<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日
やっと分かりました,あれは「天灯」でした
d0006690_17353246.jpg昨年,BSプレミアムで放送された韓国の歴史ドラマ「トンイ」のオープニングの場面がずっと気になっていました。たくさんの紙製(?)のランタンを夜空に飛ばしているシーンです。

これまで見たことのない,私の知らない光景でした。先日,朝鮮日報(日本語・電子版)のフォトニュースを見ていたら,2月24日に京畿同龍仁市で天灯を飛ばしたとの記事がありました。

そう,あれは「天灯」というようです。2月25日は旧暦1月15日,小正月の行事として飛ばされたようです。

それで天灯を調べてみると,台湾の最北の市,新北市平渓では毎年大がかりな「天灯節」が行われているようです。

台湾当局では,火災防止のうえから「天灯施放作業指導要点」を定め,天灯の飛行範囲を5km以内、燃料も点火後10分以内の量に制限し,天灯の大きさも最大寸法は直径60cm、高さ130cm、外周360cm以内としいるようです。

新北市平渓の「天灯節」は今年で15回目で,今年は2月14日(旧暦1月5日),2月17日(旧暦1月8日),2月24日(旧暦1月15日)の3回行われました。

その様子はこちらで見ることができます。全7分48秒のうち,2分16秒当たりから天灯飛ばしが始まります。

※写真は朝鮮日報から,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-28 18:30 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 27日
年中を暑い寒いで暮らしてる
d0006690_1575465.jpg年中を暑い寒いで暮らしてる

昨日の朝日新聞の川柳です。まるで年中「暑い,寒い」と喚いている私のブログのことではないかと思ってしまいました。2月のブログ記事では,昨日までに15件が気象,気温に関するものでした。

他に書くことはないのかと自嘲気味ですが,やはりきょうも「気温」です。

昨日の最高気温は10.7度,平年をわずか0.1度上回っただけですが,平年を上回るのは2月なって6日目です。さらには11日間続いた「絶対的に寒い日」をようやく脱しました。この11日間(15日〜25日)の最高気温の平均は6.2度でした。

きょうの最高気温は12.0度,2月2日の17.7度,1日の14.6度に次いで今月としては3番目の暖かさです。この暖かさ,明日,明後日と続くようですが,その後はまた,平年以下の日に戻りそうです。「三寒四温」とは中国大陸,朝鮮半島でのこの時期の気温のことのようですが,四寒でも五寒でもいいですから,待ち遠しい春です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-27 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 26日
きょうは「脱出の日」なんだそうです
2月26日,きょうは「脱出の日」だそうです。1815年、流刑されていたナポレオンが地中海のエルバ島を脱出,パリに向かった日で,「嫌なこと,つらいことなどからの脱出」を目指して頑張る日なんだとか。今風に言えば「再チャレンジの日」でしょうか。

1815年2月26日,この日,流刑されていたナポレオンは7隻の船で,およそ千人の兵士と共に,エルバ島を脱出しました。船中で,ナポレオンは部下に「自分は一発の銃をもはなつことはなしに,パリに到着してみせる」と言ったといいます。そして,その通りに,22日後の3月20日の夕刻,チェイルリー宮殿(ベルサイユ宮殿の西に隣接していた)に入ります。「百日天下」の始まりです。

「世界の歴史 10」(中央公論社)によれば,この間のナポレオンの進軍を,当時の新聞は以下のような「見出し」で報じています。

  「怪物,流刑地を脱出」
  「コルシカの狼,カンヌに上陸」         地中海に面するフランスの都市
  「猛虎ガップに現われ,討伐軍派遣さる」
  「悲惨な冒険家,山中で最期をとげる」(デマ)
  「悪霊,グルノーブルを占拠」
  「専制皇帝リヨンに入る、恐怖のため市民の抵抗はマヒ」
  「僭主,パリより50マイルの地点に迫る」
  「ボナパルト,北方へ進撃中。進度の速度増すも,パリ入城は不可能か」
  「ナポレオン,明朝を期してパリへ」
  「皇帝,フォンテーヌブローへ入らせれる」    フォンテーヌブロー宮殿はフランス最大の宮殿

