<   2013年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2013年 08月 31日
8月は何であったのでしょうか
8月の「猛暑日」の観測地点数です。当初は昨年よりも涼しい日本列島でした。しかし,7日あたりからは「これまで経験したことのないような」猛暑に向かいました。10日には四万十市と甲府市で観測史上4位となる40.7度を記録し,11日の「猛暑日」の観測地点数297は,恐らくは過去最多かと思われます。そして,12日には四万十市で観測史上1位の41.0度を記録しました。四万十市では4日連続して40度を超えました。

その後「猛暑日」の観測地点数は減少していきましたが,20日前後には急増します。私は,22日に「今年は『30年に1度の異常気象』の2回目?」なんて思ったものでした。しかし,23日からの1週間の日本列島は一転してすっかり冷えてしまいました。

「これまでに経験したことのないような」局地的豪雨といくつかのダムでは貯水率の低下の懸念もありました。また,日本列島を串刺ししそうであった台風15号が突然消えてしまったり,この8月は気温と雨に弄ばれた1ヶ月でした。

あ,そうそう,「汚染水」の大量流失もありました。「3.11」は依然として継続中です。
d0006690_1783744.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-08-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 08月 30日
昨日,ツクツクボウシの鳴き声を聞きました,夏の終わりです
d0006690_1392230.jpg昨日の夕方,6時過ぎ,「私のベンチ」でツクツクボウシの鳴き声を聞きました。夏の終わりです。

  【近くの公園の初鳴き(初聞き)】
   2013年  8月29日
   2012年  8月31日
   2011年  8月24日
   2010年  9月12日
   2009年  8月18日
   2008年  8月21日
   2007年  聞くことなし
   2006年  8月27日
   2005年  9月7日

奈良の「真夏日」は平年では9月8日まで続きます。昨日の最高気温は33.7度,きょうも34.5度でした。この後も残暑はあるのでしょうが,それでも風の涼しさは格別です。

【嬉しかったこと】
今朝,「近くの公園」で私の好きな「白で底赤」のムクゲを見つけました。背丈は1.5m位ですから,若いムクゲです。いつ頃からなのでしょうか,これまで気付きませんでした。添え木があるので,どなたかが最近植えられたものと思われます。「近くの公園」にあった「白で底赤」のムクゲは2本とも切り取られていましたから,嬉しい限りです。

このムクゲ,まだ若いからなのか,それとも季節の終わりだからなのか分かりませんが,花の数は少なく,少し貧相な感じもしますが,来年が楽しみです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 08月 29日
郵便局の木,タラヨウ
d0006690_15385471.jpgタラヨウ(多羅葉) モチノキ科 モチノキ属

常緑高木で高さ20mほどになるそうですが,これは5mほどです。

【名前の由来】
古代インドでは,ヤシ科のタラジュ(多羅樹)の葉を貝葉(ばいよう,葉を加工して紙の代わりに用いられた筆記媒体)として,経文が書かれたそうです。タラヨウも葉の裏を尖ったもので文字を書くと黒くその跡が残るので,タラジュのような木,タラヨウ(多羅葉)となったそうです。

日本でもこの葉の裏面に経文を書いたり,葉をあぶって占いに使用されたようで,寺社に多く植樹されたそうです。また,戦国時代にこの葉の裏に文字を書いて情報のやりとりをしたという話もあり,これがハガキ(葉書)の語源になったという説もあり,「葉書の木」とも言われます。しかし,ハガキは本来は「端書き」であって,「葉書」は借字のようです。

それはともかくも,旧郵政省では,1997年にタラヨウを「郵便局の木」と定め,郵便局に植樹するようになりました。撮影は私の住む町の郵便局の入り口で,「郵便局の木『タラヨウ』」,「一説に『はがきの木』とも言われています」との説明がありました。

d0006690_15395854.jpg葉は肉厚で長さは20cmほどです。葉を1枚持ち帰って手紙文らしきものをを書いてみようかと思いましたが,なんとなく気が引けたので,ちょっとだけ悪戯をしてみました。

雌雄異株で,4~5月頃,4mmほどの小さな淡黄緑色の花をたくさんつけるようです。忘れてしまいそうですが,見てみたいと思いました。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 28日
「イチョウの若木のその後」のその後
d0006690_10501390.jpg7月14日に書いた「イチョウの若木のその後」のその後です。5本のうち残されたこの2本ですが,なお健在です。

こちらはヒメマツバボタンに隠されいるのが幸いしたようです。7月14日から一月半ほど経ちますが,余り成長していないようなのは,栄養がヒメマツバボタンに邪魔されているからなのでしょうか

d0006690_10503099.jpgこちらも健在です。歩車道境界ブロックに隠されているのが幸いしているようです。上に比べればよく成長しています。しかし,なんとなく窮屈そうですが,健気と言えば健気です。

この2本,これからどうなるのか,ちょっとした楽しみです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
2013年 08月 27日
風をこんなに涼しく感じるとは
d0006690_16251546.jpg写真は昨日の日の入り直後の空です。方角は東です。西から東まで空が一面燃えているようでした。こんな夕焼けを見たのは初めてです。

