<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年 08月 31日
昼食会
d0006690_15325483.jpg昨日参加した昼食会です。

「おかんと僕」とで営む,小さな韓国料理店です。昼用には12席しかありませんから,韓国料理店と言うよりもキムチ等の通信販売がメインのお店のようです。

昼メニューのユッケジャン定食です。箸とスプーンは普通は右端に縦に置かれますが,気にしません。

昼メニューですが,韓国料理の定食らしく7品が付いています。
右手前がメインのユッケジャンと左が飯椀です。その上がチジミ,左へチャプチと「?」(忘れました),ナムルと野菜サラダ。その上がキムチ4種,右が岩海苔など3種です。

1000円のランチとしては美味しくいただきました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 30日
来週末はカーリング中継です,ピョンチャンオリンピック代表決定戦
d0006690_16281849.jpg来週末の9月8日〜10日にカーリング女子のピョンチャンオリンピック代表決定戦が行われます。代表決定戦は全5試合,3勝先取で決まります。嬉しいことに全試合がBS1で生中継されます。

昨年の女子の世界選手権でLS北見が2位となり,オリンピックポイント12を獲得しました。日本女子は今年の世界選手権へは出場できませんでしたが,この12ポイントが生きてオリンピック出場権を得ました。

そのLS北見が今年2月の日本選手権で優勝すれば日本代表でしたが,日本選手権で中部電力に敗れて2位となったため,中部電力とピョンチャンオリンピック代表決定戦です。

この8月の「どうぎんカーリングクラシック」では,優勝したLS北見は予選リーグで中部電力を10−3で破っていますが,この大会7位と精彩を欠いた中部電力が,1か月の間にどう立て直したかが注目されます。

なお,ピョンチャンオリンピックの男子代表はSC軽井沢です。男子のオリンピック出場は1998年の長野大会以来20年振り2回目ですが,開催国枠でではなく,予選を勝ち抜いての出場は初めてです。

【代表決定戦・放送予定】
 5試合中3試合先勝したチームが代表となります。その場合は以降の試合は行われません。

   日  時    試合開始時間       放送時間(BS1)
  9月8日(金)  第1試合 13:00〜   12:55〜15:50
  9月9日(土)  第2試合 09:00〜   08:55〜11:50
           第3試合 15:30〜   15:25〜18:25
  9月10日(日) 第4試合 09:00〜   08:55〜11:50
           第5試合 15:30〜   15:25〜18:25

※写真はLS北見,のホームページからお借りしました
[PR]

by gakis-room | 2017-08-30 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 29日
へチマの雄花
d0006690_1505240.jpgヘチマ ウリ科 ヘチマ属

棚ではなく屋根に這わせています。

中国から沖縄経由で渡来しましたが,ヘチマの名前の由来について,ウィキペディアでは以下のように書かれていますが,ちょっと信じがたい説です。

  本来の名前は果実から繊維が得られることからついた
  糸瓜(いとうり)で、後に「とうり」と訛った。
  「と」は『いろは歌』で「へ」と「ち」の間にあるこ
  とから「へち間」の意で「へちま」と呼ばれるように
  なった。

d0006690_1511643.jpgヘチマの雄花です。花径は7,8センチです。

ヘチマには雄花と雌花があります。ゴーヤと同じように雌花は「チビヘチマ」(子房)の先に花を付けます。ゴーヤの雄花の雄しべが黄色,雌花の雌しべは緑色ですが,ヘチマは同じ黄色です。

雌花を探してみましたが,花の数が少ないためか,雌花はありませんでした。

ところで,ヘチマと言えば,タワシか化粧・薬用のヘチマ水を思い浮かべますが,若いヘチマの実は食用にもなるようです。沖縄では「ナーベラ」と呼ばれ,炒め物やおひたし,味噌汁の具として使用されているそうです。

食用が渡来したときの本来の用途はだったのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 28日
用水路の中に生育するヤブマオです
d0006690_1420761.jpgヤブマオ イラクサ科 カラムシ属

