カテゴリ:花の手帳( 1231 )

2007年 06月 30日
ギシギシ・花の名前です
d0006690_15163972.jpgギシギシ(羊蹄) タデ科 ギシギシ属
「近くの公園」のあちこちにたくさんあります。背丈は30センチくらいですが,1メートルくらいまで成長するものもあると言うことです。

3ミリくらいの小さな花をぎっしりと付けた棒状の花序(花のかたまり)です。

ギシギシとは変わった名前ですが,果穂を揺らすとぎしぎし音が出ることによるそうです。やってみましたが音はしませんでした。

漢字では「羊蹄」があてられていますが,なぜだかよくわかりません。

葉は大きく,縁は大きく波打っています。若葉を茹でて食べるそうです。そのせいでしょうか,どのギシギシも葉の多くは虫食い状態です。

d0006690_15165541.jpg果実は3片の内花被(花弁とガクの区別が付きにくい時の内側の部分)に包まれています。

形は三角形で中央にコブがあります。全体の大きさは3ミリくらいで,コブは1ミリくらいです

名前もそうですが,どこまでも変わった草花です。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-30 15:19 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 29日
威張っている「ヒメクグ」
d0006690_17514882.jpgヒメクグ  カヤツリグサ科ヒメクグ属
今朝,「近くの公園」でみました。背丈は15センチくらいです。茎の先に多数の小穂からなる球形の花穂を1個付けています。大きさは5ミリくらいです。

その先に長さの異なる3本の細長い苞葉(花や花序の基部にある特殊な葉)をすっとのばしている姿が素敵です。木陰で小さいながら,ちょっと威張っているようでした。

上に伸びたものは10センチ,左上に伸びたものは6センチ,右下の1番短いもので4センチほどでした。

調べてみたら,「クグ」とは「蚊帳つり草」の古名とありました。別の所では,漢字では「莎」(はますげ)があてられていました。しかし,「蚊帳つり草」と「ハマスゲ」は少しも似ていません。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-29 17:59 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 27日
こんな花も咲いていました・トキワハゼ
d0006690_21284288.jpgトキワハゼ(常磐爆)  ゴマノハグサ科 サギゴケ属

「近くの公園」で見ました。背丈5センチ,花は1センチに満たない小さな花です。花冠の上唇は薄い紫色で,下唇はかすかに紫色がかった白色です。

草花の名前に「トキワ」,「ヒメ」,「オニ」という修飾語を付けているものがたくさんあります。

「トキワ」は年中花を咲かせる,「ヒメ」は小さい,「オニ」は大きいと言う意味合いのようです。

トキワハゼの「トキワ」も年中花を咲かせる(トキワハゼの花期は4月から10月くらいのようです),「ハゼ」は実が爆(は)ぜる所からの命名だそうです。

「近くの公園」の近くに住んで,20年以上になりますが,この花が私に見えたのは4日前が初めてです。何も見えてはいないのですね。

6月24日のコマツヨイグサの開花は,きょうまでの観察では日没後に開花し,正午頃までにはほとんど萎む,と言うのが私の結論です。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-27 21:29 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 25日
何とも物騒な名前・ヤブガラシ
d0006690_10544954.jpgヤブガラシ(薮枯らし)  ブドウ科

「近くの公園」です。「藪枯らし」とは何とも物騒な名前です。

その由来は,他の木などに這い昇って繁茂し,這い昇られた木は太陽の光を十分に浴びることが出来なくなって枯れてしまうからだといいます。

あるいは,この草が繁茂すると、その土地の養分を吸収し、付近の藪を枯らしてしまうからとも言われます。

おもしろい花です。花序(花の集合体)は扁平な集散花序で,4個の花弁は淡緑色で,平たく開き,後には反転します。雄しべは4個です。

すぐに花弁と雄しべが落ちてしまうので,あとには雌しべだけが花盤に取り残されることになります。写真のようにろうそく台にろうそくを立てたようにも見えます。

このころがこの花の蜜が最も多い時だそうです。その蜜を求めて,スズメバチやアシナガバチなど,たくさんのハチがやってきます。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-25 10:57 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 24日
コマツヨイグサの群れ
d0006690_12584888.jpg「近くの公園」でコマツヨイグサを初めて見たのは4月24日のことでした。その時は,道沿いに1輪咲いていました。

名前も知りませんでしたが, maron415さんから「コマツヨイグサ(小待宵草)」と教えていただきました。直径が1センチ強の小さな花です。しぼんだものは赤みを帯びます。

