2007年 08月 29日
手羽先のコチュジャン焼き
d0006690_9551816.jpg【用意するもの】
手羽先,5本  コチュジャン,大4  ニンニク:2片  塩  コショウ サラダ油

【作り方】
1 手羽先の両面に塩とコショウをふって,しばらくなじませる
2 フライパンにサラダ油を熱して,弱火で手羽先の両面を焼く
3 たれをつくる(ニンニクをみじん切りにして,コチュジャンとよく混ぜる)
4 焼けた手羽先をさらに移し,3のたれをたっぷりと塗る
5 たれを塗ったら,もう一度弱火でフライパンで焼く

たれは焦げやすいので,注意が必要なようです。私の場合は,ちょっと焦げすぎてしまいました。

手羽先は,関節のところで半分に切ってから料理した方が食べやすいようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-29 09:55 | 簡単料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gakisroom.exblog.jp/tb/6048660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-08-29 12:09 x
タレ類は(味噌、醤油、砂糖を含んだ物)は、とかく焦げやすいです。
原則は、弱火に徹することですが、時間が無ければ味付けを一切せず、手羽先だけを、蓋をしたフライパンで一度蒸し焼きにして、60%火が通ったところで味付けをし、フライパンにホイルを敷いて蓋をし、又極めて弱火で気長に焼き上げることです。
鋳鉄製の、スキレットが有れば、やはりホイルを敷いておけば、綺麗に仕上がります。やはりこの場合も、あくまで弱火です!  私は、これで肉、豚羊の骨付きなどを焼いています。  その他、パラフィン紙を用いる法も有ります。
くどくど、言いました、要するに弱火で、パンに蓋をして対流を上手く利用することです。
Commented by gakis-room at 2007-08-29 21:54
高麗山さん,ありがとうございます。1番目に焼いたときはフライパンにフタをしました。それにしても,弱火で,弱火で,ですね。次回はそうしてみます。


<< この木はイチョウですが,気にな...      「自民党参院選総括最終報告書」... >>