カテゴリ:カーリング( 203 )

2018年 11月 10日
男子は優勝,女子は2位に終わる,カーリング・パシフィック・アジア選手権
d0006690_15494499.jpgきよう,パシフィック・アジアカーリング選手権の決勝が行われました。

女子は予選3位の韓国が予選1位のロコ・ソラーレ(LS北見)を破って優勝しました。パシフィック・アジアカーリング選手権は1991年から始まり,今年で28回目ですが,韓国の優勝は3年連続4回目です。

男子はコンサドーレが初めての公式国際試合で見事優勝しました。日本の優勝は2年振り4回目です。

【女子・決勝】    ★は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 1 0 2 0 3 0 0 2 0 0  8
韓国   0 2 0 1 0 2 2 0 2 3  12

予選,準決勝と負けなしのロコ・ソラーレ(LS北見)でしたが,予選では7ー4で圧倒した韓国チームに敗れチームとしては2度目の優勝はなりませんでした。

この日はチーム全体としてアイスリーディングに苦しみました。特にここまで好調であったスキップの藤澤選手は難しいショットを強いられ,このゲームでのショット成功率は58%という低さでした。

予選3位から見事に優勝した韓国チームは全員が今春,高校を卒業したという若いチームです。8月の「どうぎんカーリングクラシック」では中部電力を破って優勝,8月末の韓国代表決定戦でオリンピック銀メダルチームに勝って韓国代表の座を得ました。,

【男子・決勝】   ※ゲーム終了後に加筆して再アップします。
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本   1 0 2 2 0 0 2 1 0 1  9
中国 ★ 0 2 0 0 3 2 0 0 0 0  7

日本(コンサドーレ)は一時は5ー7とリードされましたが,その後連続スチールで再逆転,コンサドーレは初めての公式国際試合で見事優勝です。

コンサドーレ(北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム)は8月1日に発足した新しいチームです。その母体はトリノ冬季五輪(2006年),バンクーバー冬季五輪(2010年)でカーリング女子の監督を務めた阿部晋也選手を中心とした「4REAL」(チーム北海道)です。4REALは2017年,2018年に日本選手権で準優勝をしています。コンサドーレ発足に伴いSC軽井沢クラブから清水徹郎選手が加入しました。

9月のパシフィック・アジア選手権代表決定戦で,日本選手権優勝のチームIWAIを制して日本代表となり,今回の快挙です。

コンサドーレはサッカーのコンサドーレが設立した「一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ」が運営するスポーツクラブです。旧SC軽井沢クラブが解散した後,安定したクラブ運営が期待される男子カーリングチームとして注目されています。
[PR]

by gakis-room | 2018-11-10 19:30 | カーリング | Comments(0)
2018年 11月 09日
男女ともに決勝進出 カーリング・パシフィック・アジア選手権
d0006690_17103234.jpgきょう行われたカーリングのパシフィック・アジア選手権の準決勝で,男子のコンサドーレと女子のロコ・ソラーレ(LS北見)は共に勝ち,揃って決勝進出を決めました。これで,男女とも2位以上が確定し,来年3月に行われる世界選手権への出場権を獲得しました。

【男子・準決勝】    ★は第1エンド後攻
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 2 0 0 1 2 1 1 0 1 ×  8
NZ   0 1 1 0 0 0 0 1 0 ×  3

日本はニュージーランドを終始圧倒し,8ー3で完勝,決勝進出を決めました。決勝の相手は予選1位の中国と予選4位の韓国との勝者です。明日19時からです。

【女子・準決勝】
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 2 4 1 0 2 2 2 0 × ×  13
香港   0 0 0 1 0 0 0 2 × ×  3

第1エンド,藤澤選手は最終ショットで,№2の日本の石に接していた№1の香港の石を巧にはじき出して2点の先制しました。難しかったのはこのエンドだけで,第2エンド以降は相手を全く寄せ付けず,前半で勝敗を決めました。明日の決勝の相手は,予選2位の中国を 7ー4 で破った予選3位の韓国です。明日12時30分からです。


