<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 31日
いよいよ暑さの極みへ
d0006690_1785472.jpg今日の奈良の最高気温は,34.8度,猛暑日にはなりませんでしたが,5日の35.5度次ぐ暑さでした。

この1週間の真夏日と猛暑日を観測した地点数です。真夏日,猛暑日ともきょうが今年の最多です。

     真夏日  猛暑日
  25日 286    0
  26日 355    0
  27日 355    7
  28日 506   20
  29日 639   27
  30日 662   32
  31日 666   58(午後5時現在)

全国の観測地点数は929地点ですから,真夏日を観測した地点は昨日が71.3%,きょうは71.7%です。

北海道の観測地点は173カ所です。これを除くと,つまり本州以西で真夏日を観測した地点は昨日が86.4%,きようが84.3%です。いよい暑さの盛りに向かいます。

平年の奈良は,8月2日〜11日までの32.9度が暑さの極みです。緊張(stress)の夏です。
d0006690_17565492.png

[PR]

by gakis-room | 2016-07-31 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2016年 07月 30日
土用,土用明けのこと
d0006690_17453721.jpgきようは土用の丑の日,ウナギは好きですが,ながらく鰻重とも蒲焼きとも無縁な生活をしています。ところで土用は立春,立夏,立秋,立冬の18日±1日前の期間です。このことについてはかつて「きょうは(冬)土用の入り」として書きました。

今年の土用の期間です。
  冬土用  1月18日〜2月3日   17日間
  春土用  4月16日〜5月4日  19日間
  夏土用  7月19日〜8月6日  19日間  
  秋土用  10月20日〜11月6日  18日間

ところで「土用明け」の日ですが,私は「土用が終わった翌日」,すなわち立春,立夏,立秋,立冬の日だと思っていました。しかし,どうも「土用の最終日」を言うようです。

「土用明け」とは「土用が明けた日で」はなく,「土用の明ける日」のことのようです。しかし「喪明け」は「49日」が過ぎた50日目です。49日目は「忌明け=忌中が終了」のようです。とすれば,「土用明け=土用の最終日」です。どうもわかりにくいですね。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-30 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2016年 07月 29日
熱中症指数を見て,ますます引き籠もりがちに
d0006690_12325234.jpgヤフーの「天気」から「都道府県」→「市町村」の「今日明日の天気」を見ると,今日明日の天気と気温の下に「熱中症指数」が表示されます。

「熱中症指数」は左の5段階です。(  )内は実際の気温ではなく,「WBGT温度」です。「WBGT温度」とは,暑さ指数(WBGT)のことで,人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標です。人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度, ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境, ③気温の3つを取り入れた指標です。
   ※気温と湿度を元にした「WBGT温度」は下に

環境省の「熱中症予防情報サイト」では,「危険」段階での注意事項として,
  高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
  外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

と,なっています。

こんな注意の「危険」を毎日目にするとますます引き籠もってしまいます。

ここで各地の「暑さ指数(WBGT)の実況と予測」を知ることができます。

【暑さ指数の目安,「WBGT温度」】
日本気象学会による気温と湿度と「WBGT温度」との関連表です。気温と湿度は室内のものです。
d0006690_1271971.jpg
[PR]

by gakis-room | 2016-07-29 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2016年 07月 28日
9月,10月はどの位の暑さでしょうか
d0006690_17271365.jpgきょうの最高気温は平年より0.7度高い33.2度,0.7度ですが,平年を上回ったのは6日振りです。7月の下旬としては比較的凌ぎやすい日々です。

7月の初めはどうなることかと思いました。7月5日には35.5度の「猛暑日」で,「猛暑日」の初日の早さとしては観測史上6位タイの早さでした。しかし,中旬,下旬となるにしたがって,暑さはレベルダウンしていきました。下旬は残り3日ほどありますが,いずれも平年以下のようです。

【旬毎の最高気温】
  1日〜10日   32.4度(平年差,+3.1度)
  11日〜20日  31.1度(平年差,+0.4度)
  21日〜28日  31.5度(平年差,−0.6度)

このように比較的凌ぎやすい奈良の7月でしたが,8月ともなると一転して暑い夏となりそうです。しかもその暑さは9月,10月へと続くようです。

8月はともかくも,9月の暑さとはどれくらいなのでしょうか。2〜3度の暑さならまだしも,2010年の上旬のようにはならないことを願うばかりです。12日までに8回の「猛暑日」を数えました。もう,6年まえの体力も気力もありませんから。

【2010年9月の最高気温】
  1日  35.4度(平年差,+4.4度)
  2日  34.6度(平年差,+3.8度)
  3日  35.3度(平年差,+4.7度)
  4日  36.9度(平年差,+6.5度)
  5日  36.7度(平年差,+6.5度)
  6日  35.2度(平年差,+5.3度)
  7日  35.1度(平年差,+5.4度)
  8日  31.4度(平年差,+2.0度)
  9日  31.6度(平年差,+2.4度)
  10日 33.9度(平年差,+5.0度)
  11日 35.9度(平年差,+7.3度)
  12日 36.0度(平年差,+7.6度)

