2018年 04月 06日
天保山登頂記
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_10392540.jpg昨日,大阪港の天保(てんぽうざん)山に登ってきました。標高4.53ートル,自称「日本一低い山」です。「登頂証明書」もいただいてきました。

地名としてではなく,「山」としての天保山を知ったのは標高0メートルの大潟富士との関連でした。13年前のことです。以来,いつか登って見たいと思ってきましたがようやく実行できました。

13年前,天保山とは別に「我こそは日本一低い山」を主張している山がありました。堺市の蘇鉄山(堺市堺区大浜公園内),6.97メートルです。蘇鉄山は2000年に国土地理院に山名が登録されました。蘇鉄山の主張は「蘇鉄山には地図を作成するための基本としての一等三角点がおかれている」でした。天保山におかれているのは二等三角点です。

二等三角点と一等三角点での論争はすれ違いですが,標高で天保山以下の山が現れました。日和山(仙台市宮城野区蒲生),3メートルです。2014年4月に国土地理院に認定されました。

天保山の「登頂証明書」に「2014年3月現在」と書かれているのはこのためかと思われます。

d0006690_946291.jpg天保山公園の入り口の階段を15段ほど上った正面の陶板画(歌川貞升・「浪花天保山風景」)です。ここを右に折れるとちょっとした階段があります。

d0006690_9464464.jpgこの階段の上は展望台です。天保山山頂はここではありません。天保山山頂はさきの陶板画を左に折れて,数段の階段を上った広場の先です。

d0006690_94735.jpg正面に高い碑があります。この碑は天保山山頂はもとより天保山とは何の関係もありません。

d0006690_9471959.jpgこの碑は明治元年に明治天皇がここから軍艦を観艦したという「明治天皇観艦之所碑」です。

では天保山山頂は?

d0006690_9473953.jpg(元の写真に戻って)山頂はこの碑の右下(黄色の枠)にあります。

d0006690_948881.jpgありました。「日本一低い山」のたすきを掛けた案内版の左下にある「二等三角点」の説明板の手前の小さな四角が二等三角点,ここが山頂です。

多くの人が「見逃してしまう(遭難)」ことが多々あるようです。その時は「山岳救助隊」が救助(案内)することになるんだとか。昨日は山岳救助隊は不在でした。

d0006690_9482936.jpg二等三角点の説明。

d0006690_9485067.jpg「登頂証明書」は「天保山商店会」(地下鉄大阪港駅から公園までの道筋)加盟店で申し出ればいただけます。商店会加盟店はこのようなマークを掲げています。
[PR]

by gakis-room | 2018-04-06 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2018-04-06 22:58
大潟も天保山も制覇しました。
仙台にもう一度行かなくちゃ^^。
Commented by gakis-room at 2018-04-07 11:26
saheiziさん,
2山も制覇とは。
素晴らしい!!


<< 黄砂がやってきた,韓国ではプロ...      再々復活したアカメガシワ >>