ヤブマオかと思います。買い物途中の用水路です。大きな葉が目立ちました。用水路の中なので近寄れませんでしたが,目視では大きいもので10×15センチ位でした。

漢字では「藪苧麻」です。「マオ」は「苧(からむし)」の別名で,イラクサ科の植物です。古くから植物繊維を取るために栽培されてきました。

戦国時代,越後は日本一のカラムシの産地で,上杉謙信はこれを管理することで莫大な利益を得ていたとされています。また,越後縮はこれで織られていました。

d0006690_14202510.jpgヤブマオの「藪」は自生している「カラムシ」とのことでしょうか。ヤブマオは山地から人里まで幅広い環境で成育すると言います。ヤブマオもまた茎の植物繊維から糸を紡いで布を織ったようです。

穂状の花序は雌雄同株で,茎の上方ではが雌花,下方では雄花ですが,この写真ではよくわかりません。しかし,雄花をつけない個体も多く見られるとのことですから,これは雌花だけなのかも知れません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 27日
明日は旧暦7月7日,七夕です
d0006690_1863332.jpgきょうの日の入りは18時30分です。少し厳密に言えば18時30分24秒です。日の入りが1番遅かったのは6月29日と30日の19時13分54秒でしたから,43分30秒ほど日の入りが早くなりました。

感覚としてはこんな感じでしょうか。
 「7時を過ぎても明るかったのに,7時前にはもう暗く
  なっている」

ところできょうは旧暦7月6日です。ですから明日が七夕です。

七夕と言えば,ほとんどが新暦7月7日の行事です。ちょうどその頃は梅雨の最中ですから,雨あるいは曇りの日が多く,織り姫と彦星はもちろんのこと,その間を流れる天の川を見ることができないで終わることが多いようです。

七夕行事は所によっては月遅れの8月7日に行われることもあります。「七夕の七つ飾り」で有名な仙台がそうです。しかし,旧暦7月7日の七夕の行事についてはあまり耳にしません。昨年は「伝統的七夕ライトダウン2016」がありましたが,今年は検索してもキャンペーンは見つかりません。

明日の夜,8月12日の夜に見た「夏の大三角」とともに七夕をと思って来ましたが,奈良の明日の夜はどうも曇りのようです。今夜は9時頃までは晴れそうですから,1日早い七夕を「近くの公園」で,缶ビール1本を持って。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 26日
昨夕,「近くの公園」からツクツクボウシの鳴き声が聞こえました
d0006690_1624697.jpg昨日の夕方です。「近くの公園」からツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきました。昨年と同じ8月25日です。私の季節感覚では「ツクツクボウシの鳴き声が聞こえたら夏の終わり」です。

奈良地方気象台の「生物季節観測」の「動物季節観測表」でのツクツクボウシの初鳴きは1か月前の7月28日でしたから,「近くの公園」ではほぼ1か月遅れです。奈良地方気象台での平年は8月6日,「近くの公園」での平均は8月27日ですから,20日〜30日の違いです。

私の季節感覚では「ツクツクボウシの鳴き声が聞こえたら夏の終わり」ですが,平年の奈良では9月8日まで「真夏日」が続きます。また,24日発表の「近畿地方1か月予報」では9月の気温は平年より高そうですから,今年の残暑は長引きそうです。

しかし,それでも空には秋らしい雲が見られるようになりました。
d0006690_1623414.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-08-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 25日
今朝の最低気温は27.5度,27年振りの観測史上1位更新となりますか?
※25日の最低気温は27.5度で確定し,
 最低気温の高さでは通年1位を27年振りに更新しました。
(26日)

d0006690_161754.jpg今朝の最低気温は午前5時12分の27.5度でした。

1日の最低気温はたいていは明け方の観測値です。稀に深夜であったり,にわか雨の後であったりすることがあります。たとえば,一昨日23日の最低気温は25.3度でしたが,これは夕方のにわか雨の後の観測値でした。

この季節,私は最高気温の観測値についての興味は大ですが,最低気温の観測値自体への関心はほとんどなく,それはもっぱら「熱帯夜」との関連だけです。7月25日,29日,31日の最低気温はいずれも26.5度で,これは7月の観測史上2位の高さでした。「7月の気温」の「いろいろある」には記載しても,ブログの本文では何も触れてはいません。

