タグ:10月の花の手帳 ( 135 ) タグの人気記事

2017年 10月 15日
ハクチョウソウの雌しべのちょっとした変移
d0006690_1519227.jpgハクチョウソウ アカバナ科 ガウラ属

ハクチョウソウ(白蝶草)です。濃い桃色の花もあり,それで別名をヤマモモソウ(山桃草)です。

これは近所の戸口に出されたプランターですが,ハクチョウソウについては8年前の10月末に,今では行かなくなった「例の田舎道」で見ました。


d0006690_15194092.jpg8年前のブログの画像です。

並べてみて,雌しべにちょっとした違いがあることに気づきました。

①雌しべの先端ちかくが赤味がかっていること
②4裂した柱頭が緑色になっています。

上の写真では雄しべには黄色の葯が落ちずにまだ残っていますから,時系列では上から下へとなります。個別の個体の特徴でなければ,ハクチョウソウの雌しべは時間と共にこのように変移していくことになります。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-15 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 14日
苦い苦い,センブリ
d0006690_11193210.jpgセンブリ(千振) センブリ リンドウ科

センブリと教えていただきました。
昨日の箱館山のコキアの横の草むらです。背丈は15センチほどです。

日本,朝鮮半島,中国の山野の草地に自生します。漢字の「千振」は「千回振りだし(煎じ)ても,まだ苦味が残っている」ことに由来するそうです。その苦み故にテレビのバラエティ番組では罰ゲームで用いられることもあるようです。

全草を生薬に用い,苦味健胃薬(くみけんい)として消化不良,食欲不振,胃痛,腹痛,下痢などに効用があるとされています。

d0006690_12145561.jpg花径は1.5センチほどです。

イヌセンブリとよく似ていますが,イヌセンブリは葉幅が広く,蜜腺溝の縁に長く縮れた白い毛が生え,蜜腺溝が見えません。

また,苦みもなく薬用には用いられません。湿地に生育します。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-14 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 13日
コキアの群生を見てきました
d0006690_9553979.jpgホウキギ(箒木) アカザ科 ホウキギ属

コキアを初めて見たのは5年前の11月のはじめです。近所の空き地でしたが,形は整っておらず,紅葉の赤さだけが目立ちました。ブログタイトルは和名の「ホウキギ(箒木)」でした。しかし,一般には断然流通名の「コキア」です。

コキアは剪定しなくてもやや楕円の丸形にまとまるようです。最近,そのコキアの群生が見られる場所があることを知りました。

一番は450万株のネモフィラで知られる「国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)」内の「みはらしの丘」の3万2,000株です。次いで「東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)」の2万株,「国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町)」「花の駅ひるがの高原コキアパーク(岐阜県郡上市)」の1万株でしょうか。

d0006690_95687.jpg見に行くのには遠すぎると諦めていましたが,近くにもありました。北近江の「箱館山コキアパーク(滋賀県高島市)」です。3万2,000株の「見晴らしの丘」の20分の1の2,000株ですが,一昨日見に行ってきました。

冬はスキー場です。麓からゴンドラで627mまで上ります。コキアの群生はここと,さらに680mまで上る見晴台へのリフトの下と見晴らし台の3箇所で見られます。

リフト下の群生です。

d0006690_9562446.jpg見晴台付近の群生です。期間は9月16日〜10月15日までとのことですから,もう終わりかけのようです。

そのせいでしようか,整然と並んでいるのではなく,列はかなり乱れていました。また,空きもいくかありました。

d0006690_9565075.jpgゴンドラを下りた近くです。紅葉前の緑色のコキアと半分ほど紅葉したコキアが見られました。

d0006690_957751.jpg咲き終わったコキアです。本体の大きさの割には根が浅いようで,添え木が見られます。それにもかかわらず倒れているコキアもいくつかありました。

この咲き終わったコキアの形を整えて「箒」にしたようです。

d0006690_9572576.jpg見晴台からは琵琶湖が見え増す。しかし,この日は遠くが霞んでいて,くっきりとは見えませんでした。

【他にコキアの見られる場所】
大阪駅の北のうめきたガーデンでもまだ紅葉していない200株のコキアが見られます。

・国営すずらん丘陵公園(札幌市南区)
・清水公園(千葉県野田市)
・国営みちのく杜の湖畔公園 (宮城県柴田郡川崎町)
・河口湖自然生活館「大石公園」(山梨県南都留郡富士
 河口湖町)
・ フラワーパーク江南(愛知県江南市)
・国営讃岐まんのう公園(香川県仲多度郡まんのう町) 
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-13 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 11日
 八重咲きのマツバボタンです
d0006690_1673310.jpgマツバボタン スベリヒユ科 スベリヒユ属

マツバボタン(松葉牡丹)は生家の庭に咲いていましたから,子どもの頃からその名前を知っていた数少ない花の1つです。

ブログを書くようになってから,そのマツバボタンに出会ったのは意外に最近で3年前の8月です。

命名は肉厚の細い葉を松葉に見立てて,花が牡丹に似ているところからのようです。生家に咲いていたマツバボタンも3年前に出会ったものも一重咲きでした。

d0006690_168658.jpg八重咲きのマツバボタン(松葉牡丹)です。

3年前のブログでは,一重咲きよりも「八重咲きの方が『牡丹』に相応しいでしょうか」と書いていますが,やはり,名前からは八重きかなと思います。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-11 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 08日
秋ですねえ
d0006690_16274599.jpgきょうの最高気温は平年より4.8度高い28.4度,9月中旬並みの高さです。

