<   2017年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 31日
しみじみと秋ですねえ
d0006690_1714465.jpg昨日に木枯らし1号が吹いて,今朝の最低気温は平年より2.3度低い6.3度,今季最低でした。日中の最高気温と言えば平年より2.2度低い17.3度でした。どちらも11月中旬並みですから,充分に晩秋です。

それにもかかわらず爽やかな1日でした。風もほとんどなく,何よりもたっぷりの日差しがありました。きょうの日照時間は10.1時間でした。日照時間が10時間を越えたのは11日の10.5時間に次いで2番目の長さです。

日中はセーターだけでじゅうぶんでしたから,暖かい日差しを浴びて「私のベンチ」で「しみじみと秋…」としたいところでしたが,「近くの公園」は9月初めから全面改修中で現在立ち入り禁止です。それでも自転車で受ける風は心地良いものでした。
それにしても今月は日差しの少ない月でした。
観測史上10月の日照時間が少なかった上位3年です。
  ① 83.8時間   1956年
  ② 83.9時間   1955年
  ③ 105.8時間  1958年
今月の昨日までの日照時間は75.4時間でしたから,きょうの日照時間が8.4時間より少なければ,観測史上10月として最少の日照時間となりました。これは通年としても日照時間の少ない月の10位となります。

しかし,残念ながら(?)きょうの日照時間は10.1時間で,今月の合計は85.5時間となり,10月としては日照時間の少ない1位の61年振りの更新はなりませんでした。それでも日照時間の少ない3位です。

※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_17384084.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-10-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 30日
きょう,木枯らし1号が吹きました
d0006690_16573185.jpg風が強く寒い1日です。風速は朝から5m/s台〜7m/s台で推移しています。最高気温は17.2度ですが,これは午前0時01分のもので,日中の気温は13度〜14度台で推移しています。

午後3時の気象です。
  気温  13.9度
  湿度  46%
  風速  6.2m/s
  →体感温度  4.2度

【きょう「木枯らし1号」が吹きました】
きょう午前,近畿地方では「木枯らし1号」が吹いたと発表されました。昨年より1日遅く,平年より9日早い「木枯らし1号」です。気象庁用語では木枯らしとは「晩秋から初冬にかけて吹く北よりの強い風」のことですから,季節はすでに晩秋です。

【木枯らし1号】
「木枯らし1号」の発表は近畿地方と東京地方だけです。「木枯らし1号」の発生日の判断基準は近畿地方と東京地方ではなぜか少し違っていますが,以下は近畿地方の判断基準です。 ※(  )内は東京地方
 
  ・霜降(10月24日頃)~冬至(12月22日頃)までの間(10月半ばから11月末まで)
  ・気圧配置が西高東低の冬型
  ・風向は北より(西北西から北)
  ・最大風速が8メートル以上

【平年の発生日】
過去の木枯らし1号の発生日について,気象庁作成の東京地方の一覧はありましたが,近畿地方のものは見当たりませんでした。

左はウィキペディアによる木枯らし1号の発生日です。近畿地方での観測開始が1987年からなのか,それ以前からなのかは不明です。
平年は11月8日ですが,近年では10月中での1号の発生が多くなっています。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 29日
カーリング,パシフィック・アジア選手権の中継
d0006690_1813495.jpgパシフィック・アジアカーリング選手権2017が11月2日〜9日まで,オーストラリアのエリナで行われます。この大会での上位2チームが来年の世界選手権に出場します。
   女子 2018年3月17日〜25日 カナダ
   男子 2018年3月31日〜4月8日 アメリカ
日本からは,男子はSC軽井沢,女子はLS北見が日本代表として出場します。

【男子出場チーム】  丸数字は世界ランキング
  中国 ⑦
  日本 ⑨
  韓国 ⑮
  ニュージーランド ⑲
  台湾 ㉖
  オーストラリア ㉘
  香港 ㊳
  カザフスタン ㊵
  カタール ㊻

【女子出場チーム】  丸数字は世界ランキング
  日本 ⑦
  韓国 ⑧
  中国 ⑩
  ニュージーランド ㉑
  オーストラリア ㉒
  香港 ㉟
  カタール ㊲

【中 継】
日本の試合はYouTubeのワールドカーリングTVで以下の試合の中継を見ることができます。
ただし,8日,9日の準決勝と決勝は日テレジータス(CSのスポーツ専門チャンネル)が中継するために,日本ではおそらくは視聴できないかと思います。(昨年もそうでしたが,日テレがCSでなく,BSで中継してくれたらなあ)

