2005年 12月 18日
増税と選挙のツケ
自民党と公明党は次年度からの増税を決めました。増税による歳入増は2兆円だそうです。しかし,国民生活に直結するものは所得税の定率減税の打ち切りによる3.3兆円の増税とたばこ税増税と酒税の改訂です。

消費税率のアップを含めて,私は基本的には増税に反対ではありません。今年度末見込みの国債残高700兆円,地方自治体を含むこの国全体の債務残高1,037兆円(12月18日現在)の返済の手だては基本的に増税しかないからです。

しかし,今回の増税案は姑息としか言いようがありません。この7月,財務省が事務局をしている政府税制調査会が「定率減税の縮小・廃止」(サラリーマン増税)を提言したのに対して,小泉内閣は「サラリーマン増税をおこなうとの政府税調の考え方はとらない」と9月の総選挙の折りに公約していました。

つまり,総選挙時の公約は完全な嘘でした。また,公明党が提唱した児童手当支給対象の引き上げ(小学校3年から6年に)のための財源をたばこ税の増税でまかなうというのも陳腐としか言いようがありません。

財政再建全体の議論もなく,歳出の吟味さえもなく,場当たり的な増税でことをしのぐやり方は政治の貧困としか思われません。「政府の悪さは国民の悪さに比例する」とは19世紀初頭のドイツの哲学者,ヘーゲルの言葉ですが,この秋以来,しみじみと思い出されます。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-18 07:32 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 17日
大統領の理髪師
久しぶりに映画を見に行きました。多分,「シュリ」以来ですから,4年ぶりかと思います。今月初めから,「韓国エンタテインメント映画祭2005 in 大阪」があり,日本未公開のもの8本を含めて23本の韓国映画が上映中されています。

一昨日見たものは「大統領の理髪師」でした。今年の夏前に公開されていましたが,見たいと思いながら見そびれていました。主演はソン・ガンホです。「JSA」では北朝鮮の兵士役で,彼がチョコパイを食べる場面が印象的でした。

後で知ったことですが,彼は「JSA」で大鐘賞主演男優賞を得ています。テレビで見た「殺人の追憶」もみごとな刑事役でした。こちらの作品は「春夏秋冬そして春」と青龍賞最優秀作品賞をあらそった作品です。

ところで,「大統領の理髪師」は,李承晩政権の末期から朴正煕大統領の暗殺と全斗煥によるクーデタまでを背景に,偶然に朴正煕大統領の理髪師になつた男の物語です。そんな時代と権力に翻弄されながらも彼は懸命に生きます。

娯楽映画でしたが,李承晩政権の腐敗と朴正煕・全斗煥軍事政権のパロディも面白く,ありきたりの庶民をみごとに演じきっていたソン・ガンホに「JSA」や「殺人の追憶」とは違った魅力を感じました。

来週は「酔画仙」を見に行くつもりです。これはお気に入りのアン・ソンギが主演する朝鮮王朝末期の画家の物語です。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-17 10:15 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 16日
韓国の私学が入試拒否を決議
来年2月の中学,高校の新入生募集について,韓国では私立学校法の改正が,宗教界を巻き込んだ大きな政治問題になっています。

15日,私学が高校の7割近くを占めるソウルの私立中高校法人協議会は,改正私学法に抗議して,「06学年度人文系新入生募集を拒否し,今後,学校運営に関する政府支援を受けず,授業料も独自に決定する」と決議しました。大邱(テグ),蔚山(ウルサン)の私学法人協議会も同様の決議をしています。

改正私立学校法は,9日,国会で野党の欠席のまま強行採決されましたが,その骨子は「私立学校の理事の4分の1以上を外部(解放型)理事として任命しなければならない」というものです。

私学の新入生募集拒否に対して,ソウル市と大邱市の教育庁は,私立学校が実際に新入生募集を拒否した場合,校長解任,理事会解体などの手続きを経て,臨時理事を派遣するなど法に則って取り組むとしています。

一方,宗教界ではすでに,カトリックの金壽煥(キム・スファン)枢機卿,プロテスタント系の最大の連合団体である韓国基督教総連合会,韓国仏教の総本山ともいえる曹溪宗の総務院長は,改正私学法に反対を表明しています。

