<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 04月 30日
「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」に行ってきました
d0006690_9285196.jpgルリカラクサ ハゼリソウ科 ネモフィラ属

ネモフィラ(ルリカラクサ)との初めての出会いは昨年の3月初めでした。その時に茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」内の「みはらしの丘」に咲く450万株を知りました。

450万株にははるかに及びませんが,2000株の「ネモフィラの丘」が大阪にあることを知り,先日行ってきました。JR大阪駅の北の「うめきたガーデンⅡ」で,10万株の花が咲いています。貨物駅の跡地での期間限定庭園で,昨年の10月7日〜今年の3月20日までが,第1期,今回は第2期で3月28日〜9月24日までです。

d0006690_929645.jpg近づくとこんな感じです。

d0006690_9292126.jpg少し離れて見るとそれほどの広さではありません。

右奥の建物は「花咲く丸太小屋CAFE」です。さまざまなコーヒーが提供されています。

d0006690_9294288.jpgこんなネモフィラも咲いていました。「ネモフィラ・マクラータ(マキュラータ)」です。和名は「モンカラクサ(紋唐草)」です。青色の斑点模様が入る唐草との謂いです。

上の和名がルリカラクサ(瑠璃唐草)のネモフィラは,正式に「ネモフィラ・メンジーシー(メンジェシー)」です。

ネモフィラ属は北米からメキシコにかけて13種が分布するそうです。

d0006690_9295627.jpg入り口すぐのところにある苔で覆われた高さ5メートルのキリンです。産経新聞の27日朝刊ではこのキリン像について「迫力満点で来場者が歓声を上げる」と報じていましたが,私にはいささかの感動もありませんでした。「うめきたガーデン」の主催は「うめきたガーデン実行委員会」ですが,その中心は産経新聞ですから,単なるキャンペーン記事です。

30分ほどで見て回れますが,花の名前の掲示もほとんどなく,ちょっと不親切です。それで入園料1,000円はどうなんでしょうか。私は2,250分の1の「ネモフィラの丘」を見たくて行きました。ちなみに,国営ひたち海浜公園の入園料は410円,65歳以上の私は210円です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2017年 04月 29日
ホソバオオアマナとオオアマナ,その違い
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_10141357.jpgホソバオオアマナ キジカクシ科 オオアマナ属

ホソバオオアマナ(細葉大甘菜)と教えていただきました。

背丈は20センチほどです。アマナ(甘菜)に花がが似ているオオアマナ(大甘菜)よりも葉が細いところからの命名のようですが,アマナを含めていずれの葉もニラよりも細く,「菜」のイメージとは違います。

街路樹の根元です。自転車での通りがかりに見てきましたが,当初はハナニラとばかり思っていました。よく見ると花の中心部が違っています。

d0006690_1014375.jpg花径は3センチほどです。6弁ですが,中心部の雄しべが花弁のように見えます。

中心部の黄色の部分全体は雌しべでしょうか。それとも真ん中の白い小さな突起が雌しべでしょうか。

黄色の部分をサイトによっては雌しべあるいは果実としいいますが,以下果実とします。

果実の6つの稜は均等の配置ではなく,2個1組で3組になっています。

d0006690_10145475.jpg別の場所で見たオオアマナです。花の様子も花径も葉もホソバオオアマナにとそっくりです。

違いは果実です。6つの稜がほぼ均等です。

【ホソバオオアマナとオオアマナの違い】d0006690_101628.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-04-29 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 04月 28日
日本は予選で敗退,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
※全面的に書き換えました。(午後6時10分)

d0006690_1823686.jpg日本(阿部晋也・小笠原歩組)は最終戦でフィンランドに6ー4で敗れ,A組4位となり,決勝トーナメント進出はなりませんでした。

惜しかったのは第8エンドです。日本がナンバーワン,ナンバーツーをハウス内に持っていました。フィンランドの最終ストーンはハウス前のコーナーガードをかすめました。明らかにミスショットです。日本が2点を取って逆転,と思われたその時,奇跡が起きました。

コーナーガードをかすめたストーンは赤石(フィンランド)に当たり,ハウス内の日本のナンバーワンをはじき出して,自らはナンバーワンとなりました。

小笠原は最終ショットでこのフィンランドのナンバーワンをはじき出すことができず,1点スチールされ,日本の決勝トーナメント進出は断たれました。

        1 2 3 4 5 6 7 8  計
フィンランド★ 2 0 1 0 1 0 1 1  6
日本      0 1 0 1 0 2 0 0  4


d0006690_6592098.jpg
     ※2位・3位は直接対決の結果,4ー6位はDSC(ドローショットチャレンジ)によるかと思われます。

※DSC(ドローショットチャレンジ)とは  
 ・試合前の練習後に,異なる2人プレーヤーが一人は右回り,もう一人は左回りのドロー(スイープ可)をして,ハ
  ウスの中心(ボタン)からのそれぞれの距離を測り,合計します。
 ・これをLSD(ラストストーンドロー)といいます。このLSDの短さで先攻,後攻を決めます。
 ・LSDの予選ラウンド全体での平均距離(最も悪いものを除く)をDSCといいます。
 ・予選ラウンドでの勝率が同じで,三すくみの状態になった時には,直接対決では順位は決められませんから,DS
  Cの短い順に順位を決めます。
 ・ただし,プレーオフ進出がかかる場合は,必ずタイブレークの試合でプレーオフ進出を決めます。


d0006690_1729354.jpg【決勝トーナメントの組み合わせ】
①各組の1位をDSC順に仮1位〜仮5位とします。以
 下,各組の2位をDSC順に仮6位〜仮10位,各組の
 3位をDSC順に仮11位〜仮15位とします。

