<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2018年 04月 30日
ナガバギシギシでしようか
d0006690_163944100.jpgナガバギシギシ(長葉羊蹄) タデ科 ぎしぎし属

「近くの公園」です。ナガバギシギシでしょうか。

ギシギシの背丈は1メートルくらいまでです。これは私の背丈より高く2メートルほどです。ナガバギシギシの背丈は1.5メートルほどのようですが,ナガバギシギシかと思います。

そのほかのギシギシとの違いは
  ・葉の縁が著しく波打つ
  ・果実を包む花被は丸みがあり,へりには鋸歯がほ
   とんどない。
のようですが,背丈が異常に高いとはいえ,ギシギシあるいはギシギシとナガバギシギシとの交配種かも知れません。

d0006690_1640453.jpg【葉の縁が著しく波打つ】
下部の葉が長く,確かに縁は波打っていますが,ナガバギシギシとギシギシを並べて見ないと不確かです。

d0006690_16402299.jpg【花被は丸みがあり,鋸歯がほとんどない】
果実を包む花被には丸みがあり,鋸歯がありません。

それで背の多高さとでナガバギシギシとしましたが,しかし,花被の一部には先の尖った物もあります。果たしてどうでしょうか。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 29日
藤澤・山口ペア 史上最高の5位,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
d0006690_10355441.jpg準々決勝で韓国に競り負けてメダル獲得はなりませんでしたが,「5位ー8位戦」を勝ち上がり,最終成績はこれまでの日本の最高位7位を上回り5位でした。

【5位ー6位戦】
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
ハンガリー ★ 0 0 0 0 0 2 0 ×  2
日本      1 0 3 1 2 0 2 ×  9

【5位−8位戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★   0 5 0 1 0 2 0 0  8
スウェーデン 1 0 2 0 2 0 1 1  7

d0006690_10461224.jpg急造チームながらも予選ラウンド7ゲーム,決勝トーナメント4ゲームを通して,藤澤・山口ペア(チーム・フジヤマ?)はしっかりとコミニュケーションとりながらの大健闘でした。

山口選手の安定したショットと力強いスイープももちろんですが,藤澤選手のラストショットは大きな得点源でした。

左図は決勝トーナメント1試合目のスコットランド戦の第6エンドの藤澤選手のラストストーンです。

ハウスではスコットランドの黄色が№1と№2を占めています。藤澤選手はTライン上にドローして1点を狙うのかと思いましたが違っていました。3点を狙っていました。

①向かって右からラストストーンを№1ストーンの左に当てる。
②当てられた№1ストーンは右の黄色の№2にあたって,これを外に出し,自らは2つの赤色の間を抜けて出る。これ
 で赤色2つが№1と№2になる。
③黄色にあたったラストストーンは左端の赤色にあたってその場にとどまり,№3となる。

これがゲームを決定する3点となりました。見事なショットです。テレビ中継,インターネット中継でみる限りでは,こうしたショットが何回もありました。順位決定戦でも危なげなく勝ち上がっていますから,準々決勝の韓国戦での藤澤選手の不調がなんとしても惜しまれます。
d0006690_10352894.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-04-29 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 28日
藤澤・山口ペア 4強ならず,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
d0006690_15342345.jpg7年振りに決勝トーナメントに進出した藤澤・山口ペアは「1/8ファイナル」で世界ランキング10位国のスコットランドを10−2で退けて,メダル獲得の期待が高まりました。BS1で決勝戦の解説を担当するSC軽井沢クラブの両角友佑選手はツイッターで「決勝での日本戦解説にまた一歩近づきました。笑」と書きました。

準々決勝は予選仮順位1位の韓国です。日本は第1エンドに1点スチールします。好調な,正しくは「韓国戦第2エンドまで好調であった」藤澤選手でしたが,第3エンドラストストーン以降突然に揺らぎます。

1−1のあとの第3エンド,日本は最終ストーン次第で4点のビックエンドとなるチャンスでしたが,藤澤選手は投げた直後に「あっ,だめだ」と漏らします。石は思うように曲がらず1点止まりに終わりました。

