<   2018年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2018年 09月 18日
きょうの日の入り時間は6時です
d0006690_17381917.jpgきょうの日の入り時間は18時ちょうどです。今朝の日の出時間が5時41分でしたから,昼時間は12時間19分になります。

6月23日の夏至の日の日の入り時間は19時13分でしたから,1時間13分早くなりました。
また,12月22日の冬至の日の日の入り時間は16時50分ですから,日の入り時間はきょうよりもさらに1時間10分早くなります。

朝の暗さについてはほとんど何も感じないのに,日の暮れが早くなるにつれて,夕方はなんとなく慌ただしく感じてしまいます。リタイアの身にとって,1日にやることはほとんど何も変わらないのに,なぜでしょうか。

なお,冬至の12月22日の昼時間は9時間50分ですから,きょうよりも2時間29分ほど短くなります。

冬至の日の日の出,日の入り時間です。
  日の出 7時00分
  日の入 16時50分
  昼時間 9時間50分
[PR]

by gakis-room | 2018-09-18 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2018年 09月 17日
淡いレモン色の優しい色合いです,クーペリア・スマイリー
d0006690_1575557.jpgクーペリア・スマイリー ヒガンバナ科 クーペリア・スマリー属

クーペリア・スマイリーと教えていただきました。

背丈は20センチほどです。ゼフィランサス(タマスダレ科の総称)の近縁で,姿も性質もよく似ているそうですが,夕方から夜になると微香を放つそうです。また,ゼフィランサスの花は夜には閉じますが,クーペリア・スマイリーの花は閉じません。私はどちらも確かめてはいません。

「不思議なことに」歩道の割れ目から顔を出していました。「不思議なことに」というのは,クーペリア・スマイリーはヒガンバナやタマスダレと同じように球根で増えていきます。球根はこのアスファルトの裂け目にどのようにして入り込んだのでしょうか。

d0006690_1581651.jpg花径は3センチほどです。

花はタマスダレに似ていますが,タマスダレの蘂は広がりますが,こちらはまとまっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-09-17 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2018年 09月 16日
女子は予選2位,男子は最下位,カーリングワールドカップ
d0006690_1337625.jpg12日〜中国蘇州で行われていたカーリングワールドの第1節が終わりました。

第2節は12月5日〜アメリカのオハマ(ネブラスカ州)で行われますが,女子はLS北見が出場するのでしょうが,男子は9月30日から行われるパシフィック・アジア選手権代表決定戦の結果により変更がありそうです。

【女 子】
ピョンチャンオリンピック3位のLS北見は緒戦を2連敗と躓きましたが,その後3連勝で,最終3勝3敗の2位で終わりました。ファイナル進出はなりませんでしたが,A組では唯一スウェーデンに勝利,しかもコンシード勝ちは見事でした。

緒戦の連敗は序盤にリードされる展開でした。ゲームの序盤の入り方(アイスの読み方?)に課題がありそうです。今後が楽しみです。

       1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本   ★ 1 2 0 1 0 2 1 ×  7 
スウェーデン 0 0 1 0 1 0 0 ×  2

       1 2 3 4 5 6 7 8  計
中国 ★   0 1 0 0 1 0 1 2  5
日本     1 0 1 1 0 1 0 0  4

【男 子】
3月の世界選手権に次いで国際大会は2度目のチームIWAI(札幌国際大学)には世界の壁は厚かったようです。世界選手権では3勝9敗の11位でしたが,予選は6戦全敗で終わりました。日本は世界ランキング7位ですが,これは8月に事実上解散したSC軽井沢クラブが4年がかりで積み上げたものです。SC軽井沢クラブと他チームとの力の差をどのように埋めるか,チームIWAIの問題と言うよりも,日本の男子の課題です。

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★  0 0 0 1 0 2 0 ×  3
スイス   1 1 0 0 1 0 3 ×  6

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
カナダ ★ 3 0 5 4 0 0 × ×  12
日本    0 2 0 0 1 1 × ×  4

【カナダ強し!,ファイナルの結果】
ピョンチャン五輪ではメダルなしに終わったカナダですが,今大会では男子,女子,ミックスダブルスの全てでファイナルに進出し,その全てを制しました。

 ・男子        カナダ 6ー5 ノルウェー
 ・女子        カナダ 7ー3 スウェーデン 
 ・ミックスダブルス  カナダ 7ー3 アメリカ 
d0006690_13373672.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-16 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 09月 15日
日差し恋しや,9月の日照時間
d0006690_170037.jpg秋の長雨というのでしょうか,量の多少にかかわらず,今月になって降水量が0であったのは2日,3日,11日の3日間だけです。それだけ曇りの日が多く,日差しの少ない9月です。

