2018年 02月 03日
「立春寒波」は長期寒波の一部分でしかありません
d0006690_17494925.jpg明日の立春からの寒波は今季何回目の寒波の到来でしょうか。今回は「立春寒波」なる名前も見受けられます。しかし,「立春寒波」という気象用語はないようです。

二十四節気の「立春」は「小寒」,「大寒」に続きます。しかし,「小寒・寒波」,「大寒・寒波」はどうも様(さま)になりません。ここは「春なのに・厳しい寒さ」で春と寒さの対比,それに「語呂がいい」し,「響きもいい」から「立春寒波」だけのようです。

とは言え,奈良に限って言えば,この寒波は新規到来ではありません。先月の24日からきょうまでの11日間の最高気温は平年以下です。10日が予想気温どおりの10度であるとすれば,平年以下の日は17日間連続します。もし10日の予報が外れて平年(9.5度)以下であれば,寒波はさらに続きます。

「立春寒波」は長期の寒波の一部分でしかありません。気温が平年並みに戻るのは2月後半以降のことになりそうです。
d0006690_17311651.jpg

[PR]

by gakis-room | 2018-02-03 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gakisroom.exblog.jp/tb/26413597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 男子はteam IWAI,女子...      カーリング,日本選手権予選リー... >>