2006年 02月 23日
民主党,無惨
自民党の武部幹事長に関わる「疑惑メール」問題については,予算委員会でこれを持ち出した民主党の永田議員がきょう,辞意(辞職?)を党執行部に伝えたことで,ニセメールであったことが確定したようです。

これにより,一転して民主党は窮地に立つことになりました。永田議員の辞職なり,ニセメールをもとに自民党を追求してきた民主党の前原代表の責任が焦点になってきました。しかし,私にはきょうの窮地以前に民主党の痛々しさを感じざるを得ませんでした。

昨日の党首討論で,前原代表は「国政調査権の発動に同意するなら金融機関の特定と口座番号を明らかにする」として小泉首相に迫りましたが,小泉首相は「口座番号が明らかにされれば,それだけで解決する,国政調査権など発動の必要はない」と拒否します。

前原代表は「国政調査権の発動が保障されないまま,口座番号を明らかにすると握りつぶされてしまう,そうすれば(民主党は)カードを失う」と述べました。私が痛々しさ,無惨と感じるのはこの一点です。

前原代表はかつて若手議員によるディベート大会で優勝したこともある議論の名手と聞いていました。「カードを失う」から口座番号を明らかにできない,というのは議論ではありません。私には泣き言に聞こえました。この場合,「握りつぶされる」ことを前提に議論は立論されるべきです。

無惨といえば,「お金で魂を売っている」と武部幹事長を非難した永田議員の2度目の質問時での「どうすればわかってもらえるのですか」との小泉首相への問いは,知性を疑わせるほどの泣き言でした。

泣き言をもって政権党を追求する野党に,私にはメールの真偽問題以前に「無惨」と呟やかずにはいられませんでした。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-23 19:01 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(1)
2006年 02月 22日
春の訪れを告知してくれるもの
d0006690_20174496.jpgベランダに出るガラス戸からの部屋に差し込む日差しがめっきり短くなりました。80センチくらいになりました。

私の住んでいる部屋のベランダの奥行きは1.5メートルあります。つまりそれだけ庇が長いということになります。それでも1月の初めには,1メートル以上も陽光が部屋に入り込みます。

きようは,とても暖かで暖かな日でした。奈良の午後3時の気温は17度だつたそうです。明日,明後日は気温は低くなりそうです。

それでも部屋に入り込む陽光の長さは,春の訪れを告知してくれるかのようです。近くの公園の梅の開花も8つになりました。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-22 20:22 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 21日
ぺ・ヨンジュンのサイン入り口紅,114万本
朝鮮日報など,複数の韓国紙によると,日本の「産経スポーツ」の記事を引用して,ぺ・ヨンジュンのサイン入りの口紅が日本で114万本販売されたと伝えています(以下は朝鮮日報)。

日本の化粧品会社エイボン・プロダクツが,昨年10月1日からペ・ヨンジュンのサインを刻んだ口紅を販売し,1個につき70円(韓国ウォン約700ウォン)の寄付金を募金したところ,今月20日現在で8000万円の基金が集まった,とサンケイスポーツが21日報じた。

米国の化粧品会社エイボンの子会社であるエイボン・プロダクツは,乳がん早期発見運動の一環として「乳がんにさよならキャンペーン」を実施。集まった基金は日本対がん協会に寄付する予定だ。

同紙は「女性を乳がんから守るという意味のキャンペーンに参加できてうれしく思います。これからも“家族”の皆様が,美しく健康で暮らせるようにキャンペーンを続けていく予定です」とペ・ヨンジュンのメッセージを紹介した。

8,000万円÷70円≒114万ですから,ペ・ヨンジュンのサイン入りの口紅が114万本売れたことになります。私の知人は「4月の雪」を10回見に行ったといっていました。ペ・ヨンジュンブームが依然として根強いことを知らされます。

100人の駐日韓国大使の外交活動よりも,1人のペ・ヨンジュンの活動がより大きな成果をあげている,といわれる所以です。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-21 23:30 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 20日
カーリングを追いかける
15日,16日にカーリングを見た後,深夜に放送されたスウェーデン戦を除いて,カナダ戦,イギリス戦,イタリア戦と3試合を見ることになりました。日本代表は,「チーム青森」というそうで,これについては
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/025.html
で詳しく紹介されています。

