<   2017年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 12日
小さな花と大きな葉,ヒマラヤユキノシタ
d0006690_1740855.jpgヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科  ヒマラヤユキノシタ属(ベルゲニア属)

ヒマラヤユキノシタはこれまでに何回も見てきました。その都度大きな葉だとは思ってきましたが,先日通りすがりに見たヒマラヤユキノシタは,これまでになく大きな葉でした。

以来その大きさが気になっていましたので,きょう,物差しをもって計りに行ってきました。

手前の葉の大きさは縦22センチ×横15センチでした。一つの花の花径は2センチです。この不釣り合いを面白いと思いました。

d0006690_17403013.jpg花の花序です。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-12 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2017年 03月 11日
きょうも寒い1日です
d0006690_17533286.jpgきょうも寒い1日です。
最高気温は平年より2.1度低い10.6度でした。これで5日連続して平年以下です。しかし,寒さは気温よりも風の強さです。午前中はそうでもありませんでしたが,昼頃から風が強くなり,風速3m〜6mの風が続いています。

買い物から帰った午後2時の気象です。
  気温8.4度,湿度54%,風速4.1m/s
   →体感温度 −0.9度

きょうの最高気温の10.6度は午後3時12分の記録でした。
それ近い午後3時の気象です。
  気温10.4度,湿度35%,風速5.9m/s
   →体感温度 0.6度

明日,明後日は久し振りに平年を上回って,14度,16度の予想です。しかし,その後はまたしばらく平年以下の日が続くようです。あと1,2回は「体感温度」を確かめてみることがありそうです。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-11 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2017年 03月 10日
春分まであと10日
d0006690_1729180.jpgきょうの日の入り時刻は18時,正確には17時59分57秒です。昼時間は11時間46分です,

日の入り時刻が一番早かったのは昨年の12月5日の16時45分46秒です。1時間14分ほど日の入りが遅くなりました。また,昼時間が一番短かったのは12月21日の冬至時の9時間50分でしたから,2時間近く昼時間が長くなりました。

寒い寒いと言っているうちに春分(3月20日)まであと10日です。その週の後半からは桜の開花便りが始まります。

今年は福岡,東京から始まるようです。



【桜の開花予想】
      日本気象協会   ウェザーマップ 
      (3月8日発表) (3月9日発表)
3月22日  福岡,東京    
3月23日  横浜
3月24日            福岡
3月25日            東京
3月26日            高知

奈良の開花予想は気象協会が3月29日,ウェザーマップが4月2日です。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-10 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2017年 03月 09日
遠ざかる春
d0006690_17363364.jpgきょうの最高気温は何度だったのでしょうか。きょうは奈良地方気象台の移転で午前9時から観測が中止になっています。「アメダス(地図形式)」による毎正時の気温は15時に9.1度の表示がありますが,それ以外は不明です(17時40分現在)。

15時の9.1度をきょうの最高気温とすると,2月上旬並の低さです。きょうの予想最高気温は10度でしたから,9.1度でも不思議ではありません。風速は不明ですが,確かに風は強く外にて出ても突き刺すような寒さでした。

明日の最高気温は平年より0.5度低い12度の予想です。この日曜,月曜は春らしい気温になりそうですが,これは例外で,春はしばらくはお預けのようです。
d0006690_17364670.jpg

[PR]

by gakis-room | 2017-03-09 18:00 | つれづれに | Comments(4)
2017年 03月 08日
まとまって咲いているフクジュソウです
d0006690_1783841.jpgフクジュソウ キンポウゲ科 フクジュソウ属

今は通ることのなくなった「例の田舎道」でかつて見たことがあります。その時は1輪だけでした。

1輪とはいえ,枯れ草から顔を出す鮮やかな黄色も素敵でしたが,まとまって咲いているのもいいものです。群落とはいえませんが,野生ではこんな感じかも知れません。

d0006690_179568.jpg花径は3センチほどです。

花はパラボラアンテナのようにゆるいお椀型をしていますが,これは日差しを中心に集めて空気をあため,受粉してくれる虫を誘うためとも言われています。フクジュソウの花には蜜がなく,花粉だけだそうですから,虫を集める工夫です。

また,夜には閉じて,寒さから雄しべや雌しべを守るんだそうです。開閉する花はたくさんありますが,いずれも同じ働きなのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-08 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 03月 07日
斑入りのアリッサム,「 スーパーアリッサム・フロスティナイト」
d0006690_15324126.jpgアリッサム アブラナ科 ニワナズナ属

