<   2014年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 31日
ゆっくりとゆっくりと秋が更けていきます
d0006690_11541444.jpgきょうの日照時間は0時間でした。日照時間ゼロはこれで今月は4回目です。

27日に書いた「今月の日照時間」のその後ですが,10月の平均日照時間4.9時間の上下の1時間,4〜6時間の範囲を「平年並」とすれば,今月の「平年並」は5日しかありませんでした。

 ・日照時間4〜6時間の日  5日
 ・日照時間6時間以上の日  13日
 ・日照時間4時間以下の日  13日

日差しがたっぷりあるか,ほとんどないかの10月が終わり,明日からは11月,そして立冬(11月7日)まであと1週間です。しかし,昨日発表の「近畿地方 1か月予報」では,11月も寒さは厳しくはないようです。むしろ,冬の訪れが遅れそうです。もとよりこの予報は近畿地方のことであって,盆地の奈良では朝晩の冷え込みはあるに違いありません。

それでも,まだまだ身構える気持ちがないのは,「1か月予報」に加えて,きょうがまだ「閏9月」8日であるからかもしれません。今年の秋はゆっくりとゆっくりと更けていきます。
d0006690_17334262.jpg

[PR]

by gakis-room | 2014-10-31 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2014年 10月 30日
鮮紅色ですが,キバナセンニチコウ(黄花千日紅)です
d0006690_15443469.jpgキバナセンニチコウ ヒユ科 センニチコウ属

キバナセンニチコウ(黄花千日紅)です。別名をアメリカセンニチコウ,ゴンフレナというようです。

歩道の地先境界ブロックよりに顔を出していました。まわりには花壇もありませんでしたから,遠くから飛来して根付いたものと思われます。

それ故でしょうか,これは生命力と言えば生命力,貧弱と言えば貧弱です。キバナセンニチコウの背丈は普通は50〜70センチほどのようですが,これは15センチほどでした。

センニチコウには赤,ピンク,白の三色がありますが,これはくっきりとした鮮紅色です。葉もセンニチコウに比べると細身です。

d0006690_15444783.jpgセンニチコウもそうですが,1センチの球形頭花の赤色の部分は小苞で,黄色の部分が花です。花の大きさは1ミリほどですが,5弁です。

花の色は赤色の他に黄色もあるようです。それでキバナ(黄花)センニチコウなのでしょうか。しかし,画像検索してみても黄花を見つけることはできませんでした。

「鮮紅色だけれど黄花」センニチコウ,なんともおかしな感じですが,日本では黄花はそれほど流通していないのだけなのかもしれません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2014年 10月 29日
冬のリハーサル
d0006690_17291237.jpg今年の秋は長いぞ,なんて思っていたら,27日には「木枯らし1号」が吹いて,その後の朝晩の冷え込みの厳しいこと,冬のリハーサルです。

【昨日,きょうの最低気温】
28日 7.2度(平年差,マイナス2.3度) 11月中旬並
29日 5.1度(平年差,マイナス4.3度) 11月下旬並

日中も平年よりは低かったのですが,救いと言えば,風があまりなく,日差しがたっぷりとあったことでした。

【昨日,きょうの日照時間】
28日 8.4時間
29日 9.5時間

「日向ぼっこ」は冬の季語のようてすが,それは「日だまり」でのこと。午後からのひとときは,日だまりとは言えない「私のベンチ」でしたが,この季節ですから,まさか「日光浴」とは言いますまい。
明朝の最低気温は「6度」の予想です。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-29 18:30 | つれづれに | Comments(0)
2014年 10月 28日
たまには三日月でも
d0006690_1916196.jpg所用から帰宅したのが午後5時半すきでした。よく晴れた空に,と言ってもすでに日没の時刻は過ぎていましたが,三日月がきれいでした。

きょうは旧暦,閏9月5日ですから,厳密には三日月ではありません。しかし,広義では,新月から上弦の月までの月をすべて三日月と言うようですから,これも三日月でいいのかも知れません。

