2018年 02月 04日 ( 1 )

2018年 02月 04日
男子はteam IWAI,女子は富士急が共に初優勝,カーリング日本選手権
d0006690_17443731.jpg世界選手権代表決定をかねたカーリング日本選手権は,男子はteam IWAI,女子は富士急が優勝しました。共に初優勝です。

なお,世界選手権は女子が3月17日からカナダで,男子は3月31日からアメリカで行われます。参加国は男女ともこれまでより1か国増えて13か国です。嬉しいことに日本の出場試合は全試合BS1で放送されます。

【男子決勝】
        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
team IWAI 0 0 0 1 0 0 1 2 0 0  4
チーム北海道★ 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1  3

team IWAIは初出場初優勝の快挙です。ブランクエンドが4回という多さに見られるように,点を与えないとの息詰まるショットの応酬でした。team IWAIは第8エンドに2点をスチールして接戦に勝利しました。team IWAIは予選リーグ,フレーオフと2連敗したチーム北海道に3度目に勝利しました。18歳のフォースの落ち着いたプレー振りが印象的でした。

【女子決勝】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計    
北海道銀行★ 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0  3
富士急    0 0 0 1 1 0 0 0 1 2  5

過去3位,2位,3位と安定した力を示してきた富士急は第10エンドに2点をスチールして初優勝です。高校2年のリードの安定したショットが光りました。また,これまでスキップを勤めてきた西室選手は今回は妊娠中のためリザーブにまわりましたが,チーム長野時代からのライバルである北海道銀行の小笠原選手(当時はチーム青森)を制してようやく日本代表の座を掴みました。

富士急を立ち上げ鍛えられ,2年前の2月に逝去された「名解説の小林宏さん」が存命なら,男女のオリンピック出場とともに,富士急の勝利をどれほど喜ばれたかと思いました。

【男子】
プレーオフ
   チーム北海道(1位) 5ー0 teamIWAI(2位)
   軽井沢CC(3位)  5ー2 名寄協会(4位)
準決勝
   軽井沢CC 1ー9 teamIWAI

【女子】
プレーオフ
   中部電力(1位) 6ー7 北海道銀行(2位)
   富士急(3位)  7ー6 青森Jr(4位)
準決勝
   中部電力 5ー9 富士急
[PR]

by gakis-room | 2018-02-04 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)