2018年 06月 08日
東は東,西は西 食パンの切り枚数の違い
d0006690_10221785.jpg私の朝食はピザトーストですが,その食パンは「4枚切り」です。

一昨日「東西激論! 食パン枚数え!? 関東は10枚切り?」とのテレビ番組案内にひかれて,「魔法のレストラン」を見ました。食パンの切り数に東西では大きな違いがあるようです。

調査年月は不明ですが,番組内で紹介された製パン老舗の神戸屋(大阪市)の売り上げ割合です。

        関西   関東
  4枚切り  16%   
  5枚切り  45%   2%
  6枚切り  39%  64%
  8枚切り       34%

関西では5枚切りが主流ですが,6枚切りとそんなに大きな差はありません。関東では6枚切りが主流で,8枚切りもそれなりの割合ですが,5枚切りはわずか2%です。私の「4枚切り」は関西でも少数派ですが,関東ではなんと0です。関西では5・6枚切り,関東では6・8枚切りになります。

少し古い記事ですがヤマザキ製パンの地域別食パン売り上げ」(日本経済新聞,2014年9月10日)でも同じ傾向です。

        関西    関東
  4枚切り   13%   3%
  5枚切り   40%   7%
  6枚切り   39%   59%
  8枚切り   7%   31%

こうした違いの理由として,神戸屋よると「関東は銀座木村屋のあんパンから親しんだため,お菓子であり,間食やサンドイッチ用として普及。関西は当社が外国人に提供したのを機にホテル,レストランを主な販売先として広がった」(経営企画室)からだと言います。つまり,関東では食パンは間食=薄切りで,関西では食事=厚切りなのだと言います。

とは言え,関西で主流の5枚切りがいつから始まったかは不明のようです。

d0006690_11163714.jpg番組では東西での食の呼び方の違いについても紹介がありました。表の〇Xは私の呼び方です。

なお,食の呼び方の東西での違いについては,8年前のブログ記事「なつかしい「煮抜き」,ゆで卵のことです」でも取り上げています。
[PR]

by gakis-room | 2018-06-08 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by tona at 2018-06-13 09:19 x
この比較、面白く拝見しました・
パンは我が家は8枚切り。
そして東西食の呼び方は大体そうでしょうとわかりますが、天ぷらとさつま揚げはこちらでは2種類別々にありまして、家で揚げる天ぷら、魚のすり身から作ったさつま揚げは買ってくるもの。浜松では黒はんぺんと言ったような。
鶏肉を九州ではかしわと言っていました。
Commented by gakis-room at 2018-06-13 15:32
tonaさん,
8枚切りでしたか。
「ひろうす」は料理書を見ていて,なんのことかな,と思ったことを思い出しました。
すり身の「天ぷら」は,スーパーでは中に混ぜられた物によって「タコ天」とか「イカ天」とか表示されています。


<< これでもレタスの仲間,トゲヂシャ      キバナカイウです >>