カテゴリ:カーリング( 160 )

2017年 08月 03日
ちょっと楽しみな「どうぎんカーリングクラシック」
d0006690_1613516.gif

この時期にカーリング大会があるとは思いませんでした。「どうぎんカーリングクラシック2017」が以下の要領で行われますす。「どうぎん」と冠されているように事実上は北海道銀行の主催です。賞金大会で,優勝は100万円,2位は50万円,3位は20万円です。

日程は8月4日〜8月6日で,今回で3回目です。ローカルな大会と思われがちですが,出場の男女各8チームは,外国から参加の男女5チームは強豪で,日本から参加の11チームも現在の日本のトップクラスです。

出場チームは以下の通りです。
【男 子】
・SC軽井沢  日本選手権5連覇中。ヒョンチャンオリンピックの日本代表。
・4REAL  スキップが阿部晋也で,2017日本選手権2位(チーム名は札幌)
・チーム東京  2016日本選手権2位,東大,北大,東工大の国立大出身で話題に。
・Sapporo Four Play  2016日本選手権5位
・札幌学院大学      2016ジュニア日本選手権1位
・軽井沢WILE     2017日本選手権4位
・チームコリア(韓国)  2017韓国選手権1位,2016軽井沢国際大会2位
・チームS.KIM(韓国) 2017アジア冬季大会3位,2016世界選手権10位

【女 子】
・LS北見   2017日本選手権2位,2016世界選手権2位
・中部電力   2017日本選手権1位
・北海道銀行  2017日本選手権4位,2015日本選手権1位,2014ソチオリンピック5位
・富士急    2017日本選手権3位
・チーム軽井沢 2015日本選手権4位
・ドイツ    2017世界選手権9位
・チームコリア(韓国) 韓国選手権2連覇中,アジア冬季大会2位
・チームM.Kim(韓国) 2017韓国選手権2位,2016韓国選手権2位

なんと言っても注目は9月8日〜10日に行われる「ヒョンチャンオリンピック代表決定戦」を戦うLS北見と中部電力との試合です。代表決定戦を見据えてどのような試合になるのかが注目されます。

両チームの試合は8月4日の19時30分からですが,残念ながらテレビ放送はありません。しかし,YouTubeではLive中継があるようですが,この試合が対象となるかは不明です。同時刻に北海道銀行とチーム軽井沢の試合があります。なにせ,北海道銀行主催,札幌カーリング協会主管の大会ですから。

中継はこちらから。あるいはYouTubeを「どうぎんカーリングクラシック2017」で検索すればいいようです。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-03 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 28日
日本は予選で敗退,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
※全面的に書き換えました。(午後6時10分)

d0006690_1823686.jpg日本(阿部晋也・小笠原歩組)は最終戦でフィンランドに6ー4で敗れ,A組4位となり,決勝トーナメント進出はなりませんでした。

惜しかったのは第8エンドです。日本がナンバーワン,ナンバーツーをハウス内に持っていました。フィンランドの最終ストーンはハウス前のコーナーガードをかすめました。明らかにミスショットです。日本が2点を取って逆転,と思われたその時,奇跡が起きました。

コーナーガードをかすめたストーンは赤石(フィンランド)に当たり,ハウス内の日本のナンバーワンをはじき出して,自らはナンバーワンとなりました。

小笠原は最終ショットでこのフィンランドのナンバーワンをはじき出すことができず,1点スチールされ,日本の決勝トーナメント進出は断たれました。

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
フィンランド★ 2 0 1 0 1 0 1 1  6
日本      0 1 0 1 0 2 0 0  4


d0006690_6592098.jpg
     ※2位・3位は直接対決の結果,4ー6位はDSC(ドローショットチャレンジ)によるかと思われます。

※DSC(ドローショットチャレンジ)とは  
 ・試合前の練習後に,異なる2人プレーヤーが一人は右回り,もう一人は左回りのドロー(スイープ可)をして,ハ
  ウスの中心(ボタン)からのそれぞれの距離を測り,合計します。
 ・これをLSD(ラストストーンドロー)といいます。このLSDの短さで先攻,後攻を決めます。
 ・LSDの予選ラウンド全体での平均距離(最も悪いものを除く)をDSCといいます。
 ・予選ラウンドでの勝率が同じで,三すくみの状態になった時には,直接対決では順位は決められませんから,DS
  Cの短い順に順位を決めます。
 ・ただし,プレーオフ進出がかかる場合は,必ずタイブレークの試合でプレーオフ進出を決めます。


d0006690_1729354.jpg【決勝トーナメントの組み合わせ】
①各組の1位をDSC順に仮1位〜仮5位とします。以
 下,各組の2位をDSC順に仮6位〜仮10位,各組の
 3位をDSC順に仮11位〜仮15位とします。

