2018年 06月 15日
早咲きコスモス2種
d0006690_15345479.jpg「近くの公園」の花壇,5月27日の「D・ホワイトボンボン」と名付けられた早咲きコスモスの続きです。

「レッド・ベルサイユ」です。
花径は8〜10センチとやや大きめです。




d0006690_15351890.jpg「ピンクポップソックス」の一重咲きです。花径は3センチほどです。


d0006690_1535359.jpg「ピンクポップソックス」の八重咲きです。花径は3センチほどです。

他に「アネモネ咲き」もあるようです。
「アネモネ咲き」とはあるサイトでは「アネモネ咲き(丁字咲き):一重の外弁に花の中心がアネモネのように盛りあがって咲くもの」との説明がありました。

ただ,「農林水産・食品産業技術振興協会」のホームページによればアネモネには花弁はなく,花弁に見えるものは萼片とのことです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-15 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 14日
ますます単なる休日へ,オリンピック年(2020年)の国民の祝日
私事で恐縮ですが,私のブログ上での記念日とその由来です。

ブログ記念日 3月19日  2005年3月19日にブログを開設した
野の花記念日 5月19日  花への関心が深まり,花に関する記事が増えたので,2007年5月19日にカテゴリに「花
             の手帳」を加えて1周年になる2008年5月19日に制定

よほどの合理的な理由でもない限り,この2つの記念日が変更されることはありません。3月なり5月なりの適当な日に「ブログ記念日」や「野の花記念日」を祝うことはありません。

しかし,「国民の祝日」のいくつかは「移動祝日」として曜日(連休にするために月曜日)が優先され,祝日の意味合いは次第に希薄になっています。つまり,日曜日と同じ単なる休日化しています。

たとえば,「体育の日」,これは1964年の東京オリンピックの開会式を記念し,1966年から「国民の祝日」となりました。しかし,連休をつくるための「ハッピーマンデー制度」(1998年)により,「成人の日(1月15日)」とともに10月,1月の第2月曜日となりました。今では「体育の日」と言えば,1964年の東京オリンピックとの関連ではなく,「秋の運動会」あるいは「スポーツの秋」との関連でしょうか。

その後,2003年には「海の日(7月20日)」,「敬老の日(9月15日)」がそれぞれの第3月曜日に変更されて,その由来は年々希薄になっているように思われます。

これらの4つの祝日は「国民の祝日に関する法律」(2014年改正)にいう「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを『国民の祝日』と名づける」との趣旨からはかなり遠ざかっているようです。

ところで,昨日の国会で,改正五輪特別措置法が成立し,東京オリンピックが開催される2020年に限り,「海の日」,「山の日」,「体育の日」が変更されることになりました。
d0006690_16215452.jpg
            ※「体育の日」は2023年から「スポーツの日」と名称変更。

開会式前後は4連休,閉会式前後は3連休となります。「都内の渋滞を緩和する狙い」が理由のようです。移動の対象となった祝日がオリンピックの開会期間に近いあるいは「体育の日」であるから,とも考えられますが,私にはそれ以上に祝日としての意識が極めて希薄であるからとしか考えられません。

いよいよもって,「国民の祝日」は単なる休日化へ,希薄化していくようです。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-14 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 13日
トウモロコシの雄花と雌花
d0006690_12213832.jpgトウモロコシ(玉蜀黍) イネ科 トウモロコシ属

トウモロコシは雌雄同株(しゆうどうしゅ)です。頂部の房のような部分が雄穂(雄花)の集まりで,雌穂(雌花)は葉の根元に集まっていて,やがて実になります。「絹糸(けんし)」と呼ばれるヒゲの一つ一つが雌しべです。

なお,トウモロコシはジャガイモ,タバコとともにコロンブスがアメリカ大陸から持ち帰ったものでしたが,早くも1500年にはスペインのセビリアで栽培されはじめています。トウモロコシはジャガイモとともにヨーロッパの食料事情の改善となりました。

