2018年 03月 18日 ( 1 )

2018年 03月 18日
藤澤・山口ペアが全勝で優勝,カーリング・ミックスダブルス選手権
d0006690_16495441.jpg準決勝進出4チームのうち3チームは強化委員会推薦チームでした。有料観戦チケット全日程完売を含めて協会の思惑があたったようです。中でもLS北見の藤澤選手とSC軽井沢クラブの山口選手のペアは準決勝第6エンドに同点に追いつかれた以外は圧倒的な強さで優勝しました。

優勝した藤澤・山口ペアは4月21〜28日にスウェーデンで行われるミックスダブルス世界選手権に出場します。

【決勝】
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
藤澤・山口 ★ 2 1 2 0 1 3 0 ×  9
チーム平田   0 0 1 0 0 1 0 ×  2

【3位決定戦】
        1 2 3 4 5 6 7 8  計
吉田・清水 ★ 3 1 1 0 3 0 3 ×  11
チーム北村   0 0 0 2 0 2 0 ×  4

【準決勝】
・チーム北村 8ー10 チーム平田
・吉田・清水 7−10 藤澤・山口

【藤澤・山口ペアへの期待】
急造ペアですから,コミニュケーション不足の懸念もありますが,今大会ではなんとかこなしていたようです。また,ミックスダブルスでは4人制に比べて置きに行くドローショットの正確さがより求められます。そして,これまでの藤澤選手はテイクショットに比べてドローショットが不安定でした。

しかし,私が見た決勝戦(AbemaTV)では,藤澤選手のドローショットは安定し,見事でした。また,ピョンチャンオリンピックでの決勝トーナメント2試合(韓国戦とイギリス戦)でのドローショットの成功率は91%と83%と高いものでした。藤澤選手はより高い力量を獲得したかに思われます。

この意味で,急造ペアで,北見と軽井沢とでは練習も十分とはならないでしょうが,世界選手権ではスイープ力では定評のある山口選手と安定したドローショットの藤澤選手の組み合わせに期待が高まります。

【チーム北村とチーム山形】
チーム北村については昨日書きました。残念ながら4位に終わりましたが,北村夫妻にはこれまでにない充実した大会であったであろうと想像します。

チーム山形はBブロックの最下位に終わりましたが,高橋俊明選手と藤澤純子選手のお二人はおそらくは今大会での最年長者であろうと思われます。大会公式ホームページのギャラリーで写真を拝見し,嬉しくなるとともに,お二人の試合振りを是非見てみたいと思いました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-03-18 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)