<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 30日
連日の蒸し暑さ
d0006690_1711065.jpg昨日発表の「近畿地方 1か月予報」です。もとより府県,地域によって気温は変わりますが,大雑把に言えば7月の前半は平年より暑くなりそうです。

6月の中旬,下旬の最高気温は平年よりやや高めでしたら,7月の暑さに驚くことはなさそうです。
  11日〜20日  28.0度(平年差,+0.9度)
  21日〜30日  28.6度(平年差,+0.8度)

しかし,問題は湿度です。雨模様であれば湿度は高くなりますが,6月の後半からはそれほどの雨がなくても湿度は日増しに高くなってきています。それがこのところの蒸し暑さになっています。

暑さ故にクーラーを点けることはまだありませんが,「蒸し暑さ」故に「除湿」にたよる日々にことになるのでしょうか。そして,熱中症もそろそろ気がかりになり始めました。
d0006690_1712746.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-06-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 29日
アフリカハマユウ
d0006690_16262012.jpgアフリカハマユウ ヒガンバナ科 ハマオモト属

「近くの公園」です。背丈は70センチくらいです。太い花茎に数輪のテッポウユリに似た花を付けます。

株の感じからは何年も前から植わっているようですが,最近気づきました。

南アフリカ原産で,かつては「インドハマユウ」と呼ばれていましたが,インドハマユウとは別種として,最近になって「アフリカハマユウ」に変更されました。ネットではなお混同が見られますが,「インドハマユウ」は花弁に赤い筋が入るとのことです。


d0006690_16264390.jpg花茎は5センチほどです。

「近くの公園」では以前に「ハマユウ」も見られましたが,今は消えてしまっています。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日
安倍首相の「意欲のあるところにはどんどん(獣医医学部)新設」発言は連続ちゃぶ台返し
【訂正】    (7月11日)
北里大学を東京としましたが,東京・白金キャンパスにはあるのは法人本部,薬学部などです。
獣医学部は1年次は相模原キャンパスで学びますが,2年次以降は青森・十和田キャンパスで学びます。したがって,北里大学獣医学部の所在地は東京ではなく青森県となります。

d0006690_14123528.jpg安倍首相は「獣医学部新設」に関して,6月24日,神戸市で次のように発言しました。  

特区は規制改革の突破口だ。…(1校に限定して認めた)中途半端な妥協が,結果として国民的な疑惑を招くことになった。今治市に限定する必要は全くない。地域に関係なく,2校でも3校でも,意欲のあるところにはどんどん新設を認めていく。

これまでの「獣医学部新設」について以下のような4原則をは安部内閣は閣議決定(2015年6月30日)しています。

【獣医学部新設検討の際の原則(いわゆる4条件)】
  ①既存の獣医師養成でない構想
  ②ライフサイエンスなどの分野での具体的
   な需要
  ③既存の台が・学部で対応が困難
  ④獣医師の需要動向


「意欲」があることとこの「4条件」との関係はどうなのでしょうか。「意欲」があってなお且つ「4条件」を満たす,と言うことにならなければ,閣議務決定を首相自らが否定することになります。(ちゃぶ台返し・1)

また,この4条件に加えて,国家戦略特区諮問会議(議長は安倍首相)は「地域限定の条件」を加えました(2016年11月9日)。

  「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を可能とする」

それで,岡山理科大学(加計学園)が今治市に予定している「獣医学部」が「4条件」を満たしているかどうか私には不明です(ニュースを見逃したかな?)が,「地域限定条件」については地図で確かめて見ました。

現在「獣医学部」のある大学は16校です。それを地図に落としてみると,「広域的に獣医学部が存在しない地域」は四国だけです。「地域限定条件」はたいした知恵です。四国が自然に浮かびあがります。

四国以外に残っている「広域」は強いて言えば「北陸」だけのようです。「地域に関係なく2校でも3校でも」認めていくためには自らが議長として決めた「地域限定の条件」をひっくり返さなければなりません。(ちゃぶ台返し・2)

「国民的な疑惑」を払いのけようとの「ちゃぶ台かえし」でしょうが,自らが用意したちゃぶ台をかえすのですから,後始末も自らの手で。

※地図はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-28 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 27日
「イチョウの若木2015・その2」の訂正
d0006690_17395397.jpg6月19日の「イチョウの若木2017・その2」の訂正です。

①としたものは新しく芽生えたもので,5月25日に①としたものはすでに枯れていました。
それで,新しく芽生えたものを④と訂正します。

d0006690_17392472.jpgきょうの様子です。

①,②,③はすでに枯れて,④だけがなんとか残っています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-27 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 26日
矮性のオオカッコウアザミです。
d0006690_17185610.jpgオオカッコウアザミ キク科 アゲラタム属