これが後を引いたでしょうか,その後のショットはやや精度に欠け,結果として5ー6と競い負け,4強入りはなりませんでした。

     1 2 3 4 5 6 7 8  計
韓国 ★ 0 1 0 1 0 2 0 2  6
日本   1 0 1 0 2 0 1 0  5

準々決勝で敗れた日本は5−8位順位決定に臨みます。今夜7時からのスウェーデン戦に勝てば,ハンガリー・トルコ戦の勝者と5位・6位決定戦です。スウェーデンに負ければ,ハンガリー・トルコ戦の敗者と7位・8位決定戦です。

これまでの日本の最高順位は2011年のチーム岩手(苫米地美智子・苫米地賢司組)の7位です。藤澤選手のLS北見は2016年の世界選手権で銀メダル,ピョンチャンオリンピックで銅メダルと,日本カーリング史上の新しい地平を切り開いてきました。また,山口選手のSC軽井沢クラブも自力での初めてのオリンピック出場を勝ち得てきました。なんとか7位以上を,と願っています。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-28 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 27日
藤澤・山口ペア 8強へ,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
【1/8ファイナル】 27日
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★    1 2 0 2 0 3 2 ×  10
スコットランド 0 0 1 0 1 0 0 ×  2

予選D組6勝1敗で2位,世界ランキング10位国のスコットランドに完勝です。明日の対戦国は予選仮順位1位でピョンチャンオリンピック5位の韓国です。


d0006690_16194134.jpg【決勝トーナメントの方法】
① 各組の1位をDSC順に仮1位〜仮5位とします。以下,各組の2位
  をDSC順に仮6位〜仮10位,各3位をDSC順に仮11位〜仮15位
  とします。
② この15チーム以外の中でDSCの1番良かったチーム(ワイルドカ
  ード)を仮16位とします。
③ 仮1位×仮16位,仮2位×仮15位,以下,仮3位×仮14位,仮4位
  ×仮13位…とし,仮1位×仮16位の勝者と仮4位×仮13位の勝者が
  準決勝まであたらないように(仮2位×仮15位の勝者と仮3位×仮14
  位の勝者でも同じ)トーナメント表を作ります。
④ 勝利した8チーム は準々決勝へ進みます。敗者は9位〜16位の順位
 決定戦へ回ります。
⑤ 準々決勝の勝者4チームは準決勝へ,敗者は5位〜8位順位決定戦
  へ。

【17位以下の順位の付け方】
各組の4位のグループをDSC17位〜20位とし,以下同じように40位までの順位を付けます。

d0006690_17515433.jpg

d0006690_16165833.jpg【藤澤・山口ペア 決勝トーナメントへ】

藤澤・山口ペアは2連敗で急造チームの不安を感じさせましたが,試合を追う毎にコミニュケーションを確実にし,ショット成功率を次第に高め,2連敗の後は5連勝で予選を5勝2敗の2位通過です。

最終的な男女別のショット成功率のランキングでは藤澤選手が75%で1位,山口選手が78%で2位です。決勝トーナメントの1回戦(1/8ファイナル)は世界ランキング10位国のスコットランドです。
ショット成功率は一つ目安でしかないようですが,それでも決勝トーナメントでの健闘が期待されます。

なお,日本ペアが決勝トーナメントに進むのは2011年のチーム岩手(苫米地美智子・苫米地賢司組)以来7年振りです。チーム岩手の最終順位は7位(24チーム中)でした。

(25日)
       1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★   3 0 2 0 3 0 3 ×  11
カザフスタン 0 1 0 1 0 1 0 ×  3

日本は第1エンドで3点のビックエンドとし,ゲームの主導権を握りました。その後も後攻では確実に複数点を上げ,先攻ではカザフスタンを1点に抑えて危なげなく勝ちました。これで2連敗の後4連勝です。

(26日)
         1 2 3 4 5 6 7 8 E  計
フィンランド ★ 0 0 1 2 0 1 0 1 0  5
日本       2 1 0 0 1 0 1 0 1  6

