2017年 06月 06日
穏やかな1日
d0006690_1832734.jpg夕方からは雲も出て,全天を覆うようになりましたが,そりまではきょうもいい天気でした。

日照時間は8.3時間,最高気温は平年より0.3度高い26.9度でしたから,ほぼ平年並です。日向に出れば季節なりの暑さですが,午後からの「私のベンチ」では桜の木の陰となって,渇いた穏やかな風が流れます。

こんな時間はしばらくはないのかも知れません。
明日は午後からは雨のようです。ニュースではきょう、九州では梅雨入りしたそうです。明日は近畿の梅雨入りの「第1候補」とか。平年の近畿の梅雨入りは6月7日です。
[PR]

# by gakis-room | 2017-06-06 18:30 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 05日
アカメガシワ,復活しています
d0006690_17069.jpgアカメガシワ トウダイグサ科 アカメガシワ属

アカメガシワ(赤芽柏)です。昨年の9月末に見たアカメガシワと同じ場所です。

樹高が5〜10メートルにもなると知って,このまま成長したらどうなるか,と思ったものでしたが,いつの間にか除去されてしまいました。「近くの公園」の除草時にでも取り払われてしまったようです。

復活しました。現在の背丈は60センチほどです。「6月頃に黄色い花を咲かせる」とのことですが,木が若すぎるのか,その兆しはありません。

d0006690_1704012.jpg根元です。切り株(?)の直径は1センチほどです。その左右から2本の枝がでています。見事な生命力です。

歩車道分離ブロックから顔を出したイチョウの若木は今年も自然に消滅するのでしょうが,こちらは自然消滅はしそうにありません。

今年もいつか除去されて,数メートル以上の成木になることはないでしょうが,どこまで伸びるのでしょうか。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-06-05 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 04日
コヒルガオです,ヒルガオ,セイヨウヒルガオとの違い
d0006690_1724149.jpgコヒルガオ ヒルガオ科 ヒルガオ属

コヒルガオです。ヒルガオより小型なの「コ(小)・昼顔」です。

d0006690_173577.jpgヒルガオの花径は5〜6センチですが,こちらは3〜4センチです。

コヒルガオとセイヨウヒルガオとは花径はほとんど同じです。


※写真はクリックすると拡大します。
     









【コヒルガオ,ヒルガオとセイヨウヒルガオとの違い】
          花径       雌しべの先端      葉の基部
コヒルガオ     3〜4センチ   柱頭は2裂し膨らむ   斜め後方に張り出し,浅く2列する   
ヒルガオ      5〜6センチ   柱頭は2裂し膨らむ   斜め後方に張り出す
セイヨウヒルガオ  3〜4センチ   「Y」字型       張り出さない
d0006690_1733326.jpg

[PR]

# by gakis-room | 2017-06-04 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 03日
エケベリア,多肉植物ですがやはり葉よりも花です
d0006690_16415293.jpgエケベリア ベンケイソウ科 エケベリア属

エケベリアです。和名はないようです。
エケベリア属のシチフクジン(七福神)でしょうか。
            (6月1日,訂正・追加)

メキシコ・中米・南米の北西部の原産で,背丈(花茎を含まない)はセンチから80センチ位のものまで多様なようです。これは5センチほどでした。

葉の形も多様のようですが,上から見た時のロゼット型の姿が好まれる多肉植物です。

d0006690_16422250.jpg花径は1センチほどの壷型です。

花の色はオレンジ,黄色,赤,ピンク,複色などがあるようです。

多肉植物ですから,花は二次的なのでしょうが,私には葉よりも花です。これまでベンケイソウ科の花はたくさん見てきました。そしてそれらは葉よりも全て花に魅せられてのことでした。

【これまで見てきたベンケイソウ科の花】
メキシコマンネングサ子持ちマンネングサオオベンケイソウフチベニベンケイベニベンケイ,カランコエ・ブロッスフェルディアナ常緑キリンソウツメレンゲウスゲショウ

例外はアエオニウム・黒法師です,これは葉の色に魅せられました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-06-03 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 02日
花弁の一部が色変わり,サツキのキメラ
d0006690_161382.jpgサツキ ツツジ科 ツツジ属

サツキのキメラです。キメラについてはこれまでいくつか見てきました。たとえばツツジのキメラはピンクの花の中に赤い花が混じるというものでした。

サザンカのキメラボケのキメラは,その時は気づきませんでしたが,いくつかがグラデーションになっています。

しか,このツツジのように花弁の一部分が色変わりとなるキメラは初めてです。拡大するとよくわかりますが,雄しべも赤と白に分かれています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-06-02 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日
観測史上3位の暑さ,5月の気温
d0006690_16203042.jpg日としての「いろいろある」は30日の31.6度の1日だけでしたが,「真夏日」の5回,「夏日」の17回に見られるように,最高気温と最低気温は観測史上3位,平均気温は観測史上1位となる暑い5月でした。

