<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 03月 31日
日本は軽蔑の対象なんだって,日本維新の会綱領
日本維新の会の新綱領の全文を読んでみたいと思いました。それは憲法は「日本を孤立と軽蔑の対象に貶め、絶対平和という非現実的な共同幻想を押しつけた元凶である」から,大幅に改正しようという主張をしているらしいからです。

「占領下に押しつけられた憲法であるから,自主憲法の制定を」というのでなく,「日本を孤立と軽蔑の対象に貶め」ているからという改憲論はこれまでにはなかったように思われます。日本はどのように孤立しているのか,誰によって軽蔑されているのかは知る由もありませんが,その現状認識,世界観に特異です。孤立はともかくも軽蔑の対象ともなれば,戦後史は全否定されます。

しかし,その全文は党大会から1日経ったきょうですが,日本維新の会のホームページではアップされていません。また,ネットでも探すことができませんでした。辛うじてその冒頭を日本維新の会の西村真吾衆議院議員(近畿比例区選出)の「西村真吾の時事通信」で見ることができました。

「日本維新の会は、国家再生のため、日本が抱える根源的な問題の解決に取り組む。
 決定でき責任を負う民主主義と統治機構を構築するため体制維新を実行する。
 その基本となる考え方は以下の通りである。
1、日本を孤立と軽蔑の対象に貶め、絶対平和という非現実的な共同幻想を押しつけた元凶である占領憲法を大幅に改正し、国家、民族を真の自立に導き、国家を蘇生させる。


「国家を蘇生させる」と言うのであれば,国家を死に追いやった,と言うよりも国民に死を強いた15年戦争の否定から始めなければ嘘でしょう。同じことは4月28日を「主権回復の記念日」としたい人たちにもいえることです。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-31 19:50 | つれづれに | Comments(2)
2013年 03月 30日
辛夷(コブシ)は拳らしい,真っ白なコブシの花
d0006690_19495057.jpgコブシ(辛夷) モクレン科 モクレン属

遠くから見た時にはハクモクレンかと思いました。近寄って見るとコブシです。ハクモクレンもコブシもモクレン科,モクレン属ですから,まあ,兄弟みたいなものかと思います。

私は見たことがありませんが,コブシの実は集合果で,にぎりこぶし状のデコボコがあるそうです。それで,この果実の形状がコブシの名前の由来とのことです。

ですから,コブシは漢字では「辛夷」を当てますが,これはモクレンの中国名で,「拳」の漢字を当てるべきとの所論もあります。

枝は折れやすく,折ると,芳香が湧出するそうです。これは後から知りました。

d0006690_19501198.jpg花径は10センチほどです。花弁は6枚です。モクレンに似ていますが,モクレンの花弁は厚手ですが,こちらの花弁はモクレンに比べると幅が細く,薄手です。ですから,簡単に風になびきます。

d0006690_19502624.jpgモクレンの街路樹です。京都市営地下鉄の国際会館駅の北側の通りのもう一つ北側の通りです。

ところで,コブシの花と言えば,千昌夫の「北国の春」を思い出します。こちらです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-30 20:30 | 花の手帳 | Comments(6)
2013年 03月 29日
思い出しました,「缶ポックリ」でした
d0006690_1737142.jpg2月11日に「輪転がし」(この遊び,なんと言ったかなあ)について書いた時,私の虎が煙草を吸っていた頃の遊びのひとつとして,「缶ポックリ」が頭に浮かんだのですが,名前を思い出せませんでした。

時々は「あれは何だったかなあ」と思うことがありましたが,そのままになっていました。きょう,突然に「名前は缶ポックリだった」と思い出しました。

作り方は至極簡単です。空き缶を2個用意して,それぞれの缶の横に穴を開けます。そこへ外から縄を通して,缶の中で結び目をつけて出来上がりです。

遊び方はも単純です。2個の缶の上に乗り,縄を強く引き上げながら,歩きます。競走をしたことはうっすらと覚えていますが,リレーはなかったように思います。しかし,この遊びの醍醐味はなんと言っても水たまり歩くことでした。

甲斐市のホームページの「子育て・教育」では,「幼稚園・保育園の年中・年長児対象」となっていましたが,缶ポックリは自分たちで作りましたから,小学校の時の遊びだったように思います。

おもちゃなとほとんど持たなかった時代のことです。空き缶はもとより,木ぎれ1つでも電車に変身したあのころが懐かしく思われます。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-29 18:15 | つれづれに | Comments(4)
2013年 03月 28日
春雨でも傘を持って
d0006690_1616915.jpgきょうは午前も午後も断続的に雨でした。けれども1日の降水量は3.0mmでしたから,名ばかりの雨といったところです。

