<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 30日
ワイヤープランツにも花があります
d0006690_15351742.jpgワイヤープランツ タデ科 ミューレンベッキア属

ワイヤープランツと教えていただきました。ニュージーランド原産の常緑多年草です。命名は赤茶色の光沢のある細い茎が針金に似ていることからのようです。別名は学名からミューレンベッキアですが,和名はないようです。

近所のフェンスです。匍匐性があり,茎は分枝しながら長く伸びていきます。1cmほどの葉はよく茂り,観葉植物として市販されています。

外では枝が太く硬くなり,よく繁って写真のように賑わった株になり,逆に室内で管は枝がふんわりと長く伸びていくようです。

d0006690_15353588.jpgそれで小さなポットに植えて室内に飾られたりします。検索してみても,多くは観葉植物としての管理の仕方でした。

しかし,ワイヤープランツにも立派な花があります。近寄って見ると5弁の花がびっしり咲いています。

しかし,花径が2ミリ程で,緑色ですから,葉にまぎれてしまって目立つことはありません。せめて白色なら,小さな星をちりばめたように遠くからでも目につくのにと思ってしまいます。

甘い蜜をだすのでしょうか。透明の液体の粒が見られました。目の高さですが,蟻も見られました。一体,蟻はどの様にして蜜の在りかを知るのでしょうか。かつてムクゲの花心にいる蟻を見た時も同じことを考えました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 29日
よく晴れました,久し振りの「五月晴れ」です
d0006690_16133631.jpgきょうは旧暦5月21日。久し振りの「五月晴れ」です。雲一つない青空,と言うわけではありません。それなりに雲はありました。しかし,私の見立てでは午前6時〜午後5時までの雲量は8割以下でしたから,気象用語ででいう「晴れ」です。

天気概況でいう「昼」とは午前6時から午後6時までのことですが,この時間帯が「晴れ」であったのは,今月になって3回目です。
  1回目  4日  日照時間,12.7時間
  2回目  13日 日照時間,11.3時間

きょうは16日振りの「腫れ」です。きょうの日照時間は午後5時30分現在で9.9時間ですですから,10時間を超えそうです。日照時間が10時間を超えるのは16日ぶりです。

また,きょうの最高気温は30.2度の「真夏日」でした。「真夏日」は6月18以来11日振り,11回目です。とはいえ,午後3時の湿度は45%です。「昼」に湿度が50%以下になったのはこれも11日振りです。ですから,「真夏日」でも部屋の中を通る風が爽やかでした。
※写真はクリックすると拡大します。

【6月の日照時間】 ※29日は午後5時30分現在
d0006690_18322966.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-06-29 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 28日
「ミディトマト」のこと
d0006690_16284126.jpgトマト ナス科 ナス属

路傍で鉢栽培されているミニトマトです。食用というより鑑賞用のようです。

トマトはキャベツ,タマネギとともによく食べる野菜です。時にはトマトとキャベツだけのサラダ,あるいはトマトだけということもあります。

トマトの中では気に入っているのは「ミディトマト」と表示されているものです。これがが店頭にある時はこれを求めます。酸味が他のものに比べて強いからです。

私はこの「ミディ」を品種だと思っていました。しかし品種ではなく,単に大きさによる分類のようです。
  大玉トマト(250g以上)
  ミニトマト(20〜30g)
  ミディトマト(大玉とミニの中間)

d0006690_1629425.jpgトマトの品種は農林水産省に品種登録されたものでだけでも170以上あるようです。その中に「タキイミディ」という品種名称のものがあります。

この「タキイミディ」と私の好きな「ミディ」(正しくは「ミディトマト」とビニールパックに印刷されているものです)と関係があるのでしょうか。同じ大きさのトマトは他にもありますが,それぞれ別の名称になっています。

ミニトマトの実がこのようにたくさん付くとは知りませんでした。一枝に11個も付いています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-28 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 27日
今度はたくさん咲いています,ハブランサス・アンダーソニー
d0006690_1640433.jpgハブランサス・アンダーソニー
ヒガンバナ科 ハブランサス属

ハブランサス・アンダーソニーと教えていただいたのは5年前の7月でした。葉もなく地面から,20センチ位の茎だけをひょろっと出して,花だけをさかせる「不思議な花」だと思いました。

「近くの公園」の取り除かれたムクゲの近くです。花の名前はすっかり忘れていました。また,この5年間見ることはありませんでした。鮮やかなこの黄色を見逃していたのでしょうか。それとも私が見つける前に除草ついでに刈り取られてしまっていたのでしょうか。