LS北見の呼称は「ロコ・ソラーレ」に統一
LS北見として活動してきたロコソラーレは5日,一般社団法人化したことを受けてチーム登録名称を「LS北見」ではなく,「ロコ・ソラーレ」に統一し,今後は国内大会も含めて「ロコ・ソラーレ」で活動していくことを明らかにしました。これを受けてマスコミも「ロコ・ソラーレ」と表記するようになりました。

それで,このブログでもきょうから「LS北見」ではなく「ロコ・ソラーレ」と表記いたします。

【改称の経緯】
「ロコ・ソラーレ」は2010年,常呂(ところ)町でのチーム結成時のチーム名。チーム名の由来は「ローカル」と,「常呂っ子」から「ロコ」+イタリア語で太陽を意味する「ソラーレ」を組み合わせた造語。しかし,日本カーリング協会(JCA)主催の大会に出場する際のチーム名には以下の規定があり,「ロコ・ソラーレ」を使うことができませんでした。

  【JCA競技者ユニフォーム規定】
     チーム名には選手名(代表者の苗字),所属する協会名,居住している地域名,在職・在籍あるいは雇用契
     約関係にある会社又は団体名及びその略称,在学する学校名及びその略称以外の使用が禁止する
        団体とは、NPOや協同組合などの法人,地方公共団体などの公共団体を指す。地域グループや少
         年団体など法人格を有しない団体名は使用できない。

それでロコソラーレはJCA主催のこれまでの大会では,本橋選手が所属するNTTラーニングシステムズの頭文字をとって「LS北見」の名称で出場してきました(私はLSはロコ・ソラーレの頭文字とばかり思っていました)。

LS北見は9月18日,ホームページで組織を「一般社団法人ロコ・ソラーレ」とし,代表理事には本橋麻里さんが就任したと発表しました。ついで,このたび法人格を獲得し,JCA主催の試合にはチーム名を「ロコ・ソラーレ」として出場できることになりました。
[PR]

by gakis-room | 2018-11-09 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 11月 08日
男女ともに準決勝進出,カーリング・パシフィック・アジア選手権
d0006690_1623570.jpg3日から韓国の江陵(カンヌン)で行われていたカーリングのパシフィック・アジア選手権2018は8日に予選ラウンドを終りました。日本勢は女子(LS北見)が6戦全勝で予選1位通過,男子(コンサドーレ)は7勝1敗の2位通過です。男女ともセミファイナル(準決勝)に進みます。

準決勝の組み合わせです。勝者は来年3月に行われる世界選手権に出場します。敗者は来年1月にニュージーランドで行われる最終予選での2枠を目指します。
 【女子】
    8日 19時 中国(2位) v 韓国(3位)
    9日 14時 日本(1位) v 香港(4位)
 【男子】
    9日 09時 日本(2位) v ニュージーランド(4位)
    9日 19時 中国(1位) v 韓国(4位)

【予選ラウンドの結果】
【女 子】
4位〜6位の順位はDSC(ドローショットチャレンジ)によると思われます。
d0006690_1684315.jpg
(6日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
カタール 0 1 0 0 0 0 × × × × 1 
日本 ★ 3 0 5 2 4 5 × × × × 19

(7日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 E 計
中国   0 1 0 1 0 0 2 0 2 1 0 7 
日本 ★ 1 0 2 0 0 1 0 3 0 0 1 8 

4ー4の同点で迎えた第7エンド,スキップ藤澤選手の絶妙な第1投が相手のミスを誘い,3点のビッグエンドとなりました。第10エンドに1点をスチールされて同点となりましが,延長11回は正確なショットで全勝対決を制しました。

(8日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 0 3 0 0 3 0 0 0 1 × 7
韓国   0 0 1 1 0 1 0 1 0 × 4

【男 子】
d0006690_16552363.jpg
(6日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 E 計
日本   0 2 0 2 1 0 0 0 2 0 1  8
韓国 ★ 1 0 2 0 0 0 1 1 0 2 0  7

