出かけましょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-28 17:29 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 27日
イモカタバミは鮮やか過ぎます
d0006690_1640731.jpg「例の田舎道」です。かたまって咲いています。

どうやら「イモカタバミ」のようです。名前の由来は,根が大きくなるところから来ているようですが,花の大きさ,感じからは無粋な気がしないでもありません。

花に止まっているのが,モンシロチョウであればいいのにと思いましたが,偶然に注文を付けてはいけません。

d0006690_16402273.jpg鮮やかすぎるピンクですが,午前の陽光のせいかもしれません。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-27 16:47 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 04月 24日
イライラが募ります
d0006690_19561698.jpgこれは「昼咲き待宵草」でしょうか。「近くの公園」に咲いています。

突然に花の名前を知りたくなって,この花の名前をネットで調べてみました。かれこれ,2時間が過ぎました。どうしてもわかりません。

わかったことは
・「宵待草」は間違いで,正しく「待宵草」であること
・昼に咲くものを「昼咲き待宵草」ということ
だけでした。

この花の名前もわからないまま,「待宵草」と「月見草」は同じなのかという疑問まで持ちました。

イライラだけが募ります。それで,勝手に命名します。この花は「昼咲き待宵草」であると。それにしても,私はなぜ花の名前を知りたいなどと思ったのでしょうか。今もってわかりません。

【追記】
maron415さんから,コメントをいただき,この花は「コマツヨイグサ」と教えていただきました。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-24 20:09 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 23日
「近くの公園」で見た草花・ジシバリとカタバミ
d0006690_12515327.jpg※葉の形から,ジシバリではなく,オオジシバリでした。
(2008年4月10日)


タンポポによく似ています。タンポポの変種かなと思いましたが,どうやら「ジシバリ」のようです。オオジシバリかもしれません。

花の大きさはタンポポと同じくらいですが,タンポポよりも花びらがずっと少なく,かわいげな感じです。


d0006690_12521041.jpgカタバミです。1㎝くらいの小さな花です。
上のジシバリ(?)もカタバミもきょう覚えました。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-23 12:52 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 22日
ジュウニヒトエ
d0006690_1021222.jpgジュウニヒトエです。「例の田舎道」にたくさん咲いています。

花の丈は10〜15㎝位です。青紫色がきれいです。ジュウニヒトエ(十二単)という命名の由来は花がいくつも重なっている様からのようですが,色からは違和感があります。

私には花のブラシのように見えました。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-22 10:28 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 21日
花の名前を知りたいと思っています,ヒナゲシ
【訂正】
これはひなげしではなく,ナガミヒナゲシです。

d0006690_1502830.jpgヒナゲシでしょうか。「例の田舎道」にたくさん咲いています。

この花がヒナゲシと知ったのは昨日のことです。ほんとに私は花の名前を知らないな,とつくづくと思いました。

ヒナゲシという名前はもちろん知っていていましたが,具体的な花と結びつきませんでした。

と言うよりも,これまでは「オレンジ色の花が咲いている」「赤い花がさいている」…
という以上に私には見えていませんでした。

ヒナゲシと虞美人草が同じものだということも昨日知りました。司馬遷の「史記」の「四面楚歌」の場面は好きで,項羽の「力山を抜き,気世をおおう」の嘆きの詩は諳んじているのにです。

花の名前を知っていれば景色はもっと美しいのに,としみじみと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-21 14:58 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 20日
チューリップについての「私の発見」
d0006690_18171719.jpg「例の田舎道」です。上の写真は昨日の午後のものです。

チューリップはすっかり開いていました。私は,明日にでも白いチューリップの花びらは散ると思いました。
d0006690_18173778.jpg下の写真は今朝のものです。花びらは散らないでつぼんでいました。

きょうの午後に見てみると,やはり,明日にでも散りそうに思えるほど開いていました。

これまでに花束をいただくことがありました。そして,その中にチューリップが含まれていたことも何度かありました。それを花瓶に移しておくと,開いた花びらはたいていそのまま散っていきました。

ですから,今朝のようにつぼんで,そしてまた開くと言うことを繰り返すのだと始めて知りました。私には「ひとつの発見」です。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-20 18:31 | 花の手帳 | Trackback(1) | Comments(4)
2007年 04月 17日
たくさんのスミレを見ました
d0006690_17562281.jpgd0006690_17563784.jpgスミレを見ました。たくさんのスミレです。いつも買い物に行くスーパーの途中です。昨年は気付きませんでした。

このように道ばたにずっと続いているスミレを見るのは始めてのような気がします。

しかし,コンクリート固められた路肩の隙間から,ずらっと並んで咲いているスミレは,その生命力の強さといえばそうですが,なぜか味気ない感じです。

スミレといえば「山路来て なにやらゆかし すみれ草」ではありませんが,私には1・2本で咲いているイメージがあります。童謡の「春の小川」のスミレはサラサラ流れる小川の岸辺咲いています。

「ど根性」スミレ,しかしスミレには「ど根性」は似つかわしくはありません。スミレには50を超える種類があるそうです。この細長い葉のスミレは「○○スミレ」でなくて,正式な和名も「スミレ」だと思われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-17 17:59 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)