2018年 06月 17日
三日月と金星の接近
d0006690_14362821.jpg昨日の午後8時頃の西空です。日の入りは7時11分でしたから,8時頃でも西空の下の方ではうっすらと明かりが残っています。

上空の月,昨日は旧暦5月3日でしたから,月は三日月です。そのすぐ上に輝いているのが金星です。

金星は「太陽ー金星ー地球」の位置関係から,夕方に見えるものは「宵の明星」,明け方に見えるものは「明けの明星」と呼ばれています。「宵」と「明け」は交互にやってきます。

d0006690_1441452.jpg今年の場合,3月から10月までが「宵の明星」で,12月から来年の7月までが「明けの明星」です。

「宵の明星」が見られるのは日没から2〜3時間までのようですから,月との接近が見られるのはその時間に月の入りがある時となります。

【6月16日の日の入と月の入りの時刻】
  日の入り  19時12分
  月の入り  21時33分

次回は7月16日です。月と金星の位置は昨日とは逆転して,月が上になります。
  日の入り  19時10分
  月の入り  21時43分

d0006690_14365956.jpg午後8時前の月です。肉眼では確かめられませんが,写真(望遠20倍)では「地球照」が見られました。

【地球照(ちきゅうしょう)】
月の欠けて暗くなっている部分がうっすらと見える現象のこと。太陽光が地球に反射して月にまで達して,その光が月面で反射して再度地球に戻ってくることによって見られる。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-06-17 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by shishimaru2912 at 2018-06-17 18:13
とても勉強になります。
細かく分析されたり、詳しく説明されたり……
ジャンルも広いので、読ませていただくのが楽しみです。
今夜空を見てみます。
Commented by gakis-room at 2018-06-17 19:08
shishimaru2912さん,
暑い,寒いとか
こんな花にであったとかだけの拙いブログですが
よろしくお願いいたします。

今夜,晴れるといいですね。


<< モモイロカイウ(桃色海芋)です      日本 連勝ならず,ラグビーテス... >>