終始日本のペースで進み,2点リードで迎えた第10エンド,韓国のスキップの完璧なダブルテイクアウトによって同点に追いつかれましたが,延長11回,最終ショットのドローを決めて逃げ切りました。

(7日)   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本  ★  2 0 3 1 0 3 × × × ×  9 
カザフスタン 0 1 0 0 1 0 × × × ×  2

(7日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
台湾   0 1 0 2 0 0 1 0 1 0 5
日本 ★ 2 0 1 0 2 0 0 0 0 1 6

(8日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
香港   0 0 1 0 0 0 1 × × × 2
日本 ★ 3 1 0 2 6 1 0 × × × 13
[PR]

by gakis-room | 2018-11-08 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 11月 06日
世界選手権の2枠をめざして,カーリング・パシフィックアジア選手権
d0006690_17151634.jpgパシフィック・アジアカーリング選手権がピョンチャンオリンピックでのカーリング会場になった江稜で3日から行われています。出場チームは男子9か国,女子7か国です。このうち上位2か国が来年の世界選手権への出場権を獲得します。3位,4位チームは世界選手権最終予選での2枠を目指します。

【プレーオフ】
総当たりの予選リーグ上位4チームで争われます。準決勝の組み合わせは
  1位 vs 4位
  2位 vs 3位
です。

男女とも日本,韓国,中国の3か国と他の国との力量に大差があり,予選での1位通過は,準決勝での相手が3強以外となる公算が大きく,決勝進出が比較的容易です。

【昨年は男子に波乱】
しかし,昨年は男子で波乱がありました。男子では当時世界ランキング28位のオーストラリアが大健闘で2位となり,予選を全勝で1位通過したSC軽井沢クラブは準決勝で予選4位の韓国に敗退し,3位に終わりました。

ただ,昨年の世界選手権のアジアの出場枠は昨年だけの特例として2枠から3枠になってましたから,SC軽井沢は3位でも世界選手権に出場することができました。そして世界選手権での活躍がオリンピックへの自力出場という快挙につながりました。

昨年の女子は,LS北見は予選3位でしたが,準決勝で予選2位の中国を破って決勝進出,決勝では韓国に敗れて2位となりましたが,世界選手権への出場を得ました。そして,男子と同様に世界選手権での活躍がオリンピック出場,日本のカーリング史上,オリンピックでの初めての銅メダル獲得につながりました。

【男 子】
日本は中国に5ー9で敗れましたが,他に取りこぼしはなく3勝1敗てす。中国は韓国を破って5選全勝で1位,韓国は4勝1敗です。
d0006690_162330.jpg
(3日)    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本   ★  2 0 2 0 1 1 0 1 0 ×  7
オーストラリア 0 1 0 1 0 0 1 0 0 ×  3

(4日      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本    ★  2 1 0 0 4 2 3 × × ×  12
ニュージーランド 0 0 0 1 0 0 0 × × ×  1

(5日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
中国 ★ 2 0 2 0 0 1 0 0 2 2  9
日本   0 1 0 2 0 0 1 1 0 0  5

(6日) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
カタール 0 0 0 1 0 1 0 × × ×  2
日本 ★ 3 1 2 0 4 0 5 × × ×  15

【女 子】
日本と中国が全勝です。なお,中国チームは9月に行われたワールドカップ蘇州大会にも出場しており,予選で2勝4敗でした。韓国チームはピョンチャンオリンピックの銀メダルチームの慶尚北道体育会チームではなく,8月末の韓国代表決定戦で慶尚北道体育会チームを破った春川(チュンチョン)市庁チームです。このチームは全員が19歳で,ワールドカップ蘇州大会に出場し,予選では1勝5敗でした。LS北見はワールドカップでは予選3勝3敗でした。
d0006690_1612560.jpg
(4日)    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本   ★  5 5 4 1 4 1 × × × ×  20
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 × × × ×  0  

(5日)   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本  ★  0 6 0 0 4 3 × × × ×  13
カザフスタン 1 0 1 1 0 0 × × × ×  3