きょうのイタリア戦の後,主将の小野寺選手がカメラに向かって「青森のみなさん,勝ちました」と嬉しそうに微笑んでいたのが印象的でした。しかし,チームの全員は北海道出身で,小野寺選手とサブリーダーの林選手は常呂(ところ)町の出身です。

常呂町で結成されたカーリングチーム「シムソンズ」は前回のソルトレイク大会に出場していますが,大会後解散します。「シムソンズ」のメンバーだつた小野寺,林の両選手を中心に青森で結成されたのが,「チーム青森」です。

きょう現在,「チーム青森」は4勝4敗の5位で,決勝トーナメント(上位4チーム)に進出するためには,明日のスイス戦(現在3位)に勝つこと,同時に現在4位のカナダが8位のデンマーク戦に負けるという条件が必要です。この場合でも4敗のチームのプレーオフということになります。

「チーム青森」の決勝トーナメント進出は難しそうですが,明日もまたカーリングを見ることになります。冬季オリンピックには10チームしか出場できませんから,この機会を逃したら,もうテレビでカーリングを見ることはないかもしれません。

なお,先の「シムソンズ」については,映画化され,この18日から全国公開されています。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-20 23:30 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 19日
開花した公園の梅
d0006690_13292718.jpgきょうは雨水(うすい)です。この日は,古来,「空から降るものが雪から雨に変わり,雪が溶け始めるころ。昔から農耕の準備を始める目安とされてきた」そうです。

とはいえ,空は一面に雲におおわれて肌寒く,私の市の最高気温は6度の予報です。けれども春です。

近くの公園で,最初の開花を見つけました。本当の開花は明日か明後日でしょうが,雨水の日に見ることができました。

暦と実際が重なるのは,季節の如何を問わず,何となく嬉しくなります。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-19 13:34 | 花の手帳 | Trackback | Comments(3)
2006年 02月 18日
光と影がつくりだす空間
17日,午後6時からソウル市の光化門前の市民広場で,「米と映画を守るキャンドル文化祭」が開催されました。この集会はスクリーンクォーター制の縮小に反対し,有名映画俳優による1人デモをリレーしてきた「スクリーンクォーター制を守る映画人対策委員会」によって運動をより拡大するために企画されたものだそうです。

集会は,著名な歌手のコンサートやスクリーンクォーター縮小をもじったコントなども行われ,厳寒にもかかわらず2000人余を集めて盛況だったそうです。スクリーンクォーター制の維持について,ある世論調査では6割以上の賛成があるようですが,新聞の論調は批判的です。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も16日,「人間でも幼い子どもは保護されるが,大人になったら独立するではないか」,「韓国映画が今どのレベルかを自ら判断する時期が来た」と,米韓の自由貿易交渉(FTA)の進展を促しています。

ところで,夜間の街頭集会,デモに「ロウソク」が登場するようになったのはいつの頃なのでしょうか。 韓国ではキャンドル・デモや集会は頻繁に行われているようです。韓国に限らず,ロウソクだけでなくペンライトの利用もよく見られる光景です。

「夜の闇と光」のつくりだす幻想的な空間は,古くはギリシア劇の上演にも効果的だったようです。ナチスドイツの政治集会でも「光と影」は利用されました。これはワーグナーの音楽入りだったようです。

日本でも,12月のイルミネーションはすっかり各地の風物詩になりましたが,夜の闇と光の空間に揺すられる人の心,解き明かすことは簡単ではないようです。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-18 23:30 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 17日
「北朝鮮の美女応援団21名,政治収容所に収監」?
17日の朝鮮日報は,最近中国に脱出した脱北者の話として,韓国で行われた国際スポーツ大会の際,韓国に派遣された北朝鮮のいわゆる「美女応援団」の一部が,収容所に収監されていたことが明らかになった,報じています。

以下は同紙による脱北者の話です。
「昨年11月頃,テフン収容所に21人の若い女性が収容された」とし,「後で,それらの女性が全員南朝鮮を応援団として訪問した女性だと知った」

