人気ブログランキング |
2019年 07月 14日
電動アシスト自転車
d0006690_16443899.jpg
後期高齢者になった機会に電動アシスト自転車を購入しました。4月のことです。

それまで使用してきたの自転車は購入してから20年ほどたちます。タイヤ,ペダルなど修理・交換してきましたが,使用には何の不都合もありません。

不都合は自転車ではなく私の方にありました。体力の衰えととともに坂道が上れなくなりました。坂道でなくとも冬の北風に向かうの何度も立ち漕ぎを必要するようになりました。その立ち漕ぎもしんどくなりました。

それで思い切って電動アシスト自転車を購入しました。少々の坂道も平気です。もちろん立ち漕ぎも不要です。それで長らく途絶えていた自転車の遠乗りも復活しました。

d0006690_16445059.jpg
ハンドルの左です数字の「80」はバッテリーの残量です。ほぼ3時間でフル充電します。残量20%までは5%刻みで表示されます。20%以下になると1%刻みになります。消し忘れても5分後には電源は自動的に切れます。

数字の下の〇は走向モードです。通常は2つで「自動」,3つで最大です。

なお,鍵は盗難防止のためにシリンダー錠(上の写真)で,鍵をかけるとハンドルは固定されて動きません。バッテリーの離脱にも鍵が必要です。


※写真はクリックすると拡大します。

by gakis-room | 2019-07-14 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by tona at 2019-07-16 09:00 x
バッテリー充電は家の中に持ち込んでするのでしょうね。
下り坂がスピードが出て怖いという話も聞きましたがどうでしょうか。
最近は子供を二人乗せて崖線の坂道をみんな上がっていきます。それも軽々と。ですから子供がいる家にはみんなありますね。
Commented by gakis-room at 2019-07-16 10:31
tonaさん,
充電は家の中の室内のコンセントでします。
坂道は確かにスピードが出ますが,スピードの上限があります。
それよりも,漕がなければ良いだけのことです。漕がなければ電動アシスト機能は作動しません。

3人乗りはダメだと思っていましたが,「幼児2人同乗用自転車」ならOKなんですね。最近でよく見かけます。


<< 日差し恋しや      花は記憶にあっても名前は忘れい... >>