2005年 06月 05日
ソウルの試み
ソウル市を流れる川といえば,ソウルを旧市街と新市街を分ける漢江(ハンガン)があまりにも有名ですが,川の名前だけが残っていて存在しない川がありました。それが清渓川(チョンゲチョン)です。かつては生活水が流され,きれいな川とは言えなかったそうですが,川は塞がれて道路(清渓路)となり,名前だけが残ることになりました。

ソウル市ではこの川の復元を決め,この6月1日に通水実験を行いました。完成式は10月1日だそうです。川の両サイドには遊歩道も造られ,両岸の歩道は並木道になっています。樹木は部分的ですがライトアップもなされるようです。

川の復元のために川を塞いでいた道路(清渓路)をまたぐ高架道路も撤去されました。知人は「無駄遣い」,「それでなくてもひどい渋滞がもっとひどくなる」と憤慨していましたが,都会の中の川の復元は潤いをもたらすのか,「無駄遣い」による「さらなる渋滞」をもたらすのか,興味があります。
d0006690_719326.gif

[PR]

by gakis-room | 2005-06-05 08:01 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gakisroom.exblog.jp/tb/832728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 梅雨入りと不機嫌      風邪と世間 >>