斑入りのアリッサムです。アリッサムの和名はニワナズナ(庭薺)ですが,流通名はほとんど「アリッサム」あるいは英名の「スイート・アリサム」です。

私は花の名前を和名で覚えようとしてきましたが,ニワナズナの場合,群生のニワナズナは例外的にアリッサムです。

しかし,この斑入りの場合はなんとなく,ニワナズナと言うよりも「斑入りのアリッサム」でしょうか。

ところでこの「斑入りのアリッサム」の流通名は「 スーパーアリッサム・フロスティナイト」です。愛知県の株式会社ハクサンによる育種のようです。

アリッサムの改良種で,やや大型となり,開花期がほぼ周年のものを「スーパーアリッサム」と言います。そのスーパーアリッサムの改良種が「 スーパーアリッサム ・フロスティナイト」のようです。斑入りは世界初とのことです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-07 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 03月 06日
フキノトウです
d0006690_17191771.jpgフキ キク科 フキ属

フキノトウです。

フキノトウに初めて出会ったのは昨年の3月末でした。その時は食材としてのフキノトウよりは時間が経過しており,すでに花が咲いていました。

まあ,それでも雌雄異株であることを知りました。

昨年と同じ場所ですが,きょうは文句なしのフキノトウです。

d0006690_17193845.jpgこちらは少し時間が経過しています。とは言え「薹(とう)が立っている」にはほど遠く,まだ食材として充分使えそうです。

開花までにはもう少し時間が必要です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-06 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
2017年 03月 05日
きょうは啓蟄,穴から出てくるのは虫ではなく蛙,蛇の類い?
d0006690_1684276.jpgきょうは啓蟄。

啓蟄
陽気地中にうごき,ちぢまる虫,穴をひらき出れば也
(暦便覧)

きょうの最高気温は平年より5.2度高い16.8度。昨日が平年より4.4度高い15.8度。これだけ気温が高ければ,虫たちも「しくじった,寝坊のしすぎだ」とあわてて穴から飛び出して来そうです。

ところで,穴から出てくるという虫の名前はなんでしょうか。ネットで探してみましたが,穴から出てくるのは「虫一般」で名前は特定はできませんでした。それで成虫で越冬する虫について調べてみました。

「科学の歩み」に以下の記述がありました。

・木の穴に隠れている
   キチョウ,アカタテハ,ルリタテハヒオドシチョウ,ムラサキシジミなど蝶の仲間
・落ち葉の下などに隠れている冬を越します。
    ウリハムシ,テントウムシ,ゴミムシの仲間
・女王バチだけが物影に隠れている
   アシナガバチ・スズメバチなど
・巣の中でじっとしている
   ミツバチ(女王バチをはたらきバチが囲んで、じっとしている)

いずれも地中の穴から顔を出すイメージではありません。

科学技術館の「自然との出会い 第11号 越冬する虫たち」によれば,土中て越冬するのは「アオオサムシ」とありましたが,どうもなじみがありません。

それでふと思い出しました。古代中国では「生物を獣類,鳥類,魚類,亀類そしてその他を『虫(き)類』」(「虹,なぜ虫偏なのか」)としていましたから,土中に穴籠もりしているのは「その他の『虫(き)類』」,つまり蛙あるいは蛇の類いではないかと。

これで私としてはすっきりしましたが,果たしてこの思いつきは立論できるのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-05 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2017年 03月 04日
キクザキリュウキンカ(菊咲立金花)の中心部は?
d0006690_15504858.jpgキクザキリュウキンカ キンポウゲ科 キンポウゲ属

キクザキリュウキンカ(菊咲立金花)です。この花は2度目で,1度目は昨年の2月28日です。葉にも花弁にも光沢があり,鮮やかな緑色と黄色です。

花の構造について,その時はキク科の花ではありませんが,周囲の舌状花に対して,中心部は筒状花と思っていました。

d0006690_15511365.jpg花径4センチほどの中心部です。

筒状花のようにも見えますが,蕊(しべ)のようにも見えます。どちらなのでしょうか。あるいはどちらでもなくそれ以外なのでしょうか。ネットで調べてみましたがわかりませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-04 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2017年 03月 03日
ひな人形,眉について知ったこと
3月3日は桃の節句,雛祭りです。とはいえ,これは旧暦3月3日のことです。きょうは旧暦2月6日。旧暦3月3日は今年は3月30日です。しかし,3月3日も5月5日も7月7日も新暦で行われるのが一般的です。

d0006690_13112314.jpgところで,飾り雛のうち,三人官女の真ん中の女性には眉がありません。写真を拡大するとわかりますが,唇のの間から僅かにお歯黒が見えます。左の官女にはお歯黒はありません。

段飾りは江戸時代からだそうですが,お歯黒は江戸時代には既婚女性の証だったそうです。

雛人形は平安時代の殿上人を模しています。この時代,既婚者は眉を剃ったそうです。したがって真ん中の官女は既婚者ということになります。加えて,江戸時代を重ねれば,真ん中の官女はお歯黒もしています。

d0006690_13303385.jpg内裏雛の女雛には眉があります。ですから,これは既婚者ではありません。

3月3日,この日が婚姻の儀の日であるとすれば,女雛の眉は翌日にはなくなるかと思われます。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-03 18:00 | つれづれに | Comments(2)