オオカッコウアザミの矮性種です。オオカッコウアザミの背丈は30〜70センチですが,これは15センチほどです。

矮性のものはオオカッコウアザミ(ムラサキカッコウアザミ)を改良した園芸品種です。属名のアゲラタムの名で呼ばれているそうです。

オオカッコウアザミはこれで2度目です。1度目は7年前の11月でした。ずいぶんと花期の長い花です。その時も矮性種でしたが,このようにこんもりとした形ではありませんでした。

d0006690_17192050.jpg花径は1センチほどです。

花も葉もカッコウアザミとはよく似ていますが,1番の違いは果実(痩果)と教えていただきました。

 ・オオカッコウアザミ 
   痩果の縁に多数の短い鱗片状の冠毛
 ・カッコウアザミ   
   痩果とほぼ同長の5個の芒状の冠毛

しかし,これは昨日のジャカランダの帰りに神戸のJR元町駅前の花壇で見たものですから,確かめる術がありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-26 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日
宮崎の千本も熱海の百本も遠すぎるから,神戸の1本で,ジャカランダ
d0006690_14105034.jpgジャカランダ ノウゼンカズラ科 キリモドキ属

最近ジャカランダという花を知りました。ジャカランダは別名を「青い桜」という南米原産の20mにもなる高木です。日本では宮崎県日南市の道の駅「なんごう」付近の1,000本熱海市内の100本がよく知られています。

見てみたいと思いましたが,宮崎も熱海も遠すぎます。あきらめていましたが神戸にも1本あることを知りました。普照院(神戸市兵庫区)というお寺の境内です。

境内といっても塀もなく,三叉路に面した敷地内といったところです。

d0006690_1474339.jpg樹高は4メートルほどです。青紫色のジャカランダの花はちょうど盛りでした。

普照院は時宗のお寺です。普照院は元々はこのお寺の北に接した薬仙寺の塔頭でした。明治期に他のお寺と合併し独立します。第二次世界大戦の戦災により,他の場所に再建されました。しかし,阪神淡路大震災で全壊し,この地に還り再建されます。

新本堂建築と同時に記念植樹(2009年)されたのがジャカランダです。
ジャカランダは開花までには年数を必要とします。ここのジャカランダは植樹から5年後の2013年に初めて開花しました。

d0006690_1475857.jpgひとつ花は青紫色で漏斗状で先端が5裂します。 長さは5センチ弱です。

別名はキリモドキ(桐モドキ)です。私はまだ桐の花を知りませんが,桐の花に似ているところからです。

またの名をシウンボク(紫雲木)ともいいます。花の色合いからでしょうか。

ジャカランダは世界三大花木のひとつに数えられます。

他の2つはカエンボク(火焔木) と呼ばれる西アフリカ原産のスパトデアと,ホウオウボク(鳳凰木)として知られるマダガスカル原産のフランボヤンです。この2つはどちらも真っ赤な色の花を咲かせます。

d0006690_1483883.jpgジャカランダは神奈川歯科大学(横須賀市稲岡町)の南門にも植栽されています。

d0006690_1485952.jpgジャカランダの葉です。

花は充分に成育した木でないと開花は難しいので,鳥の羽のように繊細で細かく,非常にやわらかな葉を観葉植物として若木を鉢植で扱うことも多いそうです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 24日
奈良の昨日は全国8位の暑さ
d0006690_10232100.jpg昨日の奈良市の最高気温は平年より5.2度高い32.6度,今年の最高だっただけでなく,全国ランキングでも8位でした。

これまでに奈良市の最高気温が全国ランキング入りしたことは何回かあります。

私のブログでみる限りですが,全国ランキング入りした日は,昨日を含めて9回ありました。そのうちランキングの最上位は2014年8月15日の3位ですが,8月15日で気温は34.9度で3位ですから,全国的にはさほど高温でなかったようです。

昨日の全国ランキング入りの32.6度は6月としての上位10位にもはいっていません。昨日の全国1位は大阪府豊中市の33.3度でしたから,特別の高温でもありません。とは言え,昨日「真夏日」を観測した地点は156地点で,これは今年になって5番目の多さです。全国のあちらこちらで「じわっと」暑かったということでしょうか。

