人気ブログランキング |
2019年 06月 20日
新しく始まった気象庁の「2週間気温予想」
d0006690_14542138.jpg気象庁では昨19日から新たに「2週間気温予報」を始めました。

これまでの「週間天気予報」では,翌日からの1週間の天気と気温の予報を主としていましたが,「2週間気温予報」では過去1週間の実況と1週目の予報が,表とグラフで表されています。

さらに,「2週目の予報(5日間平均)」として,翌日からの5日間(14時30分頃に更新)が前後5日間の平均で表示されています。
  11時までは当日を含めて5日間,11時から14時30分
   までは当日を含めて4日間が表示されます。

たとえば,28日であれば,28日を含む前後5日間,26日から30日の予想平均気温です。

気象庁では「より早めの熱中症対策,農作業や旅行の計画作りに役立ててもらう」狙いとのことですが,5日間の平均気温では今ひとつ実感しにくいかと思われます。

日本気象協会の「10日間予報」との併用がいいのかも知れません。

※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-20 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 19日
週末あたりに梅雨入りでしょうか
d0006690_17100288.jpg
近畿地方の梅雨入りはいつなのでしょうか。

【近畿地方の梅雨入り遅さ】
 ① 1958年6月25日
 ② 1967年6月21日
 ③ 2017年6月20日

これからの天気予報によれば,この週末あたりに梅雨入りの気配ですが,どうでしょうか。これまでも「一時雨」の予報があっても翌日には変わってしまってきました。いずれにせよ,観測史上1位を争いそうです。

別に梅雨入りを待ち望んでいるわけではありませんが,近畿地方だけでなく,九州北部,中国,四国地方の梅雨入りもまだですから,そろそろこの夏水不足が気になります。「四国の水瓶」と言われる早明浦ダムのきょう現在の貯水率は67.2%です。

19日,気象台は九州北部に「少雨に関する気象情報」をだしています。それによると,5月1日から6月18日までの降水量は福岡市で平年の45%,探しで平年の29%になっています。

【最も遅い梅雨入り】
  九州北部 1967年6月22日
  四国   1967年6月21日
  中国   1968年6月24日
  近畿   1958年6月25日


# by gakis-room | 2019-06-19 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 18日
昨夜はストロベリームーンでした。
d0006690_10455656.jpg昨夜は満月,6月の満月を「ストロベリームーン」というようです。4月の満月は「ピンクムーン」でした。

これはアメリカ東部の原住民の呼び方です。別段,月がイチゴのように赤く見えるというのではなく,この頃に野チゴが収穫できるということです。

【野いちごの種類】
この時期に果実となる野イチゴです。ヘビイチゴはまずいようですが,どのイチゴなのでしょうか。

          果実期  花の色 味
  クサイチゴ   5ー6月 白   〇
  ニガイチゴ   5ー6月 白   〇
  モミジイチゴ  6月   白   ◎  
  クマイチゴ   6ー8月 白   〇
  ナワシロイチゴ 6ー7月 赤   △
  ヘビイチゴ   6ー8月 黄   ×

d0006690_10460650.jpg
せっかくの「ストロベリームーン」ですから,ちょっと加工してみました。

なお,きょうの月の出は20時02分,方位は東南東です。その月の近くに(右上あたり)ひときわ輝く星が見えるはずです。木星です。


※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-18 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 17日
日照時間の少ない今月
梅雨入りは23日以降になりそうですが,梅雨入りが遅い割には「終日 晴」が少ない今月です。6月になってから昨日きょう17日までに雨が観測された日数は7日,2.5日に1回の割合で雨です。きょうまでの合計降水量の70.0ミリは梅雨入り前としては多い方かと思われます。

雨がちのせいか,日照時間は多くありません。きょうは5.3時間(午後5時現在),今月になって7回目,4日振りに平年を超えました。明日の日中は晴の予報です。日照時間はどれほどになるのでしょうか。
d0006690_17324060.jpg


