2018年 02月 19日
小平奈緒選手を韓国紙「中央日報」が絶賛
d0006690_1744487.jpg今朝の新聞とテレビは,スピードスケートの女子500メートルをオリンピック新記録で優勝した小平奈緒選手の偉業を讃える内容で溢れていました。

韓国の李相花(イ・サンファ)選手は五輪3連覇の夢を小平選手によって阻まれましたが,以下はきょうの韓国紙,中央日報(日本語・電子版)の2本の記事と写真です。小平選手のマナーと言うよりも李選手との固い絆でしょうか。清々しい記事です。同じような写真は日本のメディアも掲載していますが,その背景については触れてはいなかったようです。


「小平奈緒、五輪新記録後に李相花を配慮した『マナー』」
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子スピードスケート500メートル競技で五輪新記録(36.94秒)を塗り替えて金メダルを取った小平奈緒の配慮が話題だ。

18日夕方、江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれた女子スピードスケート500メートル競技で14組で出場した小平奈緒は36.94秒を記録し、五輪新記録で先頭に出た。競技場を訪れた日本人をはじめとする多くの観客が彼女に歓呼と拍手を送った。

だが、小平奈緒は右手の差し指を口に当てて静かにしてほしいというジェスチャーを観客に見せた。観衆の行き過ぎた歓呼が次の組で競技に臨む李相花(イ・サンファ)を邪魔する可能性があるためだ。李相花は小平より0.39秒遅れた37秒33を記録して銀メダルを獲得した。

競技が終わった後にも小平は李相花を配慮した。彼女は金メダルが確定された瞬間、セレモニーは簡略にして李相花に近付いて彼女を抱きしめた。記者会見でも李相花との絆について明かし、「その間、李相花に途方もないプレッシャーがあったということを分かっていた。それを勝ち抜いた李相花の努力に拍手を送りたい。今後も仰ぎ見るだろう」と李相花に賛辞を送った。

「レース後、小平が李相花に先に近付いてかけた韓国語」
3度目となるオリンピック(五輪)舞台で初めての金メダルを首にかけた日本の小平奈緒(32)がレース終了後、真っ先に李相花(イ・サンファ、29)に近づき、韓国語で「チャレッソ(頑張ったね)」と声をかけた。

小平は18日、江陵(カンヌン)スピードスケート競技場で行われたスピードスケート女子500メートル授賞式直後のインタビューで、準優勝の李相花にこのように伝えたと明らかにした。

小平は続いて「『私はまだあなたのことをリスペクトしている(I still respect you)』と伝えた」とし「これまで相花にたくさんの重圧がかかっていることを知っていた。この重圧を克服した李相花の努力に拍手を送りたい。今後も仰ぎ見る存在」と李相花へ賛辞を送った。

小平と李相花はかなり以前から国際大会で競い合いながら友情を築いてきた仲だ。この日の競技だけでなく、国際大会の競技場の内外ではよき友人とし互いのことを思いやって来た。

李相花について、小平は「いつも親切」としながら「3年前にソウルで開かれた国際スケート競技連盟(ISU)ワールドカップ(W杯)の時、私は初優勝してすぐにオランダに戻らなくてはならない状況だった。この時、李相花はとても悔しいはずだったと思うが、リンクから空港までタクシーを呼んでくれてお金も出してくれた。その気持がとてもうれしかった。選手としても素晴らしい人」と賞賛を惜しまなかった。

それまで日本語で答えていた小平は、「李相花と2022年北京五輪で勝負したいか」という質問には、すぐに韓国語で「分からない」と言って笑った。(以下略)
[PR]

by gakis-room | 2018-02-19 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gakisroom.exblog.jp/tb/26502311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2018-02-20 17:46 x
スケートは時々しか見てなくて、小平さんも名前だけ。
いい話ですね。思いを行動にできて、さらに言葉にも
できるなんて、フェアですばらしいです。
競技のハイライトを見ます~!!
Commented by gakis-room at 2018-02-21 07:56
korimaさん,
素敵な話です。
韓国紙は「二人の絆はリンクをも溶かす」と書いたそうです。


<< ノルウェー選手の衣装,カーリン...      男女とも準決勝進出への期待,オ... >>