きょうの最高気温は平年より0.5度低い31.5度でした。これで4日連続して平年を下回りました。

その最高気温の頃に買い物に出ましたが,あのジリジリした暑さありませんでした。午後4時(気温,29.7度)過ぎに,「近くの公園」の「私のベンチ」でひとときを過ごしましたが,風は乾いた涼しさです。風をこんなに涼しいと感じたのは久し振りです。もっとも昨日までの3日間は平年より5.5度ほど低く,いずれも26度台で9月下旬並でしたから,これは例外です。

あの「90デシベル」のクマゼミもすっかりおとなしくなりました。これでツクツクボウシの声が聞こえたら「夏の終わり」です。奈良地方気象台の「動物季節観測表」では,ツクツクボウシの初鳴きは8月3日に観測されています。平年では8月6日,最晩でも8月24日です。しかし,「近くの公園」ではこれよりも遅れます。

 【近くの公園の初鳴き(初聞き)】
  2012年  8月31日
  2011年  8月24日
  2010年  9月12日
  2009年  8月18日
  2008年  8月21日
  2007年  聞くことなし
  2006年  8月27日
  2005年  9月7日

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 08月 26日
まだ8月は終わっていないのに,奈良地方気象台の怪
※追記あり

今年の夏は「これまでに経験したことのないような」全国的猛暑と局地的豪雨でしょうか。

猛暑については何度か書いてきましたが,奈良では,被害はほとんどなかったようですが,豪雨もありました。8月5日では,「1時間降水量」は58.0ミリで,観測史上4位,8月としては1位でした。昨日も昼過ぎまで雨でしたが,昼前は雷を伴って特に激しく,「1時間降水量」は34.5ミリで,8月としては10位です。

そんなことを奈良地方気象台の「奈良の気象観測データ極致」で見ていたら,おかしなことに気づきました。8月はまだ6日ほど残っていますが,奈良地方気象台はすでに今年の8月としての「月平均気温の高い方から4位」としています。

奈良地方気象台のホームページの「奈良の気象観測データ極致」を覗くと「観測史上1〜10位の値」があります。8月をみると11行目の「月平均の高い方から」の4位は「28.4(2013/8)」になっています。「通年」では14行目で5位なります。

  1位 2010年8月  28.8度
  2位 1995年8月  28.6度
  3位 1994年8月  28.5度
  4位 2013年8月  28.4度
  5位 2007年8月  27.8度
       ※追記  (8月27日午前12時05分)
       きょう見ると,昨日の気温を反映して「28.1度」になっていますが,順位は変わりません。   

確かに昨日までの平均気温は観測史上4位相当です。しかし,5位との差は0.7度ですが,3位との差はわずか0.1度です。残りの6日間で,順位の変動はないというのでしょうか。変動がないとするその理由は何なのでしょうか。

同じタイトルで2010年8月28日にも書きました。気付いたのはこれで2度目ですから,気象台の間違いではないように思われます。いずれにせよ「奈良地方気象台の怪」です。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 08月 25日
不思議な命名です,タイワンレンギョウ
d0006690_1855595.jpgタイワンレンギョウ クマツヅラ科 デュランタ属

タイワンレンギョウ(台湾連翹)でしょか。中南米原産で,高さは3mくらいまでになるようですが,これは大きな鉢植えで1mほどでした。

別名はハリマツリ(玻璃茉莉)あるいは属名からデュランタです。玻璃とは水晶,茉莉とはジャスミンのことです。花の形は確かにジャスミンによく似ていますが,なぜ「玻璃」なのか私には不明です。

また,原産地が中南米なのに,なぜ「台湾連翹」なのでしょうか。シナレンギョウ,チョウセンレンギョウはありますが,モクセイ科です。それにレンギョウは4弁花です。

d0006690_1852030.jpg花径は1cm~1.5cmくらいです。

花期は4月〜11月とかなり長期間です。

花の色はムラサキ以外白色もあるようです。面白いのは紫のタイワンレンギョウにはトゲはないのですが,なぜか白にはトゲがあるそうです。

また,葉に白斑のフイリタイワンレンギョウ,葉全体が黄緑色のキバタイワンレンギョウ等,様々な園芸品種があるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 24日
「猛暑日」の連続記録が止まりました
奈良の昨日の最高気温は34.5度でした。「猛暑日」の連続記録は14で止まりました。それでも2010年の連続12日を超えて,観測史上最長の記録です。

きょうは全国的に低い気温のようです。午後5時現在の30度以上の「真夏日」の観測地点数は228で,8月になって最小です。35度以上の「猛暑日」の観測地点数は11で,8月5日の8地点に次いで2番目の少なさです。