日本へは1573年〜1591年頃にポルトガル人によって長崎にもたらされたました。

d0006690_12215770.jpg垂れ下がっている一つ一つが雄しべです。そして,花粉を飛ばします。飛ばすと言うよりも下に落とすと言った感じでしょうか。




【雄花切り】
「アワノメイガ」という蛾は雄花に卵を産み付けます。孵化した幼虫は茎を辿って実に辿りつき,食害を引き起こします。農薬を使わない栽培では,孵化した幼虫が実にたどり着く前に,受粉を終えて役目を果たした雄花を刈り取ります。これを「雄花切り」といいます。

d0006690_12221340.jpg雌花から出た「絹糸」です。

拡大するとよくわかりますが,細かい水滴のようなものがついていて,触るとベトベトしています。

この「絹糸」の先に柱頭があって,そこで花粉を受けとめて受粉し,やがてトウモロコシの一粒になります。このヒゲが多いほど多くの実を付けることになります。

受粉できなかった「絹糸」もありますが,「絹糸」の数は最低でもトウモロコシの粒の数だけはあることになります。

d0006690_122229100.jpg長く伸びた「絹糸」です。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-13 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日
きょうの日の出は1年で1番早い4時42分56秒でした
d0006690_16282212.jpg
「日本と世界の日の出日の入り時間情報」によれば,奈良のきょうと明日の日の出時間は4時42分56秒です。これは1年の中で最も早い日の出時間です。その前後,6月11日と14日の日の出時間は04時42分57秒です。

明後日からは日の出時間が少しずつ遅くなるわけですが,僅か1秒の違いはもちろんのこと,「秒」単位ですら日常生活,生活感覚に影響を及ぼすことは皆無といってよいでしょう。数「分」でも怪しい限りですが,新聞,テレビ等の暦情報は「分」までですから,「分」で日の出時間を見てみます。

国立天文台の「各地のこよみ」によれば,日の出時間が1番早いのは6月7日〜6月19日の4時43分です。

1年の折り返し点は,時間軸でいえばほぼ7月2日14時54分23秒ですが,日の出時間に関してはきょう,明日が折り返し点ということになります。

なお,日の入り時間が1番遅いのは6月29日,30日の7時13分53秒です。また,昼時間が1番長いのは夏至の6月21日です。
 【6月21日】
  日の出  04時43分51秒
  日の入  19時12分57秒
  昼時間  14時間29分06秒
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-12 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 11日
花弁よりも長い雄しべが美しい,ギンバイカ
d0006690_11133753.jpgギンバイカ(銀梅花) フトモモ科 ギンバイカ属

「近くの公園」のギンバイカが今が盛りです。背丈は2メートルほどです。

ギンバイカはずっと以前に「近くの公園」で出合っていますが,その時はすでに花期の終わり近くでした。


d0006690_11135560.jpg花径2センチほどの5弁の花は雄しべが長く伸びて,5枚の花弁を隠してしまっています。

咲きかけは蕊もそれほど伸びていないので,ウメの花のようで,それがギンバイカの命名にもなっていますが,残念ながら咲きかけの花は見当たりませんでした。

また,直径7〜8ミリの球形の蕾も印象的です。

d0006690_11142199.jpg横から見た花です。

中央やや右寄りに白い突き出ているものが雌しべでしょうか。

花はやがて花弁と雄しべが落ちて,萼と雌しべだけが残ります。その形は駒のようです。

秋には1センチ弱の実がなりますが,色は紫色から黒色に変わります。生食できるようですがとても苦いとのことです。

d0006690_11165098.jpg【ビヨウヤナギ】

花弁よりも蕊が大きくて目立つ花に,やはりこの時期の花ですが,ビヨウヤナギ(美容柳)(オトギリソウ科,オトギリソウ属)があります。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-11 18:18 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日
トゲヂシャとアキノノゲシの葉の違い
d0006690_16361796.jpg
トゲヂシャとアキノノゲシの葉はよく似ていますが,見た目の大きな違いはこんなところでしょうか。

葉の付き方     トゲヂシャ  多くが90度回転する
          アキノノゲシ  回転しない

葉の裂け方     トゲヂシャ  羽状に裂け,裂け方は複雑である
          アキノノゲシ  羽状に裂けるが,裂け方はそれほど複雑ではない。上部の葉に切れ込みはない

