2018年 03月 16日 ( 1 )

2018年 03月 16日
昨日は高知,きょうは宮崎で桜の開花,いよいよ桜の季節へ
d0006690_17292440.jpg昨日,高知で桜(高知城の標本木)の開花がありました。高知が全国トップになったのは2014年以来4年振りのとのことで,高知での観測史上3番目に早く,平年より7日,昨年より14日早い開花でした。そしてきょう宮崎でも桜の開花宣言がありました。

いよいよ桜の季節です。「近くの公園」の桜の蕾も赤味が増し,今にもほころびそうになりました。

奈良のきょうの最高気温は平年より2.6度高い16.2度でしたが,これは午前0時20分でのことです。日中は8〜7度台で推移して,風も強く極寒気並の寒さでした。明日は平年並みの14度の予想です。それで,桜の開花も予想の21〜23日よりも1,2日ほど遅くなるかも知れません。

ところで「600度の法則」なるものがあります。これは「2月1日から最高気温の累計が600度なると桜が開花する」というものです。

それで確かめてみました。
  2月の累計     245.8度
  3月16日まで    255.1度  
    合計       500.9度

これに明日からの予想気温を加算します。
  2月1日〜3月16日までの気温  500.9度
  17日〜23日までの予想気温    114.0度  
     合計            614.9度

「600度の法則」では3月23日に600度を超えて,「奈良の桜の開花」となります。果たしてどうなるでしょうか。
「600度の法則」の信頼度は知りませんが,まあ,遊びとしては面白いと思います。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-03-16 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)