(5日)  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
香港 ★  0 0 0 0 0 2 0 × × ×  2
日本    3 0 3 1 3 0 2 × × ×  12
[PR]

by gakis-room | 2018-11-06 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 10月 29日
カーリング,パシフィック・アジア選手権と放送予定
d0006690_1175673.jpgカーリングのパシフィック・アジア選手権が11月3日から韓国の江陵(カンヌン)で行われます。

出場チームは女子が7か国,男子が9か国です。総当たりの予選ラウンドを行い,上位4チームがプレーオフに進出します。

この大会の1位,2位は来年,デンマーク(女子,3月16日〜24日)とカナダ(男子,3月30日〜4月7日)で行われる世界選手権に出場します。3位,4位チームは世界選手権最終予選での2枠を目指します。

日本からはLS北見(女子)とコンサドーレ(男子)が出場します。9月に行われた代表決定戦で札幌国際大学を制して代表となったコンサドーレにとっては初めての国際試合になります。昨年はLS北見が準優勝,SC軽井沢クラブが3位でした。

【女子・出場国】  丸数字は世界ランキング
韓国       ⑥     香港       ㉙
日本       ⑦     カザフスタン   ㉞
中国       ⑨     カタール     ㊲
オーストラリア  ㉖

【男子・出場国】
日本       ⑦     台湾       ㉗
韓国       ⑧     香港       ㊱
中国       ⑪     カザフスタン   ㊴
ニュージーランド ㉒     カタール     ㊸
オーストラリア  ㉖

【放送予定】
昨年はCS日テレジータスだけの放送でしたが,今年はBS日テレ(BS4)でも3試合の放送があります。
  11月8日(木)  19:00~20:54 女子予選 日本vs韓国(録画)
  11月9日(金)  19:00〜20:54 女子準決勝(録画)
  11月10日(土) 12:00〜15:25 女子決勝

なおYouTubeのワールドカーリングTVでの日本関連の放送です。ただし,8日女子の日本vs韓国戦は放送権の関係で視聴できないかも知れません。
  11月4日  9時 男子 日本 vs ニュージーランド
  11月5日 14時 男子 日本 vs 中国
        19時 女子 日本 vs 香港
  11月6日 16時 男子 日本 vs 韓国
  11月7日 14時 女子 日本 vs 中国
        19時 男子 日本 vs 台湾
  11月8日  9時 女子 日本 vs 韓国
[PR]

by gakis-room | 2018-10-29 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 10月 03日
カーリング,SC軽井沢クラブの再出発
※【追記】 (10月4日10時30分)
「チーム平田」の新名称とメンバーです。
  ・チーム名 KiT Curling Club(キット カーリング クラブ)
  ・メンバー 平田洸介選手(26),臼井槙吾選手(23),十鳥聡太選手,三浦善也選手(26)
「Kit」は北見の「北」から取り,「北見で愛されるチームに」「夢はきっとかなう」などの思いを込めたものとのことです。

d0006690_15474052.jpg8月2日に事実上の解散したSC軽井沢クラブが再出発することになりました。同時に残ったメンバーの今後も明らかになりました。

「SC軽井沢クラブ」は,これまで単体として活動してきましたが,来季にはジュニアからトップチームまでが所属するクラブチームとして組織化されます。

その組織全体で競技力を底上げし,世界で活躍するトップカーラーを常に輩出できる環境を整えることを目指します。そして,ゆくゆくは女子のトップチームの結成も視野に入れていくそうです。

トップチームとしての「SC軽井沢クラブ」には,旧メンバーからはセカンドであった山口剛史(33)選手だけが残り,スキップを担います。以下は新しいメンバーです。

 ・金井大成(19) 中央工科デザイン専門学校,男女混合の4人制ミックスカーリング世界選手権2018日本代表
 ・小泉 聡(30) スポーツコミュニティー軽井沢クラブ,県教委などが主催する選手発掘・育成事業「SWANプ
           ロジェクト出身 
 ・大野福公     帯広市役所,チーム帯広のサードとして2014年全日本選手権3位

スキップであった両角友佑選手(33)はクラブを運営するNPO法人スタッフとして残り,SC軽井沢ク以外で選手活動を続けながらジュニア選手らの指導にも取り組むとのことです。