  11月3日 12:00ー15:00 女子,日本×中国
  11月4日 12:00ー15:00 男子,日本×中国
  11月5日 17:00ー20:00 男子,日本×韓国
  11月6日 17:00ー20:00 女子,日本×韓国
  11月7日 17:00ー20:00 男子,日本×ニュージーランド
  11月8日 12:00ー15:00 女子,準決勝
  11月8日 17:00ー20:00 男子,準決勝
  11月9日 07:00ー10:00 女子,決勝
  11月9日 12:00ー15:00 男子,決勝

[PR]

by gakis-room | 2017-10-29 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 28日
秋の進み具合・2
d0006690_136187.jpg19日からの10日間,相変わらず低めの最高気温,高めの最低気温が続きました。それでも秋は少しずつ進んでいます。

「近くの公園」のウメとイチョウの紅葉(黄葉)も18日の様子と比べると少し赤味と黄味が増しました。

この先の予報では,最高気温はやはり低めですが,最低気温も8度以下の日もあって低めのようですから,紅葉(黄葉)の進み具合もこれまでよりは少し早まるように思われます。

きょうは旧暦9月9日,重陽の節句の日です。暦の上ではすでに仲秋を過ぎて晩秋にはいっていますが,秋闌(たけなわ)はこれからのようです。

※写真はクリックすると拡大します。

d0006690_1363586.jpg
d0006690_1745534.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-10-28 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(3)
2017年 10月 27日
束の間の秋晴れ,2間日
d0006690_17535449.jpgこの2日間の天気をなんと呼べばいいのでしょうか。昨日の最高気温と日照時間は15日振りに平年上回りました。そして,きょうもどちらも平年以上でした。

昨日ときょうの最高気温と日照時間です。
    最高気温           日照時間
26日  22.5度(平年差,+2.3度)  9.7時間
27日  23.3度(平年差,+3.2度)  6.8時間

しかし,明日からは平年以下の気温と曇り空が続きます。ほんの束の間の2日間の秋晴れでした。

※昨日の入り日,クリックすると拡大します。
d0006690_17572380.jpg
d0006690_18284681.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-10-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 26日
成長の早いアカメガシワ
d0006690_12533562.jpgアカメガシワ トウダイグサ科 アカメガシワ属

「近くの公園」横の歩車道分離ブロック沿いのアカメガシワが復活したことについて書いたのは10月5日でした。

きょうのアカメガシワです。10月5日ときょうの背丈の比較です。

画面右  10センチ→23センチ
画面左  5センチ →13センチ

この20日間で2倍以上に成長しています。昨年7月の120センチまでにはそんな遠い日のことではなさそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-26 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 25日
久し振りの入り日です
d0006690_17172458.jpg久し振りの入り日です。11日以来のことですから,ちょうど2週間振りになります。午後4時過ぎから全天に雲がはりだしましたが,南南西から北にかけてだけは雲は切れ切れでした。

日の入り前の十数分に見られた入り日です。

2週間連続となった雨も昼前には上がり,午後からは日差しも見られました。それでもきょうの日照時間は僅か2.3時間でした。

25日までの日照時間です。
  今年  54.8時間
  平年  123.1時間

日照時間は平年の半分にも至りません。観測史上日照時間の少ない10月の第10位は1975年の118.6時間です。

  10位の日照時間(118.6時間)−きょうまでの日照時間(54.8時間)=63.8時間

明日は終日晴の予報ですが,残り6日間で63.8時間の日照時間は現実的にはあり得ませんから,今月は雨量だけでなく日照時間の少なさでも「いろいろある」となりそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-25 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 24日
立憲民主党へのこの期待
d0006690_11181451.jpg衆議院議員選挙について,与党について言えば公明党の減少があったとはいえ,ほぼ選挙前勢力を維持しました。

与党が憲法改正の発議に必要な三分の二以上を確保したことで,自民党は一挙に改憲に進むのかが注目されます。政府の広報紙ともいえる産経新聞はきょうの主張(社説)で「『謙虚』と『慎重』とは異なる」の見出しで憲法改正は「首相が個人的に述べたものではなく,政権与党として憲法改正の推進を約束した重みを踏まえる姿勢が必要だ」と発破をかけています。

