<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 30日
リンドウです
d0006690_1743233.jpgリンドウ リンドウ科 リンドウ属

リンドウと教えていただきました。名前は昔から知っていましたが,見るのは初めてです。

漢字では「竜胆」です。リンドウは生薬の「リュウタン(竜胆)」の原料となることが名前の由来のようです。なお,「竜胆」というのは「竜の肝のように苦い」とのことです。

リンドウには春咲きと秋咲きとがあり,これはもちろん秋咲きです。背丈は15センチでしたが,45センチくらいまでにはなるようです。

リンドウの仲間は約400種(日本にはそのうち約18種)が分布しているそうです。変種や改良種も多く,「園芸店でよく売られているのは別種のエゾリンドウの栽培品種のことが多い」との記述もありました。これはどうんでしょうか。

d0006690_17453100.jpg花径は2センチほどです。

色は紫色が一般的ですが,桃色,白色もあるようです。

花言葉は「誠実」,「正義」はいいとして,「悲しみにくれてるあなたを愛する」もあります。リンドウの別名の疫病草(えやみぐさ)を考えると複雑です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 29日
コチア・ダイヤモンドダスト,マイレアナ・セディフォリアの流通名です
d0006690_1114911.jpgコチア・ダイヤモンドダスト(マイレアナ・セディフォリア) アカザ科 マイレアナ属

コチア・ダイヤモンドダストは流通名です。旧学名のコキア(コチア)からの流通名で,コキアと言えば,普通は同じアカザ科のホウキギ(ホウキグサ)のことです。ですからこちらはマイレアナ・セディフォリアが正しいようです。

オーストラリア原産の常緑低木です。高さ,横幅とも1メートルくらいになるようですが,この高さは30センチほどでした。

雪を被った針葉樹を思わせ,クリスマスリースの素材として、最近では鉢物としても人気が高いようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日
ニチニチソウの咲き方
d0006690_1058815.jpgニチニチソウ キョウチクトウ科 ニチニチソウ属

日に草の花期は冬期を除いた5月〜11月とずいぶんと長いようです。また,品種も多様です。

これは花弁の裏が白いニチニチソウです。

d0006690_10585863.jpgこれまで,ニチニチソウの蕾には関心がありませんでした。と言うよりも蕾をほとんど見てはきませんでした。

その蕾から開花する花の咲き方が面白いと思いました。
蕾はありませんでしたが,蕾で検索してみると,蕾は巻いていて,それがほどけていくようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 27日
寒暖差の小さな日,2006年以降では最少の1.5度
【追 加】
27日の寒暖差は1.5度でした。「寒暖差の小さな日」の表を追加し下のグラフを差し替えました。

d0006690_7494874.jpgきょうもおかしな天気です。終日の雨はいいのですが,朝の最低気温は平年より6.0度も高い10.2度,10月下旬並みです。しかし,終日の雨でその後も気温は高くなりませんでした。最高気温は平年より2.5度低11.7度(午後5時現在),こちらは12月中旬並みです。

10月下旬から12月中旬へ,それがきょうの気温ですが,寒暖差は僅か1,5度です。21時以降には11.9度以上が予想されていますが,今現在の日寒暖差1.5度は2006以降では最も小さい寒暖差です。

2006年以降で寒暖差の最も小さかったのは1.7度で,2009年10月7日,2013年8月24日,2013年10月23日の3回でした。さて,深夜の気温はどうなりましょうか。 
d0006690_7571021.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-11-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 26日
8日振りの小春日和
きょうの最高気温は平年より2.1度高い16.5度でした。気温の高さから言えば11月中旬並みですから,特段に暖かった訳ではありません。しかし,この3日間が12月初旬並みの寒さであったこと,今朝の最低気温が今季最低の2.4度(平年差,−1.9度)であったこと,日差しがたっぷりで風もほとんどなかったことなどからとても暖かくかじられ,8日振りに小春日和を楽しむことができました。

これまでも気温の高い日はありましたが,気温布高さ,日差し,風の弱さの3つがそろったのは18日以来です。

d0006690_1694261.jpgこの小春日和にぶらっと出かけて,思いがけないものをいくつか見ました。

その1
モンキチョウ
この時期に飛んでいても不思議ではないようですが,私にはとても珍しいものでした。
モンシロチョウも見たのですが,撮影に失敗しました。

d0006690_16101338.jpgその2
コマツヨイグサ
花期は11月頃までのようですが,イメージとしては5月〜8月の花です。

d0006690_16103141.jpgその3
オオイヌノフグリ
すぐ近くにホトケノザのありましたが,ホトケノザは年中無休みたいです。

オオイヌノフグリは1月〜4月頃の花です。「近くの公園」での1番花としてしばしば登場しました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 25日
寒い1日,けれども奈良地方気象台の「冬支度」はまだです
d0006690_16291472.jpg昨日の最高気温と今朝の最低気温です。

昨日の最高気温  12.0度(平年差,−2.7度)
今朝の最低気温  3.2度(平年差,−1.3度)

ともに今季最低でした。昨日の東京では都心で観測史上初めて11月の積雪を観測したようですが,寒かったのは全国的だったようです。今朝に「今季最低」を記録したのは全国929観測地点中,半数を超える52.4%の487地点でした。この内,48地点(5.2%)では「11月の観測史上最低」を更新しました。

いよいよ冬です。すでに立冬過ぎて,22日からは二十四節気の「小雪(しょうせつ)」です。

  小雪 冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)

