カテゴリ:花の手帳( 1231 )

2018年 01月 29日
桜の開花予想の違い
d0006690_183233.jpg桜の開花予想についての主要2社,ウェザーマップ社とウェザーニュース社の比較です。

ウェザーマップ社は各地の地方気象台の標本木を元にしているようですが,ウェザーニュース社は都府県庁所在地を元にしているようです。その違いがあるにしてもずいぶんと予想が違います。

2018年の開花1番乗りはウェザーマップ社は3月20日の高知ですが,ウェザーニュース社は3月22日の熊本,佐賀,福岡,高知,東京です。

   ウェザーマップ  ウェザーニュース
20日 高知
21日 宮崎
22日 鹿児島      熊本
    熊本       佐賀
    長崎       福岡
             高知
             東京

差がもっとも大きいのは長野で,6日の違いがあります。
まあ,2か月近く先のことですし,桜の開花予想ですからどれほどの差があろうと,楽しみがてらの遊びです。
[PR]

by gakis-room | 2018-01-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 23日
今年の桜の開花予想・3月22日,東京,福岡など5都市から
d0006690_1753452.jpg長期の寒波,第2日は予報が大きく外れて,最高気温は8度の予想が10.0度でした。明日の朝の最低気温は−2度,日中の最高気温は3度の予想ですが,どうなりますか。

それはともかくもウェザーニュース社は18日に早々と今年の「桜開花予想2018」を発表しました。それによると今年の桜の開花は3月22日,福岡,佐賀,熊本,高知,東京から始まるようです。

昨年は
  21日 東京
  25日 福岡,横浜
  27日 広島
  28日 名古屋,岐阜,熊谷
の順でした。

d0006690_1755654.jpg「桜前線の北上」と言いますが,昨年は地図上の「南から北へ」ではありませんでした。

奈良の桜の開花は3月30日のようですが,昨年は4月3日でしたから,今年は4日早くなりそうです。なお,昨年の「近くの公園」の桜の開花は4月1日でした。

なお,ウェザーニュース社は必ずしも各地の気象台の標本木を基準にしているのでないようです。

各地の開花予想はこちらで。
「西日本」「東日本」「北日本」



※地図はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-01-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 21日
四季咲きのガザニアでしょうか
d0006690_1723617.jpgガザニア キク科 ガザニア属

四季咲きのガザニアかと思います。

ガザニアの花期は普通は3月〜10月とされていますが,これは四季咲きでしょうか。何日も前から咲いています。ひょっとしたら昨年末から咲いていたかも知れません。

ガザニアの和名は「勲章菊」です。初めてカザニアに出会ったのは7年年前の3月ですが,その時は確かに「勲章・菊」でした。

しかし,その後,6年前の10月のガザニアも,3年前の8月のガザニアも,ガザニアと教えていただきましたが,3年前のものは特に「勲章」らしくはありませんでした。

d0006690_1725782.jpgガザニアは花の形も葉も多種多様です。それで,花の名前は,和名のあるものはいつも和名で記してきましたが,これは例外的に「勲章菊」ではなく「ガザニア」です。

花径は三センチほどです。鮮やかな紫色が印象的でした。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-01-21 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日
花と葉の紅葉を見せてあげたい,ミセバヤ
d0006690_16122482.jpgミセバヤ ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属

ミセバヤと教えていただきました。ミセバヤとは「見せてあげたい」の意で,日本原産の多肉植物です。古くから栽培されている古典園芸植物で,小豆島,奈良県に自生地があるそうです。別名はタマノオ(玉緒)です。

命名は,高野山の僧が和歌の師匠の冷泉為久に送った際に「君に見せばや(あなたに見せてあげたい)」と書き添えがあったことから,とされています。
冷泉為久(1686−1741)は江戸初期の人ですから,それ以前はなんと呼ばれていたのでしょうか。

背丈は20〜30センチですが,直立せずしだれ状になります。葉は当初は灰青色で,初めは周辺がほんのりと紅色にとなり,やがて全体が紅色に紅葉します。

d0006690_16124697.jpg花序は7〜8センチほどてです。1つの花は5弁で,花径1センチほどです。10本の雄しべの葯は濃紅色をしています。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 23日
花のブラシ?,サンゴバナ
d0006690_16105778.jpgサンゴバナ キツネノマゴ科 ジャスティシア属

