2018年 05月 29日
ユキノシタ(雪の下)の全体像です
d0006690_16493354.jpgユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属

「近くの公園」です。ユキノシタ(雪の下)は背丈は20センチほどで,1本の細い茎がたくさん枝分かれして,そこにいくつかの花を付けます。

ユキノシタは裏庭などの半日陰に生える多年草です。初めてユキノシタに出合ったのは9年前の5月,「近くの公園」のキョウチクトウの植え込みの根元でした。それ以来,毎年この季節にユキノシタを見ることを楽しみしてきました。

また,4年前に伊豆半島でも見ましたが,この時は群生でした。「近くの公園」でも伊豆半島でもいずれも樹木の半日陰でしたから,全体像は判らずじまいでした。と言うよりも花にだけ気が取られていたのだと思います。

「近くの公園」では昨年の「公園改修工事」でキョウチクトウが根こそぎ除去されましたから,4月になると葵の葉ようなユキノシタの葉がいくつか見られるようになりました。しかし,それも4月末の一斉除草作業でなくなってしまい,すっかり諦めていましたが,建物沿いの陰にに3株残っていました。

d0006690_16495937.jpg花は「ダイモンジソウ(大文字草)」に似ていますが,ダイモンジソウも「ユキノシタ属」です。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-05-29 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2018-05-30 21:06 x
子どもの頃、家にありました。
こんな葉っぱでした。花は…白くて小さい…としか。
アップで見ると可愛いですね。
Commented by gakis-room at 2018-05-31 08:39
korimaさん,
昔からごぞんじでしたか。
もの陰でも他の植物にまぎれることなく,並んでいたら面白いとおもいました。


<< 朝新聞夕刊「素粒子」の言葉遊び      カメの家族? >>