②この15チーム以外の中でDSCの1番良かったチーム
 (ワイルドカード)を仮16位とします。

③仮1位×仮16位,仮2位×仮15位,以下,仮3位×仮
 14位,仮4位×仮13位…とし,仮1位×仮16位の勝者
 と仮4位×仮13位の勝者とは準決勝まで対戦しない
 ように,同じように仮2位×仮15位の勝者と仮3位×
 仮11位の勝者とは準決勝まで対戦しないようにトーナ
 メント表を作ります。

【日本が決勝トーナメントに進出していたら…】
日本は,仮14位となり,仮3位スイスと緒戦です。これに勝ったとしても仮6位ノルウェーと仮11位イタリアにかってようやくペスト8です。

決勝トーナメントを勝ち抜くことはとても難しそうですが,それにしても,日本選手権後に結成された急造チームの日本の予選4位はまあまあかと思われます。4人制のカーリングと違って緊迫感にやや欠けますが,しかし,ストーンを投げると同時に方向と早さを見定めて,スイープもしなければなりません。4人制とは違った高度な技術が必要なようです。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-28 07:15 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 26日
オリンピック出場枠は7,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
【速 報】  27日13時30分
・第24セッションが終了し,A組は日本・フィンランド戦を残すのみとなりました。この試合に日本が勝てば決勝ト
 ーナメント進出を懸けて,フィンランドとタイブレークです。
・勝敗表は第24セッション終了現在のものと差し替えました。

【速 報】  27日午前9時
日本は今朝のエストニア戦で8ー6で勝利し,3勝3敗となりました。今夜11時からのフィンランド戦に勝てば,3位を巡るタイブレークに残れます。
なお,今夜10時55分からBS1でフィンランド戦の生中継があります。

d0006690_1114963.jpg来年の平昌オリンピックから正式競技となったカーリンクのミックスダブルス(2人制の男女混合)世界選手権がカナダのレスブリッジで行われています。

大会への出場資格は国内協会があって国内予選を勝ち抜いたチームであれば何カ国でも出場できます。今年は39カ国が参加しています。予選は[8カ国×4組+7カ国]の5組に分かれ,それぞれ総当たりの予選ラウンドが行われ,[各組の上位3チーム+ワイルドカード1カ国]の16チームが決勝トーナメントに進みます。

日本から出場している「チーム阿部」は,日本選手権男子2位の札幌のスキップ阿部晋也選手と北海道銀行のスキップ小笠原歩選手のペアです。

オリンピックの出場枠は開催国を含めて8つ,開催国を除いて去年と今年のこの大会のポイント上位7カ国に出場権が与えられます。日本は昨年の大会で予選ラウンドで敗退していますから,持ち点は0です。したがってオリンピック出場のためにはこの大会で決勝トーナメントへ進出することはもちろんのこと,決勝トーナメントでも上位に入らなければなりません。

日本は日本時間の26日午前11時現在で,2勝3敗の4位タイです。決勝トーナメント進出のためには残りのエストニア戦とフィンランド戦での2連勝が最低条件です。エストニア戦は27日午前5時30分,フィンランド戦は午後11時(いずれも日本時間)です。

勝敗表は27日13時30分現在のものと差し替ええました。
d0006690_13465916.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-04-26 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 10日
カナダが全勝で2年連続36回目の優勝,カーリング男子世界選手権
d0006690_9293599.jpgカーリング男子世界選手権はカナダが予選,決勝トーナメントを全勝で2年連続36回目の優勝を果たしました。全勝優勝は12チームによる予選となった2005年以降では初めてのことです。それ以前の予選10チーム制でも全勝優勝は1995年の1回だけで,それもカナダでした。

また,3月に北京で行われた女子世界選手権でもカナダが全勝優勝していますが,女子の世界選手権での全勝優勝はこれが初めてのことで,カナダは男女そろって全勝優勝するという快挙です。