きょうまでの9月の日照時間です。

 今年の15日まで   33.4時間
 平年の15日まで   82.7時間
 平年の9月    151.5時間

今年になって日照時間が平年以下であったことはありません。それどころか,5月と6月を除けばいずれも「いろいろある」入りしています。

 1月 7位
 2月 3位
 3月 1位
 4月 10位
 7月 3位
 8月 6位

きょうまでの日照時間の33.4時間は平年の40%でしかありません。9月も半ばを過ぎますが,日照時間は平年の月間日照時間の22%にとどまっています。

この先22日までの週間予報では,16日(「曇のち時々腫」)と18日(「曇時々晴」)の2日間以外に「晴れ」はありません。

日差し恋しや!
9月として日照時間の少ない観測史上の1位は1957年の86.1時間です。記録な日差しの少なさを予感させる今年の9月です。

【月間日照時間の少ない上位5】
  1957年7月 61.7時間
  1954年1月 68.1時間
  1969年2月 69.2時間
  1953年6月 74.3時間
  1972年2月 75.8時間
d0006690_1701712.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-15 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2018年 09月 14日
女子は2勝2敗,男子は4連敗,カーリングワールドカップ
d0006690_18595185.jpgカーリングワールドカップは3日目第10セッションまでを終えました。

日本勢では,LS北見が2連敗の後,中国とスコットランドに危なげなく勝って対戦成績を2勝2敗とし,女子A組2位です。しかし,この組ではスウェーデンが4連勝と好調です。予選1位通過は明日の9時(日本時間)のスウェーデン戦に望みを繋ぎます。

男子のチームIWAI(札幌国際大学)は4連敗で男子B組最下位です。いずれも大敗ですが,残り2試合の奮起が望まれます。

【女子】
     1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★ 2 0 0 2 1 2 0 ×  7 
中国   0 1 0 0 0 0 1 ×  2

          1 2 3 4 5 6 7 8  計
スコットランド ★ 0 0 0 2 0 0 3 ×  5
日本        0 1 1 0 1 4 0 ×  7

【男子】
      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本  ★ 0 0 1 0 0 1 × ×  2
カナダ   3 2 0 2 1 0 × ×  8

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本    ★ 1 0 1 0 0 0 × ×  2
スコットランド 0 1 0 3 4 1 × ×  9

【男子A組のスウェーデン・アメリカ戦について】
14日に行われたスウェーデン対アメリカ戦は第8エンドを終わって8ー8でした。その後のスコアをみると延長は行われず,「SO(Shoot-out)」でスウェーデンに1点が加点され,9ー8でスウェーデンが勝利しています。この結果,スウェーデンには勝ち点2,アメリカには勝ち点1が与えられています。
「SO」とはどのように行われるのかは不明ですが,
   スウェーデン 44.1センチ
   アメリカ   199.6センチ
とありましたから,代表者によるドローショットによってハウスの中心により近いチームを勝者としたのでしょうか。このような勝敗の決着の仕方は初めてです。
d0006690_19144032.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-14 19:40 | カーリング | Comments(2)
2018年 09月 13日
男女とも連敗発進,カーリングワールドカップ
d0006690_16485541.jpgカーリングワールドカップが12日から始まりました。活躍が期待される日本ですが,男子のチームIWAI(今シーズン名は札幌国際大学)も女子のヒョンチャンオリンピック3位のLS北見も共に2連敗からの発進です。

試合は8エンド制で,順位はポイント制のようです。8エンドまででの勝ちチームには3ポイント,負けチームは0ポイント,延長での勝ちチームには2ポイント,負けチームには1ポイントが与えられます。

なお,以下のチームはオリンピック出場チームと同一チームです。ただし女子のスコットランドはスキップが不出場のため,オリンピックスコットランドチームのスキップイブ・ミュアヘッドがスキップとして参加しているようです。国名の後の( )はオリンピックでの順位です。

男子 スウェーデン(2),スイス(3),カナダ(4)
女子 スウェーデン(1),日本(3),カナダ(6),
   アメリカ(8)


【女子】  ★は第1エンド後攻
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本    ★ 1 0 0 0 1 0 2 1  5
スコットランド 0 1 2 1 0 2 0 0  6

         1 2 3 4 5 6 7 8  計
スウェーデン ★ 1 2 0 0 2 0 2 ×  7
日本       0 0 1 1 0 2 0 ×  4

【男子】
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
スコットランド 1 2 1 0 3 2 × ×  9
日本    ★ 0 0 0 1 0 0 × ×  1

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
スイス ★ 2 1 1 0 4 2 × ×  10
日本    0 0 0 1 0 0 × ×  1
d0006690_17265599.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-13 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 09月 12日
きょうから始まるカーリングワールドカップと賞金総額
d0006690_16364428.jpg新設されたカーリングワールドカップの第1節がきょうから16日まで中国蘇州で行われます。