また,日差しが多く雨の少ない5月でもありました。日照時間の232.8時間は観測史上7位,降水量の80.0ミリは少ない方からの13位でした。

【最高気温】
平年以下の日はわずか5回でした。それらは前日との大きな寒暖差となり,ちょっと身構えてしまいました。特に12日(28.7度)から13日(19.5度)へは7月上旬から4月下旬への落ち込みでした。

【最低気温】
平年以下の日は4回でした。そしてそれらは最高気温とは違っていずれも平年を大きく落ち込むことはありませんでした。掛け布団の扱いに戸惑う日が何日かありました。

【5月のいろいろある】
[日として]
・30日  最高気温の高さ  31.6度  10位

[月として]
・最高気温の高さ  26.2度  3位
・最低気温の高さ  14.9度  3位
・平均気温の高さ  20.2度  1位タイ 
・真夏日の多さ   5回    1位タイ
・夏日の多さ    17回   8位タイ
・日照時間の長さ  232.8時間  7位
d0006690_15435342.jpg

[PR]

# by gakis-room | 2017-06-01 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 31日
抜けるような青空はどこに
d0006690_1629476.jpg昨日ときょうは曇っていて入り日を見ることはできません。写真は一昨日の入り日です。

雲はありませんから空全体が赤く,このようにくっきりとした白色の入り日が見られるのは大気が濁っているからです。

きょうを含めてこの6日間はたくさんの日差しがありました。しかし,遠くの山波はいつも霞んでいました。特に昼前後から夜のはじめにかけて霞みは大きくなっています。

黄砂の観測はありませんから,光化学オキシダントやPM2.5による大気の汚れです。この6日間の午後の光化学オキシダントは基準値を超えています。

きょうも14時30分に大和平野全域に「光化学スモッグ予報」が出されました。
光化学スモッグ広報の発令基準は以下の通りです。
  予報 < 注意報 < 警報 < 重大警報

抜けるような青空はいつの日か。
d0006690_16485132.jpg
d0006690_18171141.jpg

[PR]

# by gakis-room | 2017-05-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 30日
きょうの最高気温は31.6度,5月の観測史上10位の暑さでした
きょうの奈良の最高気温は31.6度,今年最高であったばかりでなく,5月の観測史上10位となる暑さでした。また今月になって5回目の「真夏日」で,これは5月の「真夏日」としては観測史上1位タイとなる多さです。

奈良の31.6度は全国ランキングでは120位タイですが,奈良の山間部では全国の2位と4位となる暑さで,ともに5月の観測史上最高を更新しました。
  吉野軍十津川村風屋 34.5度  2位
  吉野軍上北山村   34.2度  4位タイ

きょうは中部以西を中心に暑かったようです。  ※(  )内は静岡・長野・新潟以西の地点数
  今年最高     314地点(292)
  5月の1位更新  60地点(59)
  真夏日      277地点(233)
      ※21日    187地点
       20日    165地点
       22日    128地点
       29日     86地点
d0006690_1793365.png

[PR]

# by gakis-room | 2017-05-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 29日
ヤマアジサイ,「七段花」でしょうか?
d0006690_1714950.jpgヤマアジサイ(山紫陽花) アジサイ科 アジサイ属

これもヤマアジサイです。「七段花(シチダンカ)」でしょうか。背丈は50センチほどです。

「シチダンカ」はヤマアジサイの変種で六甲山の特産種です。シーボルトの「日本植物誌」に採録されてはいましたが,実際には見かけることがなく,「幻の名花」と言われていたそうです。しかし,1959年(昭和34年)に六甲山系内で六甲小学校の教員によって「再」発見されました。

六甲の元の株は2009年に枯れましたが,その間に挿し芽などて増やされ,全国に広がりました。

d0006690_1722555.jpgひとつの装飾花の花径は1センチほどです。その装飾花を含めて掌に収まる程度の大きさです。

装飾花が八重咲きで,何段もかさなって星状に見えるところから「シチダンカ(七段花)」です。

色は淡青が多いようですが,薄紅,濃紫,藍色もあるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 28日
ヤマアジサイ,「楊貴妃」かな?
d0006690_17283516.jpgヤマアジサイ(山紫陽花) アジサイ科 アジサイ属