その後,時折,公園を通るたびに見かけましたが,群れて咲いているものは見たのは今朝が初めてです。公園の中に1カ所,公園の外の街路樹の根元に2カ所ありました。(写真は街路樹の根元のもの)


d0006690_1259166.jpg調べてみると,
  「日中でも咲く」
  「夕方から咲き出して夜中に満開となり,夜が明けるとしぽむ」
との2説がありました。

今朝,6時過ぎだったせいでしょうか,これまで見たものと違ってしっかりと咲いていました。しぼんでいるものはほとんどありませんでした。

1日,時間ごとの変化を見てみたいとも思うのですが…。
なお,「鳥取砂丘では砂丘を緑化する害草として駆除されている」との記事もありました。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-24 13:04 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 23日
ネジバナを初めてみました
d0006690_16311953.jpgネジバナ(捩花) ラン科 ネジバナ属
「近くの公園」で先週くらいから咲き始めました。群生しています。丈は20センチ前後で,茎は1ミリ程度の細さです。

その細い茎に,2,3ミリ位花が螺旋形についています。花の色はは少し濃い目のピンクです。

名前の由来は,花が捩(ねじ)られて付いているところからのようです。この螺旋形には右巻き(上から見て反時計回り)と左巻きの両方があります。 特にどちらが多いと言うこともないようです。

群生していっぱい咲いているのですが,濃いピンク色で,いくら捩れているという特異な形をしていても,花が小さく,茎も細いため目立ちにくく,見過ごしてしまいそうです。
d0006690_16313246.jpg
[PR]

by gakis-room | 2007-06-23 16:34 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
2007年 06月 20日
ホタルブクロを見つけました
d0006690_10233027.jpgホタルブクロ(蛍袋)  キキョウ科 ホタルブクロ属

「例の田舎道」です。この花は図鑑でしか見たことがなく,1度見てみたいと思っていました。

多年草で,高さ50cm程度との事ですが,繁みから顔を覗かせている感じで詳しくはわかりませんでした。

花の大きさは5センチくらいです。名前は,花がホタルを入れる袋のような形をしていることからつけられているようです。

「この花の中にホタルを入れてホタル取りに使う」との記事も見ましたが,本当かなと疑っています。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-20 10:24 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 18日
野に咲くキキョウはどこへ行った,キキョウソウ
d0006690_1234269.jpgキキョウソウ(桔梗草) キキョウ科 キキョウソウ属

「例の田舎道」です。きれいな青紫色でした。草丈は30cmくらい,花径は1cmくらいです。

丸みを帯びた小さな葉が茎を取り巻いているのもおもしろいと思いました。

北アメリカ原産で野生化したそうです。名前のキキョウソウは秋の七草のひとつ,キキョウに似ているからだそうです。

別名をダンダンギキョウといいますが,それは花が下の方からだんだんに咲いてくるからです。

条件のよいところでは下から順次上に咲いていき,同時に5つぐらいの花が開いていることもあるとのことですが,私の見たモノはどれも1つか2つでした。これまで見逃してきたということでしょうか。

ところで,野に咲くキキョウはどへ行ったのでしょうか。見るのは花屋の店頭ばかりです。あるいは花壇です。キキョウは好きな花なので,野に咲いているキキョウを一度見てみたいと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-18 12:06 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
2007年 06月 16日
煙の木・その後2
d0006690_1216539.jpg5月26日の続きです。

20日ほど過ぎて,花序の羽毛状態がさらに進み,白っぽくなってきました。

このあたりが,「煙の木」の由来です。
d0006690_1217106.jpg
[PR]

by gakis-room | 2007-06-16 12:20 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 15日
また間違えました。フヨウではなくタチアオイでした
d0006690_17132378.jpgまた間違えました。
昨日の写真,「フヨウ6種」はフヨウではなく「タチアオイ(立葵)」でした。Kさんに教えていただきました。1日以上,間違ったままで,恥ずかしい限りです。

タチアオイ  タチアオイ属アオイ科
室町時代に中国から伝えられましたが,原産地はトルコだそうです。背丈は2メートルをゆうに超えるものもあります。この花が立ち並ぶ景色はちょっとした景観です。

一般にアオイとはこのタチアオイを指すそうです。ただし,京都で毎年5月15日に行われる「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」はこのタチアオイはなくて、江戸徳川家の紋所として知られる「双葉葵(ふたばあおい)」という名の別種です。

なお,会津若松市では,戊辰百年祭の記念行事の一環として一般市民から公募し、1967年にタチアオイを「市の花」としています。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-15 17:20 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)