その156地点のうち,全国ランキング10位以内に奈良県,京都府,大阪府の8市が入っています。
  【23日の全国ランキング】
    大阪府豊中市  33.3度  1位
    京都府京都市  33.2   2
    大阪府枚方市  33.1   3
    大阪府八尾市  32.8   5
    京都府京田辺市 32.8   5
    京都府園部市  32.6   8
    奈良県奈良市  32.6   8
    大阪府大阪市  32.3   10
[PR]

by gakis-room | 2017-06-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日
魔の2回生
自民党の豊田真由子衆議院議員の車中での罵詈雑言です。運転中の秘書へのもので,暴行をともなうものでした。22日発売の週間新潮です。

発端は豊田真由子議員の政策秘書(?)が支持者へのバースデイカードの宛先を間違えたことのようです。そのお詫び行脚の車中でのできごとです。

文字を読むよりも音声をきいたほうがことの次第がよくわかります。私の感想は無用です。

「豊田真由子議員の罵詈雑言」(7分40秒)

感想は無用とは言え,しかし,河村建夫元官房長官の以下の発言は無視できません。やばいと思ったのかすぐに撤回しましたが。

秘書が録音して外に出すということは,何か意図がなければありえない。いくらパワハラがあったと言っても,選挙を戦う者とすれば、あのようなことは起こる。たまたま彼女が女性だからこうしたことになっているが,あんな男の代議士はいっぱいいる

「魔の2回生」という言葉を初めて知りました。自民党の2回生議員の不祥事の多さへの揶揄です。
以下はその一覧です。表以外に「不倫疑惑・路上キス」が露見した議員もいました。
d0006690_16172849.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-06-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 22日
今回も楽しめました,河鍋暁斎展
d0006690_11293671.jpg河鍋暁斎展に行ってきました。京都伊勢丹の7階,「美術館『えき』KYOTO」,題して「世界が認めたその画力 これぞ暁斎!」です。

河鍋暁斎はこれまで3回見ています。いずれも2008年です。4月に京都であった「明治日本のギャグマスター 暁斎漫画展」と「絵画の冒険者暁斎Kyosai」と,8月の埼玉県蕨市の「河鍋暁斎記念美術館」です。

京都では,河鍋暁斎記念美術館所蔵のものが中心でしたが,今回は世界屈指の暁斎コレクションとして知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵のものです。展示は極彩色のもの少なく,記憶ですからすこぶる頼りないのですが,これまでに見たものとは「地獄太夫と一休」を除いては重ならなかったように思います。

全体は以下のように構成されていましたが,序章から第2章まででは暁斎の筆力を,第3章以降では暁斎の遊び心,ユーモアあるいは皮肉を楽しむことができました。

序 章  出会い ゴールドマンコレクションの始まり
第1章  万国飛  世界を飛び回った鴉たち
第2章  躍動するいのち  動物たちの世界
第3章  幕末明治  転換期のざわめきとにぎわい
第4章  戯れる  福と笑いもたらす守り神
第5章  百鬼繚乱  異界への誘い
第6章  祈る  仏と神仙,先人への尊崇

こちらで「各章の説明と主の展示作品の詳細な案内」を見ることができます。

なお,「世界が認めたその画力 これぞ暁斎!」は以下のように巡回し,京都は3会場目です。
  Bunkamura ザ・ミュージアム(東京渋谷)  2月23日〜4月16日
  高知県立美術館(高知市)         4月22日〜6月4日
  美術館「えき」KYOTO(京都伊勢丹)     6月10日〜7月23日
  石川県立美術館(金沢市)         7月29日〜8月27日

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日
何とも不思議な形の花です,アカンサス・モリス
d0006690_8301731.jpgアカンサス・モリス キツネノマゴ科 ハアザミ属(アカンサス属)

アカンサスは地中海沿岸の原産で,最もポピュラーなモリスを含めて50種ほどあるようです。日本には明治末〜大正期に移入されました。

和名はハアザミ(葉薊)です。葉がアザミに似ているからです。しかし,アザミとは無関係です。アザミはキク科アザミ属です。

背丈は1.5メートルほどです。

d0006690_8303134.jpg何とも不思議な形の花です。

上部の赤紫色のひさしのような部分は萼(がく)です。
下部の筋のある顎のような部分は苞です。
萼と苞の間からだらんと出ている白い部分が花弁です。

花弁の色は白以外にピンクもあるようです。また萼の色も赤紫~緑,白があります。

d0006690_8304955.jpg葉の長さは50センチ以上で深い切れ込みがあります。葉の先端は尖っていますが,触れても痛くはありません。

この大きな葉はギリシア時代の建築様式の1つであるコリント式の柱頭部分の装飾として図案化されています。

       ↓コリント式の柱頭の装飾
         (ウィキペディアより)
d0006690_841629.jpg





※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-21 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)