サンゴバナ(珊瑚花)です。唇形の花びらが噴水のように出て咲かせる花の姿を珊瑚に見立てての命名のようです。ブラジルの原産で,江戸末期に渡来しました。

別名はフラミンゴプランツです。花の形がフラミンゴの首から頭の形に似ていることからのようです。私には花のブラシに見えます。

背丈は高いものでは150センチにもなるようですが,これは30センチほどです。

茎の先端に円錐の花穂をつけます。花穂の長さは10センチほどです。花期は5月〜10月とされますが,この時期まで長持ちするようです。

d0006690_16111287.jpg細い管状の花が集まって花穂をつくります。開花と同時に花の先端は上下に裂けて,唇状となります。

花の色はピンク以外に赤と白があります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 22日
きょうは「小寒」,昨日はイチョウの黄葉日
d0006690_15423935.jpgきょうは二十四節気の「小寒」です。わらべうたの「おおさむこさむ」の「こさむ」が二十四節気の「小寒」のことなのかは私には不明ですが,今朝の奈良の最低気温は平年より3.9度低い1度で,もとより今季最低です。

昨日,奈良地方気象台でもようやくイチョウも黄葉日を迎えました。気象台のイチョウと言っても,標準木は気象台とは少し離れた奈良女子大構内です。

【奈良地方気象台のイチョウの黄葉日】
  最 早  10月17日(1964)
  最 晩  11月26日(2011)
  平 年  11月13日
  2009  11月20日
  2010  11月19日
  2011  11月26日(最晩)
  2012  11月15日
  2013  11月22日
  2014  11月25日
  2015  11月22日
  2016  11月22日
  2017  11月21日

昨年より1日早いですが,平年よりも8日遅い黄葉日で,最晩よりも5日早いだけです。私の周辺のイチョウの多くはすでに落葉を始めています。平年より気温の低い今年の11月の気象からは気象台のイチョウの黄葉日は少し遅いように思いますが,まあ個体差なのでしょう。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-22 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日
イチョウの黄葉
d0006690_17141869.jpg

「近くの公園」とマンションの間の道路の両側に計20本のイチョウがあります。特に「私の標本木」としているものはありませんから,「イチョウの黄葉」についての記録はありません。

すでに何本かは落葉日を過ぎてます。
 ※落葉日
  対象とする落葉樹の葉の約80%が落葉した最初の日

何本かは今が盛りです。そして2本ほどがこれから黄葉日を迎えようとしています。
 ※黄葉日
  対象とする植物を全体として眺めたときに,その葉の
  色が大部分黄色系統の色に変わり,緑色系統の色がほ
  とんど認められなくなった最初の日

隣同士で日当たりなどの環境も同じなのに黄葉の日に差が出るのはイチョウそれぞれの個性でしょうか。

奈良地方気象台の「植物季節観測」では,奈良女子大学構内のイチョウを標本木にしていますが,まだ「イチョウの黄葉」の発表はありません。「イチョウの黄葉」はこの3年ほどは20日過ぎですが,平年は11月13日です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-17 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 12日
横にカールするトベラの葉
d0006690_12592465.jpgトベラ トベラ科 トベラ属

「近くの公園」のトベラの葉です。

時折,このように主脈(葉身中央を縦に走る葉脈)から縦にカールしている葉を見かけます。たいていは裏面を内側にカールするのですが,稀に裏面を外側にカールする葉を見ることもあります。

なぜこのようにカールするのかは私には不明です。

d0006690_1259552.jpgこちらもトベラです。「近くの公園」ではありません。

こちらは主脈に対して横(直角)にカールしています。このようなカールを見るのは初めてです。

「縮葉病」ではないか,またカイガラムシによっても似た症状の葉になると教えていただきました。

画像検索してみましたが,このように主脈に対して横にカールしている葉を見つけることはできませんでした。

それにしても見事なカールです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-12 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 05日
「近くの公園」のサクラの紅葉
d0006690_16481063.jpg最低気温の高かった10月ですが,月末からは8度以下の日が多く,紅葉(黄葉)も急速に進みました。明朝の予想は7.0度です。

  30日 7.9度(平年差,−1.3度)
  31日 6.3度(平年差,−2.8度)
  1日  5.4度(平年差,−3.5度)
  2日  7.4度(平年差,−1.4度)
  3日  9.9度(平年差,+1.2度)
  4日  10.1度(平年差,+1.6度)
  5日  7.1度(平年差,−1.3度)

「近くの公園」です.池の周囲のサクラは見頃の紅葉になりました。イロハモミジは昨年の9月に伐採されてありません。

道路沿いのイチョウの黄葉ももうすぐです。奈良のイチョウの黄葉はこの数年は11月末が続いていますが,今年は早いのかも知れません。平年は11月13日です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-11-05 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 26日
成長の早いアカメガシワ
d0006690_12533562.jpgアカメガシワ トウダイグサ科 アカメガシワ属

「近くの公園」横の歩車道境界ブロック沿いのアカメガシワが復活したことについて書いたのは10月5日でした。

きょうのアカメガシワです。10月5日ときょうの背丈の比較です。

画面右  10センチ→23センチ
画面左  5センチ →13センチ

この20日間で2倍以上に成長しています。昨年7月の120センチまでにはそんな遠い日のことではなさそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-26 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)