<   2014年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2014年 06月 30日
胃潰瘍ということで,最終診断
18日の胃カメラ検査時に「結果が出るのが10日後ですから」と言われて,きょう,受診しました。胃の潰瘍は大きかったようですが,組織検査でも癌などの恐れはないとのことでした。また,検便でも血は認められないとのことでした。以下は医師の指示です。

 ・4週間分の投薬をしますから,薬がなくなった頃に来て下さい。
 ・3か月後に完治しているかどうか,もう一度胃カメラの検査をします。

それで,「病名は?」との問には「胃潰瘍ということで」と素っ気のないものでした。原因についても「不明」とのことでした。

ピロリ菌との断定もありませんし,私の場合,鎮痛剤,血圧降下剤等の服用もありませんから,暴飲・暴食かストレスでしょうか。暴食は絶対にありませんから,暴飲でしょうか。確かにビールは毎晩ですが,この数ヶ月は1日1000cc以下です。

とすれば,ストレスだけが残りました。ストレスねえ,この自問自答には苦笑するだけです。胃カメラ検査の前から,胃痛,腹痛もなくなり,食欲もほぼ回復しています。ご心配をお掛けしましたが,とまれ,次の受診まで,これまでのように機嫌よう過ごすことにします。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
2014年 06月 29日
今年は疎らです,ネジバナ
d0006690_14224463.jpgネジバナ ラン科 ネジバナ属

毎年,6月の中旬になると「近くの公園」ではネジバナが咲き始めます。そして末頃には盛りとなります。それは私の楽しみの1つです。

今年はなぜか,最近になるまでネジバナが見られませんでした。ようやく,花が咲きだしましたが,しかし,疎らでさみしいものです。背丈も例年の半分くらいの15センチほどです。

中旬に除草(刈り取り)が行われましたが,それで成育が遅いだけなのでしょうか,それとも,年によって差があるのでしょうか。年による差といえば,今年はニワゼキショウもコマツヨイグサもちらほらとしか見ることができませんでした。

d0006690_1422025.jpgこちらは,2009年6月26日の写真です。例年はこうした群生が見られました。

ネジバナだけでなく,他の草もしっかりと生えています。やはり除草のせいなのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 28日
雨が少ないけれど,日照時間が多いわけでもない6月
昨夜の夜遅くからきょうの明け方にかけて5.5ミリの降雨がありました。これで,きょう午後5時現在までの6月の積算降水量は68.5ミリとなりました。

まだ,6月の雨の少なさとしては観測史上2位を保っています。
  1位  1959年  38.6ミリ
  2位  2014年  68.5
  3位  1973年  85.5
  4位  2005年  88.5
  5位  1967年  91.7

雨の少ない今年の6月ですが,日照時間は晴れ間が続かない典型的な(?)梅雨時です。きょうまでの日照時間の合計は130.2時間です。
 【6月の日照時間】
  平年      143.2時間
  今年      130.2
  多い10位   172.6(1979年)
  少ない10位  106.2(2012年)
日照時間は平年と大差がない梅雨の季節なのに,雨が少ない,このあたりがスッキリとしない理由なのでしょうか。
d0006690_1724593.jpg

[PR]

by gakis-room | 2014-06-28 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 27日
イチョウの若木,その後・2014
d0006690_16581345.jpg銀杏の落ちて,翌年に芽生えて,成長していくのを毎年楽しみにしてきました。

しかし,2012年も,2013年も,10センチにもならない前に取り除かれてしまいました。特に昨年は,歩車道境界ブロックから顔を出しているものがあり,なんと無く健気な感じがして,その後が楽しみでしたのに。

同じ場所で,今年もイチョウの若木は成育しているのを取り上げたのは5月4日でした。

今朝の様子です。2本のうち,1本はすでに取り除かれています。もう1本は健在ですが,しかし,茎の先端が折られており,なんとなくこの先が心細い感じです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-27 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 26日
にわか雨の時間差
d0006690_162163.jpg気象台の天気予報の発表は,通常は5時,11時,17時の3回です。そしてきょうの11時発表の予報では,奈良の午後は終日「曇り」でした。