13日以降も暑い日が続きましたが,さすがに「猛暑日」はありませんでした。それでも9月の最高気温は観測史上1位の30.5度の暑さでした。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-28 18:10 | つれづれに | Comments(0)
2016年 07月 27日
最低賃金,24円の引き上げですが・・・
d0006690_17373519.jpg2016年度の法的拘束力を持つ「地域別最低賃金(時給)」の引き上げの目安がまとまりました。26日付けで公表された引き上げ幅は表の通りです。

このような中央最低賃金審議会の引き上げの目安をうけて,各都道府県の地方最低賃金審議会では8月末頃までには都道府県毎の「地域別最低賃金」が確定します。

引き上げ幅の目安は全国加重平均798円で,現行より24円アップです。この引き上げ幅は,単純に比較できる2002年以降では,過去最大であった昨年の18円を上回り,安倍政権が目指す「3%」の伸びを達成したことになりました。また,全国最低の714円の鳥取,高知,宮崎,沖縄でも初めて700円台となりました。
  2016年  24円
  2015年  18
  2014年  16
  2013年  15
  2012年  12

しかし,全国最低の714円は当然のこと,全国加重平均798円でも,全国最高の東京の932円でも,私には低すぎるように思われます。

  ※憲法25条  全て国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を
         有する。

【最低賃金での生活】
 ・鳥取,高知,宮崎,沖縄の場合
    月収  714円×8時間×22日=125,664円
    年収  125,664円×12月=1,507,968円

 ・東京の場合
    月収  932円×8時間×22日=164,032円
    年収  164,032円×12月=1,968,384円

いずれも場合もこれは手取りではありません。ここから所得税,社会保険料等をひかれますから,消費支出(可処分所得)はもっと低いものになります。

【地域間格差は広がりました】
最高(東京,932円)と最低(鳥取,高知,宮崎,沖縄の4県,714円)との差は218円となり,差は大きくなりました。
  2016年  218円
  2015年  214
  2014年  211
  2013年  205
  2012年  197

【非正規労働者の増加】
総務省統計局の「労働力調査」によれば,近年の非正規労働者は依然として増加しています。もちろん「非正規労働者の賃金=最低賃金」とは必ずしもなりませんが,パート,アルバイト等に最低賃金は大きく影響していると考えられます。

【非正規労働者の割合】
  2015年  37.5%  1,980万人
  2014年  37.4%  1,962万人
  2013年  36.7
  2012年  35.2
  2011年  35.1
  2010年  34.4
  2009年  33.7
  2008年  34.1
  2007年  33.5
  2006年  33.0
  2005年  32.6
  2004年  31.4
  1984年  15.3%   604万人
[PR]

by gakis-room | 2016-07-27 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2016年 07月 26日
昨日の花はマーカレットコスモスでした
d0006690_945188.jpgマーガレットコスモス キク科 ステイロディスカス属

昨日の花は「ユリオプスデージーではなくマーガレットコスモス」との訂正をいただきました。
なお,マーガレットはモクシュンギク属,コスモスはコスモス属です。

南アフリカ原産で,別名はイエローエンジェルです。花期は4月〜12月です。マーガレットコスモスとユリオプスデージーの花はよく似ていて,しばしば混同されるようですが,見分けの違いは花期以外に葉の色です。

 ・ユリオプスデージー  細かい毛が密集しており,
             灰白色
 ・マーガレットコスモス 明るい緑色

これで昨日の葉の色の違い,「灰白色」と「緑色」についての疑問が解けました。別の花でした。

d0006690_951367.jpgマーガレットコスモスもまた年を経ると木質化します。常緑低木ですから落葉したらそれは枯れたということのようですから,上の写真の手前の葉のないものはすでに枯れているのかも知れません。

花期は4月〜12月ですが,同じ時期に一斉に咲いて一旦枯れ,再び咲く…というサイクルを繰り返すようです。昨日は「名残の花」としましたが,単に花の数が少ないだけでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-26 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 07月 25日
名残のユリオプスデージー
訂正
ユリオプスデージーではありませんでした。
マーガレットコスモスのようです。
(7月26日)

d0006690_15323928.jpgユリオプスデージー キク科 ユリオプス属

ユリオプスデージーと教えていただきました。

南アフリカ原産の常緑低木です。1970年代にアメリカ経由で渡来しました。

背丈は50センチほどです。デージー(ヒナギク)の名前が付いていますが,年を経ると茎は木質化してゴツゴツしてきます。手前の葉のないものがそれです。

葉は羽状に深く切れ込んでいます。「柔らかい毛が密生し,灰白色に見える」とするサイトが複数ありました。近寄ってみても「毛の密生」はありませんでした。

画像検索してみると「灰白色」と「緑色」のどちらもありました。[灰白色]は季節的なものなのか,あるいは他に原因があるのか、私には不明です。

d0006690_15351131.jpg花径は3センチほどです。花茎を15センチ前後伸ばして先端に1輪の花を付けます。

花期は11月から5月ころですから,この花は名残の花です。盛りの時に見てみたいと思っています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-25 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 07月 24日
イソトマです
d0006690_1848010.jpgイソトマ キキョウ科 イソトマ属