葉脈の白いライン  トゲヂシャ   はっきりと目立つ
          アキノノゲシ  それほどはっきりとしない

葉の刺       トゲヂシャ  裏面に一列に並ぶ,葉縁に細かい刺がある
          アキノノゲシ  葉の裏面も葉縁にも刺はない
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-10 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 09日
これでもレタスの仲間,トゲヂシャ
d0006690_15433219.jpgトゲヂシャ(刺萵苣) キク科 アキノノゲシ属

トゲヂシャ(刺萵苣)かと思います。特有な形の葉を含めた姿・形からは意外ですが,レタスもチシャもアキノノゲシ属ですから,レタスの仲間とも言えます。

地中海の沿岸原産で,日本では北海道で1949年に初めて確認されたそうです。繁殖力が旺盛なのでしょうか,よく見かけます。

一年草で背丈は1〜2メートルになるようですが,写真は70センチほどです。

d0006690_15531837.jpg不規則な虫食いのような葉です。全体としては無毛ですが,茎や葉脈に刺を持ちます。葉に鋸歯がほとんどないものは「マルバトゲヂシャ」です。

葉の基部は茎を抱き,葉水平に広がりますが,時として葉がくるりと回り垂直になっていることや葉の裏側を見せることが多々あるようです。

葉はアキノノゲシによく似ています。葉が90度曲がること,刺の有無が違いのようです。私はアキノノゲシとトゲヂシャと混同していました。

花期は8〜9月で,茎の上部で細かく分枝して,花径1センチほどの舌状花のみ黄白色花を付けます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-09 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 08日
東は東,西は西 食パンの切り枚数の違い
d0006690_10221785.jpg私の朝食はピザトーストですが,その食パンは「4枚切り」です。

一昨日「東西激論! 食パン枚数え!? 関東は10枚切り?」とのテレビ番組案内にひかれて,「魔法のレストラン」を見ました。食パンの切り数に東西では大きな違いがあるようです。

調査年月は不明ですが,番組内で紹介された製パン老舗の神戸屋(大阪市)の売り上げ割合です。

        関西   関東
  4枚切り  16%   
  5枚切り  45%   2%
  6枚切り  39%  64%
  8枚切り       34%

関西では5枚切りが主流ですが,6枚切りとそんなに大きな差はありません。関東では6枚切りが主流で,8枚切りもそれなりの割合ですが,5枚切りはわずか2%です。私の「4枚切り」は関西でも少数派ですが,関東ではなんと0です。関西では5・6枚切り,関東では6・8枚切りになります。

少し古い記事ですがヤマザキ製パンの地域別食パン売り上げ」(日本経済新聞,2014年9月10日)でも同じ傾向です。

        関西    関東
  4枚切り   13%   3%
  5枚切り   40%   7%
  6枚切り   39%   59%
  8枚切り   7%   31%

こうした違いの理由として,神戸屋よると「関東は銀座木村屋のあんパンから親しんだため,お菓子であり,間食やサンドイッチ用として普及。関西は当社が外国人に提供したのを機にホテル,レストランを主な販売先として広がった」(経営企画室)からだと言います。つまり,関東では食パンは間食=薄切りで,関西では食事=厚切りなのだと言います。

とは言え,関西で主流の5枚切りがいつから始まったかは不明のようです。

d0006690_11163714.jpg番組では東西での食の呼び方の違いについても紹介がありました。表の〇Xは私の呼び方です。

なお,食の呼び方の東西での違いについては,8年前のブログ記事「なつかしい「煮抜き」,ゆで卵のことです」でも取り上げています。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-08 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2018年 06月 07日
キバナカイウです
d0006690_817267.jpgキバナカイウ サトイモ科 オランダカイウ属

キバナカイウ(黄花海芋)です。
一般にカラーと呼ばれている白の大輪種のオランダカイウは湿地性で,こちらは畑地性で鉢植えに用いられているようです。

花弁見える黄色の部分は花弁ではなく,仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞で,花は中央の棍棒状の肉穂花序です。雄花と雌花とを持つそうですが,近寄ってもよくわかりませんでした。

