<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 31日
今年も暑い,寒いで1年が終わりました
奈良の気象について,観測史上10位以内に入るものを「いろいろある」として,そのつどメモを取り始めたのは2010年の6月からでした。そして,年末あるいは年始に1年間のまとめをしてきました。

     1日として  月として  通年として
2010   23件    20件
2011   24件    23件
2012    8件    18件
2013   27件    26件    4件

今年からは「通年」についても残すことにしましたが,こうしてみてみると,毎年,実にたくさんの「いろいろある」があります。それだけに今年の11月,12月には何もなかったのが意外に思われます。

また,奈良に関わることではありませんが,今年は台風の被害が大きかった年でもありました。発生数31個は観測史上(1951年以降)9位タイの多さでした。また,沖縄,奄美諸島を除く本土への接近数8個は6位でした。

考えて見れば,1年を通して,暑い,寒いに翻弄されている私です。それだけのブログですが,たくさんの訪問をいただきました。心からお礼申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

【今年の「いろいろある」】
d0006690_5582874.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-12-31 16:30 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 30日
和名はないようです,ストレプト・カーパス
d0006690_16291320.jpgストレプト・カーパス
イワタバコ科 ストレプト・カーパス属

ストレプト・カーパスと呼ばれるものは,130種ほどの種類があるそうです。茎のほとんど伸びない無茎種(ストレプトカルプス亜属)と茎を長く伸ばす有茎種(ストレプトカルペラ亜属)の2タイプに分けられます。

これは有茎種のサクソルム系かと思われます。ケニア,タンザニアの山地の岩場に自生するそうです。葉はやや肉厚で,茎は枝分かれして長く伸びます。花茎を10cmほど伸ばして、その先端花をつけます。

d0006690_1630891.jpg花は筒形で横向きに咲きます。四季咲き性なので室内栽培に適し,環境が良ければ周年開花するそうです。

「例の会 2013」でのホテルのロビーです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 29日
今年の年間日照時間の多さは観測史上5位といわれても…
気温等の気象の印象・記憶と言えばせいぜい1か月前くらいまででしょうか。それも漠然としたものです。例えば,月初めであれば,「先月は暑かった,寒かった,雨が多かった」とか。また,月の半ば以降であれば,「今月は…」ということになります。

気象に関する観測史上の「通年の記録」となれば,特異なことでもない限り,印象・記憶にはほとんど残らないものです。

【今年の通年の記録】
・日最大1時間降水量  58.0mm  4位  8月5日
   とてつもない土砂降りだったのでしょうが,旅行中でした。

・日最大24時間降水量 160.5mm  2位  9月15日
   これは覚えています。台風18号によるもので,初めて「特別警報」が出されました。京都の桂川の氾濫はリアル
   タイムでテレビを見ていました。

・日最高気温25度以上の日数  152日  2位
   「夏日」の日数ですが,「真夏日」と違って,「今年は暑かった」という印象とは無関係です。

・日最高気温30度以上の日数  81日  5位タイ
   「真夏日」のことですから,熱中症による救急搬送者数の多さとともに「今年の夏は暑かった」という印象は強
   く残っています。8月の「猛暑日」は15日あり,これは8月の観測史上4位でした。また,四万十市(観測地点
   は江川崎)での41.0度(8月12日)の日本最高気温も記憶に残るところです。

・日最低気温25度以上の日数  6日  5位タイ
   便宜的に「熱帯夜」の日数としますが,このうちの5日は8月のものです。しかし,奈良の「熱帯夜」は少ない
   ですから,8月は寝苦しかったという印象はありません。

「奈良の気象観測データ極値」には今年の記録がもう一つあります。「年間日照時間の多さ」です。
   1位 2128.4時間 1978年
   2位 2025.3時間 1994年
   3位 1997.2時間 1983年
   4位 1993.7時間 2004年
   5位 1989.6時間 2013年(12月29日現在)

4位との差は4.2時間ですから,今年の年間日照時間は2004年の4位を超えるかも知れません。しかし,です。年間日照時間が観測史上5位(あるいは4位)と言われても,なんの印象もなく,ただただ「?」だけです。それでも今年の「気象観測データ極値」です。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-29 18:20 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 28日
富士山を見に行こう,「例の会・2013」
d0006690_17221244.jpg今年の「例の会」は「御殿場・時の栖イルミネーション・富士山大感謝祭」という,ちょっと意味不明なバスツアーでした。まあ,冬の富士山を見に行こう,あるいは富士山をネタに「宴会」をしようということです。

出発時から生憎の曇り空,富士山を見ることは当初からほとんど諦めていましたが,しかし,車窓からはくっきりと見ることができました。

d0006690_17222989.jpg2日目の富士山は本栖湖からです。主眼は千円札の裏の絵と同じ所から,青空にくっきりと見える富士山と本栖湖に映る逆さ富士です。

前夜からの雪も明け方には止み,時々は薄日もありましたから,ちょっとした期待がありました。しかし,薄日も束の間のこと,本栖湖に着いたときには氷雨で傘を必要とする程でした。

ですから,これはその展望場所からの生写真ではなく,展望場所付近に張られたポスターです。

d0006690_17233259.jpg当日の実際の本栖湖です。富士山はもとより,本栖湖さえはっきりとは見えませんでした。

「例の会・2013」は6月12日に終わっていますから,正しくは「例外の会,2013.12」です。「例の会」は毎年メンバーの全員参加を前提に日程調整して,宿泊旅行をしてきましたが,全員参加の日程調整がなかなかできなく,ならば,全員参加を前提としない「例外の会」なら,もう少し気楽にできるというので,昨年の12月から始まりました。