ところが午後1時過ぎから雨が降り出して,2時過ぎまで続きました。それもすぐに路上に水たまりのできる激しい雨でした。しかし,奈良地方気象台のある奈良市では降水の記録はありません。私の住む町から気象台までは直線距離で8〜9㎞離れていますが,私の住む町だけの「地域限定のにわか雨」かと思いました。

しかし,午後2時に発表があり,夜までは「雨 所により雷を伴い 激しく 降る」となりました。奈良市では午後2時前から雨が降り出したようで,14時50分〜15時30までの40分間の降水量は20.5ミリです。

1時間ほどの時間差です。雨は一端は止みましたが,にわか雨ではなく,その後も断続的に降っています。午後5時30分までの降水量は21ミリです。これで今月の積算降水量は62.5ミリとなり,6月の雨の少なさでは観測史上3位の1973年の85.5ミリまで,あと23ミリに近づきました。

 【6月・降水量の少ない上位】  26日午後5時30分現在
  1位 1959  3.8.6mm
  2位 2014  62.5  
  3位 1973  85.5
  4位 2005  88.5
  5位 1967  91.7
[PR]

by gakis-room | 2014-06-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 24日
利休鼠,色の名前でした
d0006690_17195086.jpg鹿児島県枕崎では観測史上1位,札幌では18日連続の長雨,そして,きょうは関東地方では大雨の恐れとか。

奈良ではこの金,土,日に「一時雨」の予報はありますが,きょうの日中の最高気温は30.3度,日照時間は8.0時間(午後5時現在),ますます空梅雨の6月の気配です。

  雨はふるふる 城ヶ島の磯に
  利休鼠の 雨がふる

北原白秋の「城ヶ島の雨」です。私は「利休鼠の雨」の意味を最近まで知りませんでした。「利休鼠」とは灰色の一種で,「利休鼠(色の)雨」のことでした。

「利休鼠」とは,江戸地代の後期に流行した緑味を帯びた薄い灰色です。地味で控えめな色彩であることから,侘びた色として侘茶を大成させた利休にあやかっての命名との説があるようですが,千利休とは無縁です。

また,やや紫味を帯びた淡い灰色に「小町鼠」があります。小野小町によせた命名で,「これも江戸時代に流行したようです。

一口に「灰色(鼠色)」と言っても,実に多彩です。見た目だけではたして識別ができるのでしょうか。

利休鼠,小町鼠以外に,こんな灰色(鼠色)がありました。
桜鼠,素鼠,銀鼠,丼鼠,深川鼠、藤鼠、鳩羽鼠,青柳鼠,梅鼠,想思鼠,納戸鼠,紅消鼠,松葉鼠,柳鼠,葡萄鼠,白鼠, 茶鼠,藍鼠,錆鼠,濃鼠,薄雲鼠,鴨川鼠,淀鼠,水色鼠,湊鼠,空色鼠,浪花鼠,中鼠,都鼠,御召鼠,小豆鼠,臙脂鼠,紅鼠,牡丹鼠,茶気鼠,嵯峨鼠,壁鼠,生壁鼠,山吹鼠,玉子鼠,島松鼠、呉竹鼠,貴族鼠,源氏鼠,繁鼠,黒鼠
[PR]

by gakis-room | 2014-06-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2014年 06月 23日
亀の勝算の根拠は何だろう,童謡「うさぎとかめ」
きようは何もしない1日でした。それで,つれづれなるままに日暮らし(机にむかうことなく)ゴロンとソファーに横になったりして,心に浮かぶよしなしごとを,そこはかとなく(書くことはしないで)ぼんやりと考えたりしていました。

  もしもし亀よ 亀さんよ
  世界の内でお前ほど
  歩みののろい者はない
  どうして そんなにのろいのか

これって,いじめじゃないのかなあ。あるいは己の最も得意とする土俵の中で,それを得意としない相手を卑下する兎のいやらしさ。

  なんとおっしゃる 兎さん
  そんならおまえと駈けくらべ
  向こうのお山の麓まで
  どちらが先に駈けつくか

売り言葉に買い言葉ではなく,亀には「兎のひとねむり」という勝算があったからこその競争でしょうか。その勝算の根拠はどこから来るのでしょうか。亀の悪魔的な予知能力につくづく感心してしまいます。もし,私が亀だったら,