参議院では公明党が抜ければ自民党単独では三分の二にはいたりませんから,公明党の対応が注目されます。

野党については,希望の党の自滅と立憲民主党の躍進でしょうか。他に,維新の会と共産党の退潮があります。

立憲民主党について,19日のブログで私は「立党の大義は希望の党への合流を決然として拒否したというよりも,合流を排除されたからという極めて受け身のように私には見えてしまいます」と書いていますが,しかし,国民の期待はとても大きかったようです。

左の表は立憲民主党の候補者がゼロの府県での比例区の得票率です。47都道府県のうち半数以上の28府県で候補者はいませんでした。候補者ゼロでは比例単独の候補者がいたとしても,その府県での選挙活動は事実上なかったと考えていいと思います。それにもかかわらず,ゼロの府県では三重県の23.8%から香川県の12.4%まで多少はありますが,単純平均で16.6%の得票率です。

この16.6%は民進党を含めて既存政党が覆うことができなかった広大な空き地であったとも言えそうです。選挙区だけでなく,その府県に1人の候補者がいないのに,立憲民主党への期待がありました。果たして,立憲民主党がこの広大な空き地をこれからも保持し続けられるか,あるいはそれ以上に拡張できるかが注目されます。
[PR]

by gakis-room | 2017-10-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 23日
昨日の降水量は観測史上1位でした
d0006690_15323240.jpg台風一過,雨は朝には止みましたが,しかし,爽やかな秋晴れとはなりませんでした。時折青空が見えましたが,日差しはほとんどなく,最高気温も平年より2.8度低い17.9度でした。そして風は昨日よりも強く,冷たく肌を突き刺しました。

買い物に出た午後4時の気象です。
   気温 16.1度  
   湿度 55%  
   風速 4.9m/s  
   →体感温度 7.5度

それにしても昨夜の雨は尋常ではありませんでした。台風が紀伊半島の南を通過したのは23時ころですが,雨は17時頃から1段と激しくなりました。

17時〜24時までの7時間の合計降水量は105.5ミリでした。昨日のブログで,「日降水量」について残り7時間で「1位との差は59.7ミリ」を越えられるかと書きましたが,その倍近くの雨で、あっさりと10月としての観測史上1位を更新してしまいました。「24時間降水量」も「月降水量」も10月として1位を更新しました。

「日降水量」と「24時間降水量」については観測史上1位の更新は「10月として」だけでなく,「通年として」も1位の更新でしたから,「特別警報」こそ発令されませんでしたが,まさしく「数十年に1度」の降雨量でした。市の防災課からは「土砂災害」,「河川氾濫」の危険を知らせるエリアメール(緊急速報)が7通も届きました。

【10月22日の降水量】
  ・日降水量    196.5mm
  ・24時間降水量  196.5mm
  ・月降水量    362.5mm
d0006690_1514236.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-10-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 22日
よく降りますねえ,きょうの降水量は10月としては観測史上2位です
よく降りますねえ。きょうで11日連続の雨です。特にきょうは台風の影響もあってか,午後5時までの降水量は91.0ミリです。10月の日降水量としては観測史上2位の量です。

【10月の日降水量の多さ】
  1位  150.7ミリ  1961年10月27日
  2位  91.0ミリ  2017年10月22日(午後5時現在)
  3位  75.1ミリ  1967年10月27日
  4位  68.0ミリ  1980年10月19日
  5位  65.9ミリ  1956年10月30日

1位との差は59.7ミリ。残り7時間で果たして1961年の150.7ミリを越らえるでしょうか。台風は深夜に紀伊半島沖を通過します。雨は明日の午前中まで続く予報です。

それにしても1日の降水量が150.7ミリとは。1961年10月27日には何があったのでしょうか。台風はありません。26日〜27日にかけての集中豪雨で小豆島では大きな被害を出していますが,それとの関連でしょうか。

1961年10月は27日以外にも6日に63.8ミリの降雨があり,10月の月降水量は343.0ミリで,10月の降水量としては観測史上ダントツの1位です。

【10月の月降水量の多さ】
  1位  343.0ミリ  1961年
  2位  257.0ミリ  2017年(午後5時現在)
  3位  236.0ミリ  1991年
  4位  233.5ミリ  1975年
  5位  232.0ミリ  2004年

月降水量は2位の257.0ミリ(22日午後5時現在)。1位まであと86ミリです。日降水量とは違って,こちらは1961年を越えるかも知れません。
d0006690_17351326.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-10-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)