<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 10月 31日
きょうも秋です
d0006690_1656317.jpg今朝の最低気温は9.5度(平年差,+0.4度),日中の最高気温は20.5(平年差,+1.0度),どちらも平年よりはやや高めですが,これが10月下旬の気温です。

午後3時を過ぎて,雲が拡がってきましたが,それでも日照時間は6.3時間,秋ですね。

明日の天気予報は「北の風 晴れ」と単純明快です。そして,降水確率も0%です。気温もきょうと同じくらいです。暦と気象とが大きく反れないと,なんとなく落ち着いた気分になります。

「明日できることはきょうするな」とずるずるとのばしていたもう一つの期限が明日です。明日は終日そのことに掛かり切りになろうかと思います。それが終われば,しばらくは気ままに秋を楽しめそうです。

問題はその秋が長続きするかどうかです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-31 17:00 | つれづれに | Comments(4)
2013年 10月 30日
秋らしい1日でした
d0006690_17335097.jpgきょうの最高気温は21.7度(平年差,+2.1度),今朝の最低気温13.0度(平年差,+3.8度)で,共に10月中旬並みです。

台風26号が過ぎた16日以降,最高気温が平年を上回ったのはきょうで4回目です。久し振りに秋らしい1日でした。

こんな日は「自転車で遠乗り」を,がいいのですが,生憎「明日できることはきょうするな」の私ですから,きょう中にやっつけてしまわなければならないことが溜まりに溜まって,終日,机に向かっていました。

それでも時々は気分転換に廊下に出て空を見たり,「近くの公園」で束の間の秋を味わうことができました。

今朝の3時にフィリピンの東で台風29号が発生しています。
 ・年間発生数    29個  観測史上6位
 ・10月の発生数   6個   観測史上3位タイ
となりますが,日本への影響はないようですから,2,3日は秋らしさを楽しむことができそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-30 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2013年 10月 29日
70%を超えた韓国の火葬率
d0006690_19262534.jpg韓国の埋葬事情に関して,火葬率が50%を超え,「火葬が土葬を初めて上回った」のは2005年でした。この年の火葬率は52.6%で,この時,韓国の保健福祉部は2010年には70%を超えると予測しました。

その後,火葬率は毎年約3%ずつ増加し,2012年は74.0%であると,28日の聯合ニュース(日本語・電子版)は伝えています。

伝統的な土葬に代わって,火葬が現在の韓国では普通の葬儀形態になりつつあるようです。

d0006690_7374679.jpg地域別の火葬率では特に都市部で高く,プサン(釜山)は87.8%,インチョン(仁川)85.0%,ウルサン(蔚山)81.8%,ソウル81.5%となっています。2005年の段階で火葬率の低かった全羅南道でも27.2%から57.4%と倍増して,50%を超えました。

1970年の火葬率が10.7%でしたから,この40年間で約7倍に増えたことになります。また,2000年が17.8%でしたから,13年間で2倍以上に増加したことになります。

火葬の増加の背景として,人口増加による土地不足で墓地に対する考え方が変化があり,また,影響力のあるタレントや政治家などの著名人が火葬誓約運動に参加し,死んだ時には火葬するという意思を示したことも,火葬が急速に普及している一因のようです。

なお,韓国における火葬場事情についてはここで知ることができます。

※写真は世宗陵,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-29 18:00 | 韓国あれこれ | Comments(0)
2013年 10月 28日
まだ10月は終わっていないのに,奈良地方気象台の怪
今朝の最低気温は7.4度,今季一番の冷え込みで,11月中旬並です。それでも最低気温が平年以下になったのはきょうを含めて7日ですから,最低気温に関して言えば「秋らしくない」10月です。逆に最高気温の方は,台風26号の影響を受けた16日以降は平年を超えた日が3日しかありません。寒い日中,寒くない夜間といった10月の後半です。

ところで,奈良地方気象台のホームページに「奈良の気象観測データ極値」という項目があり,気象に関する「観測史上1~10位の値( 年間を通じての値)」に行きます。そこの10月をみると各種の「観測史上1~10位の値( 10月としての値)」一覧があります。

「月平均気温の高い方から(℃)」は以下のようになっています。
  1位 19.5(2013/10)
  2位 18.8(1998/10)
  3位 18.4(1961/10)

