2005年 12月 11日
日野原重明氏と12月8日
土曜日の朝日新聞に「be on Saturday」という付録が付いてきます。b-usiness とe-ntertainment の2部構成ですが,その後者に日野原重明氏が10日に「開戦日を風化させるな」として12月8日について書いています。

日野原氏については,94歳だそうですが,それ以外には東京の聖路加病院の名誉院長で末期医療についての著作があること,「よど号ハイジャック事件」の時に乗客であったこと以外には知りません。日野原氏は次のように書き始めます。

「8月15日は,日本が米国に無条件降伏した日として,多くの国民に記憶されています。しかし,太平洋戦争が開戦した12月8日については,いつ,どのようなきっかけで起こったかを正確に語れる人が,年々少なくなっていると思います」

日米開戦のいきさつと自身の戦争体験にふれた後,以下のように結んでいます。
「日米関係の破綻と不幸な戦争が始まった12月8日を日本人はもっと深刻に受け止めるべきです。同時に平和憲法に従って世界平和の先頭を切って行動するという約束を,どう実践してきたか,厳しく反省すべきだと私は思うのです」

きょうは,軽い二日酔いもあって,終日だらだらしていました。新聞を眺めながら,私と同じようなことを考えている人に出会って,少し嬉しくなりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-11 22:24 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 09日
冬です
秋も終わり,冬になりました。一昨日には奈良市内でも初雪がありました。平年より24日も早いとのことです。

奈良の一昨日の最高気温は10.8℃,最低気温は−0.6℃でした。昨日は最高気温が10.0℃,最低気温がちょうど0.0℃でいずれも平年より2〜3度低く,特に昨日は風もあって,外を歩いていても寒さが体内にしみ込むみたいでした。

これからの1週間の予報では,最高気温が8℃を超える日はないみたいですから,いよいよ冬の到来です。灯油代も昨年より18リットルで200円以上値上がりしています。しかし,平年より寒いと聞くと,地球温暖化の一時停止みたいな気になって変に安心してしまったりします。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-09 10:16 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 08日
12月8日と新聞
64年前のきょう,真珠湾奇襲によって日米開戦が始まりました。昨夜,先週の前編に続いてNHKの「その時歴史が動いた・真珠湾への道・後編」を見ました。私にとって特に目新しいことはありませんでしたが,2週続けて見ながら,12月8日と8月15日とは何故こんなにも違うのだろうかと思いました。

8月15日については,テレビ,新聞では大抵はいくつかの特集があるのに,12月8日についてはいたって静かなよう思われます。テレビは番組欄で見る限り何もないようです。それで,読売,朝日,毎日,産経の4紙の今朝の朝刊を見てみました。

読売は「戦時下の『生』と『死』,すべてを語る『筆』」という特集を組んでいました。1941年から1945年までの著名人の日記の紹介です。結構おもしろく読みました。扱いは28面と29面の見開きです。他に12月8日に関するものはありませんでした。

朝日は「天声人語」と「社説」で触れていましたが,それ以外は12月8日に関するものはありませんでした。社説の中で紹介されているシンガポールのリー・クアンユー元首相の言葉が印象的でした。彼は回顧録の中で次のように言っています。

「占領時代のつらい体験を持ち,日本人の特質に潜む恐ろしい一面を知りながら,それでもいま私は日本人を立派だと思う。日本人の持つ集団の結束力や規律正しさ,知性,勤勉さ。それらの全てが日本の力のもとになっている」

ここで彼が賞賛している日本人の特質がどの方向で発揮されるかが問題です。その一つの方向が15年戦争でもあったわけですから。

毎日と産経には何もありませんでした。ただ,毎日の25面の地域ニュースの中央に大きく,「やまと歌壇選者」の「三七二一柱 戦艦大和 もろ共に 沈みし霊 祀る祖霊社」という歌が掲載されていたのは意図的だったんでしょうか。

8月15日は被害者としての戦争の記憶なのかも知れないと思いました。とすれば,12月8日は加害者としての戦争の記憶のひとつとして,繰り返し繰り返し特集されるべきのように思いました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-08 08:46 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 07日
ソウルの試み・採用試験に英会話を導入
ソウル市では今年から,「英会話ができなければ、ソウル市の職員になろうとは夢にも思わないでください」と,市の行政職採用試験に初めて英語による面接を取り入れたそうです。

6日の朝鮮日報によると,筆記試験合格者に対して3週間前に公示された英語面接の5つのテーマから1つのテーマを与えて,受験生が2分ほどで自分の考えを英語で発表し,その後簡単な補充質問と応答が続く,というものです。