近畿地方もまた昨日までとは一変して,ほとんどのところが30度以上の「真夏日」にもなりませんでした。それで,近畿地方の「猛暑日」の連続記録はすべて止まりました。

【主な地域の「猛暑日」の連続日数】
奈良県・奈良市   14日  観測史上最長
京都府・京都市   16日  1942年の19日に次いで2位
京都府・京田辺市  17日
大阪府・大阪市   17日  1942年の16日を超えて最長
大阪府・枚方市   19日
大阪府・豊中市   19日 

近畿地方の「猛暑日」の連続日数の最長は京都市の19日間だそうですから,今年新たに枚方市と豊中市が並びました。

奈良の最高気温は午後5時現在,21日振りに平年を下回って26.9度です。これは昨日よりも7.6度,平年よりも5.4度低く,9月下旬並です。最低気温は11時39分の25.5度ですから,1日の寒暖差は1.4度です。2006年以降,1日の寒暖差が最も小さかった日は2009年10月7日の1.7度ですから,午後5時現在で言えば,きょうの1.3度が最小となります。

しかし,それほど気温の低さの快適さはありませんでした。終日湿度の高い1日です。毎正時の湿度の平均は89.6%です。少し動けば汗ばんできます。7月4日の93%(最終的には94%)には及びませんが,7月29日の88%(最終的には87%)を超えています。

この気温の低さ,月曜日まで続きそうですが,湿度も低くありますように。
d0006690_17324594.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-08-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 08月 23日
「存在してはならない文書」だから存在しない
d0006690_1653637.jpg6年前に,奈良県出身者で組織された陸軍38連隊の「戦闘詳報」のうち,38連隊が南京に入城した1937年12月14日から2ヶ月半の記録が抜け落ちていることを「存在してはならない文書」として書きました。

1937年12月14日とは,その日からから6週間,南京城内外で日本軍による掃討戦が開始された日です。いわゆる「南京大虐殺」と呼ばれる事態の始まりです。

左はきょうの朝日新聞の夕刊です。1945年8月18日付けで宮内省大臣官房から省内の各部局長あてに出された「機密文書ノ焼却ノ件」と題する文書が宮内庁の宮内公文書館に残っていたと伝えています。

文書は,各部局が保管する文書類や,陸海軍などから同省に送られてきた文書類のうち,「機密ニ属シ破棄相当ト認ムベキモノ」を「原簿ト共ニ之ノ際全部焼却スルコト」と指示しています。陸海軍が戦争犯罪の追求を恐れて機密書類焼却したことは知られていますが,焼却を指示した公文書が見つかるのはきわめて珍しいとのことです。

戦争犯罪に結びつくような文書は場所を問わず「存在してはならない文書」です。「機密文書ノ焼却ノ件」が残されていたとは,担当者は相当なトンマですが,しかし,そのために「焼却指示」という貴重な事実を伝え残すことになりました。

昨日の読売新聞によると橋下日本維新の会共同代表(大阪市長)は,いわゆる従軍慰安婦問題について,日本軍や官憲が強制連行した事実を示す文書が見つかっていないことを改めて検証し,党として英文で海外に発信する必要性を強調したそうです。

「日本軍や官憲が強制連行した事実を示す文書」が見つからないは,38連隊の「戦闘詳報」のように「存在してはならない文書」として焼却されたからではないのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 22日
今年は「30年に1度の異常気象」の2回目?
2010年9月1日に気象庁はその年の8月について「観測史上最も暑い夏」「30年に1度の異常気象」としました。それが何を基準にしたものかは私には不明ですが,今年の8月も尋常ではありません

8月のきょう(22日午後5時現在)までの記録です。

  猛暑日の観測地点の累計  3,509地点

昨年の場合は22日までは1,128地点ですから,昨年の3.1倍です。昨年の8月の合計が1,574地点ですから,今年はすでにその2.2倍に当たります。また,8月10日からの記録ですが,

  観測史上1位を記録した延べ数地点数   169地点(33地点のタイ記録を含む)
  8月としての1位を記録した延べ地点数  235地点(38地点のタイ記録を含む)

と各地でこれまでの観測史上1位,8月としての1位の記録を更新しています。

奈良のきょうの最高気温は37.1度で,連続14日間の猛暑日が続いています。これは2010年8月21日から9月1日までの12日間を超えて新記録です。猛暑日の連続記録は奈良だけではありません。奈良のお隣の京都市は16日間連続中で,これは1946年の連続14日間を超えて,戦後の最長を更新中です。京都府京田辺市ではきょうまで猛暑日の19日間連続を継続中です。

また,大阪市はきょうで16日間連続を継続中で,これまでの記録であった1942年の16日連続に並びました。大阪府枚方市では19日連続猛暑日を更新中です。福岡市でもきようで18日連続の猛暑日です

高知県の四万十市では,8月12日に日本最高記録の41.0度を記録しただけでなく,8月10日から13日まで4日連続して40度を超えるなど,各地で「これまでに経験したことのないような猛暑」が続いています。

気象庁によると「西・東日本では8月いっぱい平年を上回る暑さが続く見込み」とのことですから,今年の8月は「観測史上最も暑い夏」「30年に1度の異常気象」の2度目となりそうです。
d0006690_1822864.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-08-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)