2018年 01月 20日 ( 1 )

2018年 01月 20日
自動車のエンブレムの遊び,マツダ
d0006690_16593538.jpg先日,左のようなエンブレムを後部につけた自動車を見ました。

とっさにTOTOの「ネオレストのCM」を思い出しましたが,これは「フライング・M」(下の写真)と呼ばれているマツダの自動車のエンブレムの遊びです。

この「悪魔」のエンブレムの「耳」,「尾」,「三叉槍(さんさそう)を持つ手」はそれぞれ貼り付けのようです。

d0006690_16595833.jpgマツダの旧社名は「東洋工業」でしたが,1984年に「マツダ株式会社」と改称しました。「マツダ」の自動車生産は2代目社長(事実上の創業者)松田重次郎が1931年に製造開始したオート三輪にはじまります。そして,松田はこのオート三輪に自らの姓とゾロアスター教(古代イランの宗教)の「善と光明の神」である「アフラ・マツダー」から「MAZDA号」と名付けました。

「マツダ」の英語表記が「MA・TSU・DA」ではなく「MA・Z・DA」であるのは。アフラ・マツダーに由来するからなのだそうです。なお,この「M」のエンブレムの使用は1997年からとの事です。
[PR]

by gakis-room | 2018-01-20 18:00 | つれづれに | Comments(2)