英語による面接試験について,ソウル市の担当者は「外国と事業の妥当性を論議して契約を推進するなど,英語駆使能力を必要とする業務が増えている」とし,「採用競争がとても熾烈なので、他の点数が同じならば、英語面接が当落を左右する」としています。

読み書きはともかくも,会話が苦手とされる日本の大学生がこれについてどのように考えるか,興味深いところです。

なお,あらかじめ公示された5つのテーマは以下の通りです。1.公務員に魅力を感じる理由,2.ソウル市の公務員のあるべき姿勢,3.有能な公務員になるための自己管理計画,4.市民の立場で見た公職社会の姿,5.現在最も急がれる解決すべき社会的課題。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-07 06:40 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 06日
鴨川の鳥
d0006690_863010.jpg仕事で週に1度京都に行きます。京阪電車の出町柳駅からバスに乗り換えますが,帰りに,そのときの思いつきで鴨川の堤防を歩くことがあります。

風の冷たさをヒシヒシと感じる季節になりましたが,川に鳥を見かけることがあります。たいていは動かないでじっとしており,突然に飛び立ってしまうことが多いのですが,時には,えさでもさがしているのでしょうか,動いてくれるとしばらく見ていたくなります。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-06 08:21 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 05日
「春夏秋冬そして春」
昨日は終日雨でした。それでとりダメしていたビデオを見ました。見たのは韓国の2大映画賞(?)である青龍賞と大鐘賞を受賞した「春夏秋冬そして春」(2004年日本公開)です。

この映画はいわゆる韓流ドラマ・映画と違って仏教映画です。ストーリーは,湖上に浮かぶお寺を舞台に一人の人間の煩悩とその解脱そして人間の輪廻を淡々と描いたものでした。映像の美しさもあって結構満足しました。

韓国の仏教映画を見るのは,「曼陀羅」,「波羅羯諦」,「達磨はなぜ東に行ったか」についでこれで4本目です。いずれも人間の煩悩と解脱あるいは救いを描いたものですが,こうしたジャンルの映画は日本ではその例があまりないように思います。

これは日本仏教と韓国仏教の存在の違いによるものかも知れません。ソウル市内の曹渓寺は例外のひとつですが,韓国の寺院の多くは山中にあります。そうした山奥のお寺でも五体投地をしながら長時間祈っている信徒を多く見かけますが,そのたびに韓国仏教は生きている,と実感します。

ちなみに,旧暦の4月8日の釈迦の誕生日は,韓国では祝日(公休日)になっています。12月25日のクリスマスも祝日です。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-05 08:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 04日
秋の名残り
d0006690_7323254.jpg先日といってももう1ヶ月以上も前のことです。カマキリを見ました。とても懐かしい気がしました。カマキリも懐かしかったのですが,日常生活の中でセミ以外に虫を見ることが久しくなかったからです。

子どもの頃はそうではありませんでした。秋には赤トンボの群れを庭で見るのは普通でした。道ばたにはバッタやイナゴもたくさん見かけました。夜にはウマオイも捕らえました。

名古屋市内とはいえ,周囲が田んぼであった子どもの頃と違って,マンション暮らしのせいかもしれません。自宅と職場の往復が田園風景と無縁であったからかも知れません。あるいは,虫の生息の環境が著しく変化したからなのでしょうか。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-04 07:48 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 03日
御堂筋のイチョウ並木
d0006690_7111666.jpg先日,御堂筋をキタからミナミまで歩くことがありました。いつもは地下鉄の利用ですから歩くなんて本当に久しぶりのことです。

疲れましたが,結果として黄葉真っ盛りの御堂筋のイチョウ並木を堪能することができました。特にキタのほうは見応えがありました。

この時期に1週間とはいわないが土・日だけでも,御堂筋を車両通行禁止にして,御堂筋フェスティバル(御堂筋イチョウ祭り)をやったらすごい人出だろうなと思いました。車両全面通行禁止が無理でも,側道(写真の右半分)だけなら通行禁止は可能ではないかとも思いました。

こんなことを考えたのは,清渓川の復元,市の中心部のロータリーを取り除いてつくった市庁前や南大門前の芝の広場といったソウルでの強いインパクトからかも知れません。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-03 07:39 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 02日
またしくじった
昨日気がついたのですが,11月23日の「国家的行事・韓国の大学修学能力試験」の記事が失敗でした。失敗の内容は,11月26日の「韓国の高校の第2外国語と日本語」を書くための参考資料が混ざってしまっており,11月23日の記事は,やたらに長く,しかも意味不明の文になっていました。