今朝気付きました。昨日からでしょうか,まだ10月は4日も残っているのに「10月の平均気温の月平均」が観測史上の10位以内の1位にランクされています。確かに昨日まででは1位です。そして,2位との差は0.7度ですが,この先,変動はないとみているのでしょうか。「週間予報」では,「最高気温,最低気温とも平年並み平年よりも高い見込み」となってはいますが,私にはフライングに見えてしまいます。

このような「怪」は以前にも2度気付きました。どちらも8月でしたが,ともにタイトルは「まだ8月は終わっていないのに,奈良地方気象台の」として書きました。2010年8月28日2013年8月26日です。2013年8月の場合は,今年の8月のことですが,6日を残して「8月の平均気温」でした。

もし,順位に変動があれば,だまって順位を変更するのでしょうか。不思議なことです。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-28 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2013年 10月 27日
強い毒性があります,ケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)
d0006690_12252850.jpgケチョウセンアサガオ ナス科 チョウセンアサガオ属

チョウセンアサガオにそっくりですが,茎と葉の裏に繊毛があります。それで「毛・朝鮮朝顔」です。ひょっとしたら,2009年9月にチョウセンアサガオとしたものも「ケチョウセンアサガオ」だったかもしれません。

原産地は北米~メキシコ北部です。原産地が南アジアのチョウセンアサガオと同様に朝鮮半島とは無関係です。花がチョウセンアサガオとそっくりで,アメリカから来たので,別名を「アメリカチョウセンアサガオ」と言いますが,なんとも紛らわしい命名です。

背丈は1mくらいです。

アサガオの名が付いていますが,アサガオはヒルガオ科に属し,ナス科に属するチョウセンアサガオとは別種です。単に花がアサガオに似ていることによる命名でのようです。

果実は直径約5cmくらいの卵形で全体に刺があります。写真の左上に1つ見えます。

d0006690_12261591.jpg漏斗形の花の花径は10cmほどです。1日花です。

背丈が2〜3mのキダチチョウセンアサガオは下向きに咲きますが,こちらは上向きに咲きます。

薬用に利用されるチョウセンアサガオと同様に全草に強い毒性があります,

なお,江戸時代中期の医師,華岡清洲がチョウセンアサガオの別名である「曼陀羅華(まんだらげ)」をもとにつくった「通仙散」という全身麻酔薬を用いて,1804年に乳ガンの摘出手術に成功しています。

それで,チョウセンアサガオは日本麻酔科学会のシンボルマークになっています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2013年 10月 26日
青空がみたい
d0006690_15164924.jpg大雨をもたらした台風26号が通り過ぎた翌17日は良く晴れました。とは言え,夕方から雲が張り出しましたが,十三夜の月を瞬間的であれ,なんとか見ることができました。

しかし,その後は曇りの日が続いています。まとまった日照時間があったのは21日だけです。それも5.8時間でした。そして降雨がなかったのは,21日〜きょうまでで17日と18日だけです。その雨は秋雨前線によるものだとか。

「気象庁用語」によれば,「秋雨前線」とは「夏から秋への季節の移行期に、日本付近に出現して、長雨をもたらす停滞前線」のことです。また,「デジタル大辞泉」によれば「9月中旬から10月中旬にかけて日本の南岸沿いに現れる停滞前線。秋の長雨をもたらす」とのことです。

10月上旬が暑かったからでしょうか,どうも季節遅れのあるいは季節外れの「秋雨前線」のようです。

明日の天気予報は「晴れ 昼過ぎまで 時々くもり」とのことですから,久し振りの青空を見ることができそうです。ああ,青空が見たい。一人暮らしとは言え,洗濯物が溜まりすぎています。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-26 18:00 | つれづれに | Comments(2)
2013年 10月 25日
おかしな天気,きょうの最高気温は午前2時41分の20.8度
d0006690_1891335.jpg朝からの断続的な雨は,台風27号がもたらしたものではなく,台風27号に刺激を受けた秋雨前線の故のようです。

台風27号は未明には紀伊半島のはるか南を抜けそうですから,近畿地方では台風の直接的な影響はほとんど受けなかったことになります。

それにしてもきょうはおかしな天気です。きょうの最高気温は午前2時41分の20,8度で,それ以降はほぼ右肩下がりです。そして,最低気温は午後5時の17.2度(午後5時現在)です。深夜0時の予報は16度ですから,これからゆっくりと1.2度ほど下がっていくみたいです。

