2018年 04月 22日
なぜこんなところに,カワヂシャ
d0006690_12383758.jpgカワヂシャ ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

カワヂシャと教えていただきました。歩車道境界ブロックと側溝蓋との隙間です。

カワヂシャはその名のように川岸,水路,水田などに生育する越年草です。茎は直立または斜上し,背丈は10~50cmになります。

街中のコンクリートの隙間にひと株,なぜ生育したのでしょうか。このカワヂシャの背丈は5センチほどです。



d0006690_12385918.jpg花径は3〜4ミリほどです。ほとんど白色ですが,薄青色の筋がみられます。

カワヂシャは2度目になります。
2010年5月に「これも「準絶滅危惧種」です,カワヂシャ」と書いていますが,カワヂシャの花の色は「白に薄青の筋」のようですから,ひょっとしたら「オオカワヂシャ」だったかも知れません


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-22 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-22 22:14
コンクリートのすき間、けっこう植物の楽園みたいですね。
アチコチ、いろんな花が見られます。
Commented by gakis-room at 2018-04-23 07:10
saheiziさん,
道路脇の隙間にスミレの長い列を見ました。


<< 「近くの公園」でデビュー,マツ...      この豊かな発想,「MINIAT... >>