②この15チーム以外の中でDSCの1番良かったチーム
 (ワイルドカード)を仮16位とします。

③仮1位×仮16位,仮2位×仮15位,以下,仮3位×仮
 14位,仮4位×仮13位…とし,仮1位×仮16位の勝者
 と仮4位×仮13位の勝者とは準決勝まで対戦しない
 ように,同じように仮2位×仮15位の勝者と仮3位×
 仮11位の勝者とは準決勝まで対戦しないようにトーナ
 メント表を作ります。

【日本が決勝トーナメントに進出していたら…】
日本は,仮14位となり,仮3位スイスと緒戦です。これに勝ったとしても仮6位ノルウェーと仮11位イタリアにかってようやくペスト8です。

決勝トーナメントを勝ち抜くことはとても難しそうですが,それにしても,日本選手権後に結成された急造チームの日本の予選4位はまあまあかと思われます。4人制のカーリングと違って緊迫感にやや欠けますが,しかし,ストーンを投げると同時に方向と早さを見定めて,スイープもしなければなりません。4人制とは違った高度な技術が必要なようです。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-28 07:15 | カーリング | Comments(2)
2017年 04月 27日
ヒアシンスのミニ版のようです,プシュキニア
d0006690_15172232.jpgプシュキニア ユリ科(ヒヤシンス科) プシュキニア属

プシュキニア(プシキニア)と教えていただきました。

原産地はコーカサス,トルコ,レバノンです。背丈は10センチほどの小さな花です。ヒヤシンスのミニ版といったところです。

科名については「キジカクシ科」とするものもありました。また,プシュキニアは属名で,個々に品種名があるようです。

d0006690_15175491.jpg1つの花は一戦ほどで,白地に淡い青筋がちょっとおしゃれな感じがします。

品種名は「スキロイデス」と思われますが,あるいいは「リバノティカ」かも知れません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 04月 26日
オリンピック出場枠は7,カーリング・ミックスダブルス世界選手権
【速 報】  27日13時30分
・第24セッションが終了し,A組は日本・フィンランド戦を残すのみとなりました。この試合に日本が勝てば決勝ト
 ーナメント進出を懸けて,フィンランドとタイブレークです。
・勝敗表は第24セッション終了現在のものと差し替えました。

【速 報】  27日午前9時
日本は今朝のエストニア戦で8ー6で勝利し,3勝3敗となりました。今夜11時からのフィンランド戦に勝てば,3位を巡るタイブレークに残れます。
なお,今夜10時55分からBS1でフィンランド戦の生中継があります。

d0006690_1114963.jpg来年の平昌オリンピックから正式競技となったカーリンクのミックスダブルス(2人制の男女混合)世界選手権がカナダのレスブリッジで行われています。

大会への出場資格は国内協会があって国内予選を勝ち抜いたチームであれば何カ国でも出場できます。今年は39カ国が参加しています。予選は[8カ国×4組+7カ国]の5組に分かれ,それぞれ総当たりの予選ラウンドが行われ,[各組の上位3チーム+ワイルドカード1カ国]の16チームが決勝トーナメントに進みます。

日本から出場している「チーム阿部」は,日本選手権男子2位の札幌のスキップ阿部晋也選手と北海道銀行のスキップ小笠原歩選手のペアです。

オリンピックの出場枠は開催国を含めて8つ,開催国を除いて去年と今年のこの大会のポイント上位7カ国に出場権が与えられます。日本は昨年の大会で予選ラウンドで敗退していますから,持ち点は0です。したがってオリンピック出場のためにはこの大会で決勝トーナメントへ進出することはもちろんのこと,決勝トーナメントでも上位に入らなければなりません。

日本は日本時間の26日午前11時現在で,2勝3敗の4位タイです。決勝トーナメント進出のためには残りのエストニア戦とフィンランド戦での2連勝が最低条件です。エストニア戦は27日午前5時30分,フィンランド戦は午後11時(いずれも日本時間)です。

勝敗表は27日13時30分現在のものと差し替ええました。
d0006690_13465916.jpg
[PR]

by gakis-room | 2017-04-26 18:00 | カーリング | Comments(2)
2017年 04月 25日
きょう,奈良地方気象台ではようやく「冬の装い」を解きました
d0006690_16251478.jpgきょうの最高気温は「夏日」にはなりませんでしたが,平年より3.1度高い24.8度,16日の25.8度に次いで今季2番目の高さでした。