その時は1本だけでした。この花に付いての情報はあまりありませんが,球根で増えるだけでなく,種子でも増えるようです。

d0006690_16413757.jpgその種子で増えたのでしょうか,今回は何本もありました。開花していたのは2輪だけでしたが,蕾はたくさんあります。

蕾の外側の濃い橙色は萼でしょうか。とすれば,6弁ですが,この花もシランと同じように,萼片と花弁の分化が不完全な「花被」なのかもしれません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-27 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 26日
雨が降ります,雨が降る,6月の1日としては観測史上9位
d0006690_17275777.jpgきょうの未明からの雨は終日降り続いています。

5月28日に観測史上4番目の早さで「梅雨入り」しましたが,28日と29日にそれぞれ1ミリの雨の後は雨はありませんでした。雨がなかっただけではなく,6月13日には最高気温は36.5度で,6月としての観測史上1位,翌14日には35.1度の観測史3位の「猛暑日」でした。

6月14日は17日振りに雨でしたが,それもわずか13ミリでした。2つの台風もそれて,今年は空梅雨かと思われました。

梅雨らしいまとまった雨は19日と20日にありました。今度は「24時間降水量」が観測史上6位でした。

そして,きょうの降水量は降水量は89.0ミリ(午後5時現在)です。これは6月の1日の降水量としては観測史上9位タイです。あと1.1ミリ降れば7位です。どうも極端です。

極端といえば,気温もそうです。きょうの最高気温は平年より4.7度低い23.1度です。20日までの最高気温の平均は平年を3度近く上回りましたが,21日からのそれは逆に3度近く下回っています。6月の残り4日,予想通りの気温であれば,下旬の気温は平年を2度近く下回りますが,それでも6月の最高気温は観測史上4位タイです。

【追記】
26日の最終的な降水量は90.0ミリで,6月の1日の降水量としては観測史上7位タイでした。(6月27日)

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2013年 06月 25日
ムクゲがなくなっていました
d0006690_1783872.jpgきょうは雨こそ降りませんが,相変わらずスッキリしない1日です。日照時間は1.2時間(午後5時現在)です。

私の季節感覚では,「近くの公園」でセミの鳴き声が聞こえたら,私は勝手に「梅雨明け宣言」をしています。そして,「近くの公園」の「ムクゲの花が咲いたら1年の半分が終わり」です。

「近くの公園」には3種類のムクゲがあります。白で底赤,白,エンジの八重の3種類です。

きょう,蕾の具合を見に行ったら,私の好きな「白で底赤」のムクゲが2本ともなくなっていました。根元から切り取られています。いつ切り取られたのでしょうか。昨年はありましたからこの1年の間のことです。切り口の状態からはずいぶんと前のようです。

1本の切り株の右上に貧弱ですが若葉が出ていました。この若葉が枝になって,来年には花を付けるのでしょうか。好きだった「白で底赤」でしたからとても残念です。

切り取られたといえば,クワもありませんでした。「異形葉」という言葉を教わったクワでしたのに。口惜しさがつのります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 24日
五月晴れが待ち遠しい
d0006690_17223675.jpg梅雨だから陽差しがないのは自然です。それが分かっていてもそれでもスキッとした「五月晴れ」が待ち望まれます。もとより梅雨入りしてからのことではなく,本格的に梅雨らしくなった19日以降のことです。

例えば,最高気温が36.5度となり,6月としての観測史上1位を記録した13日の日照時間は11.3時間でした。しかし,それは「空梅雨」気配の期間でのことです。

【19日以降の日照時間】
  19日  0.0時間
  20日  0.0時間
  21日  0.0時間
  22日  1.8時間
  23日  0.3時間

五月晴れ 梅雨の間の晴れた天気。最近は太陽暦5月の
     晴天にも使う(岩波国語辞典)

最近は,太陽暦5月の晴れた日にも「五月晴れ」は使うようです。しかし,この場合「さつきばれ」とは言わず,「ごがつばれ」と読むようです。

きょうの最高気温は,0.8度ですが6日振りに平年を上回りました。そして日照時間も4.1時間ありました。しかし,雲の多い1日でした。「五月(皐月)雨」=梅雨があったのですから,「五月(皐月)」があってほしいと思ってしまいます。陰暦5月は7月7日までです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-24 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 23日
どうも見られないようです,今夜は今年最大の満月
このところ気候がなんだか変です。6月になって2回の「猛暑日」を含めて「真夏日」が10回ほどありましたが,久し振りの降雨のあった19日の翌日から寒い日が続いています。寒いだけでなく,最高気温の時刻も変です。最高気温は普通は午後1時から3時すぎがですが,きょうの場合は午前9時21分と午後5時6分です(午後5時30分現在)。