冬と言えば奈良地方気象台の「冬支度」はまだのようです。地方気象台の「冬支度」とは気象庁の「防災情報」・「気象に関する観測情報」→「アメダス・表形式」から「奈良県」→「奈良」を選択すると,毎正時の気象情報が見られます。私はこれを「毎正時の気温」と呼んでいますが,その画面に「積雪深」の項目が追加されることを,私は「気象台の冬支度」としています。

このことに気づいたのは一昨年からです。奈良地方気象台の「冬支度」は
  2014年  11月6日
  2015年  11月25日
でした。

きょうの午後5時現在,「冬支度」は行われていません。奈良地方気象台によれば「冬支度」の開始には特に決まりがなく,気象状況等を見て任意に決めているとのことです。きょうの午後4時が「冬支度」まだの地方気象台は奈良以外には以下の気象台(那覇を除く)です。
  静岡,名古屋,奈良,岡山,山口(下関),高知,福岡,長崎,宮崎
佐賀はきょうの10時以降に「積雪深」の項目を追加し,12時から運用を始めています。

なお,昨年の静岡と宮崎は少なくとも1月8日までに追加はされませんでした。その後のことは不明です。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-25 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 24日
「大」の字に見えるからダイモンジソウ(大文字草)
d0006690_17452432.jpgダイモンジソウ ユキノシタ科 ユキノシタ属

ユキノシタと同じように,5枚の花弁(6弁,7弁も混じっていますが)の内,上の3枚が短く,下の2枚が長く,漢字の「大」にみえることから「大文字草」です。

ダイモンジソウは,山地帯から亜高山帯付近の湿った川沿いの岩場や草地に生える多年草で,北半球には約300種,日本には16種ほどあるようです。

近年では,育種が進み多弁,円弁,八重や花弁に切れ込みが入るものなど多くの園芸種があり,「大」ではくくれない多様さです。


d0006690_17454860.jpg花径は2~3センチで,花の色も赤,ピンク,白などがあります。

雄しべは長さ3〜4ミリで10個あり,葯は橙赤色または暗紅色になるとのことですが,花の終わりころのためかよくはわかりませんでした。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-24 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 23日
冬です,「体感温度」の出番です
d0006690_17261247.jpg冬です。今季も「体感温度」の出番です。

買い物から帰った午後3時の気象です。
  気温  10.4度
  湿度  57%
  風速  2.4m/s
   →体感温度 3.4度

冬の訪れと共に,きょうも「おかしな天気」でした。

きょうの最高気温は平年より1.6度低い13.3度でしたが,12月上旬並みと言うだけでなく,これを記録したのは午前2時35分でした。その後,午前4時以降は13度どころか12度をも超えることはありませんでした。

11月19日の最高気温の記録は午後6時27分でしたが,きょうは未明の2時35分です。

最低気温と言えば,午後5時現在では午後5時の8.8度ですが,12時には5度,明朝は4度まで下がり,明日の最高気温は今季最低の11度の予想です。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 22日
「近くの公園」の樹木の伐採とイルミネーション
「近くの公園」の北側の樹木がほとんど伐採されたのは9月10日でした。その折に作業中の人に聞いたら「イルミネーションを作るとか」でした。その「イルミネーション」がわかりました。

写真は一昨日の夕方です。イルミネーションの飾り付けが終わっての試験点灯でした。このイルミネーションは県下最大級の25万球の「光の祭典」として昨年まで駅前広場(駅の東側)で行われていました。それが今年は駅前広場が再開発の工事中のために,会場は駅の西側の「近くの公園」に移されました。池の周囲にイルミネーションを施していますが,その他の装飾物は昨年までとほとんど同じです。

「光の祭典」は12月4日から1月13日までの41日間です。メインとなるのは写真の上の軽トラなどが駐車しているあたり(これで左半分の広さです)です。この公園の道路を挟んだ手前に私が住むマンションはありますが,いくつかのイベントでちょっとうるさいかなとは思いますが,それはともかくも,1月14日以降のことが気になります。

写真の左上の黄色で囲った部分にあった樹木が9月に除去されました。駅から出て,このイルミネーションが見通せるようにでしょうか,軽トラが駐車している場所の上にあった樹木も7本ほど除去されています。今年以降は毎年ここで「光の祭典」を行うにせよ,行事が終わった1月14日から次回開催の12月初めまでは,黄色で囲った部分はむき出しのままなのでしょうか。

季節の花が見られる花壇にすると言うような計画があっても良さそうに思いますが。そうでもなければ,41日間のイベントのために除去された樹木が哀れすぎます。
d0006690_1651034.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-11-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 21日
四季咲き? ムシトリナデシコ
d0006690_1604256.jpgムシトリナデシコ ナデシコ科 マンテマ属

ムシトリナデシコが咲いていました。開花期は5~8月ころですから,ちょっと季節が外れています。鉢に立派に育っていますから,返り咲きでもなさそうです。

ナデシコには「四季咲き」がありますから,「四季咲き・ムシトリナデシコ」があってもいのかも知れません。

以前にも書きましたが,枝の真ん中あたりで粘着性の分泌物を出し,そこに虫とかがひっつくので「虫取り」の名前が付いていますが,食虫植物ではないので消化,吸収はしません。地面から這い上がってくる虫へのガードとの説が有力のようです。

d0006690_161641.jpg花径は1.5センチほどです。花の色は濃いピンクが一般的ですが,まれに白色もあるようです。

先に雄しべが出て,その後から雌しべが出ます。雄しべは10本で,黒い葯をつけますが,すぐに落ちてしまいます。

5枚の花弁のつけ根には2つずつ鱗片があり,それが副花冠のように見えます

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-21 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)