イソトマです。背丈は30〜40センチくらいです。

イソトマについてはこれまで2度書いています。1度目は2008年の7月です。この時初めてイソトマを知りました。まだ,「全体像+接写」という形をとる前のことでした。それで再びと言うわけです。

2度目は2014年の10月です。この時はピンクのイソトマでした。

d0006690_18481731.jpg花径は3センチほどです。

開花期は4月から10月と長いですが,どうも
  (4月〜7月)+(9月〜10月)
のようです。秋に咲くのは7月下旬に切り戻した場合だそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-24 19:20 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 07月 23日
3か月半ぶりにメガネのある生活が始まりました
d0006690_17273755.jpgきょう,メガネができてきました。矯正視力は「1.5がみえたり,見えなかったり」とわかりにくい数値ですが,視力検査では1.3とか1.4はありませんから,1.5と1.2の中間,「約1.5」といったところでしょうか。

手術まえのメガネの調整の時,もう10年以上も前の話です。「メガネが合わなくなるとこれまでは度を強くしてきたが,歳と共に遠くをちょっと犠牲にして度を少し弱めたほうがよい,老眼対策にも」と言われました。行きつけのメガネ屋の弁です。

それで,そのアドバイスに従ったのですが,一体,その時の視力はいくつだつたのでしょうか。不自由さはありませんでした。そして,老眼鏡の必要のないまま時間が経過し,白内障の手術でした。手術の名称は「水晶体再建術」です。水晶体を取り出して,眼内レンズを挿入するというものでした。眼内レンズの焦点は近くに合わせました。このレンズの耐用年数は100年とか(笑)。

手術の結果,新聞を読む時やパソコンに向かっているときは裸眼です。メガネ着用ではチカチカして,むしろ見えづらい感じです。裸眼でも手術前の強制視力の時よりもよく見えるようになった気がします。しかし,私は強度な近視でしたから,手術後も近視は残って,遠くはぼんやりとしています。たとえば,3メートルくらい離れた位置でテレビをみているのですが,字幕,テロップの類いは読めませんでした。

言うまでもないことですが,「視力約1.5」はたいしたもんです。見えすぎるほどです。これまでは道を歩いていてもかつては見えていたキュウリグサの花が見えませんでした。キュウリグサよりも大きな花,たとえばオオイヌノフグリもぼんやりとしか見えませんでした。しかし,きょうからは違います。小さな草花も見えます。テレビのテロップも読めます。映画館では後部座席でも,字幕も含めてよく見えるかと思います。

しかし,これまでなかった不便さはあります。外出時には問題はないのですが,新聞,読書,パソコンなどの時には,メガネを外します。室内にいる時のメガネのする,しないにはしばらくの慣れが必要のようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-23 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2016年 07月 22日
暑中お見舞い申しあげます,あるいは漢字の読みについて
d0006690_16572179.jpgきようから8月6日までの16日間は二十四節気の大暑です。1年で1番暑いとされている期間です。

  大暑(たいしょ)  
   暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)

「暑気」が極まって,しかも行き場がなくなっているというのですから,これ以上の暑さはあり得ないというわけです。

奈良の暑さの極みは,8月2日から8月11日までの32.9度ですが,昨日発表された「近畿地方 1か月予報」よれば,この期間はなんとか平年並みのようです。そうあってほしいと思っています。

【「大暑」の「大」の読み方について】
  「だい」,「おお」,「たい」の読み方については「特別な言葉の読み方辞典(1)」によりました。

後に漢語・音読みが付く場合は「だい」,後に和語・訓読みが付く場合「おお」と読むようです。では「だい」と「たい」の区分けは次のようです。

  「だい」  後に付く漢語が呉音の読みの場合
  「たい」  後に付く漢語が漢音の読みの場合  

では「呉音」,「漢音」との違いは。

  呉音  奈良時代に遣隋使や留学僧が長安から漢音を学び持ち帰る以前にすでに日本に定着していた漢字音
  漢音  奈良時代後期から平安時代の初めごろまでに、遣隋使・遣唐使や留学僧などにより伝えられた漢字音

中国での発音の変化に伴って日本でも発音を変化させるのではなく,日本では2通りの発音を受け入れました。しかも後に「唐音」の読みがこれに加わります。漢字の読みの難しさです。

  唐音  平安時代末〜江戸時代を通じて禅宗の留学僧や民間貿易の商人たちによってもたらされた漢字音

たとえば「行」は
  呉音  ぎょう  行事
  漢音  こう   銀行
  唐音  あん   行灯

クーラーのかかった部屋の中ですが,なんだか汗ばんで来ました。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-22 18:00 | つれづれに | Comments(2)