今回が「例外の回」の第2回目です。「例外の会」でしたが,全員参加ということで「例の会」に格上げ(?)とは幹事の弁でしたが,その幹事が急病で当日の朝になって不参加。急遽,幹事臨時代行の世話取りと相成りました。

曇り空とはいえ,1日目にしっかりと富士山を見ることができました。また,主目的である「宴会」が充実していたことは言うまでもありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-28 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 26日
例の会・2013
d0006690_15414324.jpg
新東名自動車道を一路、御殿場へ
[PR]

by gakis-room | 2013-12-26 15:41 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 25日
ヤドリギにも花も実もあるようです
d0006690_1716368.jpgヤドリギ(宿り木) ヤドリギ科 ヤドリギ属

誕生花には関心はありませんが,昨日,偶然にきょうの誕生花がクリスマス・ホーリーと知りました。そして,昨日の誕生花がヤドリギです。

クリスマス・ホーリーの別名はセイヨウヒイラギ(西洋柊)です。昨日のヒイラギモチによく似ていますが,葉のギザギザがもう少し多いようです。

意外ですが,ヤドリギにも花と実があるようです。花は雄花と雌花があり,2月〜3月にかけて咲くようです。雄花の花径が4ミリほどの黄緑色の4弁花です。雌花は2弁花のようです。そして,実は11月〜12月にかけて直径6〜7ミリのやや透明感のある黄色い丸い実です。

それで,もしやと思い,きょう,「近くの公園」のヤドリギを見に行きました。
しかし,残念ながら実には出会えませんでした。

ヤドリギは雌雄異株ですから,「近くの公園」のヤドリギは雄株なのかも知れません。あるいはすでに鳥に食べられてしまったのかも知れません。花も実も来年の挑戦になりますが,忘れてしまいそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 24日
葉の形がおもしろい,ヒイラギモチ
d0006690_17131363.jpgヒイラギモチ モチノキ科 モチノキ属

原産は中国,朝鮮半島で,それで別名はチャイニーズ・ホーリーです。樹高は2〜4mになるようですが,これは50cmほどでした。

葉がヒイラギに似ているので「ヒイラギ」の名前が付いていますが,ヒイラギはモクセイ科です。1cm程の赤色の実が鮮やかで,クリスマスの装飾用に利用されるようです。

葉はヒイラギと違って,台形状で,それぞれの角には鋭い刺があります。この形からでしょうか,ヤバネヒイラギモチ(矢羽柊黐)とも言うようです。

実があるのですから,花も咲きます。雌雄異株ですが,4,5月頃に小さな4弁の白い花を付けるようです。見たいとは思いますが,はたして出会うことができるでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-24 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 23日
テレビ三昧の日
きょうの最高気温は昨日より2.2度高い9.7度,それでも平年よりも0.7度低く,これで12日連続平年以下です。

と言うわけで,きょうも引き籠もり,録画撮りしたビデオを見続けました。この数日でため込んだ録画をせっせと消化(?)してきましたから,きょうで残りは「八重の桜」4話分を残すだけになりました。

きょう消化した中には,先日のカーリングのスウェーデンとの2位決定戦もありました。これは2度見です。

明日の最高気温は8度の予想ですから,またしても引き籠もって,録画の消化ではなく,年賀状を完成させるつもりでいます。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-23 19:25 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 22日
きょうは冬至,「1番昼が短い日」への疑問
d0006690_164151100.jpg【訂 正】  2014年12月22日
以下の記事は日の出時刻,日の入り時刻を「分」まで書いています。「秒」までについてい言えば,「冬至」の日の昼時間が1番短いようです。


きょうは二十四節気の冬至です。

【冬至】
日南の限りを行きて日の短きの至りなれば也(暦便覧)

太陽視黄経 270 度,太陽が1番南(1番低いところ)を通る日,つまりは影が1番長くなる日です。

ところで,私には良く分からないのは「冬至は一年中で最も昼が短く,夜の長い日」という記述です。国立天文台の「日の入り,日の出時刻」によれば,きょうの奈良の日の入り,日の出時刻は以下のとおりです。

  日の出 07:00
  日の入 16:50
  昼時間 9時間50分

昼時間の9時間50分は1年間の中で1番短いことは確かですが,18日〜24日までの7日間の昼時間はいずれも9時間50分です。それなのなのに,なぜ冬至の日だけが「最も昼が短い日」というのでしょうか。

この疑問は以前からあり,昨年も「きょうは冬至です,しかし,もつとも昼時間が短い日ではありません」と書きました。

それで,きょうの自問自答です。
 「18日〜24日までの昼時間は「分」までですが,「秒」まで出せば,冬至の日が1番短いかもしれない」
しかし,「秒」まで記した「日の出,日の入り時刻」を私は見つけられないでいます。

※柚子,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 21日
この寒さ
きょうの最高気温は平年より3.2度低い7.5度でした。3回目の「絶対的に寒い日」と言うだけでなく,これで10日連続で平年以下です。

  12日 8.2度(平年差,−3.5度)
  13日 8.9 (平年差,−2.6度)
  14日 8.5 (平年差,−2.9度)
  15日 10.3 (平年差,−0.9度)
  16日 8.7 (平年差,−2.4度)
  17日 10.2 (平年差,−0.8度)
  18日 6.4 (平年差,−4.5度)
  19日 9.1 (平年差,−1.8度)
  20日 6.8 (平年差,−4.0度)
  21日 7.5 (平年差,−3.2度)


きょうは終日引き籠もり,そのついでに,なんとか年賀状の印刷を済ませました。
明日の最高気温は7度の予想です。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-21 19:35 | つれづれに | Trackback | Comments(0)