一昨日は寒暖差が1.7度で,きょうは午前2時41分が最高気温であるとは。きょうの気温は「いろいろある」には分類できませんが,おかしな天気であることにはちがいありません。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-25 18:05 | つれづれに | Comments(2)
2013年 10月 24日
昨日の寒暖差は1.7度,10月の「いろいろある」
d0006690_16383822.jpg昨日は1日の寒暖差がわずか1.7度しかありませんでした。これは,私が気温の記録をとり始めたのは2006年以降ですが,1.7度の寒暖差は一番小さいものです。10月20日の寒暖差は2.2度で9位タイでした。

また,気象について,観測史上10位以内となったものを「いろいろある」として,メモをするようになったのは2010年の6月29日からでした。

「いろいろある」は,正確には奈良地方気象台のある奈良市限定ですが,今月も多彩です。

・1時間最大降水量 38.0m 1位 10月9日
・日最高気温の高さ 31.3度 4位 10月11日
          30.7度 6位 10月10日
・日最高気温の高さ 30.3度 8位 10月7日
・日最低気温の高さ 21.6度 4位 10月11日
          21.3度 6位 10月8日
          21.2度 7位 10月6日
          21.1度 10位 10月7日

今年の台風もまた,「これまでに経験したことのないような」豪雨をもたらしただけでなく,1951年からの観測史上いくつかの「いろいろある」があります。。

・10月までの発生数        28個 6位タイ
・10月の発生巣          5個 7位タイ
・接近数(沖縄・奄美を除く個) 8個 6位タイ(26号まで)

台風27号と28号が26日にも隣り合わせになりそうです。それで2つが合体したらどうなるかと思いましたが,合体することはないようです。2つの台風の中心が1000km以内ある時に ,台風同士が干渉しあって通常の経路とは異なる動きをする現象を「藤原の効果」と言うそうですが,6つのパターンがあるようです。

このうちの「相寄り型」は合体に似ていますが,2つの台風の勢力が異なる場合,弱い方の台風が強い方の台風に接近しながら急速に衰えて,強い方の台風に取り込まれてしまいますが,合体ではないようです。

なお,「藤原の効果」の6つのパターンのイメージはこちらで見ることができます。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-24 18:01 | つれづれに | Comments(0)
2013年 10月 23日
1cmにも満たない小さな花です,ヌカイトカスミソウ
d0006690_16433914.jpgヌカイトカスミソウ ナデシコ科 カスミソウ属

ヌカイトカスミソウのシロバナでしょうか。別名は「矮性(わいせい)カスミソウ」あるいは「ヌカイトナデシコ」です。

1997年に横浜で記録されたのが最初とのことですから,かなり新しい花です。草丈は5〜20㎝程です。花期は6~10月と長いようです。

ヌカイトカスミソウを初めて見たのは昨年の6月でしたが,その時は花の色はピンクでした。画像を検索してみると,ピンクが多いようです。

d0006690_16435376.jpg花径は1センチにも充たない小さな花です。

写真ではよく分かりませんが,萼片は合着していて筒状です。

あるサイトでは命名の由来を「花は糠のように細かく,葉は糸のように細いから」とありましたが,「糠のように細かい」花も「こぬか雨」も私にはどうもしっくりとはしません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-23 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2013年 10月 22日
昨日よりも違いが大きくなった,気象庁と米海軍の台風27号予想進路
d0006690_18101710.jpg
台風27号について,気象庁とアメリカ海軍の予想進路は共に昨日とは大きく修正されました。昨日に比べて,気象庁予想は速度を速め,アメリカ海軍予想は速度を遅くしています。そのために25日15時の予想位置は余り変わらなくなりました,しかし,その後は昨日以上にその違いが大きくなりました。

      気象庁        アメリカ海軍
  26日 紀伊半島の東     房総半島南東
      かなり北よりになる  南よりとなり,上陸はなくなる

  27日 伊豆半島に上陸後   三陸のはるか沖
      太平洋に抜ける

不謹慎かとは思いますが,なんだかゲームを見ているような気がしてきます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-22 18:40 | つれづれに | Comments(6)