      最高気温        記録した時間    
  19日 28.5度  7月上旬並  01時36分
  20日 22.3   4月下旬並  11時16分
  21日 21.1   4月下旬並  11時21分
  22日 25.3   5月下旬並  17時12分
  23日 24.3   5月中旬並  09時21分(17時06分)

変と言えば,気象庁のホームページでは,昨日,22日の奈良の「日ごとの値」では,降水量の合計は「0.0」ミリなのに「1時間最大降水量」は「0.5」ミリとなっています。

それはともかくも,19日からきょうまで(午後5時現在)の合計日照時間は2時間しかありませんが,きょうの夜はなんとか晴れて欲しいと思っています。きょうは旧暦5月15日,満月です。しかも,天文学上でも満月です。そして,今年,月が地球に1番近づく日,つまり満月が1番大きく見える日=「スーパームーン」の日です。

  1番近づく時刻  午後8時12分
  満月       午後8時32分

これを逃すと次回のスーパームーンは2014年8月11日の午前3時ころです。昨年の5月7日のスーパームーンは見ることができましたが,今年はどうもあまり期待できそうもありません。それで,満月が1番小さく見える12月17日との比較を国立天文台の「ほしぞら情報 6月」の「今年最大の満月」からお借りしてきました。なお,図の「視直径」とは月の直径を底辺,地球上の視点を頂点とした2等辺三角形の頂点の角度のことです。1分は1度の60分の1です。
d0006690_16215198.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-06-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 22日
懐かしい!,オクラホマミキサー
d0006690_17435387.jpg「近くの公園」の「私のベンチ」にいたら,懐かしい音楽が聞こえて来ました。公園の横のマンションでどなたがピアノの練習をしているようです。オクラホマミキサーです。フォークダンスの定番中の定番です。他に,マイムマイムとかコロプチカなどがありました。

私にとってフォークダンスと言えば高校時代限定です。中学の時にも,また,高校を卒業してからも踊った記憶もありません。

フォークダンスは体育祭のプログラムの一つでした。それが昼休みを終わって午後の部の最初であったのか,すべての競技が終わった後であったのかは思い出せませんが,自由参加であったように思います。

体育祭前の何日間,授業後に生徒会主催の講習会(?)などもあったように思います。講習会には参加しましたが,体育祭当日には私は踊っていません。役員の端くれとして本部テントにいたからです。今思えば,ちょっと悔しい感じがしないでもありません。

オクラホマミキサーはこちらです。最初はコロプチカです。オクラホマミキサーは6分30秒からです。

※「近くの公園」のクチナシも咲き始めました。クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
2013年 06月 21日
昨日の「月最大24時間降水量」は観測史上6位でした
よく降りました。この3日間の降水量です。
  19日  75.0ミリ
  20日  62.0ミリ
  21日  13.5ミリ(午後5時現在)

19日と20日の2日間の合計降水量137ミリは6月の平年降水量(188.8ミリ)の72.6%に当たります。きょうの13ミリ(午後5時現在)を加えた3日間の合計降水量150.5ミリは平年降水量の79.7%ですから,3日間で平年の80%近い雨を降らせたことになります。しかし,1日の記録としては観測史上10位以内となる「いろいろある」には至りませんでした。

ところで気象庁の統計に「24時間降水量」という項目があります。「日降水量」では,深夜から未明にかけての集中豪雨など24時をまたぐ降水では2日間に分けられるため,雨の激しさをうまく表せません。これを補うものとして,任意の24時間の降水量によって「雨の激しさ」をあらわすものが「24時間降水量」です。

6月20日の「24時間降水量」です。
  6月19日 19時1分〜24時  51.0ミリ
  6月20日 0時〜19時     53.0ミリ
  24時間降水量        104.0ミリ

この「24時間降水量」104.0ミリは,6月の「月最大24時間降水量」としては観測史上6位です。やはりよく降りました。

なお,きょうの最高気温は21.1度(午後5時現在)は平年よりも6.3度低く,4月下旬並です。しかし,明日は7月上旬並の28度の予想です。雨が充分に降りましたから,それでもいいか,と思っています。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-21 18:00 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(2)