<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 04月 30日
デンドロビウム(キンギアナム系)です
d0006690_15391593.jpgデンドロビウム・キンギアナム系 ラン科 セッコク属

デンドロビウム・キンギアナム系かと思います。オーストラリア原産のデンドロビウム・キンギアナムを元に交配育種です。

背丈は30センチほどです。


d0006690_15393692.jpgラン科特有の形の花の大きさは2〜3センチほどです。

花の色は赤紫からピンク系,白がほとんどですが,最近は黄色の花もあるそうです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 04月 29日
オニノゲシ,ノゲシとの違い
d0006690_18234658.jpgオニノゲシ(鬼野芥子) キク科 ノゲシ属

「近くの公園」です。ノゲシほどではありませんが,よく見かけます。ヨーロッパ原産です。背丈は高いものだと1メートルくらいになります。頭花は黄色で花径は2センチくらいです。

葉の鋸歯の先は鋭い刺になっており,触ると痛みを感じます。ノゲシも同じような鋸歯がありますが,触っても痛みは感じません。この痛みを含めての見かけの荒々しさが「鬼」たるゆえんかと思われます。

もっとも同じ「鬼」でも「完全武装のアメリカオニアザミ」に比べればかわいいものです。逆にオニタビラコ(鬼田平子)ともなると刺すらなく,こちらはむしろ気の毒に思える命名です。

d0006690_10184441.jpgオニノゲシはノゲシと花も葉もほとんど同じで,私にはその違いがわかりません。

刺の痛さ以外に,見た目の違いは,オニノゲシはノゲシに比べ葉の緑が濃くて光沢があり,刺が多いこともありますが,何よりも葉の付き方が違います。

オニノゲシは茎を抱く葉の付け根は鋸歯がありますが丸まっていますが,ノゲシは付け根が突き出して尖っています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-29 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 04月 28日
22日ぶりの洗髪と洗顔,白内障の手術のことなど
d0006690_13391270.jpg昨夜の洗髪と今朝の洗顔は22日振りのことでした。4月6日に左目を,4月13日に右目の白内障の手術をしました。手術の日から2週間は洗髪,洗顔は不可とのことでしたから,計3週間,洗髪と洗顔ができませんでした。

目が見えづらくなってきたので,眼科に行ったのが一昨年の9月でした。白内障と診断され,手術をすることになり,手術の予定は翌年(昨年)の2月でした。その後私の都合で手術は5月に延期となりました。

昨年の4月,手術予定の1か月前の受診で「血圧が高過ぎるので,まず血圧を下げること,手術はその後で」となり,循環器内科に通うことになりました。内服薬を飲み続けて1年,今年になって血圧もなんとか130〜140台となり,いよいよ手術です。日帰りです。

手術は午前9時過ぎからでした。手術そのものは10分余でしたが,独居生活ですからその後が大変でした。

6日  左目手術。左目は眼帯で,メガネが使用できませんでしたから,翌朝の受診までは強度の近視の右目裸眼だけ
    での生活でした。

7日〜13日 眼帯は7日の朝の受診で外せましたが,少しよく見えるようになった左目にはこれまでのメガネは合いま
       せん。それでメガネなしの生活です。
         ※左目の状況   新聞,パソコンはメガネなしで十分です。メガネの時よりむしろよく見えるよう
                  にさえなりました。遠くは少しぼやけています。いずれメガネを調合することに
                  なります。

13日  右目手術。右目は眼帯,翌朝までは左目だけでの生活です。

14日〜  朝の受診で右目の眼帯がとれ,室内ではメガネなしの生活です。「右目の状況」で書いたように,デスクワ
     ークは快適です。外出時にはサングラスを使用することにしました。ただ,就寝時には無意識に目をこすら
     ないよう写真のような「当てがね」を紙テープで止めて寝ます。2週間ですから,12日までは左目だけ,13
     日からは両目を,20日からは27日までは右目だけです。夜にトイレに起きる時がちょっと面倒でした。面倒
     と言えば,時間差で左右異なる4種類の目薬の点眼です。しかし,これは明日からは両眼共用で2種類にな
     ります。

それで,不可とされた洗髪は理髪店での上向き洗髪なら可とのことで,4回ほど行きました。洗顔は濡れタオルで軽く拭く程度でした。術後の目が安定するまでには1か月ほどが必要です。それで新しいメガネを作るまでは室内ではメガネなし,室外では度のないサングラスの生活になりますが,それ以外はきょうからほぼ以前の日常生活に戻ります。裸眼視力はきょうの受診では左右とも0.5です。

次回の受診は5月30日です。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-28 18:50 | つれづれに | Comments(6)
2016年 04月 27日
八重咲きのペチュニア
d0006690_8134224.jpgペチュニア ナス科 ペチュニア属

ペチュニアの八重咲きです。
品種改良によって500種以上もあると言うペチュニアです。花の色も赤,ピンク,青,紫,白,黄,複色と多様です。

初めて八重咲きのペチュニアを見ました。このような色合いの八重をなんと言うのでしょうか。
花の大きさは3〜4センチほどです。

ある苗会社のサイトではこれとそっくりな品種を「ピロエット レッド」としていました。

d0006690_14262655.jpg色違いです。
上記のサイトでは「ピロエット パープル」となっていました。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2016年 04月 26日
きょうは今年最高の28.0度,6月下旬並みでした
d0006690_17115090.jpg2日続きの黄砂も去って,きょうは久しぶりにいい日よりでした。日照時間も10.8時間(午後5時現在)と20日以来の10時間超えです。