  なんとおっしゃる 兎さん
  そんならおまえと 泳ぎくらべ
  池の向こうの岸辺まで
  どちらが先に泳ぎつくか

しかし,私には競争しても,たやすくは人にひけを取らない得意とする分野を思いつきません。「兎って嫌みな奴だ」と呟くだけのようです。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-23 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 22日
ほぼ空梅雨の6月なりそうです
d0006690_18224063.jpg未明から降り始めた雨は昼前まで続きました。しかし,積算降水量はわずか11ミリです。

夕方になって,予報に反して梅雨らしいまとまった雨がありました。これでも6月の降水量はまだ41.5ミリです(午後6時現在)。

30日までの天気予報では雨の日は2日だけです。
  27日  曇り一時雨
  30日  曇り時々雨

観測史上1位の更新はなくなりましたが,恐らくは6月としての降水量の少なさでは,観測史上2位となる可能性が大きくなりました。

梅雨のないとされる札幌では,6月8日から18日まで11日間連続して1ミリ以上の雨があり(6月の積算降水量は99ミリ),これは1883年の統計開始以来初めてだそうです。また,きょうの鹿児島では48時間降水量が300ミリを 超え,観測史上の1位を更新しています。

しかし,奈良では記録的な空梅雨になりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-22 18:30 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 21日
睡眠過多?,まあこんな日があってもいいか
昨夜,床に就いたのが午後9時過ぎでした。午前1時過ぎに目覚めて,1時間ほど時間を過ごしました。ここまでは,いつものことです。その後が違っていました。

朝,目が覚めたのが午前7時少し前でした。真夜中に起きていた分を差し引いても9時間近く眠っていたことになります。午前7時の起床,これまでにないわけではありません。真夜中に目覚めて,それからなかなか寝付けなくて,明け方にようやく2度寝なんて時にはありました。

しかし,昨夜(今朝)は違っています。9時間近くも寝ています。その後も違っています。たっぷりと睡眠をとっているのに,午前中に小一時間ほどソファーで眠りました。さらには午後3時過ぎからも,またもや小一時間ほどの昼寝です。

昨日,一昨日と特に疲れるような何かをしたわけではありません。「疲れている」といえば胃でしょうか。胃カメラを飲んだ水曜日ころからは空腹感もあり,食事量(昨夜は缶ビール一缶)も元に戻っています。胃痛,腹痛もまったくありません。

先週から今週に掛けて極端に食欲がなかったことから,体力が落ちているのでしょうか。それで眠りすぎる,まあ,こんな1日があってもいいのかもしれません。そろそろ夕食が欲しくなってきました。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-21 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2014年 06月 20日
2日連続の晴れですが・・・
d0006690_173492.jpgきょうの最高気温は30.2度,今月になって5回目の「真夏日」です。きょうの日照時間は9.7時間(午後5時現在),昨日の日照時間は12.4時間,気温は29.8度でした。

きょうは旧暦5月23日,ですから,きょうと昨日は「五月晴れ」なんでしょうが,2つの理由から,すっきりとはしません。

① 梅雨はいずこに
旧暦5月は梅雨時です。梅雨の合間の晴れ間が「五月晴れ」ですが,その雨が降りません。確かに6月になってからの降雨の記録は7日ありますが,合計降水量はわずか25ミリです。

  6月の観測史上,降水量の少ない1位  1959年 38.6ミリ
          降水量の少ない10位  2007年 112.5ミリ

29日までの天気予報では,
  21日  曇りのち雨
  22日  雨のち曇り
  23日  曇り一時雨
  28日  晴一時雨
  29日  晴一時雨
ですから,まさか,観測史上1位を更新とはならないでしょうが,6月は空梅雨の可能性が大です。

② 陽差しはたっぷりでも遠くはよどんでいる
昨日もきょうも,黄砂はありませんから,スッキリしない理由は,オキシダントとPM2.5です。オキシダントは2日連続で基準値をかなり超えています。PM2.5もかなり高い数値です。ですから,夕日(昨日)も少しもまぶしくありません。

梅雨なんですから,雨が降るならちゃんと降る,晴れるのならスッキリと晴れる,それでないと「五月晴れだあ」と喜べないではありませんか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-06-20 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)