人気ブログランキング |
2019年 05月 13日
和名は「イロマツヨイ」です,ゴデチア
d0006690_08285251.jpg ゴデチア アカバナ科 ゴデチア属

ゴデチアと教えていただきました。「近くの公園」です。

北米西海岸の原産ですが多くの園芸品種が作り出されているようです。

和名は「イロマツヨイ(色待宵)」あるいは「イロマツヨイグサ(色待宵草)」です。花の形が同じアカバナ科のマツヨイグサに似ており,花の色が豊富であるところからのようです。

背丈は50センチほどです。15〜20センチの矮性種もあるようです。
d0006690_08290793.jpg花径は5センチほどです。4枚の花弁は薄く,光沢があります。

花の色は緋紅色の他,ピンク,オレンジ,白,紫,複色咲きなどがあるようです。





d0006690_08292030.jpg上部の葉は4センチほどの披針形で,少しうねりがありますが,下部は2センチほどで矢車になっています。

d0006690_08310386.jpgピンクの複色咲きです。







※写真はクリックすると拡大します。


by gakis-room | 2019-05-13 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2019-05-13 21:13 x
このお花、見たことがあるのですが、名前を知りませんでした。ゴデチアという名前も聞いたことがりますが結びつきませんでした。
イロマツヨイという和名で覚えたいです。
この頃残念ながら見ることがないのです。
Commented by gakis-room at 2019-05-14 07:51
tonaさん,
ゴデチアはちょっと覚えにくいですかね。
私は大抵は和名です。


<< 和名はオオヒエンソウ(大飛燕草...      日本の決勝進出ならず,カーリン... >>