晴れ間を見て,午後から「近くの公園」を一回りしてみました。「春雨じゃ,濡れて…」と言うほどの風流を持ち合わせていませんから,一応は傘を用意しました。

風もほとんどありませんでしから,「近くの公園」の桜にはなんの影響もありません。この週末が満開でしょうか。

ところで,「月様,雨が」と言ったのは雛菊ですが,そのヒナギクの開花期が春と知ったのはきょうのことでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-28 19:25 | つれづれに | Comments(4)
2013年 03月 27日
コバルトブルーと黄色のコントラスト,ルリヒナギク
d0006690_914113.jpgルリヒナギク(瑠璃雛菊) キク科 フェリキア属

英名のブルーデージーが一般的のようです。和名は「瑠璃色」の「ひな菊に似た花」です。ヒナギクはヒナギク属です。

南アフリカ原産の「小低木」とありましたが,どう見ても小低木には見えません。園芸上は多年草扱いだそうですから,こちらに納得です。背丈は20〜50センチくらいです。

斑入りの葉の物が人気があるとのことですが,写真では良く分かりませんが,こちらは斑入りではありません。

開花期は3〜5月ですが,10月〜12月頃にも2度目の開花があるようです。

d0006690_914741.jpg舌状花の鮮やかな瑠璃色と濃い黄色の筒状花とのコントラストが印象的です。

また,舌状花がカールしているのは時間の経過によるのでしょうか。上の写真ではカールしていません。花径は3センチ位です。色は青以外に白,ピンクもあるようです。

花言葉は「幸福」,「恵まれている」ですが,これは属名の「フェリシア(Felicia)」,ラテン語の「felix(恵まれた、幸福な)」からのようで直接的です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-27 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
2013年 03月 26日
「如月(きさらぎ)の望月」のきょう
d0006690_1571282.jpgきょうは旧暦2月15日,かの西行の言う「如月の望月」です。

 願はくは花の下にて春死なむ
 その如月の望月の頃

この情景では,花は満開なのでしょうか,それともすでに散り始めているのでしょうか。「近くの公園」の桜は七分咲きといったところです。

「如月の望月ころ」については2度書いています。1度目は2010年3月30日です。そして,その時の「近くの公園」の桜は七部咲きから満開を迎えようとしていました。

2度目は昨年の4月5日です。しかし,4月5日は旧暦3月15日で弥生でした。文中で「きょうは旧暦3月15日」と書きながら大きな勘違いでした。それに気づいた翌日に昨日の勘違いあるいは「如月の望月のころ」と訂正をしましたが,その折りに「恥ずかしさと口惜しさ」ついでに旧暦2月15日が新暦では何日になるか,2022年まで調べてみました。

そして,今年の2013年の旧暦2月15日は3月26日であり,奈良の桜の開花の「最早は一昨年の3月20日ですから,来年が暖冬であれば,来年にもその可能性がないわけではありません」と書きました。今年の七分咲きは「半当たり」といったところでしょうか。

西行にとって釈迦入滅の日とされる如月15日が重要なのでしょうが,俗人の私はせっかくの「半当たり」ですから,当たりついでに「満月と桜」を期待しました,しかし,生憎の曇り空です。天文学上の満月は明日です。こちらも「昼過ぎから雨,夕方から曇り」の予想です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-26 18:00 | つれづれに | Comments(0)
2013年 03月 25日
久し振りに入り日を見ました
d0006690_18121670.jpgきょうの入り日時間は午後6時12分です。入り日時間が午後6時になったのは3月10日でしたから,この15日間で12分延びたことになります。

久し振りに入り日を見ました。きょうは終日曇り空で,日照時間はわずか0.6時間(36分間)でした(午後6時現在)。それでも6時前には晴れ間が大きく拡がって,西の空の雲はほとんどなくなっていました。

夕方の西の空にはいつも雲が拡がっていたと言うわけではありませんから,きょうのような入り日はこれまでもあったと思います。しかし,久しく入り日を見ることはありませんでした。

理由は単純です。入り日のことに思いがいかなかっただけのことです。もっともらしく言えば以下のようにになるでしょうか。

春分の日には太陽はほぼ真西に沈みます。私の住むマンションが真南を向いているとすれば,この時期の入り日はマンションと直線上に並びます。ですから,南側のベランダからも,北側の廊下からも入り日は見難くなります。だから,ついつい見逃したと(汗)。

きょうの入り日はマンションの西側の外付けの階段の踊り場で撮りました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-25 19:00 | つれづれに | Comments(2)
2013年 03月 24日
シナレンギョウ、確かに花びらは細長く葉も出ていました
d0006690_1232077.jpg「近くの公園」のレンギョウはシナレンギョウではなかったことについて,3月17日に書きました。