出場国は世界ランキング上位を中心とした8か国が2組に分かれて2回総あたりで予選を行い,各組1位によるファイナルが行われます。

第1節には日本からはチームIWAI(今シーズン名は札幌国際大学)とLS北見が参加します。残念ながら放送はありません。
「World Curling TV」
では,13日午後8時30分(日本時間)からの男子,日本×カナダ戦のみが見られます。

中国(の企業?)がスポンサーのこの大会には総額で760,000ドル(約8,440万円)の賞金が用意されています。

①第1節から第3節の節毎の賞金 
  各グループ予選1勝につき 1,500ドル
  優勝  20,000ドル
  準優勝 10,000ドル

  予選賞金総額    1,500ドル×12試合×2組 =36,000ドル
  プレーオフ賞金総額 20,000ドル+10,000ドル=30,000ドル
  賞金総額      66,000ドル

②グランドファイナル
  各グループ予選1勝につき 3,000ドル
  優勝  27,000ドル 
  準優勝 13,000ドル

  予選賞金総額     3,000ドル×12試合×2組=72,000ドル
  プレーオフ賞金総額 27,000ドル+13,000ドル=40,000ドル
  賞金総額      112,000ドル

③全4節の賞金総額
  1〜3節の賞金総額 66,000ドル×3=192,000ドル
  グランドファイナル賞金総額      112,000ドル 
  合計賞金総額             304,000ドル

これは男子あるいは女子への賞金であり,これ以外にミックスダブルスに上記の半額の賞金が出されます。したがってこの大会全体に用意された賞金総額は以下のようになります。
  男子       304,000ドル
  女子       304,000ドル
  ミックスダブルス 152,000ドル 
  合計       760,000ドル
[PR]

by gakis-room | 2018-09-12 18:00 | カーリング | Comments(2)
2018年 09月 11日
青みを帯びたヒガンバナ?,リコリス・スプレンゲリです
d0006690_163834.jpgリコリス・スプレンゲリ ヒガンバナ科 ヒガンバナ属

リコリスと教えていただきました。リコリスはヒガンバナ属の総称で,こちらはリコリス・スプレンゲリかと思います。

「ピンクのヒガンバナ?」と思って近寄って見ると一部が青みを帯びていました。それで「リコリス・スプレンゲリ」としました。別名を「ムラサキキツネノカミソリ(紫狐の剃刀)」といい,中国の雲南省原産で,リコリスの改良親になっているようです。

ヒガンバナは花後に葉が出ますが,こちらは早春に線状葉が現れ,初夏にすべてが枯れた後に,花茎と共に蕾が成長してきます。

d0006690_1633698.jpg花径は5センチほどです。

園芸上で特にリコリスと称しているものには,シロバナヒガンバナ,キツネノカミソリ,ショウキズイセンなどがあります。ヒガンバナの一種と言うよりもどちらかといえばユリに似ています。

こちらの「ヒガンバナ属と呼ばれる植物」でたくさんのリコリスを見ることができます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-09-11 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2018年 09月 10日
今年の秋は突然にやって来て・・・
d0006690_17151716.jpgきょうの最高気温は平年より4.7度低い24.8度,10月上旬並みでした。最高気温が25度(夏日)以下となるのは7月6日以来,66日振りです。

7日間続いた雨もきょうの19.5ミリで終わり,明日からはしばらくはお休みです。その分だけ気温も高めの日が多くなりますが,それでも残暑の厳しさとはならないようです。

昨日,「秋は急ぎ足で進行中」と書きましたが,8月と9月の最高気温を比べてみると気温差がはっきりとします。

もともと9月は気温の下がり方が一番早い月ですが,今年の秋は「突然にやって来て」急ぎ足で進んでいます。
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_17383147.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-10 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2018年 09月 09日
秋は急ぎ足で進行中
d0006690_17355026.jpg9月3日の時点ではそれなりの残暑が予測されました。連日「真夏日」を超え,「猛暑日」さえ予想されました。

それで9月3日には遅まきながら残暑お見舞いをしたものでした。

d0006690_17362340.jpgしかし,4日以後の実際は予想とは大きく異なりました。

「猛暑日」に近づいた日すらなく,やっと「真夏日」を超えた日が2回だけで,他はなんと平年以下でした。

9日までの最高気温の平均は平年より1.3度も低い29.4度です。10日間予報では16日に平年を3度ほど上回る予想もありますが,概して穏やかな日がつづきそうです。

すでにツクツクボウシの鳴き声も聞かれなくなり,秋は急ぎ足で進行中のようです。15日後の24日には「仲秋の名月」です。

※グラフはクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-09-09 18:00 | つれづれに | Comments(0)