【決勝】 
両チームとも優勝を意識してか,冒険をしない手堅い試合運びでした。それだけに複数点を取るチャンスはなく,得点も1点を取らされるという展開でした。特に第6エンドから3エンド連続してブランクエンドとなりました。第9エンドにカナダが2点を取り,そのまま逃げ切りましたが,4ー2というロースコアが息詰まる試合展開を物語っています。

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
カナダ★   0 1 0 1 0 0 0 0 2 ×  4
スウェーデン 0 0 1 0 1 0 0 0 0 ×  2

【決勝トーナメントの結果】
最終順位は予選ラウンドと同じ,1位=カナダ,2位=スウェーデン,3位=スイス,4位=アメリカとなりました。したがってオリンピックポイントの変動ありません。

1位・2位戦 カナダ 7−4 スウェーデン  
              カナダは決勝へ,スウェーデンは準決勝へ
3位・4位戦 スイス 11ー4 アメリカ 
             → スイスは準決勝へ,アメリカは3位決定戦へ
準決勝    スウェーデン 6−5 スイス
              スウェーデンは決勝へ,スイスは3位決定戦へ
3位決定戦  スイス 7−5 アメリカ
          

【女子オリンピック代表決定戦】
これでカーリングはシーズンオフ(?)に入ります。次は9月に行われる女子のオリンピック代表決定戦です。それまでカーリングはしばらくの間お休みです。

LS北見と中部銀行とのオリンピック代表決定戦は5試合3戦先勝で,9月8〜10日に北見市常呂のアドヴッイクス常呂カーリングホールで行われます。放送はあるのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-10 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 08日
圧倒的なカナダの強さ,カーリング男子世界選手権
d0006690_15584566.jpg左の表は今大会でのショット成功率と順位です。スコットランドがショット成功率に比べて順位がやや低い感じがしますが,ショット成功率と順位とは無関係でないようです。

日本が大敗したのはカナダ戦と中国戦でした。中国戦は2ー9でしたが,この試合の中国のショット成功率95%に対して日本のそれは74%でしたから,中国の強さというよりは日本の自滅に近い敗戦でした。

しかしカナダ戦は違っていました。スコアーは2−10でしたが,日本のショット成功率は日本の全試合の平均以上の85%でした。通常この成功率は勝者のもののようです。ではカナダは? と言えばカナダのショット成功率は95%と驚異的な数字を残しています。日本は良かったのにカナダは遙かに良かったというこでしょうか。

予選ラウンドを全勝で終わったカナダのショット成功率は飛び抜けています。このショット成功率の高さがカナダの強さです。

きょうのプレーオフ,カナダ(予選1位)×スウェーデン(予選2位)戦では,7ー4でカナダが勝利しましたが,この試合での両者のショット成功率は以下の通りです。
  カナダ     91%
  スウェーデン  87%
スウェーデンは悪くなかった,いいえ,むしろ予選ラウンドよりも善戦したスウェーデンでしたが,カナダはスウェーデンをまったく寄せ付けませんでした。

カナダはカーリング王国と言います。世界選手権が始まった1959年から昨年までの58大会での優勝した国と優勝回数は以下の通りです。
  カナダ        35回
  スウェーデン     7回
  スコットランド    5回
  アメリカ,ノルウェー 4回
  スイス        3回

カナダの優勝回数は6割を超えています。今大会に出場しているカナダのチームは昨年優勝したチームを破っての出場です。まさにカナダ恐るべしです。

 
【予選ラウンドでの日本の試合結果】
7日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本   0 0 0 0 2 0 × × × ×  2
中国 ★ 3 2 1 1 0 2 × × × ×  9

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 0 0 2 1 0 0 0 1 1 0  5
スイス  1 1 0 0 0 2 1 0 0 1  6

6日
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
カナダ ★ 2 0 0 5 0 1 2 × × ×  10
日本    0 0 1 0 1 0 0 × × ×  2

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
ロシア  0 2 0 0 1 1 0 × × ×  4
日本 ★ 4 0 2 3 0 0 3 × × ×  12

5日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 E  計
アメリカ 0 1 1 0 0 2 1 0 1 0 1  7
日本 ★ 1 0 0 1 2 0 0 1 0 1 0  6

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本  ★ 0 0 0 2 0 2 0 4 0 1   9
ノルウェー 1 2 1 0 1 0 1 0 1 0   7
[PR]

by gakis-room | 2017-04-08 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 07日
予選ラウンドは7位で終わる,カーリング男子世界選手権
d0006690_1541113.jpg
1位〜4位は決勝トーナメントの結果によって変動する。オリンピックポイントも同様である。
3位・4位,5位・6位,7位・8位は直接対決による。

d0006690_14243696.jpgカーリング男子世界選手権予選ラウンドが終了しました。日本は最終日,スイスに5−6,中国に2−9と連敗し,予選ラウンドを5勝6敗の7位で終わりました。