レンギョウとシナレンギョウとチョウセンレンギョウの違いをまとめると以下のようになります。

レンギョウ…………………枝が直立して上向きに伸び,
           びらが丸っこい

チョウセンレンギョウ…枝が弓なりに長く伸び,花びら
           が細長い

シナレンギョウ……………枝が直立して上向きに伸び,
           びらが細長く,「花と葉が同時
           に開く」


きょう,シナレンギョウを見ました。刈り込まれていますが,花びらは細長く,すでに葉も出ています。

d0006690_12322041.jpgシナレンギョウとレンギョウの花です。比べてみると花びらの違いがはっきりとしています。

レンギョウ,シナレンギョウそしてチョウセンレンギョウの3つを列べて見たくなりました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-24 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)
2013年 03月 23日
7試合を楽しみました,カーリング女子世界選手権
d0006690_16455950.jpgこの1週間はカーリングを楽しみました。放送は全部で9試合ありましたが,見逃した17日の2試合を除いて7試合を見ました。

結果は,日本は上位6チームに敗れて,5勝6敗で7位でした。初日のスイス戦では6−7で惜敗しましたが,他はすべてギブアップという大敗でした。この辺りが実力の差でしょうか。

大会後のインタビューで市村主将は「課題はショットの精度をあげることと精神力」と言っていましたが,そのとおりかと思います。精神力については私には知る由もありませんが,ショットの精度については大敗の原因になったようでした。

私が見たアメリカ,スウェーデン,ロシア,カナダ戦では,日本のミスショットが相手の得点に結びつき,日本のナイスショットに対してもそれ以上のナイスショットで日本につけいるスキを与えませんでした。日本が勝ったドイツ,イタリア,中国戦ではその逆でした。

しかし,ショットの精度とは,カーリングの名前の由来でもある「曲がる」をどの様にコントロールするかということです。それは直線的な正確さではなく,氷りの状態を読み取り,スピードと方向とストーンへの回転の加え方,そしてブラッシングの総合ですから,容易なことではありません。

とまれ,それでも昨年の12月現在の世界ランキングでは日本は11位ですから,今回の7位はそれなりの結果かと思います。

オリンピックでは10カ国によって争われますが,開催国のロシアと昨年と今回の世界選手権の順位ポイント合計の上位7カ国とが出場権をえます。残りの2カ国は,前回出場し,今回出場できなかった韓国とチェコを加えた6カ国で12月に最終予選を行うことになります。

カーリングの放送は25日にも決勝戦が予定されています。決勝戦はすでに進出を決めたスウェーデンと,スウェーデンに敗れたスコットランドとカナダ・アメリカ戦の勝者によって行われます。放送は午後7時からですから,もちろん見るつもりでいます。

【追記】  3月24日
1 カナダ・アメリカ戦はカナダが7−6で勝ち,スコットランド戦に臨みます。
2 スコットランドは8−7でカナダを破り,決勝戦でスウェーデンに再挑戦します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-23 18:00 | カーリング | Comments(2)
2013年 03月 22日
ヤナギの雌花を見てみたい
d0006690_15465752.jpg「近くの公園」のソメイヨシノは一昨日開花しました。そして,奈良地方気象台はきょう「開花」と発表しました。平年より7日,昨年より12日早い開花です。

「近くの公園」では,すでにハナモモ,ユキヤナギ,そしてシダレヤナギも満開です。

シダレヤナギにも,花びらこそありませんが花があるこを知ったのは4年前,2009年の3月のことでした。そして,満開のヤナギの花を見たのはその月の24日のことでした。

柳が雌雄異株であることを知ったのは昨日です。雌雄異株であれば,イチョウのように雄花と雌花があります。それで,きょうの午後,確かめに行きました。

「近くの公園」には池の周りにかつてシダレヤナギが5本ありました。そのうち1本は3年前の12月に強風で倒れました。さらに1本は現在立ち枯れ(?)のようで若葉を付けていません。残りの3本とも花は同じでした。

雄花は小苞から2本の花糸が出ており,先端に黄色い葯(写真では黄褐色)がついており,雌花は柱頭が2個,或いは2裂しているように見えるようです。また,雄花穂は長さが2〜3センチ。雌花穂はそれよりも小さく1〜2センチとのことです。「近くの公園」のシダレヤナギは雄花のようです。雌花を見たいと思いますが,何でも日本では雌株は少ないとのことでした。

イチョウは私の町の街路樹になっています。ですから,雄花は簡単に見ることができました。雌花を見たのは,花の形を知ったその翌年でした。イチョウはギンナンをつけるかどうかで雄株と雌株を簡単に識別できます。しかし,シダレヤナギの雄株と雌株の識別は私には無理です。シダレヤナギの雌花は私には幻の雌花になりそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-22 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)