予選ラウンド最終戦,日本が勝てば決勝トーナメントへ進み,負ければフィンランド4勝3敗の3位で並びますが,直接対決で4位となり。予選敗退です。第1,第2エンドと連続スチールで3点リード。しかし,第4エンドに2点スチールされて同点。その後双方が1点を重ねて5−5で延長戦へ。日本が6−5で勝利し,C組2位で予選を突破,決勝トーナメントに進みました。

d0006690_1613425.jpg
[PR]

by gakis-room | 2018-04-27 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 26日
オッタチカタバミとタチカタバミの違い
d0006690_12274837.jpgオッタチカタバミ カタバミ科 カタバミ属

かつて「どっちなのか,タチカタバミとオッタチカタバミ」でその違いについて
  ①オッタチカタバミは花後に果柄が下垂する
  ②オッタチカタバミは根が浅く簡単に抜ける
と書きました。

①については必ずしも下垂しないものもあるようです。しかし,もっとはっきりとした違いがありました。

 オッタチカタバミは葉柄や花柄が1箇所からまとまっ
 て出ますが,タチカタバミは互生です。


「どっちなのか,タチカタバミとオッタチカタバミ」では写真について「タチカタバミだと思われます」と書いていますが,どうも「オッタチカタバミ」のようです。

d0006690_12271962.jpg「近くの公園」です。オッタチカタバミが一面に広がっています。ここは昨秋の「公園改修工事」でも手つかずの場所です。かつては一面のコマツヨイグサが見られたこともありましたが,今年はほとんど見かけません。

「近くの公園」の草花も年によって旺盛なものとほとんど見られないものがあります。今年はオオジシバリキュウリグサそしてオッタチカタバミが目立ちます。

d0006690_12273249.jpg【オッタチカタバミの葉は昼間に閉じる】

カタバミの葉は夜や天気の悪い時(日差しのない時)などに葉を閉じて下がります。この閉じた葉が半分食べられたように見えるので,「片喰」あるいは「傍食」(カタバミ)の名が付いたとの説があります。

しかし,オッタチカタバミは逆です。オッタチカタバミは日差しのある日中には葉を閉じたようになり下がります。そして,曇りの時とか日没近くになると横に広がります。

タチカタバミはどうなのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-26 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 25日
藤澤・山口ペア 暫定2位に浮上,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
d0006690_17202286.jpg2連敗の後,ポーランドに完勝して初勝利を挙げた藤澤・山口ペアですが,その後ロシア,リトアニアに連勝して3勝2敗。暫定2位に浮上しました。

藤澤,山口両選手とも日を追う毎にショットの精度を高め,チームとしてのショット成功率も格段に上昇しています。残りはカザフスタンとピョンチャンオリンピック7位のフィンランドとの2試合です。いよいよ決勝トーナメント進出への期待が大きくなります。

【日本のショット成功率】
             ドロー テイク  計
ニュージーランド(21日) 54%  73%  59%
エストニア(22日)    77%  63%  72%
ポーランド(23日)    71%  79%  74%
ロシア(24日)      86%  83%  84%
リトアニア(25日)    87%  93%  88%

(24日)
      1 2 3 4 5 6 7 8 E  計
ロシア ★ 1 0 1 0 0 2 0 2 0  6
日本    0 2 0 1 2 0 1 0 1  7 

(25日)
      1 2 3 4 5 6 7 8  計
リトアニア 0 0 0 1 0 0 1 ×  2
日本 ★  2 1 1 0 1 1 0 ×  6

【産経新聞の記事】
朝日新聞,産経新聞(購読はこの2紙)ともこの大会については今朝までベタ記事かスルーでしたが,24日と25日の産経新聞の夕刊は例外的に写真入りの4段記事でした。
※24日の産経新聞夕刊クリックすると拡大します。

d0006690_17205835.jpg
[PR]

by gakis-room | 2018-04-25 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 24日
藤澤・山口ペアは2連敗発進,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
d0006690_11461769.jpg21日(日本時間22日)からスウェーデンのエステルスンドで始まったカーリングミックスダブルス世界選手権は3日目を終わりました。

日本代表の藤澤・山口ペアは,初戦と第2戦を接戦の末に落として2連敗。今朝行われたポーランド戦に10−2と完勝して,対戦成績を1勝2敗としました。

5組各8チームで戦われる予選ラウンドでは,各組3位までと4位のうちDSCの最上位の1ペアの16チームが決勝トーナメントに進みます。

通常の大会の順位決定は3位決定戦までですが,ミックスダブルス世界選手権では決勝トーナメント進出の16チームについて,順位決定戦を行い16位までの順位を決めます。さらに17位以下についてもDSCによって17位から40位までの順位を付けます。

