2018年 02月 17日 ( 1 )

2018年 02月 17日
蕎麦の昼食会です
d0006690_1715352.jpg「越後 叶屋」四条河原町店で昼食会がありました。目当ては新潟県発祥とか言う「木片(へぎ)蕎麦」をです。

木片(へぎ)に盛り付けることから「へぎそば」と呼ばれるようになったとのことです。その木片(へぎ)とは杉,檜などを薄く削って作った板のことで,これで折り箱,折敷などを作ります。

この「へぎそば」の特徴は盛り付けの器への工夫にではなく,この店の場合だけでしょうか,蕎麦のつなぎにあります。つなぎには「布海苔」が使われており,それで「独特の食感と滑らかな喉ごしがやみつきになります」とはウリのコピーです。

左の天ぷらは海老と旬野菜ですが,天つゆでいただくのではなく,佐渡のミネラル豊富な天然塩でいただきます。その右は野菜の煮しめ,半分隠れているのが漬け物,蕎麦つゆの横がきんぴらです。蕎麦の量も天ぷらの量も多く,私にはこれで充分でした。

落ち着いた空間で,ビルの8階から京都の町を眺めながらの「へぎ蕎麦」は,「やみつき」にはならないなと思いましたが,ちょっといいもんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-02-17 18:00 | つれづれに | Comments(2)