リードの両角公佑選手(30)は,今年度は国立大学出身者によるチームとして話題となったチーム東京(2016年日本選手権準優勝)で競技を続けるようです。

なお,6月にチームを離脱したサードの清水徹郎選手(30)はすでに「コンサドーレ(北海道コンサドーレ札幌)」で,リザーブの平田洸介選手(26)は北見工業大学の学生等でチーム構成しているチーム平田で活動をしています。
[PR]

by gakis-room | 2018-10-03 18:00 | カーリング | Comments(2)
2018年 10月 01日
パシフィック・アジアカーリング選手権代表にコンサドーレ
d0006690_15443766.jpg11月3日〜10日に韓国のカンヌン市(江陵市)で行われるパシフィック・アジアカーリング選手権の男子代表には,代表決定の再決定戦で2連勝したコンサドーレに決まりました。

今年の5月に行われた日本代表決定戦では,女子はLS北見が富士急を,男子はSC軽井沢クラブがteam IWAIを破って日本代表代表となりました。その後,SC軽井沢クラブの事実上の解散・辞退によって男子代表は空白となっていました。

それで,今年の日本選手権での1位のteam IWAIと2位のチーム北海道とによって改めて代表決定の再決定戦が行われることになりました。

試合は3試合2ゲーム先取で,9月30日,10月1日に北見市常呂で行われました。なお,両チームとも一部選手の入れ替わり,補充などがあって,team IWAIは札幌国際大学,チーム北海道はコンサドーレとして出場しています。

第1戦】 9月30日
         1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
札幌国際大学 ★ 0 1 0 0 0 1 0 1 × ×  3
コンサドーレ   0 0 0 3 0 0 4 0 × ×  7

【第2戦】 10月1日
         1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
コンサドーレ   0 0 1 0 0 1 0 2 1 3  8
札幌国際大学 ★ 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2
[PR]

by gakis-room | 2018-10-01 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 09月 16日
女子は予選2位,男子は最下位,カーリングワールドカップ
d0006690_1337625.jpg12日から中国蘇州で行われていたカーリングワールドの第1節が終わりました。

第2節は12月5日〜アメリカのオハマ(ネブラスカ州)で行われますが,女子はLS北見が出場するのでしょうが,男子は9月30日から行われるパシフィック・アジア選手権代表決定戦の結果により変更がありそうです。

【女 子】
ピョンチャンオリンピック3位のLS北見は緒戦を2連敗と躓きましたが,その後3連勝で,最終3勝3敗の2位で終わりました。ファイナル進出はなりませんでしたが,A組では唯一スウェーデンに勝利,しかもコンシード勝ちは見事でした。

緒戦の連敗は序盤にリードされる展開でした。ゲームの序盤の入り方(アイスの読み方?)に課題がありそうです。今後が楽しみです。

       1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本   ★ 1 2 0 1 0 2 1 ×  7 
スウェーデン 0 0 1 0 1 0 0 ×  2

       1 2 3 4 5 6 7 8  計
中国 ★   0 1 0 0 1 0 1 2  5
日本     1 0 1 1 0 1 0 0  4

【男 子】
3月の世界選手権に次いで国際大会は2度目のチームIWAI(札幌国際大学)には世界の壁は厚かったようです。世界選手権では3勝9敗の11位でしたが,予選は6戦全敗で終わりました。日本は世界ランキング7位ですが,これは8月に事実上解散したSC軽井沢クラブが4年がかりで積み上げたものです。SC軽井沢クラブと他チームとの力の差をどのように埋めるか,チームIWAIの問題と言うよりも,日本の男子の課題です。

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★  0 0 0 1 0 2 0 ×  3
スイス   1 1 0 0 1 0 3 ×  6

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
カナダ ★ 3 0 5 4 0 0 × ×  12
日本    0 2 0 0 1 1 × ×  4

【カナダ強し!,ファイナルの結果】
ピョンチャン五輪ではメダルなしに終わったカナダですが,今大会では男子,女子,ミックスダブルスの全てでファイナルに進出し,その全てを制しました。