藤澤・山口ペアはピョンチャンオリンピック出場選手ですが,同じ組のフィンランドペアはピョンチャンオリンピックのミックスダブルスで7位となったペアです。なお,E組出場の韓国ペアは5位に入賞しています。

(21日)   ※日は現地時間
           1 2 3 4 5 6 7 8 E  計
日本         0 3 0 1 0 0 2 0 0  6                  
ニュージーランド ★ 1 0 1 0 2 1 0 1 1  7

(22日)
      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★  0 2 0 2 0 1 1 0  6
エストニア 1 0 3 0 2 0 0 1  7

(23日)
      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★  2 1 1 1 1 0 4 ×  10
ポーランド 0 0 0 0 0 2 0 ×  2

d0006690_11465142.jpg
[PR]

by gakis-room | 2018-04-24 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 23日
「近くの公園」でデビュー,マツヨイグサ
d0006690_8565762.jpgマツヨイグサ アカバナ科 マツヨイグサ属

「近くの公園」です。群生とは言わないまでも十数本のマツヨイグサ(待宵草)です。背丈は50センチくらいです。

昨年までは見られませんでした。今年にデビューです。昨秋にでもいくつかの種がこのあたりに運ばれたのでしょうか。その後に芽生え,ロゼットで冬を越し,4月に開花です。しばらくは楽しめそうです。

マツヨイグサを知ったのはマンション横の駐車場の隅です。毎年,数本花を咲かせますが,今年はまだ咲いていません。

d0006690_8573520.jpg花径は5〜7センチほどです。

8弁花にみえますが,4弁花です。夜咲きで昼過ぎまでには赤味を帯びます。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 22日
なぜこんなところに,カワヂシャ
d0006690_12383758.jpgカワヂシャ ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

カワヂシャと教えていただきました。歩車道境界ブロックと側溝蓋との隙間です。

カワヂシャはその名のように川岸,水路,水田などに生育する越年草です。茎は直立または斜上し,背丈は10~50cmになります。

街中のコンクリートの隙間にひと株,なぜ生育したのでしょうか。このカワヂシャの背丈は5センチほどです。



d0006690_12385918.jpg花径は3〜4ミリほどです。ほとんど白色ですが,薄青色の筋がみられます。

カワヂシャは2度目になります。
2010年5月に「これも「準絶滅危惧種」です,カワヂシャ」と書いていますが,カワヂシャの花の色は「白に薄青の筋」のようですから,ひょっとしたら「オオカワヂシャ」だったかも知れません


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-22 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 21日
この豊かな発想,「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」
d0006690_1327267.jpg※写真はクリックすると拡大します。

先日,「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」に行ってきました。日常にある物を別の物に見立てた発想の独自性と豊かさに驚かされました。また,それぞれのタイトルもだじゃれ的な工夫がありました。
    ※実物ではなく写真だけの展示もありました。





田中達也 (ミニチュア写真家)
1981年熊本県生まれ,鹿児島大学卒業後,鹿児島の制作会社でデザイナーを務めた後,2011年から日用品とジオラマ用人形をモチーフにして,日常にある物を別の物に見立てたミニチュアアート「MINIATURE CALENDAR」をスタート,毎日インスタグラムで発表している。76万人以上のフォロワーをもつ。

d0006690_13465443.jpg「新パン線」

※この新パン線にはモーターが内蔵されていて,線路を
 自動的に一周します。

d0006690_12564223.jpg「未完の宇宙船」

d0006690_12565716.jpg「草刈り取ってここを農地にするんだべさ」

d0006690_12571296.jpg「なんて吸収の早い奴だ」

d0006690_12572884.jpg「昇るのはゆっくり,落ちるのは一瞬。まるで人生のようですな。」

d0006690_12575082.jpg「新鮮なうちに波に乗れ」

d0006690_1258990.jpg「ビール冷えきっています」

d0006690_12582470.jpg「1本1本丁寧に塗られています」
[PR]

by gakis-room | 2018-04-21 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)