事大主義というか,権力への媚びというか,無節操というか,見事なまでの変身です。今日のジャーナリズムは「200年前のことよ」と嗤うのでしょうね。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 25日
朴大統領の発足を祝う鐘突きイベント,なぜ33回か
d0006690_16134562.jpg韓国の大統領の職務権限の開始時刻は午前0時です。それで,同時刻にソウル市の普信閣では新政権の発足を祝う鐘突きベントが行われました。鐘突きは「第18代」にちなんで,各分野から選ばれた18人が鐘を33回突きならしたそうです。

なぜ「33回」なのでしょうか。普信閣では1953年から大晦日に鐘突きイベントが行われています。これも33回です。日本の除夜の鐘は108回です。

普信閣の鐘は1468年に鋳造され,朝鮮王朝第15代王・光海君(在位1608〜1623)11年(1619年)の時に普信閣(1895年までの名称は鐘閣)に移され,午前4時に33回,午後10時に28回突かれ,その音色で都城の門を開閉し,時間の基準にしていました。

ここでも33回です。33回は朝鮮王朝時代の慣習を引き継いだと言うより,33回に特別の意味がありそうです。中日新聞の「達人に聞け」で朴美姫さんはは次のように書いています。

仏教では、この世の中心である須弥山には「33天」があり、そこには帝釈天をtopに「33の神々」が住んでいるとされています。仏教において「33」という数はとても重要な意味をもつのです。

また,ソウル市の観光用ホームページ「楽しさ無限大 SEOUL」では次のように説明しています。

33回鐘をつくのは仏教に由来する。観世音菩薩はあまねく衆生を救うために33の姿に変身したが、これに因んでいる。

上記の「33の神々」とは「33の菩薩」のことですから,いずれにしても「33回」が仏教に由来することは分かりましたが,儒教を国是とした朝鮮王朝で,なぜ33回の仏教関連なのでしょうか。現在の鐘は2代目ですが,オリジナルには鐘身の4面に菩薩像があったようです。普信閣に移されるとき,排仏思想の影響で削り取られているようです。

ますます分からなくなりました。あるいは,1979年10月26日に朴槿恵新大統領の父親の朴正煕大統領が暗殺され,朴槿恵氏が妹と弟を連れて大統領官邸を去ってから33年振りの帰還という数字合わせでしょうか。

※写真の普信閣は韓国の旅行社「コネスト」から,はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-25 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 24日
きょうは旧暦1月15日
d0006690_17565820.jpgきょうの日照時間は6.3時間,陽差しはそれなりにありましたが,風が強く,寒い1日でした。最高気温は7.0度で10日連続の「絶対的に寒い日」です。

夕刻に買い物から帰宅した6時の気温は1.5度(湿度60%,風速2.6m/s),体感温度は−6.9度でした。

その買い物帰りに見た月です。きょうは旧暦1月15日ですから,暦の上ではきょうが望月(十五夜)です。天文学上の満月は2日ずれて26日です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-24 18:30 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 23日
深夜の怪,2.8度の急上昇
d0006690_139476.jpgきょうの最高気温は7.6度,これで9日連続の「絶対的に寒い日」です。「春隣」はどこへ行ってしまったのでしょうか,長期の不在です。まあ,それはそれでいいのですが,面白いと思ったのは深夜の気温の変化です。

  午前0時37分  2.9度
  午前1時03分  5.7度

26分間に2.8度ほど気温が上昇しました。気温の急上昇・下降については,日中ではないわけではありません。

例えば,2月16日がそうでした。11時50分〜12時20分までの30分間に2.9度急下降して,逆に12時20分〜13時までの40分間に4度急上昇し,さらに13時〜13時20分までの20分間に2.9度急下降しています。

これらは恐らくは陽差しと雲との関係が大きいかと思われます。しかし,きょうの26分間に2.8度の急上昇は深夜のことです。この時期ですから,深夜の急下降はあるいはあるかと思います。一体,この急上昇はどの様な気象の変化によるものなのでしょうか。私にはちょっとした「怪」てす。

なお,深夜1時03分のこの5.7度は,12時ちょうどに6.0度を記録するまでは午前中の最高気温でした。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-23 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 22日
日が長くなりました
d0006690_18193366.jpg日が長くなりました。きょうの奈良の日の入りは午後5時46分です。奈良の一番早い日の入りは11月28日〜12月11日の午後4時46分ですから,日の入りはちょうど1時間遅くなったことになります。

日の入りの方位は258.3度です。方位270度が真西ですから,真西よりはほんのちょっと東よりと言うことになります。この時期になると南側のベランダから入り日を見ることはできません。撮影は廊下に出て,マンションの西の非常階段からになります。