アジサイには手毬咲きとガクアジサイの他に小型のヤマアジサイがあることを知ったのは昨年の5月でした。それはヤマアジサイ・クレナイという品種でした。

ヤマアジサイです。ヤマアジサイは普通のアジサイよりも少し花期がはやいのでしょうか。
右上の花でも周辺の装飾花を含めて掌に充分に収まるほどの大きさです。

ヤマアジサイはとてもたくさんの品種が育種されているようで,私には同定はかないません。
検索してみると「楊貴妃」に似ているようですが,はたしてどうでしょうか。

d0006690_17285968.jpg「楊貴妃」は熊本県原産で,花の色が土質の影響を受けます。これは紅色ですが,青色の楊貴妃もあります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 27日
バッタはなぜここにいる?
d0006690_884569.jpgショウリョウバッタ バッタ科 ショウリョウバッタ属

ショウリョウバッタの雄かと思われます。漢字では精霊バッタです。8月の旧盆(精霊祭)の精霊流しの精霊船に似ることからの命名のようです。

体長は5センチほどでした。足の長さがそれほどではありませんから,ひょっとしたらオンブバッタかも知れません。

いずれにせよ,マンションの6階の廊下です。この高さまで飛んできたのでしょうか。もし,オンブバッタであれば飛ぶことはありませんから人にくっ付いて来たことになります。

バッタを見たのは夕刻です。翌朝,廊下にでてみると同じ場所にいました。触れてみると死んでいました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 26日
きょうは旧暦5月1日,サツキの季節です,そしてツツジとの違い
d0006690_16364688.jpgサツキ ツツジ科 ツツジ属

きょうは旧暦5月1日,皐月です。

「語源由来辞典」によれば
  皐月は、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月
  として「さつき」になった。
  早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、
  「さつき」になったとする説もあるが、「早苗」の
  「さ」も耕作の「さ」が語源とされる。
  漢字「皐」には、「神に捧げる稲」の意味があるた
  め、皐月が当てられたと思われる。
とのことです。

その皐月に咲くサツキの季節になりました。「近くの公園」です。

d0006690_1637318.jpgサツキは「皐月躑躅(サツキツツジ)」の略で,旧暦5月頃に咲くのでこの名があります。

【サツキとツツジの違い】
以下は例外はありますが,大まかな違いです。花期を除けばサツキはツツジの小型といったところでしょうか。

     サツキ        ツツジ
花期   5月中旬〜6月中旬  4月中旬〜5月上旬
葉の長さ 2〜3センチ     5〜7センチ
葉の幅  6ミリ        1.5センチ
花径   3.5センチ〜5センチ  5〜7センチ
雄しべ  5本が多い      5〜10本程度が多い
樹高   1メートル程度    5〜10メートル
季語   夏          春

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-26 18:10 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 25日
新しい若木も見られます,イチョウの若木2017・その2
d0006690_17102462.jpg歩車道境界ブロックから顔を出したイチョウの若木は順調に育っています。

葉も大きくなりました。

d0006690_1795822.jpg

d0006690_17104426.jpgイチョウの根元の左側,例年の場所では今も何もありません。

しかし,根元の右側に3本の若木が芽生えています。そのうち2本の背丈は5センチほどですが,手前の一番小さいものは2センチほどです。

今年は歩車道境界ブロックとこちらの2つを見守ることになります。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 24日
ディナー
d0006690_6485776.jpgこの日曜日の夜はちょっと贅沢にディナーでした。

「くずし京野菜料理」のコースです。何が「くずし」なのかはよくわかりませんが,「かご盛り旬菜六種」(①〜⑥)からデザートの「フルーツトマトのコンポート」まで13種,美味しくいただきました。

 ①初かつおたたき
 ②湯葉豆腐
 ③伏見唐辛子焼き浸し
 ④三度豆胡麻和え
 ⑤白ずいきと帆立辛子味噌かけ
 ⑥蓮根と牛肉のしぐれ煮
 ⑦空豆スープ仕立て
 ⑧釜飯(穴子と海老)
 ⑨京漬け物三種
 ⑩甘鯛のあんかけ
 ⑪白海老と三つ葉のかき揚げ
 ⑫丸茄子と但馬牛ステーキ
 ⑬フルーツトマトのコンポート

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 23日
4日連続の「真夏日」へ
d0006690_16464454.jpgきょうも「真夏日」でした。最高気温は30.3度,わずか0.4度超えで,4日連続の「真夏日」です。

30.3度は午後2時01分の記録でしたが,30度超えは前後10分のことでした。
  13時  28.2度
  14時  30.2
  15時  28.1

5月の「真夏日」4回と連続4回はともに観測史上2位タイです。

また,午後5時現在の全国の「真夏日」となった観測地点数は29地点ですが,奈良の30.3度は全国ランキングでは22位タイです。

気温の割にはそれなりに風もあって,暑苦しさはありませんでした。それで夕方のひとときは夕刊を持って「私のベンチ」へ。しばらくの間風に吹かれていました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-05-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)