2018年 09月 17日 ( 1 )

2018年 09月 17日
淡いレモン色の優しい色合いです,クーペリア・スマイリー
d0006690_1575557.jpgクーペリア・スマイリー ヒガンバナ科 クーペリア・スマリー属

クーペリア・スマイリーと教えていただきました。

背丈は20センチほどです。ゼフィランサス(タマスダレ科の総称)の近縁で,姿も性質もよく似ているそうですが,夕方から夜になると微香を放つそうです。また,ゼフィランサスの花は夜には閉じますが,クーペリア・スマイリーの花は閉じません。私はどちらも確かめてはいません。

「不思議なことに」歩道の割れ目から顔を出していました。「不思議なことに」というのは,クーペリア・スマイリーはヒガンバナやタマスダレと同じように球根で増えていきます。球根はこのアスファルトの裂け目にどのようにして入り込んだのでしょうか。

d0006690_1581651.jpg花径は3センチほどです。

花はタマスダレに似ていますが,タマスダレの蘂は広がりますが,こちらはまとまっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-09-17 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)