今朝の最低気温は平年より3.2度高い17.2度で,こちらも9月中旬並みです。

昨日との比較では最低気温は0.4度の高さですが,最高気温は4.8度も高く,相変わらず不安定な気温です。8日間の平均では最高気温も最低気温も平年よりやや高い程度です。

それでも秋ですねえ。「近くの公園」の紅葉(黄葉)もこの10日間で確実に進みました。ただ「私のベンチ」で時を過ごせないのが残念です。


※写真はクリックすると拡大します。

d0006690_1628194.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-10-08 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 05日
再復活したアカメガシワ
d0006690_1794634.jpgアカメガシワ トウダイグサ科 アカメガシワ属

「近くの公園」横の歩道側歩車道分離ブロックの歩道側に成長するアカメガシワに関心をもったのは昨年のことでした。しかし何時のまにか根元から伐採されていました。

その後今年になってアカメガシワは復活し,7月には背丈は120センチにまでになりました。

成長を続け140センチほどになったアカメガシワでしたが,8月の初めに根元から折られてしまいました。折られたアカメガシワは根元から切断されて,小さな切り株だけが残されました。

しかし,見事な生命力です。再復活しています。3本の若木が見られます。その内2本の背丈は10センチ,1本は5センチほどです。再復活したアカメガシワ,その成長が楽しみです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-05 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 28日
セイヨウアサガオの色の変化
d0006690_1733519.jpgセイヨウアサガオ ヒルガオ科 サツマイモ属

セイヨウアサガオ(西洋朝顔)です。別名はソライロアサガオ(空色朝顔)です。セイヨウアサガオは「短日植物」で日中の時間が短くならないと咲き始めません。それで花が咲くのは9月前後で,ちょうど今頃が花の盛りです。

この写真の撮影は午後4時半過ぎでしたが,アサガオと違ってこの時刻でも咲いています。

このセイヨウアサガオは「ヘブンリーブルー」と呼ばれる品種かと思いますが,3色の花が咲いていました。この3色は何なのでしょうか。

一般に「セイヨウアサガオは蕾が赤紫で開花すると鮮やかなブルーに変化する,そして萎れると再び赤くなる」とのことですが,右の鮮やかなブルーは開花後と思います。左は,右端に萎れたものが見られますが,これから萎れていくのでしょうか。あるいは蕾から開花した直後で,左→中→右と変化していくのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-10-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 27日
雌雄異株ですが,雌株は知られておりません,ヒイラギモクセイ
d0006690_1556658.jpgヒイラギモクセイ モクセイ科 モクセイ属

ヒイラギモクセイ(柊木犀)かと思います。
塀越しに見ました。葉の鋸歯からヒイラギかと思いましたが,ヒイラギに比べて鋸歯の鋭さに欠け,またギザギザの数が多いのが特徴です。

ヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギとの交雑種と考えられているそうです。常緑の小高木で,高さは4〜7メートルになります。

 高木 樹高が5mを超える木のことで,10m未満の
     ものを小高木,それ以上は高木,20mを超
     えるものは大高木と呼ぶ。

d0006690_15564799.jpg花径8〜10ミリほどの小さな花(左下,路上に落下したもの)の花序です。

花期はヒイラギより1か月早く,9~10月頃です。良い香がするとのことですが,塀越しで高い所でしたらかないませんでした。

ヒイラギモクセイは雌雄異株ですが,雄株だけが知られており受粉・結実はしないとのことです。したがって繁殖は挿し木で行われています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-10-27 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 23日
紅葉(黄葉)も進む
きょうから二十四節気の「霜降 (そうこう) 」です。
 霜降 (そうこう)   つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)

朝晩の冷え込みはなく,依然として平年以上の日が続いていますから,「霜」を見ることはまだありませんが,日中はようやく仲秋を感じさせるようになりました。

昨日ときょうの最高気温です。
  22日 19.7度(平年差,−1.2度)
  23日 19.9度(平年差,−0.8度)

2日続けて平年を下回っただけでなく,今季初めて20度以下となりました。最低気温が8度以下になれると(平年の奈良では11月9日から)紅葉(黄葉)は急速に進むと言いますが,「近くの公園」でも紅葉(黄葉)は進行中です。
d0006690_17481937.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-10-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 22日
ヤマボウシの実
d0006690_1227177.jpgヤマボウシ ミズキ科 ヤマボウシ属

ヤマボウシの果実です。ヤマボウシはハナミズキとよく似ており,ハナミズキと入れ替わるように咲く花です。ハナミズキの果実は以前に見ていますが,ヤマボウシはまだでした。ようやく出会えました。

ハナミズキの花ヤマボウシの花も花弁に見えるのは苞で,花は中心部の緑色の部分です。その花(序)の形の違いからでしょうか,ヤマボウシの果実はひとかたまりとなった「集合果」です。

最初は緑色で,上向きのようですが,熟すに従って下向きになるようです。

d0006690_12274072.jpg「集合果」の直径は1.5センチくらいです。サッカーボールのような亀甲模様の中心にあるのは雌しべの柱頭の名残でしょうか。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-10-22 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)