当初の目標であった決勝トーナメント進出,メダル獲得は成りませんでしたが,7位までにオリンピック出場権が与えられるオリンピックポイントではポイント15の4位です。

SC軽井沢が近年急速に,なおかつ安定した力を付けてきたことは世界選権での成績からもうかがえます。今大会は7位に終わりましたが,平昌オリンピックは単に20年振りの出場にとどまらず,メダル獲得が夢ではなく,すぐれて現実的な目標になっています。

【SC軽井沢の世界選手権での成績】
  2017年  7位
  2016年  4位
  2015年  6位
  2014年  5位
  2013年  11位    ソチオリンピック(2014)へのオリンピックポイントは2013年と2012年の合計
  2012年  不出場
  2011年  不出場 
  2010年  12位(チーム常呂が出場)
  2009年  10位
[PR]

by gakis-room | 2017-04-07 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 06日
カーリング男子,平昌オリンピック出場確定
日本の平昌オリンピック出場が確定しました。

d0006690_7264295.jpgカーリンク男子世界選手権は最終日(日本時間7日)の3セッションを残すのみとなりました。ここまでの日本は5勝4敗で5位です。

目標であった決勝トーナメント進出,メダル獲得はきわめて厳しくなりました。

しかし,ここまで9位のドイツがきょうの第14セッションでノルウェーに7−8で敗れて2勝7敗となり,日本が残りの2試合に連敗しても5勝6敗でドイツを上回り,日本の9位以上が確定しました。

9位のポイントは4ですから,日本のポイントは4ポイント以上となり,前回大会と併せてオリンピックポイントは13ポイント以上となりました。この後,日本が9位となり,スコットランドが上位に進出し日本以上のポイントを獲得しても,日本はデンマーク(前回2位,今回不出場)の12ポイントを上回り,前回大会と今回大会の合計ポイントで7位以上が確定しました。

昨年の大会と今年の大会の合計ポイント7位以上に平昌オリンピック出場権が与えられますので,日本のオリンピック出場が確定しました。男子のオリンピック出場は1998年の長野大会以来20年振り2回目ですが,開催国枠でではなく,予選を勝ち抜いての出場は初めてです。

中国,イタリアにも決勝進出の可能性があり,1位となって日本の13ポイントを上回る14ポイント獲得は理論上はありますが,現実的には不可能です。
d0006690_14231053.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-04-06 14:30 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 04日
日本,予選前半を3勝2敗,カーリング男子世界選手権
d0006690_91325.jpg20年振り2回目のオリンピック出場というよりは,開催国枠としてではなく,予選から勝ち抜いての初めてのオリンピック出場をかけての戦いが始まりました。

もとよりSC軽井沢にとってはオリンピック出場がこの大会での目標ではなく,昨年の大会で届きそうであったあったメダルを獲得することが第1の目標です。9日間の戦いに勢いをつけるためには世界ランキング下位の国から始まる予選ラウンドはくじ運に恵まれたとも思われます。

1戦目,2戦目で,イタリアとオランダを危なげなく下して,3戦目は世界ランキング4位,ソチ五輪銀のスコットランドです。この戦いのあと「ストーン半分の精度が決めきれなかった」とは,試合後のスキップ両角選手の言葉です。

スコットランドに敗れた後は,世界ランキング2位で,目下ヨーロッパ選手権3連覇中のスウェーデンです。息詰まる接戦の末,破れはしましたが,それなりの手応えがあったのでしようか。試合後の「スチールされることはなかった」との言葉は負け惜しみとも思われませんでした。2勝2敗のドイツ戦を制して予選の半ばを3勝2敗で終えました。

これから,ランキング上位の5カ国をふくむ6戦をどのように戦うか,私にとってワクワクする日が続きます。
d0006690_14112260.jpg
【日本の試合結果】 ★印は第1エンドの後攻
4月4日
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
ドイツ  0 0 1 0 1 0 0 2 0 ×  4
日本 ★ 1 1 0 1 0 1 0 0 3 ×  7

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
スウェーデン★ 2 0 1 0 0 2 0 1 0 2  8
日本      0 1 0 1 1 0 1 0 1 0  5