# by gakis-room | 2019-06-17 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 16日
父の日,和菓子の日
d0006690_14090899.jpgきょうは「父の日」です。
いつも行くスーパーでは「父の日,試食大会」と意味不明なイベントをしていましたが,「母の日」に比べるとなんとなく物静かです。まあ,余り気に留められていないと言うことでしょう。

あるサイトの「父の日 ギフト・プレゼント2019」では,
 1位 お酒
 2位 お菓子
 3位 洋服
 4位 財布
 5位 腕時計
となっていました。

2位の「お菓子」には「?」ですが,6月16日は「和菓子の日」なんだそうです。

【和菓子の日】
1979年に全国和菓子協会によって制定されました。
ウィキペディアによればその来歴は以下のようです。

平安中期の承和(じょうわ,834年ー848年)年間に疫病が蔓延したので,時の天皇は「嘉祥」と改元し,6月16日に16コの菓子や餅を親善に備えて,疫病退散,健康招福を祈ったとされる。これを起源として,6月16日に厄除け・招福を願って菓子を食う「嘉祥菓子」の習俗が近世まで存続した。江戸幕府ではも6月16日を「嘉祥の日」として,お目見え以上の身分のものには大広間で和菓子が与えられた。

しかし,「日本年中行事辞典」(角川書店)によれば,「嘉祥元年の祈願」説はどうもあやしいようです。

ちなみに韓国では,「父の日」はなく,5月8日が「父母の日」です。これは,1973年制定の「各種記念日などに関する規定」に基づく「法定記念日」です

※写真は娘からの贈り物のショルダーバッグ,クリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-16 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2019年 06月 15日
遅い今年の近畿地方の梅雨入り
d0006690_17323642.jpg別に待ち望んでいるわけではありませんが,近畿地方の梅雨入りが遠そうです。近畿地方だけでなく,九州北部,中国,四国地方の梅雨入りもまだです。

きょう,東北北部が梅雨入りです。東北北部の梅雨入りが九州北部,中国地方より早いのは1997年以来,四国,近畿より早いのは1974年以来です。

【各地の梅雨入り】
  沖縄   5月16日頃
  奄美   5月14日頃
  東海   6月7日頃
  関東甲信 6月7日頃
  北陸   6月7日頃
  東北南部 6月7日頃
  東北北部 6月15日頃

昨日の天気予報では,きょうの奈良は終日雨でした。しかし,実際は雨は未明までで,日中は僅かでしたが,日差しさえありました。

平年の近畿地方の梅雨入りは6月7日ですから,1週間以上も遅れています。夕方に8.5ミリの雨がありましたが,このあと,深夜から未明にかけて多少の雨がありそうです。しかし,その後は19日に「一時雨」の予想がありますが,それを過ぎると24日まで雨はなさそうです。観測史上1位となりそうな今年の梅雨入りの遅さです。

なお,1963年はいつのまにか梅雨入りし,月日は特定されませんでしたが,梅雨明けは7月13日でした。


# by gakis-room | 2019-06-15 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 14日
ナデシコかと思います
d0006690_16431733.jpgナデシコ ナデシコ科 ナデシコ属

ナデシコ(カワラナデシコ)かと思います。白とピンクの2種が咲いています。

「近くの公園」です。花弁の切れ込みは深く,背丈は1メートルくらいです。

ナデシコとセキチクの違いについて,かつて「セキチク,ナデシコとの違いがわからない」で以下のように書きました。

 ・セキチク  花弁の切れ込みが浅い  
        比較的矮性で背丈は15〜40cm
 ・ナデシコ  花弁の切れ込みが深い
        背丈は30〜100cm

今でもこれ以外の違いはわかりません。それで,花弁の切れ込みの深さと背丈からナデシコとしましたが,花弁の切れ込みについても背丈についても一つの目安でしかありませんから,間違っているかも知れません。