「当時,現地で聞いた話によると,その女性たちは南朝鮮で目にしたすべてを一切漏らさないという誓約を破ったようだ」と述べた。この脱北者は,「好奇心の多い若い女性が,南朝鮮で目にしたものを他人に漏らさないでいるのは難しかっただろう」と述べた。

また,別のの脱北者の話として,以下のように報じています。
「美女応援団は,出身成分のよい大学生や宣伝隊,音楽大学の学生からなる」とし,「この女性たちは,南朝鮮に向けて出発する前,国家安全保衛部に誓約をしなければならない」とし,その内容は,「敵地(南朝鮮を敵の地域と呼ぶ)に行けば,将軍さまの戦士らしく戦う」「帰国して南朝鮮で目にしたすべてを一切漏らさない」「これに違反すれば,どんな処罰も甘受する」 などだという。

北朝鮮は2002年9月の釜山アジア大会,2003年8月の大邱ユニバーシアード大会,2005年9月の仁川アジア陸上選手権大会に美女応援団を派遣してきました。

朝鮮日報の記事の真偽については「脱北者」の話という以上のものではありませんが,もし事実なら,昨年の9月5日に書いたようにこの「『美女応援団』は北朝鮮という国家が政治目的をもって選抜・組織し,国家の指令で行動する『宣伝隊』」としての任務を最後のところでぬかったということでしょうか。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-17 15:42 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 16日
カーリングっておもしろそう
トリノ冬季オリンピックでは,日本勢の不振が続いています。不振と言うよりも,メダル獲得がゼロであることへのいらだちがテレビから伝わってきます。私は,国別メダル獲得数にはほとんど関心がありませんから,これまでのように個別の競技を私なりに楽しむことにしています。

昨夜ときょう,2日続きでカーリング競技を見ました。私はカーリングについてこれまで何も知りませんでした。むしろ,これまでの私の身近なところでの話題としては,カーリングは半ばからかいの対象であったように思います。

昨日,偶然にカーリングを見て,面白いと思いました。札幌カーリング協会のホームページ(日本カーリング協会のそれよりも充実しています)でストーンの動きについて詳しく紹介されていますが,もとよりすぐには熟達できません。

きょうのデンマーク戦が楽しみでした。「氷上のチェス」と言われるそうですが,駆け引きはなかなかのものです。その上,私ならどうしようかと,ゲームに参加とまでは行きませんが,かなり関わることができたような気分になります。

多くの競技がスピードと距離と美しさが競われるの中で,カーリングだけが異色のように思われます。トリノ五輪はカーリングを追いかけることになりそうです。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-16 11:31 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 15日
童謡の謎・雨降りお月さん
「戦後に改作された童謡」の延長で,「本当は戦争の歌だった 童謡の謎」(合田道人著)を読んでみました。その中で「惜別の歌」の項が印象的でした。1番は以下のとおりです。

遠き別れに たえかねて
この高殿に 登るかな
悲しむなかれ 我が友よ
旅の衣を ととのえよ

送別会などで,時々歌われる歌です。私の好きな歌の一つですが,この歌の「別れ」がどのような別れなのか考えたことがありませんでした。この歌は,学徒動員で戦地へ赴く仲間への惜別の情として作曲されたものだそうです。

詩が島崎藤村のものであることは知っていました。しかし,彼の詩集「若菜集」とは3行目が違っています。3行目は「若菜集」では次ぎのようになっているそうです。

かなしむなかれ わがあねよ

島崎藤村の詩は8連からなっていて,それは嫁ぐ姉とそれを送る妹の心情を交互に綴ったものだそうです。「惜別の歌」の3番が「君がさやけき 瞳(め)のいろも 君紅の 唇も 君が緑の 黒髪も…」の意味がそれでわかりました。

ところで,「嫁ぐ」といえば,私には不思議にとしかいいようのない童謡があります。それは「雨降りお月さん」です。

雨降りお月さん 雲の影
お嫁に行くときゃ 誰と行く
ひとりでからかさ さして行く
からかさないときゃ 誰と行く
しゃらしゃらしゃんしゃん 鈴付けた
お馬に揺られて 濡れていく