4月3日
         1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本       0 2 0 1 0 0 1 0 0 ×  4
スコットランド★ 1 0 2 0 2 1 0 0 1 ×  7

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本    0 2 0 1 0 2 0 4 0 ×  9
オランダ★ 2 0 0 0 1 0 2 0 1 ×  5

4月2日
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本  ★ 1 0 2 2 0 1 0 1 2 ×  9
イタリア  0 2 0 0 2 0 1 0 0 ×  5
[PR]

by gakis-room | 2017-04-04 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 27日
カナダが10年振り16回目の優勝,カーリング女子世界選手権
d0006690_16343937.jpg26日行われたカーリング女子世界選手権はカナダが決勝でロシアを8−3で破り,2007年以来10年振り16回目の優勝を遂げました。

女子世界選手権は1979年に第1回大会が行われてから今年で39回目ですが,大会でのカナダの強さは圧倒的でした。これまでに優勝15回,2位8回,3位9回,メダルなしは僅か6回です。このようにカーリング超大国ともいえるカナダですが,この10年の成績は必ずしも満足できるものではありませんでした。

2007年に15回目の優勝の後は優勝から遠ざかっただけでなく,2009年にはメダルなし,2014年,2015年と連続して決勝でスイスに敗れ,さらに昨年は7年振りのメダルなしでした。その鬱憤を晴らすかのように,今年は予選,決勝トーナメントを負けなしの全勝での16回目の優勝でした。

2位はロシアでした。予選,1位vs2位戦とカナダに2連敗からの逆転優勝を狙ったロシアでしたが,スキップの不調(?)からか,カナダに及びませんでした。とは言え,ロシアの2位はこれまでの最高位です。ロシアは2014年ソチ五輪に向けて強化を図ってきたそうです。その2014年に初めて3位となってメダルを獲得しました。続く2015年,2016年も連続で3位でした。ロシアはヨーロッパの強国入りの感があります。

【決勝トーナメントの結果】
1位・2位戦 カナダ 7−3 ロシア 
          カナダは決勝へ,ロシアは準決勝へ
3位・4位戦 スウェーデン 8ー5 スコットランド 
          → スウェーデンは準決勝へ,スコットランドは3位決定戦へ
準決勝    ロシア 9−3 スウェーデン 7
           ロシアは決勝へ,スウェーデンは3位決定戦へ
3位決定戦  スコットランド 6−4 スウェーデン
           この結果予選4位のスコットランドが3位,予選3位のスウェーデンは4位となりました。
決勝 
        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
   ロシア  0 0 0 0 1 0 2 0 × ×  3
   カナダ★ 0 2 1 0 0 3 0 2 × ×  8
[PR]

by gakis-room | 2017-03-27 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 24日
カーリング女子世界選手権の予選ラウンドの結果
d0006690_1522021.jpgカーリング女子のオリンピック出場確定はアイスホッケー女子に次いで2番乗りです。

開催国枠で出場する韓国を除いて,今回の大会でオリンピック出場を確定させた7カ国の世界ランキングは1位から7位です。韓国は世界ランキング9位ですから,絶不調であったデンマーク(世界ランキング8位)を唯一の例外に,世界の上位がそのままオリンピック出場を確定させました。

開催国枠で出場する韓国を除くオリンピックポイントでは,日本は7位で次のドイツに大差で出場を確定させました。しかし,日本の出場確定はきわどいところでした。

前大会で2位であった日本は12ポイントを持っていましたが,今大会不出場でしたから,2大会のポイント合計のオリンピックポイントでは8位です。もし開催地が上位の韓国までの7カ国でなかったとすれば,日本は8位となってこの大会での出場確定はありませんでした。

なお,平昌オリンピックに出場する日本代表戦はLS北見と中部電力で争われます。9月,場所は北見市常呂町です。

【世界選手権の最終結果】
2位と3位は直接対決の結果でしょうか。なお,1位〜4位は決勝トーナメントの結果によって最終確定します。

6位〜9位はいずれも5勝6敗ですが,順位は大会の公式ホームベジに従いました。順位の決め方はDSC(ドローショットチャレンジ)によったのでしょうか,私には不明です。

今大会は世界ランキング1位のスイスと8位のデンマークの不調,ヨーロッパ選手権4位のチェコの大健闘を除けば,ほぼ世界ランキングの上位が順当に勝ち上がりました。
d0006690_15292122.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-03-24 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)