※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_16432638.jpg


# by gakis-room | 2019-06-14 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2019年 06月 13日
ネムノキ(合歓の木)です
d0006690_16314210.jpgネムノキ(合歓木) マメ科 ネムノキ属

ネムノキです。名前はよく知っていますが,初めての出会いです。

このネムノキの樹高は5メートルくらいですが,10メートルほどになるようです。

「オジギソウ」の葉は夜間だけでなく,昼間でも葉に触れると閉じますが,合歓の木の葉が閉じるのは夜間だけです。

いくつか花を付けていますが,花の盛りはこれからのようです。



d0006690_16315286.jpg長く伸びた雄しべは3〜4センチほどのようですが,水路を隔てているので近寄って確かめることはできません。

雄しべの下部の緑色の部分が花弁と萼ですが,こちらも遠くからなのでよくわかりません。

花は常緑の低木である「トキワネム」 に似ていますが,トキワネムは雄しべも蕾も濃いピンクです。

左に開花しかけの花が見えますが,雄しべのモジャモジャ感は「シロバナブラシノキ」 を思い出させます。



※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-13 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2019年 06月 12日
変わってしまったユリのイメージ,「近くの公園」のユリ
d0006690_15143725.jpgユリ ユリ科 ユリ属

「近くの公園」の小さな花壇の周囲20数本のユリが植えられて居ますが,最近咲き始めました。多くは派手やかな色で上向きに咲いています。

私の中のユリのイメージといえば「白ユリ」くらいなものでした。ユリ一般の花言葉は「純粋」,「無垢」ですが,美人の歩く姿にたとえられたユリも,キリスト教における聖母マリアの象徴としての白いユリ(マドンナリリー)もこの当たりかと思われます。

しかし,タキイのホームベージには100余種のユリの品種が掲載されていますが,ほとんどは育種されたものなのでしょうか,色彩豊かです。かつて,30万株200万輪のユリを大阪舞洲ゆり園で見ましたが,純粋,無垢とは無縁でした。

d0006690_15144777.jpgこれから咲くユリはどのような色彩なのでしょうか。

いずれにせよ,私の中のかつてのユリのイメージはすっかり変わってしまっています。




※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-12 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2019年 06月 11日
この2日間ほとんど動かないホシベニカミキリ
d0006690_12363273.jpgホシベニカミキリ カミキリムシ科 フトカミキリ亜科

ホシベニカミキリ(星紅髪切)は赤茶色で背に非対称の黒斑を持ちます。

私の虎が煙草を吸っていた頃,カミキリムシゴマダラカミキリかと思われますが)の口で紙を切らせて遊んだことがあります。それで「紙切り」かと思ってきましたが,「髪・切り」です。「髪の毛を切断するほど大顎の力が強い」からのようです(「噛み切り」の節もあるようです)

その強い顎の力で,クス科の植物(特にタブノキ)の生きた枝に穿孔して材を食べますから,樹木にとってはどうしようもない害虫です。

ところでこのホシベニカミキリは昨日の午後に,マンションの6階のエレベーターの横で見かけました。今朝もきょうの夕方も同じ場所に居ます。

触角を時々動かしますから生きています。僅かですが位置も移動していますが,この2日間ほとんど動いていません。いつまでここにいるのでしょうか。それとも,飛んで行く前に誰かに踏まれてしまうのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-11 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 10日
和名はルリトウワタ(瑠璃唐綿)ですが,オキシペタラムです
d0006690_15303583.jpgオキシペタラム ガガイモ科 トゥイーディア属