畑地性のものとしては他に以下の2種が知られています。
・モモイロカイウ 
  20〜30センチの矮性で,ピンクの以外の色もある。
・シラホシカイウ 
  背丈は60センチほどで,葉にキバナカイウより多く
  の白い斑点がある

【オランダカイウ】
オランダカイウ(オランダ海芋)は南アフリカ原産で,オランダによってもたらされたカイウ(海芋)の意です。

カイウも「海外の芋」といつた意味合いで,東南アジア原産のクワズイモ(サトイモ科,クワズイモ属)のことです。クワズイモは大きな葉を持つ観葉植物で,サトイモによく似た塊茎を持ちますが,名前からもわかるように毒性が強く食べられません。

園芸ではカラー (calla) またはカラーリリー (calla lily) と呼ばれますが,これはギリシャ語のカロス(美しいの意)に由来し,カトリックの尼僧の白い衿に似ているところからの命名です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-07 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 06日
きょう,近畿地方は梅雨入りした(とみられる)
d0006690_13364863.jpg気象庁はきょう,近畿,東海,関東甲信地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

近畿地方の梅雨入りは平年の6月7日より1日早く,昨年の6月20日より14日早い梅雨入りです。とはいえ,発表は「(梅雨入りした)とみられる」です。つまり,今後に変更があるかも知れません。

昨年の梅雨入りは当初の発表では「6月7日」でしたが,その後に変更されて,近畿地方の梅雨入りは当初の発表より13日遅い「6月20日」となりました。この結果,梅雨期間の日数も43日から24日となり,過去65年間では62位となる短さとなりました。これは少ない方からでは4位となります。

昨夜から雨は降り続いています。きょうの午後5時までの合計降水量は50.5ミリです。雨は明日の未明まで続くようです。この日曜,月曜日にも「時々雨」の予想ですから,「きょうの梅雨入り」に違和感はありません。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-06 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 05日
近所で出合ったヒメコスモス
d0006690_1622630.jpgヒメコスモス キク科 ブラキコメ(ヒメコスモス)属

姫ヒメコスモス(姫コスモス)はオーストラリア原産です。流通名は学名からブラキカムとも呼ばれ,約60種類の原種があるようです。

背丈は10〜30センチくらいで,命名は葉がコスモスの葉(羽状に細かく切れ込み,裂片は線形)に似ているので「姫・コスモス」です。しかし,葉は糸状に細いものから菊のような葉まで多様です。

写真のヒメコスモスの葉は切れ込みを持ちますが,細かくなく,また線形でもありません。

このヒメコスモスは近所の庭先ですが,この葉は6年前に見たヒメコスモスの葉と同じです。

d0006690_1624818.jpg花径は1〜3センチです。

花の色はピンクの他に紫,青,白などがあります。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-05 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 04日
きょうの北海道は沖縄より暑かった
d0006690_1747435.jpgきょうの奈良の最高気温は平年より4.7度高い31.1度,今季最高で2回目の「真夏日」でした(以下,記録は全て17時現在)。

きょう「真夏日」を観測したのは全国927観測地点の約20%にあたる178地点で,5月16日の188地点に次いで2番目の多さです。

ところで,きょうの最高気温の全国ランキングの上位10(11地点)のうち,北海道が10地点を占めています。これにはフェーン現象も作用しているようですが,「沖縄より暑い北海道」です。きょうの沖縄の最高気温は八重山列島の波照間島(日本最南端),西表島,仲筋(多良間島)の31.4度です。これは全国ランキングでは39位になります。ちなみに奈良の31.1度は全国ランキング57位でした。

このように北海道が全国ランキングの上位を占めることは時々あります。昨年では7月8日7月13日〜15日がそうでした。

また,北海度では日寒暖差が大きな地点がありました。
      地点      最高気温 最低気温  寒暖差
  1位 糠内(全国5位) 32.9   8.3    24.6
  2位 足寄(全国2位) 33.8   11.1   22.7
  3位 鹿追(全国17位) 32.2   9.7    22.5
  4位 本別(全国5位) 32.9   10.8   22.1
  5位 帯広(全国1位) 34.0   12.4   21.6