それで,昨日11月23日の記事を修正しましたが,なぜそうなったのか分かりません。しくじりはこれで3度目です。最初は,6月20日に前日の記事を誤って削除してしまいました。2度目は,月日は忘れましたが,一つの記事を重複してアップしてしばらく気づかないでいました。

3月19日にブログをはじめてからきょうまでの記事数は158件。しくじりが3件とは少しいやになりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-02 04:48 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 01日
「割り勘」用クレジットカードの登場
韓国社会には割り勘はなく,日本風の割り勘はケチくさいことこの上なく,いつも1人が支払うと聞いてきました。支払うのは大抵は年長者,同年代同士の場合は誘った者かあるいは当日一番金持ちだと自負している者だということです。ですから,会社によっては「体面維持費」なる手当があると聞いたこともあります。

しかし,11月30日の中央日報(日本語版)によると,このほど忘年会などで料金を複数の人が分けて支払う「割り勘」用クレジットカードが登場したそうです。「ナヌミサービス」と名付けられたこのサービスを始めたカード会社は,この方法を発明特許として出願し,登録を終えました。

方法は,あらかじめ代表決済予定者がこのカード会社のホームページに入り,「ナヌミサービス」を申請します。続いて分担予定者の名前・携帯電話番号・分担金を入力します。 申請が終われば,カード会社側が分担予定者らに携帯電話文字メッセージなどで分担金額と認証番号を送ります。

連絡を受けた分担予定者は,各自にこのカード会社のホームページで認証番号を入力し,インターネット電子商取引システムの安全決済サービス(ISP)を利用して入金すれば,「割り勘」の手続きがが完了し,分担金は翌月,カード使用代金とともに請求されるということです。

なんともまあ,複雑な決済方法ですが,体面を重んじる韓国社会でこのサービスは定着するのでしょうか,興味深いことです。もし,ある程度定着するようであれば,これはまさしく「文化革命」というそうです。
[PR]

# by gakis-room | 2005-12-01 08:18 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 28日
きょうの午後,紅葉狩りに行ってきました
d0006690_1973196.jpgきょうは11月の末とは思えない暖かさでした。風が少しありましたが,寒いと言うよりもむしろ心地良さを感じました。それで思いたって午後から京都の真如堂へ紅葉狩りに行きました。

真如堂へのバスは満員でしたが,真如堂の二つ前の南禅寺・永観堂で乗客のほとんどが降りましたから,私の目論見は当ったと思いました。境内へは裏道から入りましたが途中で出会う人もほとんどいませんでした。しかも,11月の最後の日曜日も昨日終わっています。
d0006690_1983615.jpgしかし,境内では大型バスの団体客こそいませんでしたが,それなりの人出でした。来年は朝早く,そう,9時頃に来て景色を独り占めしようなんて邪なことを考えながら,それでも2時間近くを楽しみました。

今週の後半には京都植物園行くつもりです。
[PR]

# by gakis-room | 2005-11-28 19:31 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 27日
好きです,千葉ロッテファン
今朝のサンデーモーニングのスポーツコーナーで千葉ロッテの優勝パレードの紹介がありました。優勝パレードは今月20日に千葉市の中心部と球場周辺の2カ所で行われたようですが,テレビでは市街地の場面だけの映像でした。

映像では,パレードする選手たちにビルから大量の紙吹雪がふりそそがれていました。紙吹雪による祝福は,アメリカのプロ野球ではよく見ますが,日本では珍しいように思います。

画面を見ながら私はこの季節の落ち葉を連想して,この後の掃除が大変だろうな,なんて思っていました。

しかし,さすがは千葉ロッテファンです。パレードの後に紙吹雪の掃除を始めました。テレビの映像ではほんの数秒でしたから,どの程度の清掃状況であったかは分かりませんが,ますます千葉ロッテファンを好きになりました。
[PR]

# by gakis-room | 2005-11-27 13:18 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 26日
韓国の高校の第2外国語と日本語
23日の大学修学能力試験は,言語(韓国語つまりは国語),外国語(英語),理数,および第2外国語・漢文の5分野を対象行われました。

日本で第2外国語を課している高校はそれほど多くないように思います。むしろ例外に近いのかも知れません。しかし,韓国の大学修学能力試験で第2外国語・漢文が試験科目になっていることに驚きました。