ブラジル・ウルグアイが原産です。別名はブルースターあるいはルリトウワタ(瑠璃唐綿)です。

流通名はオキシペタラムあるいはブルースターです。オキシペタラムは旧属名の頃の名前がそのまま名前になりました。流通名も「オキシペタラム」が多いようです。

背丈は40〜100センチの半つる生です。

  ※キョウチクトウ科としているサイトがいくつかありま
   した。

d0006690_15303180.jpg花径は3センチほどです。

花の色は別名がブルースターであるように,青色が基本のようです。他にピンク色(別名はピンクスターあるいはローズスター),白色(別名はホワイトスター)があります。

青色の場合,咲き始めはうす青色ですが,次第に青みが強まり,咲き終わりはピンク色を帯びるとのことです。

上の写真では下方の花は薄い青みを帯びていますが,変化があるのでしょうか。




※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-10 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2019年 06月 09日
なぜ「コンクリート養生中」なのでしょう,「近くの公園」の新しい遊具
d0006690_16502588.jpg「『近くの公園』の動物たちがどこかに連れ去られ」てしまいましたが,5月29日は改修工事は終り,工事期間の予告通りに5月31日の午後にはロープも取り外されました。

しかし,その後,新しい遊具には柵がなされて「コンクリート養生中」の張り紙です。

「コンクリート養生」とは聞き慣れない言葉ですが,「コンクリートが硬化するまで,適切な環境に保つこと」です。そしてその期間は長くても7日間くらいのようです。

d0006690_16504121.jpgどの遊具の地中部分にもコンクリートの基礎がなされています。奥の「雲梯付き遊具」の場合,地中1メートルほどの基礎がありました。

「養生」というのであれば,コンクリートの基礎を土で埋め戻す前のことではないかと思われます。

コンクリートの基礎を土で埋め戻し,いったんはロープの規制が取り払われたのに,なぜ,再び「養生中」なのでしょうか。埋め戻しが早すぎたのでしょうか。

きょう,6月9日,なお「養生中」です。


※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-09 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2019年 06月 08日
この細長いイチョウの幹は・・・
※ 予定が早く終わったので,きょうからブログを再開します。

d0006690_12180486.jpg
イチョウ イチョウ科 イチョウ属

街中の街路樹のイチョウです。細い幹が数本立ち上がっています。この道路の街路樹のイチョウではこちらと向こうのイチョウだけがこの様子です。

イチョウと言えば普通はどっしりとした本体の幹があって上方で張り出した枝に葉を付けるのですが,なぜかここではひょろひょろと数本が立ち上がっています。

上部と下部を隠して,この幹だけ見るのであればとてもイチョウだとは思われません。
d0006690_12181453.jpg
根元です。直径40腺くらいの切り株の端から細い幹が出ています。

本体の幹が切られたので,細い数本の幹がそのまま成長したのでしょうか。

本体が健在なら,これらの細い幹がここまで生育することはなかったかも知れません。



 ※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-08 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2019年 06月 03日
お知らせ
d0006690_16574692.jpg【お知らせ】

都合により暫く更新を中断いたします。
再開は15日頃を予定しています。



# by gakis-room | 2019-06-03 18:00 | つれづれに
2019年 06月 02日
ヘメロカリス,1日花ですが,次々と咲かせます
d0006690_07075430.jpgヘメロカリス ユリ科 ワスレグサ属

のヘメロカリスかと思います。和名はないようですが,花は1日花なので,「デイリリー」の別名があります。

ヘメロカリスは学名からですが,ギリシア語で「1日」を意味する「へメロ」と「美」を意味する「カロス」の2語からとのことです。

花は1日花ですが,一斉に咲かず,1〜2輪ずつ,一本の花茎にたくさんの花を咲かせます。花期はムクゲのように長期間となります。これはまだ咲き始めのようです。

日本や中国原産のキスゲ(ユウスゲ)やカンゾウ(カンゾウはノカンゾウ,ヤブカンゾウ,ワスレグサの総称)を元に欧米でで品種改良されたものだそうです。

背丈は40センチほどでしたが,150センチくらいにまではなるようです。


d0006690_07080665.jpg花径は7〜8センチほどでした。

花の色は,黄の他に赤,紫,白,クリーム,復色花,フリルのついたものもあるようです。

アメリカで品種改良が盛んで,品種改良種は3万種以上といわれているそうです。





※写真はクリックすると拡大します。


# by gakis-room | 2019-06-02 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)