私学法の改正に対して,私学法人の主張は,これより全教組(韓国の教員組合)が学校の理事会に入り込める道ができ,これは教育を思いのままに牛耳ろうという企てであり,財産権侵害であるとともに私学の教育の理念を侵すものだとしています。

これに対して教育相は「私学の透明性を確保するための最小限の安全装置が導入であり,開放型理事が4分の1ほどしか組み込まれないので,開放型理事が決定権をもつわけではなく、私学の建学理念を毀損しない範囲内で開放型理事が選任されるよう,関連法令(大統領令)を改正するもの」としています。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-16 11:19 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 15日
嵐山花灯路2005
d0006690_21453761.jpgきょう,「嵐山花灯路(はなとうろ)2005」に行って来ました。3月の上中旬におこなわれる「京都・東山花灯路」の嵐山版です。今年から始まりました。12月9日から18日までです。阪急嵐山駅から大覚寺にいたるまで,夕方の5時に路上の灯籠に灯が入ります。
d0006690_21463662.jpg野宮神社周辺の竹林の小道は幻想的でした。渡月橋を始め,何カ所かはライトアップもされていました。雪の京都は好きですが,12月の京都も好きになりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-15 21:58 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 13日
きょうはこの冬一番の寒さ?
奈良のきょうの天気は「曇り時々晴れ」ですが,最高気温の予測は4℃ということです。どうもきょうはこの冬一番の寒さみたいです。風もあり,ベランダに干した洗濯物が激しく揺れているのをみると,外の体感気温はかなり低そうです。

それで,昨年の12月の気温を調べてみたら,4℃より最高気温が低かった日は12月31日の1日だけで,3.6℃でした。そしてその日は「曇り,時々雪,一時雨みぞれ」でした。

ついでに今年の1月と2月をみてみたら,最高気温が4℃より低かった日はなく,わずかに2月1日の4.1℃がこれに近いものでした。その日は「曇り一時雪」でした。

明日も予報では最高気温は5℃ですが,きょうと明日をしのいだらこの冬は終わり!ということになるのでしょうか。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-13 12:28 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 12日
きょうのソウルの体感温度は−21.4℃らしい
11日の韓国の中央日報(日本語版)によると,今朝のソウルの最低気温は−10℃が予測され,風もあって体感温度は−21.4℃になるとしていました。

体感温度は人によって違うのでしょうが,「ミスナールの体感温度」と「リンケの体感温度」という数値で表すものがあるそうです。「ミスナールの体感温度」の計算式は気温と湿度によるものですが,少し複雑な数式を使います。

「リンケの体感温度」は気温と風の関係から体感温度を計算します。こちら計算式は簡単で,体感温度=t−4√風力,となります。tは気温です。

私の町の3時間ごとのきょうの気温は6時=2℃,9時=5℃,12時=6℃,15時=4℃,18時=2℃,21時=1℃らしいので,「リンケの体感温度」の数式で計算すると,きょうの体感温度は以下のようになります。

6時=-2℃,9時=-1.9℃,12時=-4℃,15時=-4℃,18時=-4.9℃,21時=-5.9℃
きょうは二日酔いではなくいたって元気ですが,すでに外出する気が失せてしまっています。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-12 07:18 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 11日
日野原重明氏と12月8日
土曜日の朝日新聞に「be on Saturday」という付録が付いてきます。b-usiness とe-ntertainment の2部構成ですが,その後者に日野原重明氏が10日に「開戦日を風化させるな」として12月8日について書いています。

日野原氏については,94歳だそうですが,それ以外には東京の聖路加病院の名誉院長で末期医療についての著作があること,「よど号ハイジャック事件」の時に乗客であったこと以外には知りません。日野原氏は次のように書き始めます。

「8月15日は,日本が米国に無条件降伏した日として,多くの国民に記憶されています。しかし,太平洋戦争が開戦した12月8日については,いつ,どのようなきっかけで起こったかを正確に語れる人が,年々少なくなっていると思います」

日米開戦のいきさつと自身の戦争体験にふれた後,以下のように結んでいます。
「日米関係の破綻と不幸な戦争が始まった12月8日を日本人はもっと深刻に受け止めるべきです。同時に平和憲法に従って世界平和の先頭を切って行動するという約束を,どう実践してきたか,厳しく反省すべきだと私は思うのです」