韓国では1997年12月に公布された第7次教育課程(中学校では2001年から,高校では2002年から施行)よって,高校における第2外国語(日,中,独,仏,西,露,アラビア)は2年次からの履修で,1クラスあたりの生徒数も最大35名とされています。

日本の文部科学省にあたる教育人的資源部の「2003年度韓国教育統計年報」によると韓国の高校での日本語履修は以下のようになっています。

2003年に日本語を選択した高校生は、約56万人。この数は、韓国の全高校生の32%であり,第2外国語を履修した生徒数全体の63%に達しています。第2外国語の履修は2年次からですが,履修形態は学校によって異なり,履修年次については2年次のみの例も2〜3年次の例もあり、また履修時間数についても週2コマまたは3コマと差異があります。

また,中学校でも2002年度から,校長の裁量で科目設置を決定できる裁量授業が始められており,裁量授業には,環境,漢文,コンピュータ,生活外国語(仏・独・西・日・中・露・アラビア)があります。2003年度の生活外国語全体の履修者数は約20万人で前年度の2倍強になっているそうです。生活外国語担当の教員のうち日本語教員の割合が約50%だそうですから,中学での日本語の履修者数は10万人前後と思われます。

韓国の教育熱は親の上昇志向だけではないようです。
[PR]

# by gakis-room | 2005-11-26 11:10 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 25日
皇室典範の改正は国民投票で
24日,「皇室典範に関する有識者会議」の報告書が小泉首相に提出されました。内容の中心は皇位の継承について,現行の男系男子から第1子優先とするものです。小泉首相はこれを受けて来年の通常国会に皇室典範改正案を提出したいとしています。

報告書は「歴史観,国家観,哲学を入れさせない」で純粋に皇室を安定的維持するルール作りだけを考えた結果ということです。象徴制を含めて天皇制が必要であるかどうかの議論はさておくとしても,私はこれについて二つの感想を持ちました。

一つは「皇室典範」という名称をまず変えるべきだと思いました。皇室典範は大日本帝国憲法が発布されたときに同時に作られたものですが,これは公法ではなく,主権者である天皇家の私法であり,議会,国民の関与すべきものではないとされました。

旧皇室典範は現憲法が施行される前日の1947年5月2日に廃止され,現憲法のもとでの新皇室典範は国民主権の原則から国会の議決事項になりましたが,名称は戦前をそのまま引きずって「皇室典範」が残されました。私見では「皇室法」であるべきのように思われます。

天皇主権を引きずっているものとしては,文化の日(天長節→明治節=明治天皇の誕生日)や勤労感謝の日(天皇家の神嘗祭),春分の日(春季皇霊祭),秋分の日(秋季皇霊祭)などが考えられます。

今ひとつは,小泉チルドレン83人を含む来年の通常国会に法案提出・成立をめざすのではなく,長期の審議を確保すべきものであるように思われます。それは女性・女系天皇に慎重であるためではなく,皇室典範が実質的にはじめて国民,国会の議論の対象になるからです。

さらに国民,国会の議論と併行して国民投票法案の作業を行うべきです。憲法改訂ではないにしても,憲法秩序の改訂に相当する皇室典範の改正は最終的には国民投票できめることが,私には国民主権主義のように思われます。皇室典範の改正を急ぐ必要はさらさらなく,1年,2年をあるいはそれ以上をかけてもいいように思われます。
[PR]

# by gakis-room | 2005-11-25 08:43 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 11月 24日
大学修学能力試験あれこれ
昨日行われた韓国の大学修学能力試験について,韓国のメディアの記事の紹介です。

・ボランティア送迎隊が結成されました(活躍の程は不明です)。
・前日から,受験会場に来る先輩を激励するために後輩たちは校門前の場所取りを始めました。
・昨年の携帯電話を使ったカンニング事件をふまえて,試験会場では携帯電話の提出が要求されました。
・携帯電話の所持検査のために金属探知器による身体検査もありました。
・受験生27人が,携帯電話を所持していて摘発されました。これは,「不正行為」をしたのではなく,「不正行為とみなされる行為」による摘発だそうです。

数年前,この試験の平均点が前年より大きく上回ったことがありました。そのときのメディアの論調の一つに「試験が簡単であることは,受験生を甘やかすことになり,国家の行く末が憂慮される」というものもありました。

日本のいわゆる「ゆとりの教育」には批判的な私ですが,感想をまとめることもできません。
[PR]

# by gakis-room | 2005-11-24 20:19 | 韓国あれこれ | Trackback(1) | Comments(0)