2018年 10月 16日
斑入り葉で,黄色のランタナです
d0006690_16504114.jpgランタナ クマツヅラ科 ランタナ属

斑入り葉のランタナです。ランタナは別名を和名を「七変化(シチヘンゲ)」というように,花の色が黄色から橙色,赤色に変化していきますが,このキバナ(黄花)のランタナは色の変化はないようです。

斑入り葉のランタナについては一昨年の10月にも取り上げています。その時のランタナは白色でした。

その記事の中で,「近くの公園」にもランタナがあり,「生命力が旺盛なのでしょうか,半ば野生化した(?)と思われる」と書いていますが,国際自然保護連合 (IUCN) の「種の保全委員会」が定めた侵略的外来生物100種のうちの1つに指定されているとのことです。

左右の白色の花は「ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト」です。

d0006690_16512386.jpg鮮やかな黄色の花は手毬状に盛り上がり,花穂の大きさは4センチほどです。

黄花のランタナで色の変化のない種に「ランタナ・イエロー・スプラッシュ」(Lantana Yellow Splash)と呼ばれるものがあります。

これはドイツからの移入のランタナの自然交雑実生から埼玉県の栽培農家が育成した園芸品種で,鮮黄橙色の花色は咲き始めから開花後も色が変わりません。

この斑入り葉の鮮やかな黄色のランタナが「ランタナ・イエロー・スプラッシュ」の斑入り葉かどうかは私にはわかりません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-10-16 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2018-10-16 19:58
ランタナ、初めて聞いたときはなんとしやれた名前かと思いました。長野にはなかつたなあ。
Commented by gakis-room at 2018-10-16 20:57
saheizi-inokoriさん,
日本への移入は1960年代のようです。


<< 頻繁に見られる「国際宇宙ステー...      見ました,高速で飛行する「きぼう」 >>