2018年 03月 20日 ( 1 )

2018年 03月 20日
富士急は3勝1敗の順調な滑り出し,カーリング女子世界選手権
d0006690_15415642.jpgカーリング女子世界選手権がカナダのノースベイで18日(日本時間)から行われています。この大会へは2月の日本選手権で初優勝した富士急が出場しています。富士急は長野オリンピックでの正式競技化に向けて奔走し,かつカーリングの名解説者とし名高かった故小林宏さんが育て上げたチームです。

なお,オリンピックに出場したLS北見は日本カーリング協会の方針(オリンピックに専念?)で2月の日本選手権には出場していません。男子のSC軽井沢クラブも同様です。それで,11月に行われるパシフィック・アジアカーリング選手権への日本代表決定戦が5月18日〜20日に北見市で行われます。

今年の世界選手権はこれまでとは違って以下の2つの変更があります。

【変更点】
  ① 出場チームが12チームから13チームに増えた。
  ② 決勝トーナメントの方式がこれまでの「ベージシステム」がオリンピックと同じ方式に変更され,且つ3位と4位の
    順位決定戦が新しく導入され,予選ラウンドでの6位までが決勝トーナメントに進めるようになった

【これまでページシステム】
   ① 1位と2位 →勝者は決勝へ,敗者は準決勝へ
   ② 3位と4位 →勝者は準決勝へ,敗者は4位へ
   ③ 準決勝(①の敗者と②の勝者) →勝者は決勝へ,敗者は3位決定戦へ
   ④ 決勝  ①の勝者と③の勝者
【新しい決勝トーナメント方式】 オリンピックと同じ方式
   ① 予選4位と6位で3位決定戦,予選4位と5位で4位決定戦を行う
   ② 準決勝2試合  予選1位と4位 ,予選2位3位
   ③ 準決勝の勝者同士で決勝,敗者同士で3位決定戦を行う
  
【富士急は順調な滑り出し】
富士急は,チームリーダーの西室淳子選手が産休のため,北海道銀行の小野寺佳歩選手が臨時に加わりました。小野寺佳歩選手は登録はリザーブですが,これまでの4試合ともサードとして出場しています。

初出場の富士急ですが,世界ランキング下位の国代表に取りこぼすことなく,4試合を終わって3勝1敗の順調なすべりだしです。なお,出場13か国は世界ランキングの1位〜13位ですが,うち,オリンピック出場チームはスウェーデン,韓国,ロシア(オリンピックではOAR)の3チームだけです。

(18日)   ※ ★は第1エンドの後攻
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
ドイツ ★ 0 0 0 2 0 0 2 0 1 0  5
日本    0 1 1 0 1 0 0 1 0 2  6

(19日)
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本    2 0 1 1 1 0 4 × × ×  9
デンマーク 0 0 0 0 0 2 0 × × ×  2

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本 ★ 1 0 0 2 0 1 0 1 0 1  6
スイス  0 1 2 0 1 0 2 0 1 0  7

(20日)
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本     0 0 4 0 0 1 0 1 0 1  7
アメリカ ★ 1 0 0 2 0 0 1 0 2 0  6
d0006690_15422365.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-03-20 18:00 | カーリング | Comments(0)