しかし,今朝の最低気温27.5度の行方,きょうの最低気温には興味津々です。午前0時の予想気温は27.8度です。

きょうの日中の最高気温は午後2時17分の34.5度でした。午後5時30分現在の気温は33.0度です。午前0時までの気温が25度以上であれば,今月の10回目の「熱帯夜」となり,あの1994年に並び,観測史上2位の多さとなります。27.0度以上であれば,8月としての最低気温の観測史上1位の高さとなるだけでなく,「通年」としての1位をも27年振りに更新します。

この様な機会は滅多とあるものではありません。今夜の寝苦しさについては我慢することにします。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-25 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 24日
昨夕,にわか雨で打ち水効果はありましたが・・・
d0006690_1346554.jpg残暑は続きます。きょうの最高気温は35.0度,8月として6回目の「猛暑日」です。昨日の最高気温は34.0度でした。これは13時06分の観測値で,その後,気温は少しずつ下がりましたが,それでも16時30分ではまだ31.4度でした。

ちょうどそのころからです。空が曇り初め,遠くでは雷も聞こえました。16時40分過ぎから雨が降り始め,17時前には横殴りの雨となりました。結果として40分間に11.5ミリの降雨でした。

この降雨によって気温は30分の間に5度ほど下がりました。見事な打ち水効果です。

  時刻    気温   降水量
 16:30  31.4
 16:40  30.4
 16:50  27.1  2.0mm
 17:00  25.8  6.0mn
 17:10  25.3  3.0mm
 17:20  25.8  0.5mm

 17:30  25.9

この後,気温は17時10分の25.3度以下になることはなく,翌日の明け方まで25度台を推移しましたが,涼しくはなりませんでした。高い湿度が理由です。風がほとんどなかっただけでなく,湿度は高止まりのままで,90%下回ることはありませんでした。

見事な打ち水効果にも関わらず,エアコンの除湿の中で時間を過ごしました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 23日
きょうから「処暑」,しかし残暑は続きます
d0006690_16174557.jpgきょうから二十四節気の「処暑 (しょしょ)」です。

処暑
陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)

陽気(暑さ)の勢いが止まり、初めて後退していく,とでもいうのでしょうか。暑さもようやく収まり,朝夕は涼しさを感じる頃だと言います。

しかし,奈良の残暑はまだまだ続くようです。日中の最高気温もさりながら,最低気温は依然として平年以上を続けています。

昨日も「熱帯夜」でしたが,今月になって「熱帯夜」は7回になりました。これは「猛暑の年」であった2010年の11回,1994年の10回に次いで,観測史上3位の多さです。

「熱帯夜」の年間回数,と言ってもほとんどは7月と8月ですが,今年の「熱帯夜」の回数は17回になっています。これは1994年の13回,2010年の12回を超えて観測史上抜きんでた1位です。

昨日は旧暦7月1日。文月。短冊に歌や字を書き,書道の上達を祈ったとされる七夕は5日後の28日です。
d0006690_17191153.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-08-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 22日
白色の実が目立ちます,シマトネリコ
d0006690_951328.jpgシマトネリコ モクセイ科 トネリコ属

シマトネリコと教えていただきました。
トネリコ自体は落葉樹ですが,こちらは常緑の小高木で,沖縄・東アジア・東南アジア・南アジア原産です。樹高は10メートルを超えるようですが,これは6〜7メートルくらいです。

庭木として,特にシンボルツリーとして人気があるようです。近所のマンションの入り口です。

【命名の由来】
「シマ」は沖縄です。「トネリコ」は「戸に塗る木」が語源の1つです。この木につくイボタロウムシが分泌する蝋物質を敷居などに塗って戸の滑りをよくするのに使われました。「沖縄などの島に自生するトネリコ」です。

d0006690_95295.jpgイボタロウムシと言えば,「イボタの木」がありました。

遠くからでもこの木の白さが目立ちます。

近寄って見ると花ではなく,葉のようにも見えます。しかし,葉は濃緑で長さ5センチくらいです。

d0006690_954727.jpgこれは実です。5月〜7月頃に極小さな花をびっしりと付けるようです。

その一つ一つがこのような実になります。

今年は花を見逃しましたが,来年には是非,と思っています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-08-22 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)