1位の糠内では「朝はストーブ,日中はクーラー」だったんでしょうか。

d0006690_1741558.jpg※オホーツク地方について
上の表の「オホーツク」は行政区画名では「オホーツク総合振興局」で,「気象庁区分で,は「網走・北見・紋別地方」です。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-04 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日
昨日の日照時間は観測史上3位タイの13.3時間でした
d0006690_19453623.jpg昨日はよく晴れました。日照時間は13.3時間でした。これは記録の残る1953年5月以降では3位タイとなる長さです。

昨日の日照時間は厳密には5時26分から19時42分までの13時間16分でしたが,気象庁の統計では1時間毎の日照時間を10進法で算出し(1/100位を四捨五入),その合計を「1日の日照時間」としているようです。したがって昨日の日照時間は以下のようになります。

  6時まで  34分→0.6時間
  18時まで  12時間
  19時まで  42分→0.7時間
  合計=13.3時間

5月23日の日照時間は13.1時間で,2001年以降では9位タイでしたが,記録の残る1953年に遡って調べてみました。

(見落としがなければ)1953年5月以降に,日照時間が13時間を超えた日は昨日を含めて23回ありました。面白いことにそのうち14回は2001年以降です。このことに特に意味はないかと思います。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-03 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 02日
ジニア,ヒャクニチソウ(百日草)のことです
d0006690_1414457.jpgヒャクニチソウ(百日草) キク科 ヒャクニチソウ属

ジニア,サカタのプロフュージョンシリーズの「チェリーバイカラー」と教えていただきました。

プロフュージョンはヒャクニチソウ(エレガンス)とホソバヒャクニチソウ(リネアリス)の種間雑種、育種です。

仏花のイメージが強いヒャクニチソウですが,学名からのジニアと呼ばれると別種の花のように聞こえます。ましてや育種された「チェリーバイカラー」にはこれまでのヒャクニチソウのイメージはありません。

学名のジニアはドイツの植物学者,ヨハン・ゴットフリート・ツィン(J. G. Zinn)のZinnにちなみます。

d0006690_14142658.jpg花径は2.5センチほどです。
白色の舌状花の中心に濃い桃色が入り,筒状花のオレンジ色と三色のように見えます。

かつてヒャクニチソウのツ筒状花が飛び出しているところが面白いとおもいましたが,この「チェリーバイカラー」の筒状花も飛び出そうとしています。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2018-06-02 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 01日
寒暖差が大きく,雨の多い月でした,5月の気温
d0006690_16523220.jpg日寒暖差も日による寒暖差の大きな月でした。平年の5月の日寒暖差は12.5度〜11.3度ですが,日寒暖差が15度以上あった日が7回もあり,逆に5度以下であった日が4回でした。

【最高気温】
月平均は平年より0.6度高いだけでしたが,日による寒暖差が大きく,「夏日」の回数は観測史上8位タイの17回もあり,一方で平年より3.5度以上も低い日が8回もありました。

【最低気温】
平年以下の日は7回しかなく,月平均14.5度は観測史上4位の高さです。これで3月から3回連続して「いろいろある」入りです。

【降水量】
5月もまた雨の多い月でした。降水記録のあった日は13回もあり,まるで梅雨のようでした。月間降水量だけでなく,日にまとまった雨もありました。

【5月のいろいろある】
[月として]
・最低気温の高さ  14.5度   4位タイ
・平均気温の高さ  19.3度   5位タイ
・降水量多さ    217.0ミリ  8位タイ
・夏日の多さ    17回    8位タイ

[日として]
・7日 日降水量の多さ    58.5ミリ 10位
・7日 1間降水量の多さ   22.0ミリ 10位
・13日 日降水量の多さ   75.5ミリ  5位
・13日 24時間降水量の多さ 75.5ミリ 8位タイ
・13日1時間降水量の多さ   23.0ミリ 7位タイ

d0006690_16524441.jpg

[PR]

# by gakis-room | 2018-06-01 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)