 ・男子        カナダ 6ー5 ノルウェー
 ・女子        カナダ 7ー3 スウェーデン 
 ・ミックスダブルス  カナダ 7ー3 アメリカ 
d0006690_13373672.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-16 18:00 | カーリング | Comments(0)
2018年 09月 14日
女子は2勝2敗,男子は4連敗,カーリングワールドカップ
d0006690_18595185.jpgカーリングワールドカップは3日目第10セッションまでを終えました。

日本勢では,LS北見が2連敗の後,中国とスコットランドに危なげなく勝って対戦成績を2勝2敗とし,女子A組2位です。しかし,この組ではスウェーデンが4連勝と好調です。予選1位通過は明日の9時(日本時間)のスウェーデン戦に望みを繋ぎます。

男子のチームIWAI(札幌国際大学)は4連敗で男子B組最下位です。いずれも大敗ですが,残り2試合の奮起が望まれます。

【女子】
     1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本 ★ 2 0 0 2 1 2 0 ×  7 
中国   0 1 0 0 0 0 1 ×  2

          1 2 3 4 5 6 7 8  計
スコットランド ★ 0 0 0 2 0 0 3 ×  5
日本        0 1 1 0 1 4 0 ×  7

【男子】
      1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本  ★ 0 0 1 0 0 1 × ×  2
カナダ   3 2 0 2 1 0 × ×  8

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本    ★ 1 0 1 0 0 0 × ×  2
スコットランド 0 1 0 3 4 1 × ×  9

【男子A組のスウェーデン・アメリカ戦について】
14日に行われたスウェーデン対アメリカ戦は第8エンドを終わって8ー8でした。その後のスコアをみると延長は行われず,「SO(Shoot-out)」でスウェーデンに1点が加点され,9ー8でスウェーデンが勝利しています。この結果,スウェーデンには勝ち点2,アメリカには勝ち点1が与えられています。
「SO」とはどのように行われるのかは不明ですが,
   スウェーデン 44.1センチ
   アメリカ   199.6センチ
とありましたから,代表者によるドローショットによってハウスの中心により近いチームを勝者としたのでしょうか。このような勝敗の決着の仕方は初めてです。
d0006690_19144032.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-14 19:40 | カーリング | Comments(2)
2018年 09月 13日
男女とも連敗発進,カーリングワールドカップ
d0006690_16485541.jpgカーリングワールドカップが12日から始まりました。活躍が期待される日本ですが,男子のチームIWAI(今シーズン名は札幌国際大学)も女子のヒョンチャンオリンピック3位のLS北見も共に2連敗からの発進です。

試合は8エンド制で,順位はポイント制のようです。8エンドまででの勝ちチームには3ポイント,負けチームは0ポイント,延長での勝ちチームには2ポイント,負けチームには1ポイントが与えられます。

なお,以下のチームはオリンピック出場チームと同一チームです。ただし女子のスコットランドはスキップが不出場のため,オリンピックスコットランドチームのスキップイブ・ミュアヘッドがスキップとして参加しているようです。国名の後の( )はオリンピックでの順位です。

男子 スウェーデン(2),スイス(3),カナダ(4)
女子 スウェーデン(1),日本(3),カナダ(6),
   アメリカ(8)


【女子】  ★は第1エンド後攻
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
日本    ★ 1 0 0 0 1 0 2 1  5
スコットランド 0 1 2 1 0 2 0 0  6

         1 2 3 4 5 6 7 8  計
スウェーデン ★ 1 2 0 0 2 0 2 ×  7
日本       0 0 1 1 0 2 0 ×  4

【男子】
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
スコットランド 1 2 1 0 3 2 × ×  9
日本    ★ 0 0 0 1 0 0 × ×  1

      1 2 3 4 5 6 7 8  計
スイス ★ 2 1 1 0 4 2 × ×  10
日本    0 0 0 1 0 0 × ×  1
d0006690_17265599.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-09-13 18:00 | カーリング | Comments(0)