月を撮ってパソコンに取り込んでみると,私は三脚をもちませんから手ぶれれ気味で,シャープさに欠けていますが,それでも影になった部分まで見ることができました。

三日月と言えば,いくつかのデザインを思い出します。

d0006690_1815985.jpg伊達政宗の兜の前立(まえだて)
金色の細い前立の月は,上向きですが,左が欠けていますから,三日月です。

花王のロゴマーク
これも左が欠けているので三日月です。しかし,1943年までは現在のものと向きが逆で右向きでした。それを反転させた理由は,右向きは下弦→新月に向かうのに対して,左向きは上弦→満月に向かうので,その方が縁起がいいからとのことのようです。

イスラム諸国の国旗
「月と星」はイスラムの象徴で,多くのイスラム諸国の国旗に取り入れられています。トルコの国旗がよく知られていますが,月は右向きです。この月は下弦から新月に向かうものですから,旧暦3日の月ではありません。トルコの国旗は「新月旗』あるいは「月星章旗」と呼ばれているようで,「三日月と星」という言い方は「日本的誤解(?)」のようです。

なお,トルクメニスタンの国旗は左向きで三日月ですが,これはむしろ例外で,ほとんどのイスラム諸国の国旗の月は右向きです。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-28 19:00 | つれづれに | Comments(2)
2014年 10月 27日
日差しがたっぷりあるか,ほとんどないか,10月の日照時間
今朝の未明,雷鳴とともにひとしきり雨を降らせたにあと,8時過ぎからは日差しがありました。しかし,昼過ぎには雲が張り出して,きょうの日照時間はわずか2.5時間でした。

それにしても,今月はたっぷりと日差しがあるか,ほとんどないか,両極端です。

平年の9月の日照時間は4.9時間です。その前後1時間,つまり,1日の日照時間が4〜6時間を平年の範囲と考えると,この間に収まった日は,きょうまでの27日間で5日しかありません。

  日照時間6時間以上の日  10日間
  日照時間4時間以下の日  12日間

まあ,それでも最高気温が平年を大きく下回ることもありませんから,日差しがたっぷりとあっても,ほとんどなくても,ただただ,緩やかにゆく秋に身を委ねる日が続いています。
d0006690_18183298.jpg

[PR]

by gakis-room | 2014-10-27 18:30 | つれづれに | Comments(2)
2014年 10月 26日
秋の日が緩やかに過ぎて行きます
d0006690_16302455.jpgきょうの最高気温は平年より5.7度高い25.9度でした。今月なって7回目の「夏日」です。10月になっての7回の「夏日」はけして多いと言うわけではありません。

【10月の夏日の回数】
  2013  13回
  2012  8
  2011  5
  2010  9
  2009  5
  2008  8
  2007  6
  2006  7
  2005  9
  2004  5
  2003  3
  2002  11
  2001  7

しかし,10月の「夏日」のほとんどは中旬までのことであって,下旬(21日以降)の「夏日」は2001年,2006年,2009年,2011年,2012年と今年の6年だけです。この内,2回の「夏日」は2011年(22日,23日)と今年(21日,26日)の2年しかありません。

来週の火曜日,水曜日の最高気温は平年を下回りそうですが,それ以降は11月3日までは平年より高めの予想です。緩やかな秋の日を送るって,いいですねえ。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-26 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2014年 10月 25日
これは何だろう?
d0006690_1449674.jpg昨日の日の入り時の写真です。右上のぼんやりしたものは何なのでしょうか。パソコンに取り入れてみて,初めて気付きました。撮影時には,と言うよりも肉眼では気付きませんでした。

