人気ブログランキング |
2019年 05月 14日 ( 1 )

2019年 05月 14日
和名はオオヒエンソウ(大飛燕草)です,デルフィニウム
d0006690_08594790.jpgオオヒエンソウ キンポウゲ科 オオヒエンソウ属

デルフィニウム,和名はオオヒエンソウ(大飛燕草)です。「近くの公園」です。

ヨーロッパ,北米,アジア原産で,背丈は50〜100センチほどです。

葉の裂け方は,上部比べて下部の方が鈍いようです。

ほとんどそっくりな花に「ラークスパー,和名はヒエンソウ(飛燕草)」がありますが,ネットでは区別されないまま,どちらも「デルフィニウム」・「ヒエンソウ」です。ヒエンソウはヒエンソウ属です。1番の違いは葉にあります。ラークスパー(ヒエンソウ)の葉はコスモスのように細かく裂けています。

【学名】
 ・オオヒエンソウ Delphinium cultorum
 ・ヒエンソウ   Consolida ajacis

d0006690_08595186.jpgこうした混同は,ラークスパー(ヒエンソウ)がかつてはオオヒエンソウ属とされていたことからのようです。

花径は2センチほどです。

花の色は他に青,ピンク,黄,白などがあるようです。





※写真はクリックすると拡大します。


by gakis-room | 2019-05-14 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)