日が短くなっていく時は,年の瀬が押し迫っていくこともあって,なんとなく慌ただしさを感じますが,日が長くなっていく時は,春が近づいて来るゆとりでしょうか,少しゆっくりとした気分になります。

※写真の拡大について
これまでは,写真をクリックすると,縦横2倍,つまりは4倍に拡大しましたが,エキサイト・ブログで変更があったようです。写真をクリックすると少し大きめの画像が現れて,それをもう一度クリックすると4倍の画像になります。この変更の意図は分かりませんが,ちょっと面倒くさくなりました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-22 18:55 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 21日
特別付録のカーリング
d0006690_18142169.jpg第30回日本カーリング選手権は17日に終わりました。女子の決勝戦はBS1で生中継されましたが,男子の決勝戦は深夜1時からの放送予定でした。

時間が時間ですから録画しようと思っていましたが,放送はありませんでした。「?」とは思いましたが諦めていました。しかし,放送はありました。昨日の午後7時からです。3日遅れですが,深夜1時からゴールデンタイムの7時に格上げ(?)です。特別付録です。

SC軽井沢がチーム北見を8−4で4年ぶりに優勝したと,すでに結果が分かっていても,やはりカーリングは面白いスポーツです。

d0006690_17493151.jpg画面上は第1エンドの最終,後攻めのSC軽井沢(赤)のスキップの1投目です。第1投の狙いは以下のようだ解説者は言います。

1番上の黄①に当てて,その黄①を赤②に当てながら弾き出すとともに自分(赤)は残る,黄①に当てられた赤②はその下の黄③をはじき出し,黄③に当てられたその下の赤④を黄⑤に当てて黄④を弾きだしながら,赤④はセンター付近に回り込む。

黄の3つのストーンを全部はじき出して,赤がNo1,No2を,できればNo3までを狙おうというものです。

下の画面はその結果です。赤②は出てしまいましたが,投げた赤と赤⑤が残りました。見事です。

この後,先攻のチーム北見は最終投で残った赤の2つのストーンをはじき出し,SC軽井沢はそれを出すことに失敗して,チーム北見が1点を取りました。

充分に楽しんだ2時間でしたが,次の放送は何時のことになるのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-21 18:50 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 20日
せめて陽差しでもあれば
きょうの最高気温は6.7度,平年よりも3.4度低く,6日連続の「絶対的に寒い日」です。寒さは室内に居る限りは理性の領域(?)ですが,外出となると感覚の問題です。

きょう,所用で午前と午後に外出しました。その時の体感温度です。

午前10時  気温2.7度,湿度73%,風速2.5m/s →体感温度 -6.2度
午後3時   気温4.9度,湿度68度,風速1.7m/s →体感温度 -1.4度

気温の低さは平年よりも低くても,まあ,それは季節柄,自然のことです。しかし,せめて陽差しでもあればと思います。日だまりでなくても,北風を遮る所では,体感温度に関わらず,それなりの暖かさもあります。しかし,このところその陽差しもありません。

【この1週間の日照時間】
  14日  7.7時間
  15日  0.0
  16日  5.5
  17日  2.1
  18日  0.0
  19日  0.0
  20日  0.9

きょうも予報では「曇り,ときどき晴れ」でした。向こう1週間の予想も,気温は平年より低く,「曇り,時々晴れ」ですが。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-20 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 19日
寒い日が続きます
d0006690_18285267.jpg昨日は二十四節気の「雨水 (うすい)」でした。二十四節気を期間と考えれば,昨日から3月5日の啓蟄(けいちつ)の前日までが 雨水です。

雨水  陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也
   (暦便覧)

空から降るものも雪から雨に替わり,積もった雪も融け始めるとのことですが,昨日はほぼ終日雨でした。そして,きょうは昼過ぎまで雪が舞っていました。

しかし,それにしても今月はよく雨の降る月です。昨日までの奈良の2月の降水量は8.35mmです。

ところで,このところの寒さはどうしたことでしょう。きょうの最高気温は4.5度,これは午前0時2分のものです。日中は3度を超えることはありませんでした。これで5日連続の「絶対的に寒い日」です。「陽気地上に発し」とのことですが,「陽気」はありません。

【この5日間の最高気温】
  15日  4.9度
  16日  4.8度
  17日  5.2度
  18日  5.1度
  19日  4.5度

この寒さ,あと1週間ほどは続きそうです。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-19 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)