拡大(左上)してみて,一瞬「上弦の月間近の月」かと思いました。昨日の「日の入り」は17時12分,「月の入り」は17時27分でした。しかし,昨日は新月ですから,月は見えません。今月の上弦の月は8日の「皆既月蝕」より前の2日です。


d0006690_1511269.jpgカメラのレンズについていたゴミ? しかし,日没後の写真には何も写ってはいません。一体,あれは何だったのでしょうか。今もって謎です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-25 18:00 | つれづれに | Comments(4)
2014年 10月 24日
昨日は旧暦9月30日,きょうは旧暦「閏」9月1日
d0006690_1759130.jpg秋ですねえ。今朝の最低気温は平年より2.0度低い8.2度で,この秋3番目の低さでしたが,日中の最高気温は平年より1.6度高い22.2度でした。

日中はよく晴れました。きょうの日照時間は9.6時間でした。日差しがたっぷりとあって,風はそれほどでもなく,秋たけなわです。

きょうまでの「花の手帳」の記事数では
  5月  131件
  4月  125件
  10月 107件  
と,10月は3番目に多いのですが,「春爛漫」はあっても,なぜ「秋爛漫」はないのか,とは言わないでおきましょう,今年の秋は長そうですから。この数年,10月下旬からは急にに気温が下がって,いつも短い秋でした。

  ※ 爛漫  花が咲き乱れてぱっと明るい感じを与える様子(新明解国語辞典)

暦の上でも,今年は長い秋です。昨日が旧暦9月30日,きょうが旧暦「閏」9月1日です。閏9月29日は11月21日ですから,旧暦9月1日(9月24日)から数えると,今年の9月は59日間です。長い9月です。

来週末までは,朝の冷え込みはともかくも,日中は平年より高めの気温のようですから,久し振りに「しみじみと秋」に浸れそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-24 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2014年 10月 23日
シャリンバイの実,そして返り咲きです
d0006690_16572898.jpgシャリンバイ バラ科 シャリンバイ属

シャリンバイの返り咲きです。通常は5〜6月頃に白色あるいは淡紅色の花を咲かせます。

返り咲きの花よりも,1センチほどのきれいな紫色の実が最初に目につきました。

実は熟すにつれて,緑色→紫色→藍色→黒色と変化するようです。

この実,食べられなくはないようです。
わずかに甘味があるものの,余り美味しいとはいえないそうです。何よりも果肉も少なく,食べるにはどうも不向きなようです。

d0006690_1657235.jpgシャリンバイの花は5月〜6月です。2年前に見た花は白色でしたが,これも白色です。

他の場所でもいくつか咲いていましたが,返り咲きのためでしょうか,どれも半開きでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-23 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
2014年 10月 22日
ヒナギキョウです。ヒナキキョウソウ,キキョウソウもあって紛らわしい
d0006690_14101290.jpgヒナギキョウ キキョウ科 ヒナギキョウ属

ヒナギキョウと教えていただきました。「近くの公園」です。背丈は20センチほどです。

ヒョロヒョロと伸びた茎の先に花径5〜8ミリほどの花を1つつけます。花が桔梗に似ていて,キキョウよりも遥かに小さいので,「雛・桔梗」です。倒披針形(先端が広く,葉柄に近い方が細くなっている)の葉は茎の下部にしかありません。

最初はヒナキキョウソウかと思いましたが,違っていました。ヒナキキョウソウにはまだ出会っていませんが,いくつかの違いがあります。

ヒナギキョウとヒナキキョウソウ,これだけでも紛らわしいですが,キキョウソウもあります。こちらは何年か前に「例の田舎道」でみました。

d0006690_1485139.jpg違いはこんなところでしょうか。

花の付き毛方
ヒナギキョウ   上部に一輪だけつける
ヒナキキョウソウ 上部に一輪つけるが,その下にいく
         つかの閉鎖花を持つ
キキョウソウ   下からさいていく,場合によっては
         複数の花をつける

花の色
ヒナギキョウ   薄い青紫色
ヒナキキョウソウ 薄い赤紫色
キキョウソウ   濃い紫色

葉の形
ヒナギキョウ   倒披針形で,茎を抱かない
ヒナキキョウソウ 卵形で,中,上部では茎を抱く
キキョウソウ   円形で茎を抱く,上部までつく

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-10-22 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)