なぜ,1人で唐傘さしていくのでしょうか。それが叶わなければ,濡れていくのはなぜでしょうか。私にはとても哀しい歌のように思われます。これを歌う子どもたちは,どのような風景を描くのでしょうか,昔からの疑問です。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-15 23:38 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 14日
常備品としてのチョコレート
チョコレートをいつの頃から好むようになりました。夏の暑い日に帰宅すると,まずよく冷えたチョコレートをカリッと噛んでビールを一口,それから夕食の準備,そんな毎日でした。ですから,今でも冷蔵庫の中にはいつもチョコレートがあります。

学生時代には,「明治マーブルチョコレート」が好きだったように思います。30代の頃は,ピーナッツの入った「不二家ハートチョコレート」になりました。それから,次第にビターを好むようになり,一番のお気に入りはロッテの「V.I.Pビター」でした。

売れ行きとの関係でしょうか,私のお気に入りはしばらくすると店頭から消えてしまいます。「V.I.Pビター」→「カカオ70」→「チョコレート効果」→「Venezuelr Bitter」→「noir」と変わりました。

日本チョコレート・ココア協会の統計では,この10年でみると,2000年の年間消費額4,667億円をピークに年々微減していますが,04年は4,406億円です。うち,バレンタインシーズンの推定販売額は年間消費量の11.5%前後で,ざっと520億円前後です。

「バレンタインデーとチョコレート」の起源には諸説があのようですが,その一つに,1958年2月に「メリーチョコレート会社」が,新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出しのが始まりというのがあります。 ちなみに,この時の3日間の売上は170円だったそうです。

2005年の国内売り上げの最高は,阪急うめだ本店の6億4千万だそうです。今年は義理チョコとも無縁となりましたが,寝酒のウィスキーのあてに冷蔵庫からチョコレートを取り出すことにしました。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-14 23:30 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 13日
もうすぐ春です
d0006690_19242616.jpgきょうはとても暖かな1日でした。雲一つない青空が終日続き,気温も12度近くまであがり,そのうえ風もありませんでした。3月中旬の気候だそうです。

自転車でも手袋は必要ありませんでした。明日は夕方以降は雨模様だそうですが,気温は15度を超えるという予想です。週末は冷えるとのことですから,まさしく三寒四温です。

公園の梅のつぼみも一段と緩み,来週には開花しそうです。いよいよ春の到来です。そして,私のバイオリズムはこれから少しずつ下降線をたどることになります。

昨年までは勤務に後押しされて,なんとかバイオリズムの下降線をクリアしてきましたが,今年はリタイア後の最初の下降線です。私を後押しする何かを見つけなくてはという思いと,下降線にはそれなりの楽しみがあるかもしれないという期待とが交差します。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-13 19:27 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 12日
無理に無理を重ねた祝日
昨日は「建国記念の日」でした。「記念日」ではなく「記念の日」であるのは,1966年6月の制定時に,「戦前の紀元節の復活」との批判をかわすためために,建国の「史実」ではなく「事実」を祝うとしたためでした。

それでも,月日を法律では特定できず,「日程は政令で別途定める」とされました。政府は学識経験者等からなる「建国記念日審議会」をもうけ,12月8日に「2月11日が相応」との答申をうけ,翌9日に政令を公布,同日施行となりました。

こうして「建国記念の日」は制定されましたが,制定促進派の願った「紀元節」とはならず,「国民の祝日に関する法律」の中で,「政令で定める日」として唯一月日が特定されていない祝日となりました。

戦前の「紀元節」は神武天皇の即位を祝うものでした。日本書紀によれば,神武天皇の即位は「辛酉年春正月庚辰朔」とあり,旧暦1月1日となります。そこで政府は1872年(明治5年),太政官布告342号で旧暦1月1日を神武天皇即位の日,紀元としました。

しかし,明治政府は翌年から新暦(太陽暦)への改暦を予定していたため,旧暦1月1日に当たる新暦1873年1月29日を神武天皇即位の日と定め,例年祭典を行うこととしました。そして新暦1月29日に祭典を行った後,これを「紀元節」と名付けました。