きょうは,軽い二日酔いもあって,終日だらだらしていました。新聞を眺めながら,私と同じようなことを考えている人に出会って,少し嬉しくなりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-11 22:24 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 09日
冬です
秋も終わり,冬になりました。一昨日には奈良市内でも初雪がありました。平年より24日も早いとのことです。

奈良の一昨日の最高気温は10.8℃,最低気温は−0.6℃でした。昨日は最高気温が10.0℃,最低気温がちょうど0.0℃でいずれも平年より2〜3度低く,特に昨日は風もあって,外を歩いていても寒さが体内にしみ込むみたいでした。

これからの1週間の予報では,最高気温が8℃を超える日はないみたいですから,いよいよ冬の到来です。灯油代も昨年より18リットルで200円以上値上がりしています。しかし,平年より寒いと聞くと,地球温暖化の一時停止みたいな気になって変に安心してしまったりします。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-09 10:16 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 08日
12月8日と新聞
64年前のきょう,真珠湾奇襲によって日米開戦が始まりました。昨夜,先週の前編に続いてNHKの「その時歴史が動いた・真珠湾への道・後編」を見ました。私にとって特に目新しいことはありませんでしたが,2週続けて見ながら,12月8日と8月15日とは何故こんなにも違うのだろうかと思いました。

8月15日については,テレビ,新聞では大抵はいくつかの特集があるのに,12月8日についてはいたって静かなよう思われます。テレビは番組欄で見る限り何もないようです。それで,読売,朝日,毎日,産経の4紙の今朝の朝刊を見てみました。

読売は「戦時下の『生』と『死』,すべてを語る『筆』」という特集を組んでいました。1941年から1945年までの著名人の日記の紹介です。結構おもしろく読みました。扱いは28面と29面の見開きです。他に12月8日に関するものはありませんでした。

朝日は「天声人語」と「社説」で触れていましたが,それ以外は12月8日に関するものはありませんでした。社説の中で紹介されているシンガポールのリー・クアンユー元首相の言葉が印象的でした。彼は回顧録の中で次のように言っています。

「占領時代のつらい体験を持ち,日本人の特質に潜む恐ろしい一面を知りながら,それでもいま私は日本人を立派だと思う。日本人の持つ集団の結束力や規律正しさ,知性,勤勉さ。それらの全てが日本の力のもとになっている」

ここで彼が賞賛している日本人の特質がどの方向で発揮されるかが問題です。その一つの方向が15年戦争でもあったわけですから。

毎日と産経には何もありませんでした。ただ,毎日の25面の地域ニュースの中央に大きく,「やまと歌壇選者」の「三七二一柱 戦艦大和 もろ共に 沈みし霊 祀る祖霊社」という歌が掲載されていたのは意図的だったんでしょうか。

8月15日は被害者としての戦争の記憶なのかも知れないと思いました。とすれば,12月8日は加害者としての戦争の記憶のひとつとして,繰り返し繰り返し特集されるべきのように思いました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-08 08:46 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 07日
ソウルの試み・採用試験に英会話を導入
ソウル市では今年から,「英会話ができなければ、ソウル市の職員になろうとは夢にも思わないでください」と,市の行政職採用試験に初めて英語による面接を取り入れたそうです。

6日の朝鮮日報によると,筆記試験合格者に対して3週間前に公示された英語面接の5つのテーマから1つのテーマを与えて,受験生が2分ほどで自分の考えを英語で発表し,その後簡単な補充質問と応答が続く,というものです。

英語による面接試験について,ソウル市の担当者は「外国と事業の妥当性を論議して契約を推進するなど,英語駆使能力を必要とする業務が増えている」とし,「採用競争がとても熾烈なので、他の点数が同じならば、英語面接が当落を左右する」としています。

読み書きはともかくも,会話が苦手とされる日本の大学生がこれについてどのように考えるか,興味深いところです。

なお,あらかじめ公示された5つのテーマは以下の通りです。1.公務員に魅力を感じる理由,2.ソウル市の公務員のあるべき姿勢,3.有能な公務員になるための自己管理計画,4.市民の立場で見た公職社会の姿,5.現在最も急がれる解決すべき社会的課題。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-07 06:40 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 06日
鴨川の鳥
d0006690_863010.jpg仕事で週に1度京都に行きます。京阪電車の出町柳駅からバスに乗り換えますが,帰りに,そのときの思いつきで鴨川の堤防を歩くことがあります。