晩春と言うよりも初夏の気温ですが,奈良地方気象台の「毎正時の気温」の「積雪深」がきようの10時から「休止中」となりました。明日にでもこの項目は削除されることでしょうから,ようやく「冬の装い」を解くに至りました。

近畿では,18日に京都地方気象台で「休止中」となり,その時点で「積雪深」の項目を継続していたのは奈良と和歌山だけでした。その和歌山も20日の10時から「休止中」となり,奈良だけが残っておりました。

「積雪深」の項目の追加を「冬支度の完了」とすれば,奈良の冬支度の完了は昨年の11月30日でしたから,147日間の「冬の装い」ということに成ります。

なお,11月30日時点で「冬支度」のなかったのは静岡,下関,宮崎の3気象台(沖縄を除く)でしたが,下関では12月12日に「冬支度」を完了しました。そして,静岡と宮崎の気象台では「冬支度」のないまま,春を迎えています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-25 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2017年 04月 24日
これまで気づきませんでした,「近くの公園」のナツグミ
d0006690_16281346.jpgナツグミ(夏茱萸) グミ科 グミ属

ナツグミ(夏茱萸) と教えていただきました。「近くの公園」です。2〜4メートルになる落葉低木ですが,刈り込まれているために1メートル弱です。

夏(6月から7月)に赤い実を付けるグミなので「夏グミ」です。その赤い実にも花にもこれまで気づきませんでした。なぜなのでしょうか。

また「茱萸」を「グミ」と詠ませていますが,「山・茱萸」は「ヤマ・グミ」ではなく「サン・シュユ」です。この違いは何なんでしょうか。

d0006690_16282718.jpg花径1センチ弱で目立たない色の花ですが,こんなにもたくさんつきます。

d0006690_16284812.jpg花径は1センチ弱です。長さは1.5センチほどです。

なお,よく似たものにトウグミ(唐茱萸)があります。トウグミはナツグミの変種とのことですが,その違いは「葉の表をルーペで拡大し鱗状毛があればナツグミ,星状毛があればトウグミである」のようです。パソコンで拡大してもよくわかりませんでした。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-24 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 04月 23日
近所に咲いていました,クサノオウ
d0006690_1672126.jpgクサノオウ ケシ科 クサノオウ属

クサノオウです。背丈は40センチほどです。「近くの公園」横の路地です。

クサノオウとは8年前の8月に出会っています。場所は「ゲンノショウコ」と同じ旅先でした。もう見ることはないと思っていましたが,こんな近くで再会できるとは嬉しい限りです。

クサノオウの漢字表記について,8年前には下記のように書いていますが,「草の王」を訂正です。
「草の黄」 茎や葉を傷つけると黄色の汁を出す
「瘡の王」 その汁が瘡(くさ:皮膚病の総称)に効く
「草の王」 意味不明 薬草の王 

d0006690_1826683.jpg花径は2センチほどです。

中央の曲がった緑色の部分は雌しべですが,このように曲がった雌しべはクサノオウだけでしょうか。

花後(8月頃)に3〜4センチの莢(果実)を上向きに付けるとのことですから,是非見たいと思ってます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-23 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2017年 04月 22日
花径は1センチほどです,ヒメブタナ
d0006690_15222293.jpgヒメブタナ  キク科 エゾコウゾリナ属

「近くの公園」です。ヒメブタナと教えていただきました。

ブタナより小型なのでヒメブタナです。ブタナの花期は5〜9月ですが,こちらは3〜5月

背丈は30センチほどですからブタナよりは10〜20センチ低いでしょうか。
ブタナの花径は3センチ前後ですが,ヒメブタナは1センチ前後です。

ブタナ出会ったのは2007年5月の末ですから,かなり早くに出会っています。その後もブタナとはあちこちでよくで合っていますが,「近くの公園」ではこれまでに出会ってはいません。もちろんヒメブタナも初めての出会いです。

d0006690_15223690.jpg花径は1センチほどです。

舌状花だけで,筒状科はありません。

ここでは一株だけですが,すらっと伸びた茎の先に1センチほどの小花が風に揺れる群生は素敵だろうなと思います。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-22 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 04月 21日
ローマン・ヒアシンスでしょうか
d0006690_1624442.jpgローマン・ヒヤシンス ユリ科 ヒヤシンス属

ローマン・ヒアシンスでしょうか。ヒアシンスには2種類あることを知りました。ダッチ・ヒアシンスとローマン・ヒアシンスです。

・ダッチ・ヒアシンス
  オランダで品種改良され,花がびっしりと付く。1
  個の球根から1本の茎が伸びる。
・ローマン・ヒアシンス
  フランスで品種改良され,花数は少ない。1個の球
  根から数本の茎が伸びる。

写真からはよくわかりませんが,根元を見ると一カ所から2本の茎がででいました。

茎が数本ではなく,花の数も少ないとは言い切れませんが,花のブラシのようなびっしり感がありませんから,ローマン・ヒアシンスかと思います。

d0006690_1649147.jpg左は2011年4月2日の「風信子,ヒヤシンスのことでした」の花です。

茎の根元見ると茎が切り取られた痕がいくつか見られますから,ローマンヒアシンスのようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-04-21 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)