ところが,新暦になじめない国民の間では,政府が旧正月に当たる日を紀元節として祝ったため,慣れ親しんだ旧正月こそが正しい正月だという解釈が広く行われるようになってしまいます。つまり,旧正月に「紀元節」が吸収されてしまいました。

この国民の反応を見て,これでは新設の「紀元節」が吹っ飛び,しかも国民が新暦を使わなくなるとの危機感を持った政府は,神武天皇即位の日を無理矢理に新暦に換算します。文部省天文局が新暦2月11日という日付を算出し,この日を紀元節として固定しました。

「紀元節」も「建国記念の日」も無理に無理を重ねた祝日というわけです。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-12 23:01 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 11日
唐辛子入りチョコレート
トリノの冬季オリンピック関連番組を見ていたら,「唐辛子入りチョコレート」がオリンピックグッズとして紹介されていました。粉砂糖をまぶした3センチくらいの球形のチョコレートで中に唐辛子が入っているというものです。

レポーターの説明によると,チョコレートの美味しさを楽しんでいると最後になって突然,ビリっと唐辛子の辛さがやってくると言うことでした。形は違いますが,唐辛子入りチョコレートは2年前に食べたことがあります。

韓国の仁川空港の土産物店で「新製品です」と勧められました。サンプルをつまんでみたら,チョコレートとしての味はまあまあでした。韓国のおみやげとしては,洒落になりそうでしたから,それからは韓国土産として何人かに配ったりしました。

唐辛子入りチョコレートをおもしろがってくれた人とそうでない人とに分かれましたが,テレビを見ていて,私はイタリア料理については何も知りませんが,ニンニクと唐辛子が韓国料理との共通項かな,なんて勝手に考えてみたりしました。

私はピザやある種のスパゲティにはたくさんタバスコをかけますが,多分,イタリア料理も大半は韓国料理と同じようにニンニクや唐辛子を使わないんじゃないかなと思っています。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-11 19:21 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 10日
空がきれいでした
d0006690_15451512.jpgきょうは久しぶりの好天でした。風は結構あり,自転車での向かい風はすこし大変でしたが,それでも気分の良い時間を過ごすことができました。

空の雲も久しぶりにきれいに見えました。しばらくは好天が続きそうです。「雨水」が19日ですから,春はすぐそこまで来ているような感じです。

1日1回,買い物に出る以外は4日も部屋に閉じこもっていましたから,きょうはなんとなく嬉しい1日で終わりそうです。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-10 15:57 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 09日
皇室典範の改正される方向
秋篠宮妃の妊娠によって,男系,女系をめぐる皇室典範改正問題は一時棚上げ状態になりつつあります。私にとって,皇室典範改正問題への関心は,憲法との整合性だけであって,天皇が男系であろうと女系であろうと,そのことへの関心はありません。

ましてや「女系天皇は日本の文化的伝統にそぐわない…」という発言は,私には無知によるものでなければ,政治的プロパガンダのように思われます。現在の天皇家が第26代継体天皇にまで遡ることができることについては史学者とともに私には異論はありません。

しかし,日本の民衆の精神が天皇の存在と不可分になったのは,天皇の神格性とその権威の確立につとめた明治以降の百年余のことでしかありません。明治以前の民衆にとって,その生活の中では天皇は存在すらしていなかったと考えていいようです。

天皇の存在を意識した源頼朝以降の武家政権にとっても,次第にその権威は薄れ,徳川政権に至っては,「禁中並びに公家諸法度」にみられるように天皇家は支配の対象でした。

憲法と皇室典範の整合性とは,憲法の13条「すべて国民は個人として尊重される」と14条「法の下の平等」の原則および民法の相続の原則にしたがって皇室典範を改正することです。この意味で,その眼目は違いますが,有識者会議の結論に私は異論はありません。

また,その名称も国会の議決した法として「皇室法」と改めることです。明治憲法の発布にあたっての「告文」(神に申し上げる言葉を記した文書)では,「皇室典範及ビ憲法ヲ制定ス」とされています。私には,皇室典範とは,憲法下の議会の立法作用の及ばない天皇家の家内法としての名称のように思われます。
[PR]

# by gakis-room | 2006-02-09 08:11 | つれづれに | Trackback | Comments(0)