2018年 07月 10日 ( 1 )

2018年 07月 10日
昨日,近畿地方は梅雨明けです,観測史上5番目の早さ
d0006690_1411364.jpg8日に「近くの公園」でセミが鳴きましたから,私の季節感覚から「梅雨明け」としましたが,1日遅れて,昨日9日,気象台は九州北部,中国,近畿,東海,北陸で梅雨明けと発表しました。そして,きょう,四国でも梅雨明けが追加されました。

関東甲信越での梅雨明けは6月29日でしたから,これで東北と九州南部を除いて梅雨が明けたことになります。

近畿地方の7月9日の梅雨明けは,昨年より4日,平年より12日早い梅雨明けです。また,観測史上5番目に早い梅雨明けで,梅雨期間34日は11番目の短さです。

「近畿地方の梅雨明けは7月9日」としましたが,気象台の発表は「速報値」で,「7月9日ごろに梅雨明けしたとみられます」と慎重で,「春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本お知らせで 発表した期日が変更となる場合があります」としています。

実際,昨年の場合の当初6月7日とされた梅雨入りは矢印以下のように大きく訂正されました。
  梅雨入り  6月7日6月20日
  梅雨明け  7月13日
  梅雨期間  43日24日
この結果,昨年の梅雨入りは観測史上3番目に遅い梅雨入りとなり,梅雨期間も4番目の短さとなりました。
[PR]

by gakis-room | 2018-07-10 18:00 | つれづれに | Comments(0)