気温も上がりました。午前9時には20度を超え,きょうの最高気温は平年より6.1度高い,「今年最高」の28.0度,6月下旬並みです。それでいて湿度は低かったですから,午後からの「私のベンチ」で受ける緩やかな風も心地よいものでした。

「さわやかな天気」とは,気象庁では「秋に,移動性高気圧におおわれるなどして,空気が乾燥し,気温も快適な晴天の場合に用いる」ことが多く,原則として夏期,冬期には用いないようですが,
  青い空,白い雲,たっぷりとして日差し,
  風の通る樹木のしたの日陰
はやはり,「さわやか」でした。

「今年最高」は奈良だけでなく,38都府県の247地点で「今年最高」を記録しました。これは全国929観測地点の26.6%にあたります。北海道の173地点では「今年最高」はありませんでしたから,本州以南では33.5%となります。

【「今年最高」が多かった日】
      地点数  %  奈良の気温
4月9日   323  34.8   24.1度
4月14日  317  34.2   24.8
4月16日  133  17.6   26.4
4月26日  253  27.2   28.0

5月5日の立夏まであと9日です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-26 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2016年 04月 25日
白色の紫の蘭,シロバナシラン(白花紫蘭)
d0006690_13284035.jpgシロバナシラン(白花紫蘭) ラン科 シラン属

シロバナシランです。シランの白系ですが,「白色の紫の蘭」とは面白いネーミングです。

以前にムラサキクンシラン(ユリ科,アガパンサス属)の白色を見たときに「白くてもムラサキ・クンシラン」と微苦笑でした。これで2度目です。

別名はハクラン(白蘭)です。こちらの方がすっきりしています。


d0006690_13285689.jpg3年前にシランを見たときに内花被片と外花被片を知りましたが,その内花被片のひとつである「唇弁」の下部の襞(ひだ)の様子がよくわかります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-25 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 04月 24日
黄砂がやってきた
d0006690_179152.jpg黄砂がやってきました。昨日は下関を含む日本海側の7地点で観測されましたが,きょうは範囲が広くなって,近畿地方と東北地方でも観測されています。

今年は3月までは黄砂の観測はありませんでしたが,4月になって中国地方の日本海側では1,2度観測があったように思います。

近畿地方での観測は今年初めてです。この黄砂,明日1日は続くようです。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-24 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2016年 04月 23日
白地に赤紫の筋が入ります,オノエマンテマ
d0006690_16415472.jpgオノエマンテマ ナデシコ科 カスミソウ属

オノエマンテマと教えていただきました。
ヒマラヤ原産です。昭和初期に渡来したようです。「オノエ」とは「尾上」で,山の頂を意味します。しかし,「マンテマ」の名がついていますが,「マンテマ属」とは無縁です。

背丈は5〜10センチほどです。カスミソウの仲間であることから,別名をカーペットカスミソウと言います。這うように広がるのでグランドカバーにも利用されるようです。

d0006690_16421872.jpg花径は1センチほどの小さな花です。

白地に赤紫の筋がたくさん入ります。雌しべは2本,雄しべは10本です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-23 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2016年 04月 22日
いい満月でした
d0006690_19333949.jpgきょうの午前中は全天に雲が広がっていましたから,今年最小の満月を見ることができないかもしれないと思っていました。しかし,午後からは雲は次第に薄れて,青空が広がりました。太陽が沈む頃には東の空には雲はありませんでした。

午後7時過ぎです,山の上に出てくるのが見えました。「最小」はともかくも,待って満月を見たのは久しぶりのことです。

d0006690_19335634.jpgおまけの入り日です。

きょうの日の入りは午後6時34分,月の出は6時36分です。月が山の上に出てくるまでに30分以上かかりますから,入り日→月の出となります。

昨日であれば,月の出は午後5時43分,日の入りは6時31分でしたから,「菜の花」はありませんが,「月は東に日は西に」となるところでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-22 19:50 | つれづれに | Comments(2)
2016年 04月 21日
明日の夜は晴れたらいいな,今年最小の満月
d0006690_11184222.jpgきょうは旧暦3月15日,十五夜ですが,生憎の雨で十五夜を見ることはできません。しかし,天文学上の満月は明日22日です。時刻は午後2時24分ですが,奈良の月の出は午後6時36分ですから,7時過ぎには東の山の上に満月を見ることができます。

この満月は今年最小の満月です。最大の満月をスーパームーンと言いますが,最小の場合はマイクロムーンといいます。初めて知りました。

最小の満月と言っても,隣に最大の満月を並べてみなければ,それがどのくらい小さいのかわかるはずもありません。それでも単なる満月ではなく,「最小」を念頭に満月を見たいと思いました。ですから,明日の夜は晴れてほしいと思っています。

今年最大の満月,スーパームーンは11月14日午後10時時52分です。来年はスーパームーンのない年で,これをシャイムーン・イヤーと言うようです。そして,2018年は1月1日がスーパームーンです。

※写真は国立天文台「ほしぞら情報2016年」の「今年最小の満月」の説明文を加工しました。
※視直径  対象(月の直径)を底辺,私たちの目を頂点とした二等辺三角形の頂角のこと。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-21 18:00 | つれづれに | Comments(2)