風の冷たさをヒシヒシと感じる季節になりましたが,川に鳥を見かけることがあります。たいていは動かないでじっとしており,突然に飛び立ってしまうことが多いのですが,時には,えさでもさがしているのでしょうか,動いてくれるとしばらく見ていたくなります。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-06 08:21 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 05日
「春夏秋冬そして春」
昨日は終日雨でした。それでとりダメしていたビデオを見ました。見たのは韓国の2大映画賞(?)である青龍賞と大鐘賞を受賞した「春夏秋冬そして春」(2004年日本公開)です。

この映画はいわゆる韓流ドラマ・映画と違って仏教映画です。ストーリーは,湖上に浮かぶお寺を舞台に一人の人間の煩悩とその解脱そして人間の輪廻を淡々と描いたものでした。映像の美しさもあって結構満足しました。

韓国の仏教映画を見るのは,「曼陀羅」,「波羅羯諦」,「達磨はなぜ東に行ったか」についでこれで4本目です。いずれも人間の煩悩と解脱あるいは救いを描いたものですが,こうしたジャンルの映画は日本ではその例があまりないように思います。

これは日本仏教と韓国仏教の存在の違いによるものかも知れません。ソウル市内の曹渓寺は例外のひとつですが,韓国の寺院の多くは山中にあります。そうした山奥のお寺でも五体投地をしながら長時間祈っている信徒を多く見かけますが,そのたびに韓国仏教は生きている,と実感します。

ちなみに,旧暦の4月8日の釈迦の誕生日は,韓国では祝日(公休日)になっています。12月25日のクリスマスも祝日です。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-05 08:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 04日
秋の名残り
d0006690_7323254.jpg先日といってももう1ヶ月以上も前のことです。カマキリを見ました。とても懐かしい気がしました。カマキリも懐かしかったのですが,日常生活の中でセミ以外に虫を見ることが久しくなかったからです。

子どもの頃はそうではありませんでした。秋には赤トンボの群れを庭で見るのは普通でした。道ばたにはバッタやイナゴもたくさん見かけました。夜にはウマオイも捕らえました。

名古屋市内とはいえ,周囲が田んぼであった子どもの頃と違って,マンション暮らしのせいかもしれません。自宅と職場の往復が田園風景と無縁であったからかも知れません。あるいは,虫の生息の環境が著しく変化したからなのでしょうか。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-04 07:48 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 03日
御堂筋のイチョウ並木
d0006690_7111666.jpg先日,御堂筋をキタからミナミまで歩くことがありました。いつもは地下鉄の利用ですから歩くなんて本当に久しぶりのことです。

疲れましたが,結果として黄葉真っ盛りの御堂筋のイチョウ並木を堪能することができました。特にキタのほうは見応えがありました。

この時期に1週間とはいわないが土・日だけでも,御堂筋を車両通行禁止にして,御堂筋フェスティバル(御堂筋イチョウ祭り)をやったらすごい人出だろうなと思いました。車両全面通行禁止が無理でも,側道(写真の右半分)だけなら通行禁止は可能ではないかとも思いました。

こんなことを考えたのは,清渓川の復元,市の中心部のロータリーを取り除いてつくった市庁前や南大門前の芝の広場といったソウルでの強いインパクトからかも知れません。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-03 07:39 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 02日
またしくじった
昨日気がついたのですが,11月23日の「国家的行事・韓国の大学修学能力試験」の記事が失敗でした。失敗の内容は,11月26日の「韓国の高校の第2外国語と日本語」を書くための参考資料が混ざってしまっており,11月23日の記事は,やたらに長く,しかも意味不明の文になっていました。

それで,昨日11月23日の記事を修正しましたが,なぜそうなったのか分かりません。しくじりはこれで3度目です。最初は,6月20日に前日の記事を誤って削除してしまいました。2度目は,月日は忘れましたが,一つの記事を重複してアップしてしばらく気づかないでいました。

3月19日にブログをはじめてからきょうまでの記事数は158件。しくじりが3件とは少しいやになりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-02 04:48 | つれづれに | Trackback | Comments(0)